「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

消えゆく面影・遠鉄地上線の記録

先日高架開業になった遠鉄助信―上島間ですが、旧線の撤去工事は着々と進んでおり、助信、曳馬は既に撤去完了、上島は撤去中の様子でした。
そんな訳で、撤去中の旧線の表情を・・・・・・
b0059978_23133126.jpg

12月中旬、曳馬付近では既にレールの撤去が此処まで進んでいました。
b0059978_2316288.jpg

ホームだけぽつんと残った駅。
電車はすぐそこを走っているのに、もう此処には降りてきてくれない・・・・・
b0059978_23174785.jpg

レールの撤去は此処から先がまだ続いています。

此処までが昨年の12月中旬の様子で、この日曜日には上島の様子を確認してまいりました。
レルーは既に全撤去が終了している様子。
上島のホームも半分ほどが撤去されています。
b0059978_232389.jpg
b0059978_23225594.jpg

辛うじて駅舎は残っていました。
b0059978_23233912.jpg

駅前はまだごちゃごちゃしていますが、何れ整理されるでしょう。
今後が楽しみです。
b0059978_23243535.jpg

搬入線辺りはすっかり綺麗に整地されていました。
b0059978_2325584.jpg

上島駅のコンコースには、旧駅と新駅の写真が展示してあります。
これを見るとなんだか感慨深い物が有ります。
b0059978_23271694.jpg

上島駅もすっかり綺麗になりました。
b0059978_2328267.jpg

新旧線の切り替え地点です。
資材の搬出の為でしょうか、陸軌車用にレールが残されていました。
何れ近いうちに架設スロープ共々撤去されてしまうのでしょう。
b0059978_23325999.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-01-30 23:31 | | Comments(2)

リベット・デカール

件の軽便電機が一応完成です。(ヘッドライトのレンズがまだ入れてない)
b0059978_22473781.jpg

相変わらず下手くそな工作ですが、雰囲気重視と言う事で・・・・(汗)

実は今回の工作の目的は、先日Micro-Markで購入したリベットデカールを使う事でした。
同社のHPとクォーターシーズンに送られてくるカタログでその存在を知ってから約半年、やっとオーダーして手に入れる事が出来ました。
b0059978_22525528.jpg

で、その結果はご覧の通り。
キャブのリベットとボンネットのルーバーを表現してみました。
フィルムの段差もそんなに気にならないし、表現もそんなに悪くはない感じ♪
b0059978_22551012.jpg

なによりお手軽にリベットが表現できるのが良いですね。
以前いさみやから発売されていたインレタとは違って、こちらはデカールですからその点も確実です。

今度はリベットごつごつ電車でも作ってみたくなってきました♪
[PR]
by kitoudenki | 2013-01-30 22:58 | 模型 | Comments(10)

軽便電機

こんな物を製作中。
b0059978_1957388.jpg

むむむ、動輪小さすぎてカッコ悪・・・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2013-01-28 19:57 | 模型 | Comments(0)

いらっしゃいませ~♪

今日はあの小学生さんとそのご家族のネコさんが、我が家にいらっしゃいました。
b0059978_1827095.jpg

ネコさん : こんにちわ~
にゃっぴー : いらっしゃ~い、ゆっくりして行ってね。

予てより我が家のネコたちに会いに来たかったとのこと。
嬉しいじゃありませんか♪  

えにゃーる : それ、今のうち!
b0059978_18302578.jpg

ぷしゅ❢
ぐびぐびぐび・・・・・・

にゃにゃーる・にゃー・にゃにゃー : ぷは~
城東電軌 : おまえら~、頂き物をなんと心得る❢

お客様を前に相変わらずの我が家のネコたちでした。
[PR]
by kitoudenki | 2013-01-26 18:35 | ジョリマンと仲間たち | Comments(4)

掛川散歩シリーズ・古編

懐かしい思い出のコメントを頂きましたので、思い出の掛川の街を少々。

新幹線が停まる前の駅前広場はこんな風でした。
駅前には静鉄の営業所もあり、その裏手にはバスの工場もありました。
この写真の丁度右手奥になりますが、この撮影時には既に移転済みです。
b0059978_19231986.jpg

