城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

寛永寺坂駅

先月の8月18日、京成本線の旧寛永寺坂駅駅舎がついに解体に着手されました。
昭和22年に営業休止となった後は、幾多の変遷の後に貸事務所として駅舎は使用されていました。
戦時下における寛永寺トンネルの国の接収、その後の諸事情により不遇を託った駅でもありました。

そんな駅舎の解体の報を聞いたのは、JAMに参加のために上京の準備をしている最中でした。
予定を確認すると、解体着手日と上京日がちょうど同じ日です。
これなら何とか最後の姿を目にすることが出来そうだと、一路上野の地を目指しました。
b0059978_23155024.jpg



b0059978_2316863.jpg

寛永寺坂に最寄り駅は国電の鶯谷駅になります。
鶯谷は未だにレール組の架線柱やホーム上屋の残る駅です。
地上側駅舎の地下道も、上屋は未だに木造のまま残っています。
b0059978_2320188.jpg

駅前を出て、色町を抜けると架道橋に突き当たります。こちらもご覧のように戦前からある架道橋で、橋の名前も寛永寺橋と言います。
b0059978_23222957.jpg


b0059978_23233985.jpg

この架道橋を渡り少し歩くと味のあるおでん屋が現れます。
b0059978_23244158.jpg

するとその少し前方に白いバリケードで囲まれた敷地が目に飛び込んできました。
そう、そこが今回の目的地、寛永寺坂駅跡です。
b0059978_23263124.jpg

駅跡は敷地をバリケードで囲まれ、本体の解体にこそ着手はされていませんでしたが、既に作業員が入り準備が行われていました。
b0059978_23284373.jpg

見れば正面のシャッターが空いており、事務所ドアーらしきものがうっすらと見えました。
果たして当時からの調度なのでしょうか?
b0059978_2330239.jpg

駅舎側面には当時の物らしき窓枠も見えました。
b0059978_23311562.jpg

駅舎前には紀元2600年を記念した掲揚台も残されていました。
当時の世相を反映した遺物です。
b0059978_2333334.jpg


b0059978_23335215.jpg

この時はやはり御名残りなのでしょうか、数人の方が同じように敷地の外からカメラを向けている姿が見られました。

聞けば最近、遂に地上部分は更地になってしまったとか。
130km/hで疾走するスカイライナーとこの忘れ去られた小さな駅、時の流れと世情に思いを馳せた夜でした。
[PR]
by kitoudenki | 2016-09-11 23:42 | | Comments(0)

夏の伊勢路

少し前の事ですが、8月の大阪出張の際にいつもは近鉄の名阪特急を使うのですが、今回は所要が早く済んでしまい、さりとてどこかに乗りつぶしに行くには時間が半端・・・・
そんな訳で近鉄で伊勢まで行き、そこから名古屋へ戻る事としました。
まずは難波から伊勢行の時間を調べると、程なく発車の特急があることがわかりました。
b0059978_2321243.jpg

大急ぎでチケットと飲み物を支度してホームに駆け込みます。
b0059978_23211750.jpg

汗をぬぐいながら、流れゆく生駒の山並みを肴に冷たいものを頂きました。
鈴鹿山地を抜けて平野を抜けて、中川のデルタ線を過ぎればやがて目的地の伊勢市駅です。
あえて山田でなく伊勢市で降りるところが乙なところです。
b0059978_23261541.jpg

