城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

宇宙戦艦ヤマト

今日は奥さんと息子と映画を見がてら浜松方面へとお買いものです。
で、何を見たかと言うと『SPACE BATTLESHIP ヤマト』なんです。
みんなで見ようというパパと、他のが見たいという奥さんと息子。
そんな訳でヤマトはパパ一人で観ました。40代男にとって、ヤマトって聞くとなぜか感情が高ぶる何かが有る訳でして、(因みに奥さんたちはシュレックを観ました)色々楽しみだった訳です。
b0059978_216811.jpg

で、実写版ヤマト。う~ん・・・・・・

(以下は私的な感想です。適当に読み飛ばしてね。)

色々オリジナルと比べちゃいけませんが、良い場面や名セリフはやはりちゃんと押さえていますね。
それにVFXの進歩はココまで迫力ある画を見せてくれるんだね。う~ん、凄い。
全体に良く出来てると思いますよ。
ただ、ガミラスやデスラーの設定は?かな。それにデスラー艦隊のデザイン設定も。(この2点だけはどうしても受け入れられない)
あと、イスカンダルでのエピソードも捻り過ぎかな?
ああ、イスカンダルのイメージが・・・・
心情的には素直にオリジナルをトレースして実写化してほしかった気もするけど、これはこれで楽しめたと思います。『さらば・・・・』のストーリーも合体させちゃった所にいろいろ意見もあるみたいですけど、一つの作品としてはそれもありなのかな?
徳川機関長と西田敏行、真田さんと柳葉敏郎が良いキャスティングですね。うんうん、イメージ通り。
古代進はキムタクキャラが強すぎ?
ヤマトの復活するシーン。(地表の廃墟状況の中から起動するシーン)やっぱり見どころだね。
もう少し時間を掛けてじっくり見せてほしかった。
色々ヤマト世代の方の感想がネット上に出ていて不安になって見に行ったけど、そんなに受け入れられない物では無くて一安心でした。(リアルタイムで見てた世代だけどね)

b0059978_2203592.jpg
久しぶりに休日らしい1日でした。
[PR]
by kitoudenki | 2010-12-29 21:56 | 日々の出来事