城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

残暑お見舞い申し上げます

b0059978_2293813.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2014-08-18 22:09 | ジョリマンと仲間たち | Comments(2)

想いは遠く、磯かおる海辺の町へ

旅に出たいな・・・・
しばらく出かけていなかったこともあって、18キップのシーズンと云うこともあり、浜松の友人たちと銚子電鉄へ日帰り弾丸ツアーへ行ってまいりました。
今回の目的は18キップでどこまで日帰りができるだろうか?
というのがテーマなので、必然的に現地での滞在は考慮無し!
そんな鬼ツアーなのです。
先ずは例のごとく始発の上りで掛川を出発です。さすがお盆中だけあって通勤客は見当たらず、旅行者と思しき人たちでそこそこ駅毎に混み合ってきました。
b0059978_11343914.jpg

沼津、熱海と乗り換えて、ここで浜松組と合流です。
b0059978_1135735.jpg

ここから千葉までは快適なサロを利用、ロングシート区間の疲れを癒します。
大船では総武線に乗り換え。
なぜ戸塚でなくわざわざ大船で乗り換えかって?
そりゃあんた大船軒が俺を呼んでるからに決まってるからじゃない♪
b0059978_11361976.jpg

久しぶりに乗る総武線の車窓はすっかり様変わりしていました。
b0059978_11371287.jpg

スカイツリーが目立つね~、新小岩車セが無くなってるし・・・・・
b0059978_11372859.jpg

西船橋のネギ畑もすっかりビルだらけなんだね。
千葉駅ではホーム改修中でお目当てのとんかつ弁当が買えなかった・・・・・
(乗り換え時間5分)
昔、窓全開で銚子に向かった113の頃に思いを馳せながら、総武線の電車は銚子へと向かいます。
b0059978_11375124.jpg

途中駅ではこんなシーンとか、すっかり機関区の面影も無くなった佐倉駅に驚いたり。
b0059978_1138397.jpg

やがて電車は貨車も何も留っていない銚子に到着。
b0059978_11381892.jpg

ホームの端には京王車がお待ちかね。思った以上に観光客がいっぱいで、途中駅から乗り込む人もおり、ちょっとしたアトラクション状態でした。
b0059978_1139426.jpg

少しでも収益が上がるとよいね。
b0059978_11392462.jpg
b0059978_11393916.jpg

笠上黒生駅は昔と変わらない佇まいを見せていました。駅への進入方法が是正されていて、昔の情景からするとちょっと違和感があったけど・・・・
b0059978_11395592.jpg
b0059978_1140717.jpg

キャベツ畑の中を走るあの場所は健在で嬉しかった。
そんな車窓を楽しんでいるうちに外川へ到着。折り返し時間はたった10分!
b0059978_11402419.jpg

駅端に止まっている801はまだ状態はそんな悪くなさそう。この色はやっぱり戴けない。
b0059978_11404774.jpg

ホームには記念写真を撮るっている観光客。結構な数のお客さんがここまで乗ってきているんだと感心。
b0059978_11403597.jpg

此処の駅舎も昔と変わらない。風雨に耐えた板張りに歴史を感じます。
b0059978_11411191.jpg

おっと、もう発車時間だ。急いで電車に乗らなければ。
乗り込むと間もなく銚子行き電車は大きくローリングしながら発車です。
b0059978_11421384.jpg

夏草の線路をかき分けて、やがて電車は銚子へ到着。銚子電鉄の旅は終わりました。
b0059978_11411676.jpg

実はここから今回エスケープゾーンが1か所。帰りのホームライナーに間に合わせるため、東京まで特急を使うことになりました。
昔だったら急行があったんだけどね・・・・
車窓からは田園風景が広がります。畑地は関東らしいローム層の土色の畑が広がっています。
b0059978_11421927.jpg
b0059978_11424047.jpg

千マリでは主が変わってこんな電車たちが住みついていました。
b0059978_1142432.jpg

東京からは再び18キップで熱海、沼津と乗り継いでゆきます。
夕暮れの相模湾が綺麗です。
b0059978_11434413.jpg

沼津では最終ホームライナーに乗り継ぎます。
b0059978_11433869.jpg

やはりお盆中ということもあり、車内はガラガラ。
こうして無事掛川へと帰着、日帰り銚子電鉄への旅は終了いたしました。
[PR]
by kitoudenki | 2014-08-17 11:48 | 鉄な旅 | Comments(7)

遠州の原風景を訪ねて・養鰻池よ永遠に

以前、浜松の原風景である養鰻池のある風景を求めて志戸呂辺りを探し回ったことがあります
そこでふと思ったのが、子供のころ見た新幹線の車窓からの景色でした。
同じビューから見た現在は、果たしてどんな風だろう?
改めて写真に撮ってみました。
b0059978_2012775.jpg

西浜ヤードを過ぎた新幹線は、山側に浜工を見ながらスピードを上げて西へと進んでゆきます。
b0059978_20143194.jpg

やがて緑の空き地が。明らかに元養鰻池。
ひょっとするとまだ埋め戻していないのかも?
b0059978_20174540.jpg

志戸呂手前位から現役養鰻池が現れ始めました。しかし今風にハウス型です。
b0059978_20182471.jpg

おお、露天の養鰻池だ!
これぞ浜松の原風景。このような風景が浜名湖から浜松まで一面に続いていたんだ!
b0059978_20205378.jpg
b0059978_20215336.jpg

そう思ったのもつかの間、放置されて荒れ果てた養鰻池の姿が目に飛び込んできました・・・・・
b0059978_20233318.jpg

そして埋め立てられ整地され、畑や住宅地、工場用地へと転用され、すっかりと昔の面影も無くなった風景が、浜名湖まで車窓の中に続いてゆきます。
やがて車窓の風景は弁天島、浜名湖へと変わってゆきます。
昔から変わらぬ松の林が夏の風情を感じさせてくれます。

さあ、今度鰻でも食べに行ってこようかな。





浜松市で養鰻池を産業遺産ということで復元保全してくれないかな。
赤穂市では塩田や製塩を復元展示しているんだから。
博物館規模でもいいんで・・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2014-08-02 20:31 | 日々の出来事 | Comments(0)