城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ジョリーマンマ ( 8 ) タグの人気記事

遠鉄キハ1803プロジェクト最終編・皆様ありがとうございました

b0059978_2027988.jpg
えにゃーる : ささ、曳馬野についたわよ。乗り換えるわよ。
にゃにゃー : 忘れ物ない?お子様ランチの松菱の旗は持ってる?
にゃー : 松菱まんじゅう。
曳馬野で乗り換えたキハ1803はエンジン音も騒がしく、三方が原を走って行きます。
いつしかネコも夢心地・・・・・
ごととんごととん・・・・
b0059978_2028526.jpg


尾鉄通信 : あの~、君たち何やってるんですか?
ねこたち : あっ、奥山線ごっこ。気にしないでスルーして。
尾鉄通信 : 係り員以外まだ立入っちゃ駄目です!
ねこたち : きゃ~

b0059978_20312527.jpg

先般よりご案内してまいりました遠鉄キハ1803復活プロジェクト、なかよし鉄道で走らせよう計画が、いよいよこの9月14日で最終日を迎えることができました。
キハの外観、内装復元からなかよし鉄道への移動。8月24日から9月14日までの運行。そして尾小屋への返却輸送。
無事に終えることができました事を此処にご報告をさせていただきます。
(詳しくは会の公式HPご覧ください)
このプロジェクトの成功にあたり、多くのファンの皆様のご協力があったことをご報告するとともに、改めて御礼を申し上げます。
b0059978_2033451.jpg

さて、私はと云えば、運行最終週の13.14日にやっと現地に行くことができました。
車庫前に佇む奥山線仕様のキハ1803はそれはそれは凛々しく見え、山の上で見る姿とはまた違う躍動感を覚えました。
なかよしの森を走る姿、踏切辺りの松林を抜ける姿。
いずれも三方が原辺りや田畑のシーンを彷彿させるには十分なロケーションです。
b0059978_20333016.jpg

エンジンから白煙を吐き、ギアを上げ、森を駆け抜けるジョイント音は本当に時を忘れさせてくれます。
この週末は運行最終週ということもあり、沿線には多くのファンのみなさんも御出でになりました。又、子供たちも多く乗車するだろうということもあり、懐かしのDTD編成(動車+客車+動車)という昔の私鉄ではよく見られた編成を再現することになりました。
b0059978_2034566.jpg

タイフォンを前後のキハがそれぞれ鳴らし、タイミング良くスタート。
決してカプラーを引っ張り合うこともなく、完璧な連結運転が再現されました。
撮影に訪れた皆さんも、この運転には嬉しい驚きではなかったでしょうか。
最終運行列車では、簡単な式典が行われました。
b0059978_20343296.jpg

出発前にホームでは守る会会長のあいさつ。
そして遠州鉄道奥山線の万歳三唱。
車内ではなかよしの森での折り返し時に、尾小屋鉄道万歳三唱が行われました。
こうして最終列車はホームへと滑りこみ、キハ1803のなかよし鉄道での運行は終了しました。
計画に携わった皆さま、ほんとうにお疲れさまでした。良い夢を見させていただきました。
b0059978_20345482.jpg


明けて翌日、キハ1803を尾小屋へと返却する作業が行われました。
踏切横に80tラフターが据えられ、踏切まで自走したキハはトレーラーに積み込まれてゆきます。
トレーラーに積まれたキハの姿を見ると、かつて元城工場から尾小屋へと嫁いで来た時のシーンがどのようであったのか、想像を掻き立てられる思いがします。
b0059978_20351958.jpg

トレーラーに積まれたキハはやがて尾小屋の廃線跡に沿って山へと戻って行きました。
かつて通いなれた景色を眺めながら・・・・・
b0059978_20353781.jpg

尾小屋では2台のラフターに吊られて、手慣れた作業で無事元の展示線へと戻り、一連の作業は終了となりました。
b0059978_20355417.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2014-09-17 20:37 | | Comments(15)

日本の心永遠なれ・津軽海峡冬景色2

♪私は一人、連絡船に乗り
凍えそうなカモメ見つめ泣いていました

と言う訳で、今度はフェリー乗り場へとやってきました。
津軽海峡フェリーです。
b0059978_2217322.jpg

新しいターミナルはボーディング・ブリッジ付きですが、今回乗った『びるご』は未対応の為、乗船場所までバスで移動です。聞けば『びるご』はこの4月で引退とか。
b0059978_22174113.jpg

