城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

遠州鉄道がまだ地上を走っていた頃・再び

前回、前々回と一部の方から御好評いただいた遠鉄の地上時代ですが、また新しい写真が出てきましたので、再々度記事にしてみたいと思います。(ウケてるのは地元だけかな・・・・)
b0059978_22234416.jpg

まずは移転後の新浜松(仮駅)です。旧駅の東側に作られた仮駅で、高架開業までその使命を全うしました。
b0059978_22261474.jpg

馬込駅の俯瞰です。今ではこの広大な空き地にアクトタワーや色々な施設が立ち並んで、昔の面影は微塵も見当たりません。そんなに昔のことではないのですが・・・・・

b0059978_22515285.jpg
馬込をスイッチバックで向きを変え、90度右に曲がると倉庫の間に電車は消えてゆきます。中々いい雰囲気の倉庫が立ち並んでいます。かつての物資の集積地、板屋町、馬込の繁栄を感じることが出来ます。
b0059978_22511881.jpg

こんな感じで倉庫の間を電車はすりにけると・・・・・・
b0059978_22332217.jpg

電車は旧国道1号線を踏み切りで渡ります。遠鉄が高架化された要因のひとつがこの踏み切り渋滞でした。
b0059978_2235519.jpg

そして電車は遠鉄浜松に到着です。ここの道路も4車線ですから結構道幅は有りますよ~
b0059978_22362386.jpg

遠鉄浜松を出た電車は踏み切りだらけの住宅地をひた走り郊外に向います。
b0059978_22373750.jpg

郊外にはまだこんな駅がありました。ね、いい雰囲気でしょ!

b0059978_22435378.jpg

最近では上島付近まで高架化工事が施工中です。今のこの風景もかと15年後にはどうなっているのでしょうか。
[PR]
by kitoudenki | 2008-02-27 22:46 |