「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

栄枯衰勢・時は移ろい、紫煙は消えゆく

昨日の事ですが、日本専売公社浜松工場の専用線がその使命を終えました。
又、工場自体も1年後を目途に廃止になる事がアナウンスされております。
これで静岡県西部の民間専用線は、全滅した事になります。中東部にしても、富士と沼津に残るだけではないでしょうか?
(洩れている所が有ったら御指摘下さい)

当日は2時過ぎから、専用線構内に於いて式典が行われており、機関車には横断幕が掲げられ、敷地外からもその様子が伺えました。
b0059978_23122177.jpg

踏切には別れを惜しむ地元の方とファンの方が、最後の姿を目に焼き付けておこうかとその光景を眺めておりました。
やがて時間となり係員も踏切に立つと、ホイッスルに続いてエンジン音が聞こえてきました。
b0059978_23204068.jpg

レールセンターのスイッチャーがコキ2両を牽いて、ゆっくりと構内から出てきました。機関車のサイドにはありがとうの横断幕が掲げられていました。
通い慣れた道をゆっくりと踏みしめるように通過するコキのエンドには、これまた横断幕が掲げられていました。
b0059978_2325845.jpg

レールセンターへの分岐を渡り、新幹線の浜工への高架を潜り、専用線の列車は西浜ヤードへと向かい、いつしか視界から消えてしまいました。
b0059978_2327845.jpg

列車が去った後には、もう2度と転換する事の無い脱線ポイントが、温かな春の陽の中に役目を終えて休んでいました。
b0059978_23311064.jpg

踏切で待つ事暫し、ヤードからスイッチャーが戻ってきました。なんと、デッキには先程の横断幕が掲げられているではありませんか!
なんと粋な計らいでしょうか。
b0059978_23364990.jpg

もう2度と開通すること無い分岐を渡り、スイッチャーは本来のねぐらで有るレールセンターへと戻って行きます。
b0059978_23391076.jpg

そして金網の中へ。
b0059978_23393918.jpg

専売公社の門は固く閉ざされ、此処から車両が入る事は2度とないのでしょう。
b0059978_23394312.jpg


永い事ご苦労様でした。
[PR]
by kitoudenki | 2014-03-28 23:42 | | Comments(6)

春の旅は駅弁尽くし・行くぞ九頭竜、山越えて

それは有る夜の事でした。
浜松のO君からの電話が事の発端です。
O君 : 18切符のシーズンですね。
城東電軌 : そーですね
O君 :九頭竜湖まで日帰りで行ける様なんですよね。
城東電軌 : え~と・・・
O君 :プランはもう出来てるんで♪
城東電軌 : え~と・・・・
O君 :ハイ決定!

と言う訳で、日帰り越美北線への旅に行って参りました。
この所、寒暖の差が激しい毎日ですが、天気予報は比較的暖かい予報だった筈。
所がと言うかやっぱりと言うか、始発に乗るべくやってきた掛川は結構身にしみる寒さでした。
b0059978_1519209.jpg

掛川からは、毎度お馴染の豊橋行きに乗り浜松ではO君と合流。
そして豊橋では豊橋では恒例の豊橋ダッシュ!
と思いきや・・・・・
ダイヤ改正の影響でしょうか、接続の列車が特別快速では無く快速でしたので、向かいのホームでの乗り換えで済みました。(この日は平日)
東海道線を順調に西進し、米原からは北陸線に乗り換えです。
b0059978_152048.jpg

此処からは2両編成の電車で敦賀まで向かいますが、長浜までは結構な混みようでした。
長浜からは湖東の景色を眺める余裕も出来、木之本からは柳ヶ瀬線の分岐跡や余呉湖の景色を車窓から楽しみました。
b0059978_15222967.jpg
b0059978_15221586.jpg

やがて敦二(DE15が停まって居る違和感・・・)を右手に見ながら敦賀に到着です。
b0059978_15225563.jpg

かつての賑わいが嘘の様な敦賀ですが、それでもホームの駅弁屋は健在でした。
b0059978_15232138.jpg

こちらで名物の鯛鮨を購入です。若いころは中々手が出なかったんだよな~
そうこうしている内にトワイライトがやってきました。カマ替えの為に長時間停車の様子。
b0059978_15235017.jpg

ふと構内に目をやれば、廃墟の様な敦一やヤードが目にとまりました。
b0059978_15241070.jpg

敦賀からは2両編成で武生まで乗車です。かつての客車時代の長編成と比べると、なんと寂しい事でしょうか・・・・・
b0059978_15245092.jpg
b0059978_15244099.jpg