どんよりとした雪雲の下に横たわっている津軽海峡を、これから4時間弱の船旅へと繰り出します。
がこん
鈍い振動と共に離岸したフェリーは、青森の岸壁を後にします。
b0059978_2219421.jpg

♪ごらん、あれが竜飛岬 北の外れと 見知らぬ人が指をさす
b0059978_22203024.jpg

チビコロ : これで陸奥湾を出たらいよいよ津軽海峡だね。
ちゃいにゃー : うん、ホントに津軽海峡冬景色の世界だね~
2匹 : あぁぁ~、津軽海峡、冬景色ぃぃぃ~~~
城東電軌 : 他のお客さんも居るから静かにしてください。
岬を過ぎていよいよ海峡に出ると、ローリングが大きくなってきました。
きゃ~~~~~~~~
ごろごろごろ・・・・
b0059978_22222531.jpg

なんだか喜んで遊んでるみたいです。

やがて日も暮れて月も上る頃、函館港の灯りが見えてきました。
b0059978_22262854.jpg

無事定刻に接岸したフェリーから降り、一路市内へと向かいました。
ホテルにチェックイン後、市内に有る根ぼっけの食べれる居酒屋へ。
b0059978_22362086.jpg
その名も根ぼっけ。
こちらで今夜は地元函館の模型メーカー、グレイスモデルさんと懇親会です。
グライスモデルさんは、Nの函館市電8000のインジェクションキットを出されている、意欲的なメーカーさんなんですよ。
b0059978_22405358.jpg

根ぼっけでは、根ぼっけの刺身やバッテラ、そして開きの焼いたものなどなど、大変美味しく頂きました。
b0059978_2247932.jpg
ここでの味を覚えてしまった以上、もう静岡のスーパーや居酒屋のホッケは食べられない・・・・・そんな味わい深い料理の数々でした。
b0059978_22532069.jpg

締めのラーメン(函館ラーメンは塩味が基本との事)を食べた後は、市電を撮影しながらお宿へと帰還しました。
b0059978_2255322.jpg
b0059978_22571911.jpg

ああ、函館の夜は更けてゆく。

しまった、ハセストの焼き鳥弁当を食べ損ねた・・・・
b0059978_22204717.jpg
b0059978_2220321.jpg

その代わり、ラッキーピエロで
[PR]
by kitoudenki | 2014-01-21 22:57 | 鉄な旅 | Comments(6)

日本の心永遠なれ・津軽海峡冬景色

♪上野発の夜行列車降りた時からぁぁぁ~
城東電軌 : ちゃいにゃー、うるさい!
♪私はひぃっとり~、連絡船んん~に乗りィィィ~
城東電軌 : チビコロもうるさい!
♪あんあああ~、津軽海峡、冬景色ぃぃぃ~
城東電軌 :2匹ともうるさぁ~い!

この春で臨時化する寝台特急あけぼの。日本人の心の旅情である上野発の夜行列車、そして雪の青森から連絡船で渡る北海道
それがもう味わう事が出来なくなる。たとえ演歌の世界と言われようとオヤジと言われようと(実際オヤジなんだもん)、あの世界観が体に染みついている我ら世代にとって、もはや傍観して居られない事態となってきた訳です。
そんな訳で、浜松の鉄な友人たち(+ねこ)で、上野発の夜行列車と津軽海峡の冬景色を味わうべく、あけぼのの惜別の念を込めて、オヤジの弾丸遠足ツアーに行って参りました。
上野に行く前に、忘れちゃならない物があります。
そう、それは車内での宴会用飲み物と食糧です。買うのはもちろんサッポロクラシック♪
買い出しを済ませると、いよいよ上野に向かいます。
b0059978_22541940.jpg

上野の地上13番線には、カメラ片手の御名残のファンが大勢見受けられます。これからファイナルに掛けて、もっと増えてくるんでしょうね。
やがて尾久からの推進で、あけぼのが入線してまいりました。
b0059978_225228100.jpg

開け放った貫通路と操縦灯が、段々近づいてきます。
b0059978_22525414.jpg

今日のカマはEF64 1030です。機関車周りは撮影する人たちでごった返しています。
と、此処で思いもかけない方にバッタリとお会いしました。
城東電軌 : ・・・・・・・
老いて27000さん : ・・・・・・・・
2人 : あれぇ~~~~~~