そして例の側線場所です。
b0059978_19333855.jpg
b0059978_2133451.jpg

掛川市役所はお城のすぐ横に有りました。
丁度お城の再建工事の始まった頃の写真ですね。
b0059978_19245918.jpg

掛川城は公園になっていて、その入り口には小さな売店とミニ動物園(?)がありました。
孔雀が人気でした。
b0059978_19315411.jpg
b0059978_19313890.jpg

駅前通りは現在では歩道もある立派な通りですが、昔はこんな狭い通りでした。
b0059978_19345825.jpg
b0059978_19351787.jpg

それでも城下町だけ有って、よく見れば風情のある商家も良く残っていました。
b0059978_19363626.jpg

かつて掛川にも映画館が有り、私の覚えているだけで2館ありました。
最後まで残っていたのが掛川座で、確かもっと撮影した筈だったのですが、ネガが行方不明です。
b0059978_19391459.jpg

再開発ですっかり昔の面影が消えてしまった市街地ですが、よく見るとこんな建物も残って居たりします。
b0059978_1941575.jpg
b0059978_19405199.jpg

以前はこんな長屋の様な飲み屋が線路沿いに並んで居た覚えが有りますが、それもすっかり消えてしまいました。
木造の教会は西高の近くで見つけました。このような建物が未だに残っていたのですね。
素晴らしい。
[PR]
by kitoudenki | 2013-01-21 19:46 | 日々の出来事 | Comments(10)

掛川散歩シリーズ・駅前からお城までぶらぶらと

ある冬の日の夕方、駅前から城の下までカメラ片手の散歩と洒落込みました。

駅南の新幹線下は日溜まりになって気持ちよさそう。
b0059978_1823581.jpg

地下道を潜るとそこには側線が有って、昔はよく退避の貨物が停まっていました。
その面影は、写真右手の松の木が1本残っているくらいかな・・・・
b0059978_185228.jpg

折しも211の静岡行きが傍らを走り去る所でした。
b0059978_1871014.jpg

駅前は休日とゆう事もあり比較的閑散としていました。
夜になればもう少し賑わうかな?
b0059978_1881649.jpg

駅前広場には二宮金次郎像が立っています。
云わずと知れた報徳思想の祖であり、大日本報徳社が掛川に有る事に所以しています。
b0059978_1810522.jpg

駅前通りもご覧の様子。観光客の姿どころか買い物客の姿もありません。
b0059978_1811243.jpg

通りの途中には、火の見やぐらを使った時計台のモニュメントが。
この火の見櫓は、旧郵便局(駅前通りにあった)の横に立っていた物で、再開発の時に駅前通りのシンボルとして設置された物です。駅前が買い物客でもっと賑わっていた時代を象徴する物ですね。
今では時計も止まったままです。
b0059978_18152655.jpg

連雀商店街(れんじゃく)、かつての一大商店街で、掛川唯一のヒラキ百貨店もあった所です。
今では歩く人もまばらなシャッター通りです。なんだか寂しい・・・
b0059978_18184662.jpg

逆川に掛かる橋から眺めた掛川城です。
b0059978_18564645.jpg

此処まで来たのでせっかくだから、お城の周りをぐるっと回って報徳社の工事の様子を見てきましょう。
旧事務所の解体作業は完了している様子でした。
そのバックに見える仰徳記念館の銅版葺きの屋根は、大分工事が進んでいる様子です。
b0059978_1857079.jpg


翼北学舎も綺麗に仕上がりつつあります。
あの荒れ果てた様子からは想像もつきません。出来あがりが楽しみです。
b0059978_18571480.jpg


この日は大講堂の見学に訪れている方が数名見えている様子でした。
しかし、折角公開していてもそうとは知らず素通りしてしまう観光客がなんと多い事!
せめて公開日は、門の所にでも公開中の立て看板でも出してくれればと思うのは、私だけではないと思うのですが・・・・・・
b0059978_18573035.jpg
b0059978_18574081.jpg



報徳社から竹之丸を通り、御殿へと抜けて行きます。
お城が西日に照らされてシルエット状に見えます。こんなライティングってなんだか冬らしいですね。
b0059978_1858425.jpg

そこからは御殿のお庭が垣根越しに見えます。お庭ってほどの物でも無いですけれども・・・・
b0059978_18581477.jpg


天守閣の下まで廻ってきました。そこには太鼓櫓が建っています。
当時の建物はこれが唯一と言われています。以前の公園の頃には近くまで近寄れたんですが、今ではそれも叶いません。
b0059978_18582675.jpg


