城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

西武山口線

西武山口線、この名前を聞いて蒸気を連想するか新交通システムを連想するか!
そこで年代が分かれるんじゃないかと思います。
もちろん城東電軌は新交通シ・・・・・・じゃない、蒸気のほうですよ。
b0059978_23253394.jpg

そんな前振りをしておきながら最初はBL(バッテリーロコ)です。
山口線廃止後、大井川鉄道を経て、今でも浜松の教会で動態活用されているあのBLです。(以前UPした記事のBLです)
西部時代はこんなカラーだったんですよ。車庫にお邪魔するとバッテリーがズラっと並んでおり、まるで某鉱山の充電室にも勝るとも劣らない様でした。
b0059978_2331148.jpg

蒸気はと言うと、台湾から持ってきたカマが数両、力強く走っていました。(頸城や井笠のカマには間に合いませんでした)
ナローとは言えどもさすが大手私鉄!十分にメンテナンスされていてすこぶる調子がよさそうでした。
b0059978_2334384.jpg

蒸気列車の時は井笠鉄道からやってきた客車を牽引していました。BLの時は、鉄連引継ぎの軽貨車をつかった自社製の客車を牽引していました。

沿線には桜がきれいな小公園、交換所、切通しなど撮影場所には事欠かない良いところでした。今でも軽便が走って居ればな~・・・と、時々思ってしまいます。

話は変わりますが、なぜ西武が京成支配下の千葉県にあった鉄連の資材を大量に保有していたかというと・・・・・・・・
その辺りを小説や映画化したらきっと面白い社会派作品になるだろうな~
[PR]
by kitoudenki | 2008-01-18 23:56 |