さあ、それでは先程購入しました鯛鮨を頂きましょう。
b0059978_15252756.jpg

程良く締まった鯛の押し鮨、これがまた冬の北陸路の景色に合って美味しさを引き立ててくれますね。こりゃビールよりもお酒の方が良かったかな?
b0059978_15255036.jpg

武生で一度下車し、此処からは福井鉄道で福井を目指します。
武生で下車した時に南越線の跡地を垣間見ると、そこは一面の駐車場になっており、昔の面影は何も無さそうでした。
武生にはFUKURAMUと名鉄組が停まっており、200は居ませんでした。
b0059978_15261351.jpg

西武生では200の旧塗装が1本編成をばらされており、解体中なのでしょうか車庫の横へ移動しておりました。
途中駅にはモーターカーやらなどの事業車が分散留置されていました。
b0059978_15274352.jpg

西武生の工場を改修した時に移動したのでしょうか?
福井駅前の怪しい(?)アーケードは更地になったままで、この後どんな姿になるのでしょうか。田原町の接続と言いどの様なネットワークが完成するのか楽しみですね。
b0059978_15281088.jpg

福井ではコレ又名物のかにめしを購入。いざ越美北線のホームに向かいます。
越美北線のホームは、3番線の端に有るこじんまりとした端頭ホームした。
1日4本しかない九頭竜湖行きですが、やってきたのはキハ120が1両です。
b0059978_15312421.jpg

18切符のシーズンだからと言う訳でもないでしょうが、車内は結構な混みようで途中の大野まではかなりの方が立っていらっしゃいました。
b0059978_15315249.jpg

南福井駅ではEF81が元気な姿を見せてくれていました。貨物ホームにはワム8が。倉庫代わりかな?此処だけ見ると昭和の光景ですね。
b0059978_15322611.jpg
b0059978_15321398.jpg

沿線風景は本当に懐かしいローカル線の風情です。
b0059978_1533199.jpg
b0059978_15324623.jpg

途中では、例のラッセル気動車(機関車では無い)が試運転をしていました。
b0059978_15332097.jpg

山を登り、一旦平地に出たなと思ったら大野に到着でした。
此処でほとんどのお客さんが下車してゆきました。
b0059978_15334382.jpg

やれやれ、やっと座る事が出来ました。さあ、それではかにめしでも頂きましょうか。
しかし、何回食べても飽きないんだよねぇ~
b0059978_1534935.jpg

カニの風味が口いっぱいに広がります。ああ、幸せ。
b0059978_1536074.jpg

車窓から眺める景色は雪を抱いた山並みへと変わりつつあります。
b0059978_15363977.jpg
そして再び山道へと列車は挑み始めます。それと共に景色はトンネルばかり・・・・
b0059978_15362767.jpg


トンネルを抜けるたびに景色は大きく変わって行きます。
b0059978_1536592.jpg

やがて終点九頭竜湖へ到着の車内案内が・・・・
b0059978_15372871.jpg

尾小屋の帰りにいつも寄る九頭竜の道の駅(九頭竜湖駅)ですが、こうして鉄路で来たのは初めての事でした。いつもは見慣れた風景でも、何か新鮮に感じるのはなぜでしょうか。
b0059978_15374890.jpg

待合室に焚かれた石油ストーブに、少ない運転本数ながらも乗客をもてなす心使いが感じられて、色々な意味で温かく感じられました。
b0059978_1538833.jpg
b0059978_15383682.jpg

駅窓口では到着証明書なる物を頂けました。良い記念になりました。
b0059978_15385244.jpg

僅かな折り返し時間ですが、雪をかぶった九頭竜の景色を堪能する事が出来ました。
車内に目をすると運転台にはタブレットが。
b0059978_15393391.jpg

聞けば大野―九頭竜湖はスタフ閉塞との事。(許可を得てフラッシュ撮影)
帰りは心地よい揺れと温かさにいつしか微睡んで(まどろんで)、気が付けば気動車は花堂辺りを走っておりました。
福井からはJR国鉄でそのまま帰る事に。
b0059978_15415070.jpg