正にネコのお導きです♪
b0059978_22532445.jpg

さあ、いよいよ青森に向けて発車です。思い切り国鉄を楽しみましょう。
オヤジたちの夢を乗せたあけぼのは、一路北を目指します。
b0059978_2255386.jpg
写真提供―老いて27000さま

大宮を過ぎ高崎辺りまで来ると、車窓の景色が段々白く変わってきました。
b0059978_22563229.jpg

それに伴ってメンバーたちの顔も、段々赤く変わってきました。
b0059978_22565880.jpg

窓際には空き缶のカーテンが・・・・・
チビコロ・ちゃいにゃー : うぃっ・・・
なぜかこいつらの顔も赤い気がします。気のせいかな?
寝台車は夜の静寂の中を、リズミカルなジョイント音を刻みながら、国境へと上って行きます。
やがて列車は水上へ。
雪明りに照らされたホームは、静寂に包まれています。深々と降る雪が全ての音を消し去っているかのように・・・・・
b0059978_2258384.jpg

やがて小さな金属音が響いてきました。
城東電軌 : あっ、補機が繋がった。
チビコロ : 空耳です。

そしてかすかなホイッスルが2回、どこからか響いてきました。
城東電軌 : あっ、16のホイッスルだ・・・・
ちゃいにゃー : 気のせいです!

やがて列車は音も立てずに、国境のトンネルへと吸い込まれて行きました。
いつしか酔いも周り、心地よい揺れが上段ベッドへと、気だるい体を導いてくれて居ました。
b0059978_22594293.jpg

ちゃいにゃー・チビコロ : おやすみ~~
城東電軌 : コラ、俺のベッド!
ピィ~~~~~~(ホイッスルの音)
上越国境を行くハネ上段の夜は更けてゆきます。
一夜明けて目を覚ますと、周りはうっすらと明るくなり秋田手前を走って居ました。
城東電軌 : おはよ~
メンバーたち : イビキうるさい。
城東電軌 : ごめん・・・・
b0059978_2324934.jpg

実は私、イビキ大魔王でした。
途中で代わったカマは、EF81 137。秋田での停車時間に撮影出来ました。
b0059978_2331634.jpg

段々明るくなってくる車窓の風景は、かつて訪れた地も多く、一面の雪景色の中に思い出も蘇ります。
時々見える雪囲いが、北国の風雪の厳しさを物語っています。
b0059978_2341083.jpg
b0059978_233575.jpg
b0059978_2334468.jpg

そんな車窓の風景を眺めながら食べる駅弁もまた格別ですね。今回は朝飯用に、深川めしを用意しておきました。もちろんJダイナーなんかじゃありません!
b0059978_2345655.jpg
b0059978_2344461.jpg

やがてオルゴールも鳴り、青森到着のアナウンスが入りました。
いよいよ寝台特急も終点です。でも、旅はまだ続きますよ!

♪上野発の夜行列車降りた時から
青森駅は雪の中・・・・


歌の通り、ホームに降り立つとそこは一面の雪景色の中でした。
b0059978_2361770.jpg

昔は皆、連絡船につながる跨線橋を目指しましたが、今は御名残のあけぼのの撮影に余念が有りません。
81が切り離されDE10が引き上げの為に連結されます。
b0059978_2364988.jpg
b0059978_2364126.jpg

構内では、降りしきる雪の中除雪作業が続いていました。
b0059978_2372761.jpg

我々一行は、津軽海峡を歌の通り船で(フェリー)で渡る予定なのですが、予定便の前にどうしても行かなければいけない所があります。
そう、かつての連絡船桟橋に係留されている青函連絡船、八甲田丸なのです。
現在はメモリアルシップとなり、船内は記念館となって車輛甲板も見学をする事が出来ます。更に可動橋も保存されているため、是非ここを訪問しない訳には行きません。
雪の降りしきる中、かつてのヤード跡を歩きながら可動橋までやって来ると、そこには可動橋越しに八甲田丸の雄姿が見えました。ただ、かつてのあの賑わいはどこにもありませんが・・・・
b0059978_2392758.jpg
b0059978_2391830.jpg
b0059978_239737.jpg

船内には羊蹄丸から移された、青函ワールドが再現されています。
b0059978_23104080.jpg
b0059978_23102428.jpg

オリジナルの船内は、一部は保存されていますが、桟敷席はあまり面影は有りませんでした。
ブリッジから見える景色は、舳先が今でも函館を向いていました。
b0059978_2311166.jpg