日が傾きかけたとはいえやはり夏の日は暑く、車外へ一歩出たとたんにまとわりつくような空気に汗が噴き出してきます。
b0059978_23262955.jpg

伊勢市駅の表へ出てみると、丁度そこには三重交通の神都線もどきバスがやってきました。
b0059978_23294053.jpg


b0059978_23295579.jpg

駅の戻ると、先日廃止になったばかりの伊勢区の構内が、ガランと広がっていました。
b0059978_23314891.jpg


b0059978_2332626.jpg

まだ少し日もあるようなので、少し足を延ばしてみましょうか?
b0059978_23324728.jpg


b0059978_9453010.jpg

車窓に五十鈴川に掛かる神都線橋梁跡を眺めながら、松下駅までやってきました。
b0059978_2335186.jpg

周りには数件の人家と休耕田の広がる、何もない無人駅です。
近くには伊勢でよく見かける真珠漬の看板広告。
b0059978_23362751.jpg

さっき見送った『伊勢』が鳥羽から戻ってくるまでの間、この小さな田舎の駅で、沈みゆく夕日を楽しむとしましょう。
b0059978_23381386.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2016-09-10 23:38 | 鉄な旅 | Comments(0)

光明電鉄、その企画展に寄せて

現在磐田市中央図書館において、磐田市歴史文書館主催の企画展『光明電鉄の消長』が開催されております。
会期はたいへん短く、今週末の9月11日までとなっております。
基本的には、先日の竜洋支所にて行われていた企画展の内容と展示資料は同じです。
今回は会場も広いこともあり、同所にて保管されています光電のマーク入り鉄蓋が公開されております。
元々図表等が残っておらず、経営資料のみがクローズアップされている光電ですが、このような当時を知る貴重な個体が公開される事は喜ばしいことです。
今回初見だったのは、上野部付近の築堤を走る電車の写真です。
営業時代の写真がほとんどない光電において、これは本当に貴重な写真であると思います。
この週末にでも磐田駅前から見附まで、ぶらりと散歩がてら、一枚の写真を求めて訪問されてはいかがでしょうか。
[PR]
by kitoudenki | 2016-09-08 13:41 | | Comments(0)

湘南色の電車に乗りたくて

高崎地区の115,107系が211系に置き換え開始とアナウンスがされたこの夏、仕事のひと段落したところで18きっぷの残り1回分を使い、信越本線は横川へと湘南色の115に乗りに行ってまいりました。
掛川を始発で出て帰りのホームライナーに間に合うようにするには、現地滞在は1時間がリミット!
果たして信越本線に115が来るか107が来るか、富くじのような工程ですがともかく出発です。
高崎に着くと信越本線ホームには115が待機中。無事に目的の湘南色の電車に乗れました。
b0059978_22561410.jpg

遠くに妙義山を望みながら田園を進むにつけ、だんだんと車窓の景色は勾配に変化をつけてゆきます。
b0059978_22562965.jpg

信越本線はやはり山線なんだ・・・・
そんなことを実感します。
b0059978_22573718.jpg

横川駅構内に入り引き上げ線が見える頃には、これだけの勾配が実感できます。
ああ、これから碓氷峠に挑むのだ、かつてそう思ってワクワクした日の事を思い出します。
b0059978_2364032.jpg

到着した普通列車は駅舎側の1線を普段は使用。かつて特急列車や釜めしの立ち売りで賑わったホームには人っ子一人居やしません。
遠くに峠を望みながら、その先に鉄路はもうありません。(営業線としての)
b0059978_23103245.jpg

1列車見送った後は、荻野屋さんで一休み。
とりもも弁当が欲しかったのですが、土日しか販売していないようなので、帰りの信越線車中(115のBOXシート)で食べようと釜めしを所望。
横川で降りた皆さんは荻野屋さんの写真をよくUPされていますが、どれもみな食堂部分ばかり。随分こじんまりした印象なのですが、ところがどうして、本店自体なかなか立派な構えの建物で今でも釜めしの調理を行っているとの事。
b0059978_23164843.jpg

さあ、ぼちぼち入線時間かな。
ホームで待っていると入ってきたのは107系。信越本線車中で釜めしを食べることはあきらめました。
b0059978_23244436.jpg

山を下る107系を楽しみ、程なく終点の高崎に。
高崎線の発車までは、ここを発着する115を眺めていました。次に来る時はどんな景色になっているだろう・・・
b0059978_2328940.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2016-09-03 23:29 | 鉄な旅 | Comments(0)