さあ、いよいよ日も暮れてきました。
ぼちぼち家に帰るとしましょうか。
b0059978_18584291.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-01-20 18:54 | 日々の出来事 | Comments(3)

アルカトウ

アルカトウが完成です。
b0059978_20232998.jpg

同じくアルの鉱車も併せて完成させました。
加藤はライトのLEDが上手く収まらなかったので、点灯化はまた後日。
DCCのデコーダーはちゃんと収まっています。(今回は・・・・)
b0059978_20254823.jpg

鉱車の内側には土垢が隅の方に固まっている様子を表現。
b0059978_20265679.jpg

それらしく見えるかな?
城東電軌興産部小笠山第2鉱山に配備される予定です。

併せてトーマさんの谷村も完成しました。
b0059978_20293673.jpg

モーターはアルモーターに換装。
走りは調子いい♪
色はなんだか簡易軌道見たい。こちらはデコーダーは未搭載。
さて、どうしようかな・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2013-01-14 20:32 | 模型 | Comments(2)

とろろ汁

お正月に親戚(当地では方言でおやくと言います)で芋を頂きましたので、今日の夕ご飯にとろろ汁にして頂きました。
b0059978_2314693.jpg

中々立派なお芋です。
これを摩り下ろして、すり鉢で磨って行きます。
b0059978_23153764.jpg

我が家ではとろろ汁を作るのは、代々の男の仕事です。
すり鉢も年季が入っているでしょ。
これにかつお出汁の澄まし汁を入れて伸ばしていきます。
因みに当地では一般的に鯖の味噌汁で伸ばすのが普通です。
b0059978_2319996.jpg

ごりごりごり・・・・・・
丁寧に磨っただけ粘りのあるなめらかな美味しいとろろ汁になります。
にゃにゃーる : つかれたよ~
えにゃーる : がんばれ~

b0059978_23221263.jpg

さあ、これで出来上がり。
炊きたてのご飯にタップリかけて、御葱を散らして召し上がれ♪
[PR]
by kitoudenki | 2013-01-12 23:23 | 食べ物 | Comments(6)

甲斐路を走る須賀色電車・乗ってきました国鉄型は良いのぉ~

この冬は久しぶりに青春18切符を購入し汽車旅を満喫しました。
最後の1回分は、いよいよカウントダウンが近いのでは?
と噂の国鉄型須賀色の115系電車を求めて、中央東線に行って参りました。
聞けば純正須賀色は全国でも此処にしか残っていないとの話。なんだか寂しい・・・・

今回は地元の鉄仲間、浜松のK氏と一緒に身延~甲府~高尾の往復と言う行程です。掛川駅で合流し、そのまま富士駅で身延線に乗り換えです。
b0059978_16461069.jpg

この日は風も無く.天気もよさそう♪
身延線も西富士を出ると一気にローカル色が強くなり、車内はほとんど貸し切りに。
必然的にどこからかこんな物も・・・・・
b0059978_16462894.jpg

K氏 : 水分補給しないとね~
城東電軌 : うううう、いつの間に。
朝っぱらからいい気分です。
b0059978_1647292.jpg
b0059978_16472491.jpg

車窓の景色を眺めながら約2時間ちょっとで甲府に到着。
b0059978_1648329.jpg

あれ?
甲府機関区が無い・・・・・
b0059978_1647458.jpg

考えてみると甲府まで電車で来るのって何年振りだろう?
機関区跡にはホールやらお城の復元やら古い建物の復元やら色々整備中の様子でした。
b0059978_16481210.jpg

引き上げ線にはEF64が2両留置中。
やっぱ国鉄型のカマは良いな~
b0059978_1649149.jpg

そう思っているとEHが爆音を立てて通過して行きました。それを見ていると国鉄型の先ももう長くは無いのかなとも思わずに居られませんでした。
b0059978_1649234.jpg

それではと本日の目的の須賀色115をホームで待つべき上りホームに移動をすると、なんと1本目で須賀色115がやって来たではありませんか!
早速車中で久しぶりの国鉄型中距離電車を堪能いたしました。
b0059978_1650272.jpg
b0059978_1650439.jpg