この航路の歴史と厳しさをいつまでも伝えて欲しい、そう願わずには居られません。
車輛甲板には控え車やキハ82などが展示されています。
b0059978_2312414.jpg
b0059978_231148100.jpg
b0059978_23113241.jpg

時々、船体をこする波や防舷部材の音が船体にこだまします。
八甲田丸を後にした一行は、すっかり様変わりした青森駅前で昼食です。
b0059978_23124011.jpg

私は折角青森に来たという事で、ホタテ丼を頂く事に。
b0059978_23131560.jpg

冷えた体が暖まります。ああっ、美味しかった~
[PR]
by kitoudenki | 2014-01-20 23:13 | 鉄な旅 | Comments(2)

草間弥生&藤田嗣治展

やっとこさ時間がとれて、県立美術館で開催中の草間弥生展と、静岡市立美術館で開催中の藤田嗣治展を見てまいりました。
b0059978_2194795.jpg

県立美術館の玄関前にはいきなり『永遠の永遠の永遠』というオブジェがお出迎え。
いきなり圧倒されます。
b0059978_85415.jpg

ロビーに入るとこれまた『ヤヨイちゃん』がお出迎え。
b0059978_21121386.jpg

むむむ、これは心して掛らねば、待ってろよ草間弥生‼
b0059978_2114074.jpg


展示室に入るとそこにはカンバスに描かれた白と黒の世界。
あえて線画をシルクスクリーンに置き換えてあるので、そのコントラストがライティングも相まって、均一と言うか際立つと言うか・・・・
展示の順番とパンフレットのナンバーリングがランダムになっているので理由を学芸員の方にお聞きすると、最初パンフレットと展示順を決めてあったのだが、実際の展示に於いて草間さん側から構成や照明や配置の関係で変更の申し入れが有ったとの事。
展示に於いてテーマによってはなるほど、と思った所もあって納得した次第。

『チューリップに愛をこめて永遠に祈る』
b0059978_21215717.jpg

こちらは嬉しい事に撮影可のゾーンが途中に2か所設けられており、こちらはその内の一つです。
テーマの区切りにも丁度良いかな。

此処からは画材もアクリルに変わり、一層華やかな色使いに変わってきます。
自身のポートレート、そして立体造形の『大いなる巨大な南瓜』を挟んで我が永遠の魂へとテーマは変わってゆきます。
b0059978_21294985.jpg

内面から宇宙的生命へスケールも作品も変化してゆきます。
今回は常設展のスペースまでも企画展のスペースに当てられており、この草間弥生展のパワーは驚くばかりでした。

流石にちょっと一服したくなったので、いつものロダン館で一休み。
b0059978_21372761.jpg

(此処は撮影可です)
あ~、やっぱ此処は落ちつくわぁ~

この後、1階で『魂の灯』を体感し、今度は静岡市立美術館へと移動する事にしました。
そう、今度は藤田嗣治展を鑑賞です。

さあ、やってきました静岡市立美術館。
今日は或る目的が有って、こいつを連れてきました。

ちゃいにゃー : やあ
城東電軌 : 今日は君に業務命令を与える。受付でネコグッズを提示してウケを狙ってこい粗品ゲットをして来い‼
ちゃいにゃー : らじゃー
b0059978_21535686.jpg


そんな訳で、いざ入場です。
b0059978_21542760.jpg

城東電軌 :あの~、ネコグッズの提示で記念品が頂けるとお聞きしたのですが。
受付のおねーさん : はい、何かお持ちいただけましたでしょうか?
城東電軌 : はい、こんな物ですけれど・・・・(ごそごそごそ・・・・ちょっと照れてる)
受付のおねーさんその1・その2 : きゃ~、かわいい~~~~~

大いにウケておじさんは大満足でした。
そしてこんな缶バッジを記念に頂きました。
b0059978_2159198.jpg

ちゃいにゃー : 任務完了‼

肝心の展示の方ですが、画家を志した頃の作品から順を追ってパリ時代、私信もとり混ぜた展示と、嗣治の作品だけでなくその足跡も併せて判る展示となっておりました。
個人的にはスケッチとかも見たかったなと思ったのですが、そこまでのスペースは無さそうでした。
彼の代表作とも言える『乳白色の肌』の裸婦絵はも思ったほどの点数は無く、奥さんに送った他作家風の洒落絵で1コーナー(それはそれで大好き)取るなど、メイン作品の数が以外と少ないという印象は拭えませんでした。
(会場が広い分、それを埋めるだけの藤田作品を集めるのも酷かな)
でも十分楽しめましたよ。

