城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

遠州鉄道がまだ地上を走っていた頃

静岡県西部の政令指定都市である浜松市ですが、その玄関口である浜松駅前から西鹿島まで遠州鉄道の電車が走っています。
現在は浜松よりの区間が高架化されていますが、以前は地上を走っていました。もうかれこれ20年位前のことでしょうか?
今回はまだ地上を走っていた頃の様子をUPして見ます。
b0059978_1695361.jpg

国鉄浜松駅を出ると、その東側に私鉄のターミナルらしい駅舎がありました。
かつては本社やレストランなどが入居していました。
b0059978_16132636.jpg

ホームの上にビルが被さる様な様式、結構好きです。
b0059978_16172950.jpg

この手前にかつては引込み線がありました。因みにこの左側には浜松市営バスのヤードが有りました。
b0059978_16185218.jpg

次の駅は馬込です。私鉄でも珍しいスイッチバックの駅として有名でした。
実は小学校の低学年の頃まで、遠鉄は浜松駅前から馬込の間しか走っていないと思い込んでいました。スイッチバックなんて知らないし、東海道線の車内からは北に向きを変えて倉庫の間にもぐりこんでいく所なんか見えませんでしたから・・・・・・
b0059978_1623530.jpg

スイッチバックの様子です。ココの駅で東海道線とレールがつながっており、かつて貨物営業していた頃はココで貨車の受け渡しをしていました。この頃は国鉄浜松駅も高架化されており、かつての貨物ヤードや浜松機関区も浜松西に移転しており、一面の草原でした。
b0059978_1626505.jpg

必ず馬込では列車交換をしていました。
b0059978_16281098.jpg

馬込を出た電車は大きく右にカーブし、倉庫の間をすり抜け再び左急カーブをこのような感じで遠鉄浜松に向けて走ります。
b0059978_16334558.jpg

遠鉄浜松の手前にこんな信号所があります。(まあココも遠鉄浜松の構内扱いなんですけ)
朝夕の通勤ラッシュ時にはここでも交換が有ります。実はココの構内には軽便時代(奥山線だけの頃じゃ有りませんよ。本線や中野町線、奥山線など全ての路線が軽便で、ココの場所がターミナルだった時代のです)の遺構が残っていました。ホームの跡、住宅の間に入り込んでしまった橋台(レンガ造りのピアです)などなど・・・・。今では再開発で跡形も有りません。
b0059978_16403111.jpg

さあ、遠鉄浜松駅です。このホームは奥山線と共用で、右側が奥山線の乗り場でした。廃止後はバス乗り場に転用されて利用の便は良かったようです。
b0059978_16424122.jpg

遠鉄浜松を出ると後はひたすら真っ直ぐ北上します。こちらは助信の駅です。ホームと駅舎の位置関係が面白いです。現在はこの辺りまで高架化されていますが、区画整理と共に高架化工事は進行中です。
b0059978_16463388.jpg

西ヶ崎にはかつて工場がありました。現在はかつての車庫跡はマンションが建ち、その一部が保線基地となり電気機関車が常駐しています。この頃は車庫の敷地がそのまま残っており、変電所や解体された電車の部品などが散乱していました。
b0059978_16513453.jpg

こんな有蓋車を改造(?)したような事業車もありました。
b0059978_16543832.jpg

東芝戦時型もいましたね。
b0059978_16554065.jpg

終点の西鹿島には移転した工場があります。そして最後の両運、21が居ました。朝夕の増結用に残っていました。

現在の遠鉄は、浜松よりの近代化と西鹿島側のローカルな風景のギャップが、なんとも魅力的な路線です。もう何年も鉄していませんが、たまには乗りに行って見たいです。
[PR]
by kitoudenki | 2007-12-08 17:00 |