窓辺の小テーブルに若草色の室内色・・・・えっ小テーブル!
b0059978_16505756.jpg

K氏 : 水分補給水分補給~♪
城東電軌 : いつの間に・・・・・
暖かな陽が差すのどかな車中は、絶好の宴会場に様変わり。
車窓に冬枯れの塩山の山並みを眺めながらトンネルに電車は吸い込まれ、初狩や笹子のスイッチバックの跡を楽しみながら飲み物も空になる頃には電車は大月に到着です。
b0059978_1651237.jpg

此処で富士急線内からやってくる3連と弊結し、6連となって高尾へと向かう訳ですが、我々は反対ホームへ移動し弊結の3連の撮影準備です。
b0059978_16515197.jpg

程なく3連が渡り線を身をくねらせやってきました。
b0059978_1655564.jpg
b0059978_16554330.jpg

そして連結、6連への編成完了です。うん、カッコイイ!
b0059978_16561344.jpg

停車時間の内に、そそくさと跨線橋を渡り元の電車へと戻ります。
大月を出た電車はモーター音も高らかに甲斐路を駆け抜けて行きます。
所が鳥沢駅手前橋梁上で緊急停車。
聞けば線路内に立ち入った者がいるらしく、その保護をしているとの事。
やがて徐行で鳥沢駅構内までは進み、そこで一時運転待ちとなりました。
b0059978_16564021.jpg

2~30分遅れくらいでしょうか、やがて運転再開となり今度は無事に高尾に到着しました。
此処まで来ると流石に乗客数も違います。走っている電車も違いローカル色は一気に薄れてきます。
b0059978_16565987.jpg

一度退避した115は、再び折り返しの運用に入ってきましたので迷わずそれに乗車しました。そして甲府を目指し電車は山を登り始めました。
途中、大月では特急退避の為に運転停車。此処で留置中の115を撮影。
b0059978_16571943.jpg

再び乗車した電車は勝沼で甲府盆地を眼下に見ると、一気に甲府目指し駆け降りて行きました。
b0059978_16574185.jpg

此処で少し遅い昼食としましょう。せっかくここまで来たのですから甲府名物でも1品食べたいな。
と言う事で、鳥モツ煮を所望♪
b0059978_1658205.jpg

我が家で煮る物とは違って、中々ふくよかな味わいで美味しかったです。
橋上駅になってすっかり綺麗になった甲府駅ですが、ホームにはこんなモニュメントが飾ってありました。
b0059978_165935.jpg
b0059978_16584983.jpg

旧駅の構内配線図跨線橋の柱レンガ倉庫の一部です。
さあ、115を堪能した所でぼちぼち帰るとしましょうか。
帰りの身延線の車窓からは夕日に染まる富士山が綺麗に見えました。
b0059978_16595545.jpg

途中の沿線ではなんと完全な形のハエタタキが!
b0059978_1705732.jpg

突然車窓に現れたハエタタキに、咄嗟に構えたカメラでメクラ撃ち!
何とかトリミングして見れる写真に仕上げてみました。
こりゃ再度出撃かな?
市川大門を過ぎたあたりから車内はすっかりと閑散とし始めました。
それではと甲府で買い求めた駅弁を御開帳♪
b0059978_1714461.jpg

いや~、やっぱ駅弁はクロスシートの車内でこうして食べなくッちゃ楽しくないよね。
b0059978_174530.jpg

こちらのお弁当、ちゃんと『駅弁マークが入っている一品で、高原野菜たっぷりの御当地らしい内容の満足できる駅弁でした。
富士に着く頃には流石にとっぷりと日は暮れて、ホームには人恋しそうな灯りが点っていました。
b0059978_1743061.jpg

東海道線ホームには、仕業の終わった稲沢のDE10が出発線に停車中。
b0059978_174524.jpg

これからどこまで帰るのかな?
運転台の操作灯がキャビンの中で鈍く浮かび上がって見えました。
b0059978_1751454.jpg

さあ、ここまでくれば掛川まであと少し。
おお、ホームライナーがやってきたようです。
b0059978_1754822.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-01-10 17:05 | 鉄な旅 | Comments(4)

まったり

ふっと思い出したように新井素子を読みたくなって、本棚から掘りおこしてきた。
b0059978_1121114.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-01-06 11:24 | 色々 | Comments(0)