帰りは静鉄春日町界隈でちょっとブラブラ。
b0059978_2241663.jpg

先日の遠鉄のホーム上屋を撮ってから、静鉄の方も妙に気になって確認をしに来た次第です。
b0059978_22422063.jpg

静鉄って鉄柱が多く残っているから好きなんだよね。
b0059978_22442539.jpg

この細いビームが堪んないです。

さあ、今日は久しぶりの目の保養が出来ました。
良いお土産も貰ったし、ぼつぼつ帰ると致しましょう。
[PR]
by kitoudenki | 2013-05-18 22:46 | 日々の出来事 | Comments(6)

母の日

昨日は母の日でした。

先日東京で買ってきたまめぐいを奥さんにプレゼント。

とっ、しようと思ったら、ネコが先に持ってっちゃいました。
b0059978_19465751.jpg

にゃにゃー : ママ~、母の日に日頃の感謝をこめて。はい、プレゼント。
奥さん : あら、ありがと。今日は1匹だけなのね。
城東電軌 : あの、俺からのと娘からのなんだけど・・・・・
にゃにゃー :う~~、黙っててよ‼

なんだか知らないけど怒られちゃいました。
b0059978_19512035.jpg

奥さん : まあいいや、とにかくありがと。
にゃにゃー: えへへへ♪
おくさん : ?
にゃにゃー : あの~
奥さん : 箱が欲しいんでしょ。判ってるわよ。
にゃにゃー : わ~い。
b0059978_1952306.jpg

にゃー : ちょっと、何一人で抜け駆けしてんのよ‼
えにゃーる : あっ、しっかり箱だけ確保してる‼
にゃにゃー : あっ
b0059978_19544355.jpg

にゃー : あんただけズルイわよ~
えにゃーる : まちなさい~~
にゃにゃー : きゃ~~


結局プレゼントのラッピングは、予想通りの落ち着き先となりました。
[PR]
by kitoudenki | 2013-05-13 20:01 | ジョリマンと仲間たち | Comments(9)

壁紙

壁紙に如何です?
b0059978_21415051.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2012-05-08 21:41 | 色々 | Comments(6)

こりゃ快適だ♪第2東名を走ってきました。

GW中、1日くらいお出掛けしようと言う事で、奥さんと一緒にお出掛けしてきました。
目的地は御近所の雄大なオーバルコースを車で1周です。
え、それは何処かって?
それは下の写真を見て下さい。東名の掛川ICから入って、第2東名のPAに寄りながら吉田か菊川辺りで降りて
b0059978_17282698.jpg
見ようと言うプランです。ね、見事なオーバルコースでしょ♪
それではいざ出発です。

東名の掛川ICを下り方面に車を走らせます。連休中にも関わらず道路は空いていて結構空いています。
これも第2東名効果ですね~
程なく三ケ日ジャンクションに到着です。
b0059978_17443752.jpg

そこから2東名へのアクセス道である三遠南信道に入りますが、何と言う雄大な光景でしょう!
目の前には土木技術の粋を集めた美しい光景が広がっていました。
b0059978_17504778.jpg

道幅も広く、全体に流れも良く快適なドライブが続きます。
やがて第2東名区間に入り浜松SAの表示が・・・・・
b0059978_17572970.jpg

なんですと~、いきなり満車ですと~(この時まだ8:30)
でもSA巡りが今回の目的だから、並ばない訳には行きません。
路側の車列の後ろに並びます。
b0059978_1824662.jpg

にゃー : ね~、まだ着かないの~
にゃにゃー : 退屈だよ~
奥さん : なんだか眠いわね~
ネコたち : なんでもありません!

中々察しの良い子たちですね
b0059978_1844920.jpg

えにゃーる : いい天気だね。こんな時は・・・・・
奥さん : ほ~、こんな時は?
えにゃーる : ごほごほごほごほ・・・・

何を言いたかったんでしょう?

