人気ブログランキング |

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

なつかしの軽便鉄道展

先日記事にいたしました『なつかしの軽便鉄道展』が8月13日から開催されています。
詳細はこちらを参照していただくとしまして、私も早速行って参りました。さあ、今回は何があるのやら。とても楽しみです。
b0059978_21465341.jpg

会場は掛川市(旧大東町)に有る大東図書館です。車が無いと少々行きにくい場所では有りますが、施設としては充実した図書館です。
b0059978_21492146.jpg

ロビーを入った右側には軽便鉄道展の看板と共に展示会場が目に入ってきます。
さよならヘッドマークを飾った受付で記帳を済ませるといよいよ入場です。
b0059978_2158443.jpg

正面に目をやると何やら床面に2本のラインが。よく見ると国鉄等の在来線のゲージ1067mmと軽便のゲージ762mmを体感できるような展示がされています。う~ん、なるほど。
b0059978_2213450.jpg

更にその先には大須賀の駅名標!
へえ~、こんなものが残っていたんだ・・・・・・
少々感動してしまいました。聞けば大渕に有る郷土資料館の収蔵品とのことでした。
どうですか、皆さんもこの前で記念写真なんぞ撮られては?
b0059978_225688.jpg

それでは展示品の中から幾つか気になったものを紹介したいと思います。
こちらの切符、お分かりですか?そう、料金表示がになっているんです。
他にも駅名変更前のものや国鉄連絡切符などいろいろ展示がして有りました。
b0059978_22115582.jpg

こちらは運転手注意事項とされた看板です。これによると最高速度は30kmとなっていますね。実際にはもっと出していたのではないかな?と思いますが、面白い資料だと思います。
b0059978_22142479.jpg

オープンデッキの客車のデッキについていた注意書きプレートです。なぜかこのプレートの事は鮮明に覚えています。いつの頃か覚えていませんが、客車のデッキで見た記憶が忘れられません。
b0059978_22184326.jpg
b0059978_2219916.jpg

当時の行楽施設のパンフレットです。今では遊泳禁止の国安海岸ですが、当時は臨時停車場もあったそうです。また御前崎も静鉄が力をいれて開発した観光スポットでした。御前崎の現状を知る身にとって当時の華やかで賑わっていた時代が懐かしいです。
b0059978_22231267.jpg

こちらは藤相鉄道と中遠鉄道の合併に関する資料です。よく見ると中遠鉄道の社長名が五島慶太になっています。そう、あの東急グループの社長だった五島慶太です。既にその時代から、静鉄をはじめとする国策による企業統制の布石が出来上がっていたのでしょうか。大変興味深い資料だと思います。
b0059978_22301023.jpg

あと、違う意味で気になったものがこれです。分かります?
そう、この文字の色はブルーなんです。そして生地の部分は黄色身の強いクリーム色なんです。そう、静鉄の塗装色に似ていませんか?
これは想像(妄想?)なんですが、車両区で片手間に手持ちの塗料で作ったのではないか?
と想像してみました。チョッと飛躍しすぎましたか・・・・・・・・
b0059978_22361712.jpg

b0059978_223852.jpg
あと、くるまやさんが昔製作されたソノシートやサボなどの展示も有りました。
b0059978_22385187.jpg

来場された方が軽便と言う事で提供された写真も展示されていました。陸軍鉄道連隊の演習風景のようです。
b0059978_22404358.jpg

会場にはテレビモニターと大型プロジェクターが設置されており、軽便の映像が流れていました。ソファーに座り軽便の動いている映像を見て思いを馳せる・・・・・・至福の時ですね。
b0059978_22435895.jpg
b0059978_22441162.jpg

そういえばこれだけは是非紹介したいものがありました。阿形先生が製作された『廃線跡地図』です。
これは当時の路線跡のうち現在も跡を辿れる部分、遺構として残っているもの等をまとめた地図で、これ1つ有れば廃線後めぐりには困らないのでは?と言う位にまとまっている地図です。
この地図は有料での配布もあるようですので、会場で問い合わせていただけたらと思います。
また、8月24日の講演会時には先着20名にこの地図が頂けるようです。

会期も8月24日まで有りますので、まだ行かれていない皆さん、既に行かれた皆さんも是非行っていただきたいと思います。
by kitoudenki | 2008-08-17 22:55 | 鉄・駿遠線