人気ブログランキング |

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

からっ風に吹かれた軽便列車・巡回展の終着はこちらです

昨年から袋井市をスタートして、3市を巡回している静鉄駿遠線の今企画展ですが、最終となります御前崎会場展が1月13日より浜岡原子力館で行われています。
そんなわけで私も、冬のある晴れた日に会場を訪問してみました。
会場となる浜岡原子力館。
子供の頃から幾度となく来ていますが、なぜかその展示物にはワクワクしてしまいます。(いくつになっても)屋外には当時の取水トンネルで使ったシールドカッターなども保存されています。
そして何気なく蒸気タービンや水力発電ユニットなど、貴重なものもさりげなく保存されているところが侮れません。
b0059978_10521763.jpg



b0059978_10523044.jpg

原子力館の初代建屋も屋根だけはエントランスとして今でも健在です。
b0059978_10543723.jpg

さあ、それでは会場に入ってみましょう。
原子力館に入り左手の小ホールが巡回展の会場です。
御前崎市に所縁のある駅が順に紹介されていました。
当時の用品や解説、そして写真パネルの展示。あの頃の情景が偲ばれます。
当時を懐かしむ年代の方が数人、展示物を前に思い出話に花を咲かせていらっしゃいました。
b0059978_10585167.jpg

太田浜の駅名標は初めて見ました。
よくぞ今まで保管してくださったと思います。

帰りは浜岡の町を歩いてきました。
b0059978_1153546.jpg

かつては堀之内軌道の駅のあった区画で、町の中心でもあったところです。
今ではひっそりとしていますが、旧街道の交わるところであった痕跡を見つけました。
b0059978_1174661.jpg

右掛川堀之内道と有ります。
反対側には左・・・・・(うまく読めません)
そう、この路地が昭和中頃まで街道辻だったところなのです。

こんな小さな道しるべですが、その謂われを知るのもまた楽しみの一つです。
by kitoudenki | 2016-01-20 11:22 | 鉄・駿遠線