城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

掛川駅・思い出の情景編

前回に続いて、思い出の情景編をお送りしたいと思います。
あまり極端に古い時代の写真は有りませんのでその点はご容赦を。
(二俣線の蒸気機関車は幼少の頃、現役時代を肌で体験して居るのですが、如何せんカメラを持つ年ではありませんでしたので・・・・・)
b0059978_224212.jpg

颯爽と東海道線を駆け抜けるEF58.かっこいいですね~
掛川駅の西外れです。丁度NECの工場の横辺りでしょうか。
b0059978_2255754.jpg

同じく当時のメイン車両111系です。私が中学生の頃までは80系もローカルで運用に入っていました。
この撮影場所も今ではその面影もありません。
b0059978_2283046.jpg

掛川駅と言うと二俣線を思い出す方も多いのではないでしょうか。
今正に二俣線の列車が掛川駅に到着しようとしています。
b0059978_22103677.jpg

到着したキハ20からは高校生が大勢降りてきました。
ふだん静かな4番線もひと時の賑いを見せます。
b0059978_22123416.jpg

この頃、二俣区はキハ20のみの配置区になっていました。
少し前まではキハ25や10系気動車も配置されていました。やがて二俣以東の貨物も無くなってしまうのですが、この頃はそんな事を思っても居ませんでした。
b0059978_22175384.jpg

やがて時は流れ国鉄二俣線も廃止され、第三セクターの天竜浜名湖鉄道へと転換されることになりました。その開業前に掛川駅で新型車両の展示会が行われたことが有ります。
バックでは、新幹線掛川駅の工事がすでに進んでいることが判ります。
b0059978_22211375.jpg

昭和62年3月、いよいよ天浜線が開業しました。
まだ施設も完全に整ってはいませんが、多くの人がこの日を祝っていました。
b0059978_22244121.jpg

明けて昭和63年3月、今度は新幹線掛川駅が開業しました。
駅前は多くの人々でお祭り騒ぎです。
b0059978_22263746.jpg

天浜線の駅前でもささやかな記念グッズを販売していたようです。
因みに国鉄時代にはココには購買部や官舎が有りました。丁度駅前交番の横の階段を降りた所でした。
b0059978_22291690.jpg

今では多くの人や車で賑わっている掛川駅南口ですが、新幹線駅が出来る前はご覧の様な所でした。
丁度ココに掛川駅が出来た訳です。あの頃は茶畑の広がる長閑な所でした。
b0059978_22345180.jpg

同じく新幹線開業前の掛川駅の3・4番線ホームです。1・2番線は電車用にかさ上げされていましたが、3・4番線はレンガ積みの客車用のままの低いホームでした。
b0059978_22383939.jpg

今ではグリーン車など止まらない掛川駅ですが、あの頃は普通電車にもグリーン車が付いている時が有りました。
b0059978_22405394.jpg

貨物の取扱も結構ありましたよね。昔は東側にクレーンもあったように思うのですが、どなたか写真をお持ちではないでしょうか。
b0059978_22433849.jpg

駅の東側です。結構好きな場所でした。
上り貨物の退避ではココに機関車が停まるんですよね。右側に古い家が松の木と共に良い感じで並んでいて、その先には移転前の静鉄のバス営業所とバス車庫、そして日通の倉庫などが有って、独特の退廃感?なにか子供が立ち入ってはいけないような雰囲気が有りました。
(幼稚園の頃までは駅から日通の倉庫まで馬車が荷物を運んでいたのを覚えています。)
b0059978_19525897.jpg

バス乗り場も何度か移動しています。
以前は駅舎前に櫛形に並ぶ乗り場と営業所横の乗り場とありました。
この頃には駅前広場を周回するような形になっていました。今は静鉄だけですが、あの頃は遠鉄や大鉄のバスも乗りいれていました。
b0059978_2251753.jpg
b0059978_22512692.jpg

国鉄時代の貨物も人も賑やかだったあの時代がとても懐かしく思えます。
[PR]
by kitoudenki | 2010-07-08 22:29 |