城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

春うらら、軽便ウォークに行ってきました

先日の日曜日、前回の袋井―横須賀間に引き続いて、横須賀―西千浜間阿形先生とを歩いてきました
。スタート地点は前回の終点、新横須賀―河原町間のピアのところです。
b0059978_2216375.jpg

前回は雨でしたので、今回はピアの上面に残るボルト跡とガーター跡を観察です。
b0059978_2218198.jpg

ボルト周りにはガーターが乗っていた跡がくっきり残っています。
ここの橋梁の下は沖の須へ通じる道でしたが、大変狭くこの東側に新道が開通しリヤカーなどはそちらの道を通ったそうです。
b0059978_2223241.jpg

この橋梁を過ぎると軽便は築堤を下りて河原町へと向かいます。
b0059978_2228532.jpg

ここが沖の須へ向かう新道の踏切跡です。今でも道の線形がはっきりわかります。
当時は田んぼの中でしたが、今では住宅街の造成地の中で、教えてもらわれなければわかりませんでした。
b0059978_22344128.jpg

踏切から東を向くとそこには河原町駅がありました。ちょうど南からくる旧道の踏切があったところです。
線路敷はちょうど歩道の部分をトレースしていて、車道部分は後の拡幅部分になります。
b0059978_2239147.jpg

河原町を出た軽便は、大きく右へカーブし、再び左へカーブして県道との交差点へと向かいます。この辺りから緩やかな上り勾配となります。
おや?左側に見える橋梁に何か見えますよ!
b0059978_22421235.jpg

おお、歩道部分に当時のガーターがそのまま残っていますよ!
今回の探索で唯一残っていた当時の橋梁です。では下に潜って観察してみましょう。
b0059978_2243447.jpg

ピアはコンクリートですが、ガーターは一部リベット接合で、状態は悪くなさそうです。
さあ、それでは次に向かいましょう。
b0059978_22484466.jpg

線路敷はきれいに舗装された道路となってゆるやかに連続した勾配を登っていきます。
それにしても今日はいい陽気です。Tシャツ1枚でもいいくらいの陽気ですね。
b0059978_225467.jpg

整備された道を歩いて行くと、突然道は藪へと変化していきました。
さて、どうしたものか!はたしてここは進めるのか‼もったいぶりながら本日はここまでといたしましょう。
それでは次回に乞うご期待‼(え、あんまり期待してない?そんなこと言わないで・・・・・・・)
[PR]
by kitoudenki | 2009-04-22 22:58 | 鉄・駿遠線