城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

秋の風に誘われて・軽便ウォークに行ってきました3

それでは本編の再開です。
しかしそこでまたまた寄り道。
b0059978_2247277.jpg

じつは軽便の隣を旧東海道が通っていました。そして瀬戸川堤防から分かれて、田沼意次の受領藩である相良藩に至る江戸時代の田沼街道が此処から分岐していました。
せっかくなので田沼街道の古道を軽便と合流する地点まで通ることにしました。(私のわがままです。すいません)
右下に線路跡を望みながら古道を進みます。
b0059978_22575075.jpg

堤防から降りる所で石碑が見えます。田沼街道を顕彰する石碑が建てられています。
ここから田沼街道(江戸道)は堤防を降りて線路跡を横切り、そして一路南を目指します。
さあ、今度は線路跡に戻って軽便跡を巡りましょう。
b0059978_235528.jpg

線路跡は遊歩道となりきれいに整備されています。ウォーキングやサイクリングに最適な環境ですが、軽便についての案内は特に見当たりません。
b0059978_2372978.jpg

やがて前方に国道1号線との立体交差が見えてきました。この区間が路線変更になった理由の立体交差です。
カルバートの開口寸法は4000x4000で、将来的には電化も考慮された寸法であったそうです。まだまだ陸上交通は公共交通が主役の時代でした。
b0059978_2312023.jpg

立体交差を抜けると先ほどクロスした田沼街道(江戸道)と再びクロスします。
此処からは新設路線らしく藤枝駅まで最短距離をとります。気持ちいいくらい(つまらないくらい?)真直ぐな線路跡が伸びています。
b0059978_23173072.jpg

此処の遊歩道は比較的道幅も広く、所々藤棚も設けられています。藤は地元藤枝市の市の花ですから、季節になるとそれは風情のある風景が味わえるようです。
b0059978_23225420.jpg
やがて藤枝駅に近づいてきました。そこからは区画整理で完全に線路跡はその痕跡を消していました。
新藤枝入り口付近も現在は更地ですが、近々建物が建てばその痕跡は完全に消え去ってしまうでしょう。
大井川方面に行く線路跡は僅かにその痕跡を残していますが、区画整理の進捗によってはそれも安心できません。
b0059978_23282811.jpg
b0059978_23285067.jpg

さあ、新藤枝駅跡に到着です。ターミナル駅として栄えた広大な敷地も、今では駐車場、マンション、ホテルなどに姿を変えて、本来の静鉄の用地(バスターミナル)としてはJRに近い極一部のみとなってしまいました。
それでも裏に回ると軽便のあった頃からのお宅も健在であり、僅かながらも昔をしのぶことが出来ました。
こんな田舎の町でもJR駅前ともなると、その変貌は激しいですね。

それでは次回は初代路線跡(開業時)の新藤枝―大手間をUPしたいとおもいます。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-26 23:16 | 鉄・駿遠線