人気ブログランキング |

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

天候不順もなんのその・軽便ウォークに行ってきました2

桜ヶ池を出ると、右にカーブをしながら山裾に回り込み切通しへと進んでいきます。
b0059978_21123380.jpg
そして切通しを抜けたあたりで拡幅された道路へと取り込まれていきます。
ここからはこの道路が廃線跡をトレースしていきますが、勾配につてはかなり変更されています。軽便が有ったころにはこの辺りはほとんどが農地か荒れ地でして、今のように住宅や南北の車道はありませんでした。現在、多くの南北に貫通する車道が出来たおかげで、それらと交差するために多くの地点で盛土がなされて、アップダウンが激しくなっています。以前はもっと均一の緩やかな勾配でした。1軸駆動の気動車でしたから、おのずと登坂性能は知れていましたからね。
b0059978_21134839.jpg

所々に点在する当時からのお宅の敷地が、当時の線路路盤高だと思っていただけると一応の目安になるかなと思います。
b0059978_21141383.jpg

さて、佐倉駅手前にある『佐倉多目的広場』に到着です。当時と勾配が変わっていて判りにくいかも知れませんが、軽便時代にはここまでが上り勾配でここを過ぎると下り勾配に代わります。いわゆるサミットだったわけです。
そしていよいよ佐倉駅跡です。郵便局が有る所は昔と変わりません。
b0059978_21153083.jpg
その東側が駅の構内になります。このスーパー(元の農協)の敷地が駅前広場と貨物ホームでしょうか。
ここを過ぎると少し道が狭くなります。そこを延長してみると北側の車線が本線のようにも見えますね。
b0059978_211639.jpg
佐倉を出ると次は玄保を目指します。真っ直ぐな道を下り勾配で進んでいきますが、道が狭くなってからは勾配が変わった所はなさそうです。
b0059978_21171834.jpg
所々に境界杭が見えてきました。
さあ、玄保に到着です。
b0059978_21174773.jpg
モータースのある所が玄保駅です。
b0059978_21182663.jpg
復元された駅名標が建てられています。各地に建てられている復元駅名標の中にあって、こちらの説明書きはかなり正確に書かれています。
b0059978_21184841.jpg

駅の横には良い感じの製材所が有りました。
玄保を出ると程なく長川(おさがわ)を渡ります。
b0059978_21191989.jpg
廃線以来ここに橋は架かっていませんが、相良側のプレートガーター橋だけが昭和60年ころまで残っていました。
橋が有りませんから平行して走る旧国道150号線に回ります。
b0059978_2119509.jpg
ここにかかる橋は郡堺橋(ぐんかいばし)と言って、ここが小笠郡と榛原郡の境であったといいます。
川を渡って再び軌道敷きに戻ります。
b0059978_21203875.jpg
ここからは今までと異なり一段とローカル色が濃くなります。良い感じです。
畑の間や農家の裏を通ると堀野新田に到着です。
b0059978_21212349.jpg
堀野新田構内の半分は民地に払い下げられており、現在は住宅が建てられています。
しかし、その境界はかつての駅の構内を指示していました。又、駅前通りは生活道路としてそのまま活用されていました。
by kitoudenki | 2010-04-27 21:23 | 鉄・駿遠線