城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:奥山線 ( 2 ) タグの人気記事

森の中に

遠鉄奥山線。
三方が原から金指に下る途中にある小さな駅。現役時代には誰も乗降しなかった小さな駅。
しかし、その風情が多くの人を惹きつけてやまない駅であったといいます。
そんな駅の場所は今どうなっているのだろう?
思いに駆られて現地を訪ねたのは、日差しが強い5月の晴れた日のことでした。

谷に向かう前に、岡地駅跡を訪問します。
天浜線の線路傍には黄色い花が咲き誇り。
b0059978_2273425.jpg

その横には、奥山線の道床跡と岡地駅のホームが白っぽい埃をかぶっていました。
b0059978_2295874.jpg

谷駅付近から下り方向に向かうと、かつての谷間の農地は住宅団地へと姿を変えています。
軌道敷きは遊歩道として整備されたこともあったのですが、現在は手入れもされることも無く荒れたままになっています。
b0059978_22215223.jpg

辛うじて散策できる区間もありましたので、そこを谷駅に向かい歩いてみました。
やがて路肩に電柱の痕跡が。

b0059978_2225429.jpg

しばらく歩くと水音も聞こえてきました。築堤の下を暗渠で水路が潜っているようです。
b0059978_23311637.jpg


この先はいよいよ藪が深くなり進行を断念。現道に戻り谷駅の位置に向かいます。
谷駅前にあった有名な水車小屋は、今や変電所の敷地に飲み込まれています。
そして谷駅があったのは、この高圧鉄塔の辺りだと思われます。
b0059978_22364057.jpg

変電所造成の際に、地形は大きく変わってしまいましたが、左奥には旧道が残っており辛うじて昔をしのぶこともできました。
b0059978_22375060.jpg

高圧鉄塔の背面には、三方が原から下りてくる旧道があるはずです。
しかしそれも今や廃道で、原の上は土建屋の土場となり、下りてくる道も高圧鉄塔の建設で削り取られてしまっているようです。
b0059978_22463282.jpg


今こうして旧道から線路敷き跡を見ていると、遠くの森にあずき色の車体が見えたような気がしてなりませんでした。


追記 : 記事中、橋梁の位置を間違えておりましたので訂正いたしました。暗渠部分は鉄道時代から暗渠だったようです。
[PR]
by kitoudenki | 2014-05-30 22:54 | | Comments(0)

いよいよ形になってきました・遠鉄高架化工事

昨日は所用の為に浜松へ。
用事は朝と夕方だけですので、日中は街中を久しぶりに散策です。
先ずは伊場遺跡で、朝の清々しい時を園内の散策で過ごします。
b0059978_23143262.jpg

え?
これのどこが伊場遺跡だって?
伊庭遺跡の柵の間からこんな風に119系が見えるんですよぉ~

先日飯田線から引退した119系が、西浜松に疎開している情報を先日の飲み会で教えてもらっていたので、今回はそれを撮影に来た訳です。
b0059978_23214564.jpg

ヤードが見渡せる陸橋にやって来ると、情報通り117系も1編成留置されているようです。
このまま解体されてしまうんでしょうか。
(尚、この写真は歩道部分からの撮影ですからね。車道からの撮影じゃありませんからね!)

ついでに浜松工場の周りをぶらぶら
b0059978_2326922.jpg

昔は色々な車両が所狭しと留置されていましたが、最近はすっかり新幹線専門工場になってしまいましたね。
外からは0系が見えました。
ラストラン300系が見えると言う事を聞いていたのですが、外からは見えませんでした。

お次は遠鉄の高架化工事の進捗を確認に。
パーク&ライドを活用して、自動車学校駅から乗車です。
b0059978_23301298.jpg

馬込川橋梁も出来あがっている様子。軌道の敷設はぼちぼち進んでいるようだね。

駅には浜松祭りのポスターと共に祭り期間中の増発時刻表が。
30系がバンバン走り回ることになるぞ♪
b0059978_2339439.jpg

曳馬駅まで来ると、現駅はすっかり新駅の下に潜り込んでしまっています。
b0059978_23453354.jpg
b0059978_23452210.jpg

それでも駅を過ぎると懐かしい風景が少しは残っています。
道路と軌道敷きの区別がつかないような路地。
踏切だらけの裏街。
昔ながらの光景が、高架橋の下に未だに日常の情景として息付いています。
b0059978_23475928.jpg
b0059978_23474639.jpg

助信駅も新駅舎は出来あがっている様子。
現駅舎も仮駅舎に移転しており、25年の新線開業に向けての準備に向けているようでした。
b0059978_23581754.jpg
b0059978_2358761.jpg
b0059978_23575271.jpg

さて、まだ時間が早い様ですからもう少し辺りを散策してみましょうか。

助信から遠州病院まで、2区間だけですが電車で移動します。
こちらは旧遠鉄浜松駅で、かつては奥山線と西鹿島線との接続駅でもあった所です。
b0059978_140744.jpg

かつて地上時代の西鹿島線が走っていた所は遊歩道となりその跡を示す表示が有りましたが、奥山線については一切の痕跡は有りませんでした。
新川を渡り川べりの住宅が建っている所をかつては軽便電車が走っていました。
b0059978_142539.jpg

北田町駅が有った所は小さな公園となっており、その駅の所在を示す表示が有りました。
ここから先を少し進むと軌道敷きは小道となってその姿を現します。

元城駅を過ぎ亀山トンネルまでやってまいりました。
b0059978_1461753.jpg

b0059978_1472697.jpg

浜松城公園の一角と言う事も有り、静かな佇まいに似合わぬ結構な通行量(賑やか)です。
それだからでしょうか、ちゃんとトンネル内も整備されており、レンガも当時の物ではなく新しくレンガ風タイルを張り付け直してあるようです。(ちょっと残念)
b0059978_14129100.jpg

ん、ちょっと良い感じ♪

やがて辺りも開けてくると、もう1か所のトンネルと言いますか陸橋が姿を現します。
b0059978_14142059.jpg

そしてトンネルを抜けると小さな公園とモニュメントが・・・・・・
b0059978_14165687.jpg

おや?999の如く怪しげなモニュメントの先には・・・・・
b0059978_14185357.jpg

軽便を顕彰しようとする気持ちは嬉しいんだけど・・・・・
これじゃあフォーニーだよ~

気を取り直して先へ進みましょう。
途中、感じの良い古い集合住宅(昭和30年代の設計?)が有りそれを堪能しながら名残駅までやってまいりました。
b0059978_14261875.jpg

b0059978_14242381.jpg

歩道にこんな表示が有る所がちょっと嬉しいね。

住宅地の間を縫うように線路跡は進みます。
b0059978_14265154.jpg

そうして程なく池川駅へと到着です。
b0059978_14273763.jpg


この辺で丁度時間切れ。
目の前にバス停も有ることだし、浜松駅までバスで戻り今日の街歩きは終了です。
次回はこの続きを歩いてみようかな?
[PR]
by kitoudenki | 2012-04-30 23:59 | | Comments(0)