列車待ちの時間が有るようなので、その時間で駅そばを所望しました。
b0059978_15423243.jpg

昨今、北陸地方では駅そばが壊滅状態にありますので、福井とて安心できません。
(富山の立山そばも消滅したとか・・・・)
b0059978_15425430.jpg

見掛けた時に食べておかないと、後で後悔する事になりかねませんもんね。
帰りも行きと同じように敦賀、米原と乗り換えです。
鳩原のループでは、まだ明るい車窓から変わりゆくループの景色を堪能できました。
新疋田駅ではホームの中ほどに柵が出来てるんだね。
米原からは浜松行きに接続します。浜松までは3時間弱です。
浜松でこの日一緒だったO君とはお別れです。
さあ、掛川まであと少し。程良く空いた211のロングシートに腰かけます。
ちょっとウトウト仕掛けるけれど、此処で寝てしまうと一大事。(前科アリ)
10時30分、掛川に無事到着しました。工程、行き先を考えると意外と無理のない事がオドロキでした。又こんな旅がしてみたいものです。
b0059978_15444478.jpg

Oくんお疲れでした。また遊んでね~

城東電軌 : ただいま~お土産は福井名物羽二重餅だよ。
にゃにゃー : カニは?
城東電軌 : あ~疲れた疲れた・・・・
にゃにゃー : かに~・・・・
b0059978_15471510.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2014-03-23 15:47 | 鉄な旅 | Comments(2)

鉱車を増備

2フィートナローのレイアウト用に、鉱車を増備する事にしました。
ネタは札幌コムモデルのプラ製鉱車。
コレを6.5mmに改軌してやろうという算段です。
先ずは車輪の加工から。
車輪の裏側のボスを削り取るのですが、そのままでは加工しにくいので簡単な冶具を作ります。
b0059978_22291631.jpg

台になる材料(私は加工性の良さからワーカブルの端材を使用しています)に車輪径が収まる穴を開けます。
そして、車輪をそこに落とし込み(フランジが引っ掛かる)、安定して工作が行えるようにしてやります。

そうして裏面をカッターとヤスリでツライチに仕上げておきます。
b0059978_22331848.jpg

車軸はオプションの金属車軸とスリーブを使用。
b0059978_2234516.jpg

この車軸を2.5mmカットして使用します。スリーブはそのまま本体にはめ込みます。

一度車輪を組み立てて、ゲージを確認します。
b0059978_2237234.jpg


本体を組み立て後、黄色部分を軽くペーパー掛けし、車輪がフレームに干渉しない事を確認します。
b0059978_22374716.jpg

そのままだとフレームに干渉してしまいます。

組み立て後、車軸部分に少量のケーディーのグリーセムをまぶしてやります。
これでかなり軽く転がるようになります。
b0059978_2240185.jpg

試運転の結果は上々。出来れば少しウェイトも積みたいですね。
[PR]
by kitoudenki | 2014-03-13 22:41 | 模型 | Comments(0)

鉄市楽座第0回横浜場所・御来場ありがとうございました

b0059978_16204228.jpg
この3月8.9日に横浜で行われました鉄道模型販売イベント、鉄市楽座第0回横浜場所にお越し下さった皆様、そして弊ブースのお立ち寄りくださった皆様、改めて御礼申し上げます。
どうも有りがとうございました。
b0059978_1622597.jpg

狭い会場ながら、多くの皆様とまったりとした会話を楽しみながらのイベントとなり、多くの刺激や御意見を頂けた場となり大変感謝しております。
幸い、新商品で有ります尾小屋のハフ4の発売もする事が出来、従来からの販売品で有りますミニジオラマも良い評価を頂く事が出来ました。何分新参者故、至らぬ事ばかりかと存じますが、今後ともご意見を賜れればと思っております。
b0059978_167199.jpg

ハフ4につきましては、まだまだ在庫がございます。
通販につきましてはワールド工芸さんにて取り扱っていらっしゃいます。
私はイベントの際の出展で、完成品とキットを扱わせて頂きます。御要望があればお送りさせて頂きますので、ご用命ください。(キット6500円・完成品14000円受注生産)

さて、話は変わりまして、イベント2日目の朝はホテルから横浜に向かう道すがら、東神奈川にて朝練と洒落込みました。
東神奈川と言いますと横浜線。横浜線と言いますと205系。
そうです、もうお判りの通りこいつらの最後の姿を見ておこうと思った訳です。
b0059978_16195230.jpg

駅に立っているとやって来るのは205ばかり。あれ、本当に新車と置き換わるんだろうか・・・・・・
b0059978_16245696.jpg

待つ事暫し、やっと新しい電車がやってきました。30分位おりましたが、結局見たのはこの1本だけでした。
b0059978_16253462.jpg

お次は京急に場所を移し、集合時間までこれまた標準軌の関東私鉄の雄を楽しみます。
(あっ京成も別に・・・・・・)
b0059978_16283055.jpg
b0059978_1628960.jpg
b0059978_16275063.jpg

