城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

軌道物語

天竜川沿いの集落相津から山間の佐久まで、かつては軌道と呼ばれる森林軌道が走って居ました。
そんな軌道の事を知って現地を訪れたのは数年前。確たる収穫も無いまま時が過ぎ、すっかりその事も忘れてしまっていた今日この頃。
相津にある道の駅、花桃の里で【むかしの話をしよう相津・佐久・大川】と言う展示が行われている事を知り、ふと佐久の軌道の事を思い出しました。

ひょっとして、軌道の資料や話が聞けるのではないか?

調べると会期も23日まで。早速展示を見てまいりました。
会場の花桃の里は船明ダムから少し上流に昇った所。国鉄佐久間線の鉄橋が目印です。
b0059978_23265955.jpg
会場には昔を懐かしむ地元小学校の卒業生の皆さんが、昔話に花を咲かせていました。
そしてその一角には、地元の産業であった林業コーナーが。
b0059978_23271952.jpg
お目当ての軌道の写真も多数展示されていました。
キャプションによると、大正8年に「龍川森林軌道株式会社」として発足したのが始まりとのこと。
この地は民有林であった為、地元有志により民営の軌道として設立されたのでした。
運行は乗り下げで、動力は導入されていませんでした。
昭和30年頃から林道が整備された為、軌道は撤去されてしまいました。それまでは佐久に至る車道は無く、軌道が唯一の交通手段でありました。
軌道の敷設には、近くに有った峰の沢鉱山の軌道を参考にしたようです。
果たしてゲージはどの位だったのでしょうか?
そこまでは判りませんでした。
b0059978_23274914.jpg
展示の中には木馬(きんま)のカラー写真もあり、お聞きすると30年位前までは実際に使用していたそうです。
これには驚いてしまいました。つい最近まで木馬使いの方が現役でいらっしゃったとは!
その方は流石にもう使えはしないそうですが、まだお元気でいらっしゃるそうです。
そして木馬もまだ残っているとの事。これは是非技術の継承をして頂きたいです。
現在の集材は伐採後すぐに搬出をしてしまいますが、木馬の場合は伐採後半年くらいは現地に寝かせて乾燥させます。そうする事により重量は約半分位になり、収材、搬出もより容易になる訳です。
全て人力による訳で、何れ土場で乾燥をさせるのですから、至って合理的な手法で有ります。

展示品中に、気になる物がありました。トンネルの写真です。
お聞きすると此処のすぐ近くとの事。
早速行ってみました。
道の駅を出て、川を渡り佐久に向けて歩き始めると佐久間線の廃墟が現れます。
b0059978_23282827.jpg
ここのトンネルは、ワインセラーとして使われているようですね。
更に進んでゆくと、軌道敷きらしい小道が現れます。そしてそこには目指すトンネルが。
b0059978_23291484.jpg
ホントに小さなトンネルです。
b0059978_23285380.jpg
中は素掘りで、手を伸ばせは天井に手が届く位の狭さです。
b0059978_23295221.jpg
トンネルの反対側。佐久側の入り口です。左の小道が気になります。
開通当初は迂回していたのかな?
b0059978_23301652.jpg
山肌にへばりつく様な軌道跡です。写真を見ると桟橋で架設している所もあり、いかに厳しい条件で敷設していたかが伺い知れます。
b0059978_23303636.jpg
このダム湖に通じる川の下を軌道は通って居たのですね。
軌道は県道の橋を潜り(ダムに沈む前の旧道の)天竜川の川べりまで延びていたそうです。
そこからかつては天竜や鹿島に、筏や木流しで運ばれていたのでしょう。
船明には川湊もあり、そこで筏に組んでいたのかもしれません。
現在の船明ダムの所には、光明電鉄の駅も予定されており、実際に土木工事も行われていたとか。
もし開通していれば、天竜運輸の様なシーンが北遠でも見られたのかもしれません。
道の駅の場所には大きな製材所があり、製材所が出来てからは全て製材所へ搬入されていたそうです。
但し、一度川べりの終点に降ろした物を、製材所まで運ぶと言うルートは変わらなかったと言います。
大きな取引が成立した後は二俣の町に繰り出して、1週間くらいは芸者衆を上げて飲めや歌えの大盤振る舞いをしたそうです。そんな賑わいも花街も、今の二俣には無いです。

多くの山の生活を支え、地域振興を目指し実現した先達たちの想いを胸に感じ、ダム湖に写る古の光景を想いながら北遠を後にしました。














[PR]
by kitoudenki | 2014-02-22 00:21 | Comments(2)

鉄市楽座第0回横浜場所

イベントの告知をさせて頂きます。
来る3月8~9日に、横浜で工作派向けの鉄道模型イベントが開催されます。
名付けて鉄市楽座第0回横浜場
(詳しくはこちらのリンクをどうぞ↑)

そんな訳で、私も今回は新製品を引っ提げて参加させていただきます。
b0059978_11063887.jpg
物はコチラ。尾小屋の代用客車のハフ4のキットです。
企画と元設計をして、ワールドさんに作ってもらいました。
若干数ですが、間に合えば完成品も作りたいです。
毎度お馴染のエヌ小屋さんのブースに寄生しておりますので、どうぞ買ってくださいませ~




[PR]
by kitoudenki | 2014-02-16 11:19 | 模型 | Comments(5)

