城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:JR ( 4 ) タグの人気記事

夏の伊勢路

少し前の事ですが、8月の大阪出張の際にいつもは近鉄の名阪特急を使うのですが、今回は所要が早く済んでしまい、さりとてどこかに乗りつぶしに行くには時間が半端・・・・
そんな訳で近鉄で伊勢まで行き、そこから名古屋へ戻る事としました。
まずは難波から伊勢行の時間を調べると、程なく発車の特急があることがわかりました。
b0059978_2321243.jpg

大急ぎでチケットと飲み物を支度してホームに駆け込みます。
b0059978_23211750.jpg

汗をぬぐいながら、流れゆく生駒の山並みを肴に冷たいものを頂きました。
鈴鹿山地を抜けて平野を抜けて、中川のデルタ線を過ぎればやがて目的地の伊勢市駅です。
あえて山田でなく伊勢市で降りるところが乙なところです。
b0059978_23261541.jpg

日が傾きかけたとはいえやはり夏の日は暑く、車外へ一歩出たとたんにまとわりつくような空気に汗が噴き出してきます。
b0059978_23262955.jpg

伊勢市駅の表へ出てみると、丁度そこには三重交通の神都線もどきバスがやってきました。
b0059978_23294053.jpg


b0059978_23295579.jpg

駅の戻ると、先日廃止になったばかりの伊勢区の構内が、ガランと広がっていました。
b0059978_23314891.jpg


b0059978_2332626.jpg

まだ少し日もあるようなので、少し足を延ばしてみましょうか?
b0059978_23324728.jpg


b0059978_9453010.jpg

車窓に五十鈴川に掛かる神都線橋梁跡を眺めながら、松下駅までやってきました。
b0059978_2335186.jpg

周りには数件の人家と休耕田の広がる、何もない無人駅です。
近くには伊勢でよく見かける真珠漬の看板広告。
b0059978_23362751.jpg

さっき見送った『伊勢』が鳥羽から戻ってくるまでの間、この小さな田舎の駅で、沈みゆく夕日を楽しむとしましょう。
b0059978_23381386.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2016-09-10 23:38 | 鉄な旅 | Comments(0)

湘南色の電車に乗りたくて

高崎地区の115,107系が211系に置き換え開始とアナウンスがされたこの夏、仕事のひと段落したところで18きっぷの残り1回分を使い、信越本線は横川へと湘南色の115に乗りに行ってまいりました。
掛川を始発で出て帰りのホームライナーに間に合うようにするには、現地滞在は1時間がリミット!
果たして信越本線に115が来るか107が来るか、富くじのような工程ですがともかく出発です。
高崎に着くと信越本線ホームには115が待機中。無事に目的の湘南色の電車に乗れました。
b0059978_22561410.jpg

遠くに妙義山を望みながら田園を進むにつけ、だんだんと車窓の景色は勾配に変化をつけてゆきます。
b0059978_22562965.jpg

信越本線はやはり山線なんだ・・・・
そんなことを実感します。
b0059978_22573718.jpg

横川駅構内に入り引き上げ線が見える頃には、これだけの勾配が実感できます。
ああ、これから碓氷峠に挑むのだ、かつてそう思ってワクワクした日の事を思い出します。
b0059978_2364032.jpg

到着した普通列車は駅舎側の1線を普段は使用。かつて特急列車や釜めしの立ち売りで賑わったホームには人っ子一人居やしません。
遠くに峠を望みながら、その先に鉄路はもうありません。(営業線としての)
b0059978_23103245.jpg

1列車見送った後は、荻野屋さんで一休み。
とりもも弁当が欲しかったのですが、土日しか販売していないようなので、帰りの信越線車中(115のBOXシート)で食べようと釜めしを所望。
横川で降りた皆さんは荻野屋さんの写真をよくUPされていますが、どれもみな食堂部分ばかり。随分こじんまりした印象なのですが、ところがどうして、本店自体なかなか立派な構えの建物で今でも釜めしの調理を行っているとの事。
b0059978_23164843.jpg

