城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

続・天竜川散歩

伝承館を後にして浜松市内に向かいました。そう、チップLEDを仕入れに行ったのです。
買い物が済んだ後は旧東海道沿いに帰ることとしました。
薬師町辺りまで来た時、ふと思い出しました。

金原明善の生家が確か保全工事に掛かるはず・・・・・・

久しぶりに明善記念館へと足を運ぶこととしました。
b0059978_20322163.jpg
b0059978_2032537.jpg

旧東海道の天竜川の袂、安間町に生家と記念館は建っています。
今回は関係ありませんが、この前の道を大日本軌道浜松支社の仲ノ町線が走っていました。
受付で伺うと、この9月から生家の保全工事が開始されるとの事でした。

b0059978_20354331.jpg

生家の中は土間の部分だけ入ることが出来ます。立派な造りの屋敷です。
b0059978_20375899.jpg

裏庭には石造りの蔵が建てられています。伊豆石かな?
b0059978_20402341.jpg

それでは記念館に行ってみましょう。館内には明善ゆかりの資料が所狭しと並べられています。
b0059978_20414841.jpg

明善91才の時、最後の瀬尻の山廻りに使用された籠です。
瀬尻の御用林に植樹をし、治水を果たし天竜美林の礎を築いたエピソードは有名ですよね。
b0059978_20473228.jpg

何気なく天竜運輸の看板が置かれていました。大理石のようです。
どこに掛けられていたのかな?
b0059978_20484823.jpg

天竜川駅から出ていた天竜運輸専用線の構内配置図です。
天竜川締め切り前の様子で、末期とは大分様子が違っています。
b0059978_20515733.jpg

明善鎌です。下草刈りに威力を発揮します。私も家で愛用しています。
b0059978_20532783.jpg

私たちの子供の頃はこうした郷土の偉人たちの話を学校でよく教えてもらいました。そしてその業績に憧れ、その行動を誇りに思ったモノでした。ところが、今の子供たちは学校で教えてもらっていないそうなんですね。なんだか寂しいな・・・・(家で教えてあげようとするんだけど、なんだか嫌がります)

本田宗一郎・金原明善・高柳健次郎・山葉寅楠・鈴木梅太郎・・・・・

まだまだ子供たちに教えてあげたい事が有るんだけどな。
(オヤジの話はくどいのかな~)
[PR]
by kitoudenki | 2010-08-01 20:39 | 日々の出来事