程なく車は動き始め、思ったより早く駐車場へと入る事が出来ました。
b0059978_18284739.jpg

いや~、いろんな土産物屋や食べ物屋が有りますね。何処もすごい込み具合です。
で、TVでやってたこれを食べたくて、そちらのお店へ行くとそこは結構空いていました。
b0059978_18312179.jpg

うなぎです。
鰻の串焼きですが、食べて見たら普通の鰻でした。

気を取り直して店内をぐるぐる。
ミカンバウムクーヘンをお買い上げ~
にゃー・にゃにゃー : わ~い、バウムクーヘンだ~
城東電軌 : 冶一郎も有ったんだけど・・・・・・
奥さん : 今回はこっちです。
にゃー・にゃにゃー・城東電軌 : 冶一郎~
奥さん : うるさい!

却下されちゃいました
b0059978_18343957.jpg
さて、お次のSAへ行ってみましょうか。

浜松を出てお次は静岡SAを目指して進みます。
いや~、やっぱり勾配の変化が少ないのは走り易いね。
b0059978_18424657.jpg

沿線の思い出の場所を思い出しながら快適ドライブは進みます。

程なく静岡SAに到着ですが、ここも満車の表示です。
それでも浜松と同じように程なく駐車場に入る事が出来ました。
回転が良いのかな?
b0059978_1845119.jpg

SA内にはさすが静岡、ガンダムショップの自販機とショーウインドーが。
ショップは下り線ですから、上り線はこれしかないんですね。
あとはお茶関係の商品が色々。何でもかんでもお茶が入ってるのが少々腐食気味・・・・・
おお、パンパカパンツのオリジナルグッズが売ってるぞ!
むむむ・・・・・
b0059978_18502349.jpg

8の字じゃないかぁ~~~~
いや、懐かしい。まだ売ってたんだね。
もちろんお買い上げです。

奥さん : ね~、あれは食べないの、あれは?
で、SAと言いますと定番中の定番。奥さんのリクエストでアレをやっぱりお買い上げ~
b0059978_1939889.jpg

まかいの牧場のソフトクリームです~♪
SAと言ったら鉄板モノですね
こちらのSAは静岡と言いましても鯨が池の辺りにICが有りますし、結構山間部に位置しておりまして緑のまぶしい自然豊かな所に有ります。
b0059978_19424230.jpg

いや、癒されますね。

さて、それではぼちぼち出発するとしましょうか。
b0059978_19434749.jpg

途中、ちょっと流れは悪くなりましたが、程なく新清水ジャンクションへ到着です。
ここから中部横断道へ合流し東名の清水ジャンクションへと向かいます。
b0059978_19535653.jpg

おお、清水港が見えてきた!
なんという絶景でしょう。
程なく東名に合流しました。
b0059978_19575331.jpg

しかし空いてるな~
連休中だよね?

こうして快適ドライブは目的地の吉田ICまでやってまいりました。
そして肝心の通行料は・・・・・・なんと400円♪
なんてリーズナブル。(ETCを利用)
規約通り最短区間運賃でした。これを確認したかったんですよね~

ちょっと気分が良くなった所で、茶畑を眺めながらドライブを続けます。
b0059978_2014376.jpg

えにゃーる : お茶畑だ~。新茶の季節だね~
b0059978_201971.jpg

にゃー・にゃにゃー : 気持ちいいね~
b0059978_20224329.jpg

ネコたちも少しは気が晴れたかな?

こうして連休ドライブを堪能してまいりました。
[PR]
by kitoudenki | 2012-05-06 20:23 | 旅行 | Comments(11)

家出

連休中、どこにもお出掛け出来ないネコたちはちょっとイライラ気味。
b0059978_1974837.jpg

えにゃーる : ね~、せっかくの連休何だしさ~
にゃー : どこかに連れてってくれないかな~
にゃにゃー : お出掛けしたいな~
城東電軌 : 連休中は忙しいからダメ
ネコたち : え~~~~~
b0059978_1926380.jpg

えにゃーる : お出掛け~
にゃー : どっか行きたいよ~
にゃにゃー : つまんないよ~
城東電軌 : え~いうるさい~~~、田圃もやんなきゃいけないし!
b0059978_19322415.jpg

えにゃーる : こうなったら家出してやる!
にゃー : さあ、家出するから車を出してよ!
城東電軌 : え?
奥さん : 夕ご飯までには帰って来なさいよ~
にゃにゃー : は~い♪
城東電軌 : あの~、なんだか家出と違う気がするんですけど・・・・・・

なんだかもうグダグダです。
[PR]
by kitoudenki | 2012-05-04 19:44 | ジョリマンと仲間たち | Comments(6)