さあ、ぼちぼち入線時間かな。
ホームで待っていると入ってきたのは107系。信越本線車中で釜めしを食べることはあきらめました。
b0059978_23244436.jpg

山を下る107系を楽しみ、程なく終点の高崎に。
高崎線の発車までは、ここを発着する115を眺めていました。次に来る時はどんな景色になっているだろう・・・
b0059978_2328940.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2016-09-03 23:29 | 鉄な旅 | Comments(0)

信越線のスイッチバック

北陸新幹線の開業まであと半年ちょっと。
並行在来線の3セクへの移管を前に、信越線の妙高へ乗車がてらスイッチバックが残る二本木駅へと行ってまいりました。
b0059978_1473251.jpg

真夏を過ぎて秋めいてきたこのシーズン、降り立ったホームは空も晴れ渡り風も心地よく吹いていました。
広い構内は、隣接する日本曹達の工場貨物でにぎわっていた昔と違い今ではがらんとしていますが、今でも多くの側線が残りあの頃の面影が十分に忍ばれました。
b0059978_147065.jpg

構内には雪国らしく融雪溝。
b0059978_149476.jpg

油庫の屋根がわらも陶器瓦で差し掛けが短く、いかにも雪国。
b0059978_1415567.jpg

地下道の屋根の造り、駅舎の造形、そしてホームの上屋も地域色が感じられます。
b0059978_14175175.jpg
b0059978_1418729.jpg
b0059978_14183045.jpg

駅の位置は町の通りより1段高くなっており、駅から少し下がると駅前の通りに出る事が出来ます。
静かな片田舎の町の通りです。道の向こうに直江津方面に下ってゆく踏切が見えます。
b0059978_14222753.jpg

さあ、それではホームに上がってみましょう。
ちょうど長野行きの普通がやってきました。長野色の115の6連です。
b0059978_1423412.jpg

一旦引き揚げ線に入った編成は、信号に従いそのままバックし1番線に進入です。
b0059978_14263862.jpg


b0059978_1455442.jpg

ここのホームはちょうど全てが見渡せて、良いロケーション。1日居ても飽きないかも。
果たして移管後はどんな姿になるんだろう?
客扱い後の電車は今度は本線へと、折り返して長野へと向かってゆきました。
b0059978_14525346.jpg


b0059978_14532184.jpg


b0059978_14534769.jpg

去ってゆく電車を見送りながら暫し余韻にふけっていると、程なく長野方面より下りてくる189が見えました。国鉄色ではありませんでしたが、今や貴重な国鉄型の特急車。
b0059978_14593982.jpg

こうしてみると、本線の勾配から構内の水平への変化がよく判ります。
近年まで貨物取り扱いのあった二本木駅だったからこそ、スイッチバックがこうして残ったのかもしれませんね。
b0059978_1571157.jpg


b0059978_1534898.jpg

さあ、2番線に直江津行『妙高』が到着です。それでは直江津に向かいましょう。
直江津では鱈めしが待ってるからね。楽しみ楽しみ♪
b0059978_15161738.jpg



おまけ

直江津名物のこの駅弁(鱈めし)、3セク移管後も在来での駅売りは継続するそうです。そして新幹線駅での販売も始まるとの事です。めでたしめでたし♪
[PR]
by kitoudenki | 2014-09-11 15:16 | 鉄な旅 | Comments(2)

いよいよ形になってきました・遠鉄高架化工事

昨日は所用の為に浜松へ。
用事は朝と夕方だけですので、日中は街中を久しぶりに散策です。
先ずは伊場遺跡で、朝の清々しい時を園内の散策で過ごします。
b0059978_23143262.jpg

え?
これのどこが伊場遺跡だって?
伊庭遺跡の柵の間からこんな風に119系が見えるんですよぉ~

先日飯田線から引退した119系が、西浜松に疎開している情報を先日の飲み会で教えてもらっていたので、今回はそれを撮影に来た訳です。
b0059978_23214564.jpg

ヤードが見渡せる陸橋にやって来ると、情報通り117系も1編成留置されているようです。
このまま解体されてしまうんでしょうか。
(尚、この写真は歩道部分からの撮影ですからね。車道からの撮影じゃありませんからね!)

