城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

昭和56年の荒川車庫

ある日の都電荒川車庫の情景です。
夕刻であり、コンパクトカメラでの撮影ですのでピントもボケていますが、以前の都電の車庫の情景が少しでも伝わればと思いUPしてみます。
b0059978_23162926.jpg

荒川車庫の入り口です。道路を渡って塀の中に入って行きます。
b0059978_23183078.jpg

出庫線の部分です。事務所前で以前の車庫建屋が見て取れます。
新しい車庫への建て替え途中で、以前の情景が失われつつある頃です。
この頃でしたか、面影付近の石畳の併用軌道が専用軌道化されたのは。
b0059978_23213751.jpg

車庫の裏側です。この付近は以前の雰囲気が色濃く残っていました。
よく見ると6000が庫の中にまだいます。
b0059978_23233100.jpg

トラバーサーです。電車が乗ると台車一杯で、ボディーの両端ははみ出ていました。

今では荒川車庫も荒川線も近代化されてしまいましたね。そんな中、里帰りした6000の修復が楽しみです。
今回は、シゲさんの日記を見ていてふと昔の車庫の情景をUPしたくなってしまいました。
[PR]
by kitoudenki | 2009-06-15 23:26 |