鳩よ



大鉄の元京阪、3000の運用が、本日をもって終了しました。
あまり調子の良いハコでは無かったようですが、大井川の景色にそれなりに溶け込んでいたように思います。
結局最後に見たのは、昨年の11月頃でした。
b0059978_00564321.jpg
そう言えば、こんな3並びもあったっけ・・・・・
b0059978_00583612.jpg
永い事ご苦労様でした。



[PR]
by kitoudenki | 2014-02-15 01:01 | | Comments(2)

大鉄のモーターカー

大井川鉄道が大変な事になっています。
春のダイヤ改正で、運行本数の半減も・・・・・・
沿線自治体の支援だけでなく、多くの観光客や愛好者の皆様にもご支援を頂きたい所です。
(写真を撮るだけではなく、乗車もしてねと言う意味で)

さて、そんな大鉄の新金谷のかつての光景です。
大鉄のマスコットと言うか、ファインダーに納められた方も多いこのモーターカー。
b0059978_10352244.jpg

この頃はまだ現役で、しっかりと御役目を果たしておりました。
後ろでブルーシートに包まれているのは、羅須の皆さんが大鉄に修理委託をした楠木の3.5tです。
b0059978_10394871.jpg

マフラーが荷台に乗っかってるんですね。
エンジンやらミッションも、車内にデンとはみ出していたような覚えがあります。
愛嬌あるスタイルでした。

岳南からやってきた、日車スタイルの汽車製ステン車。
この頃は家山との区間運転用、で小まめに動いていました。
b0059978_14211983.jpg


今思うと、あの頃は今よりも雑多な電車がひしめいていたんですよね。それなりに編成も長かったし。
夏の休日は、どの電車も満員だったんですよね。
あの頃の活気が戻る事は無いにしろ、少しでも近づく事を願って止みません。
[PR]
by kitoudenki | 2014-02-08 14:24 | | Comments(2)

掛川散歩シリーズ・東海道をてくてくと

昨日は冬とは思えないような暖かに1日でした。
久しぶりに市内散歩と洒落込みました。
今週から供用開始となった、鉄骨新築掛川駅舎。
b0059978_20525745.jpg

折角なのでその仕上がりを見て見る事に。
b0059978_205442100.jpg

外破目は元の部材を使っているようですね。そこはちょっと安心。
エントランスの差し掛けの柱を叩いてみると・・・・
こ~~~~~ん・・・・・・
綺麗に音が響いていました。ああ・・・・
ホールの中はなんかイメージが違う・・・・
b0059978_20573426.jpg
b0059978_20571752.jpg

ベンチとか置いて、せめて昔の様な賑わいが戻ると良いな。
今度はお城の方に向かって駅前通りを進みます。
b0059978_2142598.jpg

こんなお店もまだ有ったりします。
デモほとんどがシャッター通り。
観光客の姿も、地元の人も、人影もまばらです。
b0059978_2153342.jpg

かつての一番の繁華街、連雀通り。此処の2階には、レストランもあった筈。
b0059978_217723.jpg

懐かしの今は亡き岡田書店。
b0059978_2181591.jpg

お城の下へ行くと、掛川駅舎の模型と共に、フィノもお出迎え。
b0059978_2110538.jpg

逆川を渡り城西へ向かいます。此処からのお城眺めも捨て難いですね。
b0059978_21143155.jpg

此処まで来たので折角なので、隠れた名店中西屋に寄って行きましょう。
独特な風味のラーメンで、結構イケます。懐かしい感じのお店です。
b0059978_2117313.jpg

さて、それでは東海道に沿って歩いて行きましょう。
b0059978_21184840.jpg

b0059978_2119214.jpg

歩いていると、結構味のある建物が残っているのが判ります。
こんな喫茶店も見つけました。今回は寄りませんでしたが、今度行って見ようかな。
b0059978_2121713.jpg

中学の頃まで、この辺りに模型屋があったんだよね。いつの間にか無くなっちゃったけど。
掛川で最後の銭湯もこの少し先だったような気がします。
b0059978_2124986.jpg

掛川にも将門の首塚があるのをご存知ですか?
東海道から少し入った所にヒッソリと祀られています。
b0059978_2127045.jpg

R1と東海道が重なる所まで来ると、昔からの商売屋が数件軒を並べています。
以前は、古くからの酒屋などもあったのですが、道路工事などでいずれも取り壊されてしまいました。
b0059978_2135326.jpg
b0059978_21351631.jpg

おや、道くろにこんなものが。結構状態が良さそう。
b0059978_21383057.jpg

やがて東海道と秋葉街道の辻へとやってきました。
正面の道は新設の国道で、かつての街道は右と左です。
b0059978_21375134.jpg

やがて天浜線の西掛川駅が見えてきました。
b0059978_21394465.jpg

ここから掛川駅まで乗車して戻りましょう。
b0059978_21403048.jpg

階段も結構いたんでいますね。でも良い感じ。
国鉄を感じさせます。
b0059978_21411364.jpg

丁度掛川行きがやってきました。
b0059978_21411718.jpg

そう言えば駅の東側のガードを工事中だとか。
少し様子を見に行って見る事に。
b0059978_2145966.jpg

おすもうやの守護神、ミラーマンはちゃんと健在!
b0059978_21472254.jpg

さあ、ぼちぼち戻るとしましょうか・・・・
b0059978_214810100.jpg

冬の午後の取りとめのない掛川散歩でした。
b0059978_21484682.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2014-02-02 21:48 | 日々の出来事 | Comments(5)