ついでに浜松工場の周りをぶらぶら
b0059978_2326922.jpg

昔は色々な車両が所狭しと留置されていましたが、最近はすっかり新幹線専門工場になってしまいましたね。
外からは0系が見えました。
ラストラン300系が見えると言う事を聞いていたのですが、外からは見えませんでした。

お次は遠鉄の高架化工事の進捗を確認に。
パーク&ライドを活用して、自動車学校駅から乗車です。
b0059978_23301298.jpg

馬込川橋梁も出来あがっている様子。軌道の敷設はぼちぼち進んでいるようだね。

駅には浜松祭りのポスターと共に祭り期間中の増発時刻表が。
30系がバンバン走り回ることになるぞ♪
b0059978_2339439.jpg

曳馬駅まで来ると、現駅はすっかり新駅の下に潜り込んでしまっています。
b0059978_23453354.jpg
b0059978_23452210.jpg

それでも駅を過ぎると懐かしい風景が少しは残っています。
道路と軌道敷きの区別がつかないような路地。
踏切だらけの裏街。
昔ながらの光景が、高架橋の下に未だに日常の情景として息付いています。
b0059978_23475928.jpg
b0059978_23474639.jpg

助信駅も新駅舎は出来あがっている様子。
現駅舎も仮駅舎に移転しており、25年の新線開業に向けての準備に向けているようでした。
b0059978_23581754.jpg
b0059978_2358761.jpg
b0059978_23575271.jpg

さて、まだ時間が早い様ですからもう少し辺りを散策してみましょうか。

助信から遠州病院まで、2区間だけですが電車で移動します。
こちらは旧遠鉄浜松駅で、かつては奥山線と西鹿島線との接続駅でもあった所です。
b0059978_140744.jpg

かつて地上時代の西鹿島線が走っていた所は遊歩道となりその跡を示す表示が有りましたが、奥山線については一切の痕跡は有りませんでした。
新川を渡り川べりの住宅が建っている所をかつては軽便電車が走っていました。
b0059978_142539.jpg

北田町駅が有った所は小さな公園となっており、その駅の所在を示す表示が有りました。
ここから先を少し進むと軌道敷きは小道となってその姿を現します。

元城駅を過ぎ亀山トンネルまでやってまいりました。
b0059978_1461753.jpg

b0059978_1472697.jpg

浜松城公園の一角と言う事も有り、静かな佇まいに似合わぬ結構な通行量(賑やか)です。
それだからでしょうか、ちゃんとトンネル内も整備されており、レンガも当時の物ではなく新しくレンガ風タイルを張り付け直してあるようです。(ちょっと残念)
b0059978_14129100.jpg

ん、ちょっと良い感じ♪

やがて辺りも開けてくると、もう1か所のトンネルと言いますか陸橋が姿を現します。
b0059978_14142059.jpg

そしてトンネルを抜けると小さな公園とモニュメントが・・・・・・
b0059978_14165687.jpg

おや?999の如く怪しげなモニュメントの先には・・・・・
b0059978_14185357.jpg

軽便を顕彰しようとする気持ちは嬉しいんだけど・・・・・
これじゃあフォーニーだよ~

気を取り直して先へ進みましょう。
途中、感じの良い古い集合住宅(昭和30年代の設計?)が有りそれを堪能しながら名残駅までやってまいりました。
b0059978_14261875.jpg

b0059978_14242381.jpg

歩道にこんな表示が有る所がちょっと嬉しいね。

住宅地の間を縫うように線路跡は進みます。
b0059978_14265154.jpg

そうして程なく池川駅へと到着です。
b0059978_14273763.jpg


この辺で丁度時間切れ。
目の前にバス停も有ることだし、浜松駅までバスで戻り今日の街歩きは終了です。
次回はこの続きを歩いてみようかな?
[PR]
by kitoudenki | 2012-04-30 23:59 | | Comments(0)