城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

駿遠線跡を歩いてきました・その1

昨日の日曜日、駿遠線のことを研究されている阿形さんと一緒に袋井-大須賀間を歩いてきました。途中では色々な事を解説していただくと共に、新たな発見もあって楽しいウォーキングとなりました。
それでは当日の道中記をお楽しみください。
b0059978_23364862.jpg

当日はお寺さんの晋山式を終えてから袋井駅に向いました。朝9時頃、小雨のふる中を阿形さんと待ち合わせです。
(そういえば、こういうスタイルの昭和30年代に建てられた駅舎も、今ではあまり見かけなくなりましたね。)
b0059978_23413762.jpg

先ず最初に向ったのが中遠碑です。以前は新袋井駅構内にあったのですが、今は縁の有る会社の敷地内に移設されています。当日は会社が休みということも有り、柵の外からの撮影となりました。
b0059978_234965.jpg

次は駅舎横から地下通路を通り駅南側の新袋井駅跡に向います。この地下道ですが、幅も狭く怪しい雰囲気ですが、よく見ると軽便のガーターがかかっていた痕跡も見て取れます。ガーターそのものは当時の物は残っていないのですが・・・・・・
新袋井駅構内はかつては島式ホームがあり、現在のJRのホームが有った場所にも軽便の線路が敷かれていました。
[PR]
by kitoudenki | 2008-11-11 00:00 | 鉄・駿遠線