朝から電車三昧・・・・・・

こうして横浜へと向かいました。
[PR]
by kitoudenki | 2014-03-10 16:30 | 模型 | Comments(2)

遠鉄キハ1803プロジェクト・追記

先般エントリー致しました、奥山線のキハ1803をなかよし鉄道で走らせようプロジェクトの記事(←こちら)について、若干の追記事項がございますのでお知らせ致します。

寄付金の振込先口座ですが、記号番号の記載がございませんでしたので追記いたしました。
併せて元のエントリー記事も修正いたしましたので、皆様のアツい御協力をお待ちしております。
この夏に、奥山線の夢をもう一度皆さんで見ませんか?
                   
                       
【遠州鉄道奥山線キハ1803仕様】

遠州鉄道奥山線キハ1803をイメージしたスタイルに復元し、5月4日からポッポ汽車展示館で公開します。

1. ヘッドライト大型化
2. ベンチレーター復元
3. 前後ラジエーターグリル取り付け
4. 前後・側行き先板復刻版取り付け(公開日のみ)

※ 連結器以外、できるだけ復元したいと思います。ご期待下さい。


【実施時期】

2014年8月24日~9月14日の土日運転を予定しています。

8月24日以外は単行運転が主体です。


【輸送資金カンパのお願い】

この企画は弊会会員、非会員を問わず広くから輸送資金のカンパをお願いさせていただき実現する事業です。

目標を150万円とし、寄付いただいた方へは以下の硬券に準じた証明券を発行させていただきます。

カンパ金は輸送費用、整備・保険費用として活用させていただきます。


※ カンパいただいた方のお名前は一切公開いたしません。

【振込口座のご案内】

一口千円からとさせていただきます。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

ATMからのお振込みの場合、住所が記載されないため、以下のメールアドレスへご一報下さるようお願いいたします。

なつかしの尾小屋鉄道を守る会会長 坂井 稔樹宛 tsk-1803@ksn.biglobe.ne.jp

振替口座(ゆうちょ銀行)

口座番号: 00730-3-23140

加入者名:なつかしの尾小屋鉄道を守る会

※銀行口座からご送金の場合

振込先金融機関名: ゆうちょ銀行

振込先支店名: 〇七九 (※漢数字またはカナでゼロナナキュウと入力下さい)

受取人口座: 普通23140

受取人名: なつかしの尾小屋鉄道を守る会(ナツカシノオゴヤテツドウヲマモルカイ)

※口座は月の下旬に確認させていただきますので、証明券は翌月発送となります。

※この硬券を当日持参いただいた方は、児童会館前駅構内での入場撮影ができます。

詳しくは公式HP 「尾鉄通信」をチェックしてください。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsk-1803/kiha1803.htm


b0059978_12131696.jpg

城東電軌 : うむ、極楽極楽♪
尾鉄通信 : こら~、遊んでないで修理を手伝わんか~
えにゃーる : およ?
[PR]
by kitoudenki | 2014-03-03 12:14 | | Comments(4)

大日本軌道の忘れ形見・再び

昨日はお誘いがあって、遠鉄のED28の撮影イベントへと行って参りました。
久しぶりに30の運用がアナウンスされた事もあり、岩水寺の定番位置へ行って見る事に。
b0059978_14251606.jpg
えっと、今回の本題はこれじゃないんでしたっけ・・・・・・

その帰りの岩水寺駅への道すがら、何気なくプレートガーターの写真を撮って居ると、その足元に古い石積みの橋台がある事に気がつきました。
b0059978_14255103.jpg
道路橋の橋台なのですが、何か違和感を感じる・・・・
b0059978_14260548.jpg
撮影したガーターの銘板は、大正11年。そうすると電化、改軌時の物。
そうすると、途中で別線に付け替えたと言う訳では無さそう・・・・
もしや!
b0059978_14253803.jpg

反対側に回り込み確認すると、明らかに道路橋では無い幅員の橋台が一対、そこには残って居ました。
それもかなり良い状態で。
軽便時代の軌道は、現在の西鹿島線の西側の側道部分であったと言われています。
これは大日本軌道―遠州軌道、いわゆる軽便時代の数少ない遺構の一つでは無いのでしょうか?
高速電車が駆け抜ける横にひっそりと残る遺構に古の想いを馳せて、一路西ヶ崎へと向かうのでした。
b0059978_14523497.jpg













[PR]
by kitoudenki | 2014-03-02 14:52 | | Comments(0)