城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

掛川散歩シリーズ・報徳社建築群復元工事その後

掛川に有ります大日本報徳社本社の建築群、復元工事の様子を覗いてきました。

すると、仰徳学寮(旧霞が関離宮の侍女部屋)が既に完成し、旧事務所から新事務所として引っ越しを済ませている様子でした。
早速事務所に来意を告げ、見学をさせて頂きました。
b0059978_174862.jpg

2回の廊下にはリノリウムが貼られていますが、修復前は天然の物が残っていたそうです。
b0059978_1752557.jpg

電燈の意匠が素敵ですね。仰徳記念館の燈火類も同じ様な意匠でした。
b0059978_17532875.jpg

暖炉です。
宮家時代には暖炉として機能していたそうですが、下腸されてからは書棚として使用されていたそうです。
しかし、意匠は創建当時のままです。
b0059978_17553115.jpg

踊り場は広々としており、明るい空間が開けています。
b0059978_17581983.jpg

ドアのガラスに注目。映っている景色の歪が判りますか?
昔の板ガラスがそのまま残っているんですよ。
b0059978_1759579.jpg

1階の部屋割も移築当時の間取りに復元されており、今後の活用が楽しみです。

敷地内の翼北学舎と仰徳記念館も復元の真っ最中でした。
b0059978_1831536.jpg

その一方で旧事務所の撤去に向けた準備が進んでおりました。
これはこれで好きな建築様式でしたけれども、致し方ありませんね。
(実際他からも解体を惜しむ声が有ったとか)
b0059978_1845845.jpg


今後の工事の進捗が楽しみです。
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-22 17:38 | 色々 | Comments(2)

人類滅亡

昨日のマヤ暦による人類滅亡を無事に乗り切った皆様、お疲れ様でした。

家のネコたちも、一昨日まで何かしきりに気にしていたようですが・・・・・・

b0059978_12401383.jpg

ネコたち : zzzzzz・・・・・・

何やら昼間っから爆睡中の様子。
b0059978_12424813.jpg

えにゃーる : むにゃ・・・・・、あっ、もう22日になったの?
奥さん : もう半日過ぎました。
城東電軌 : 一体何をしてたんだい?
えにゃーる : 寝てれば世紀末をやり過ごせるんじゃないかとみんなで相談したんだけど、うまく行ったみたいだね
奥さん : お前たち・・・・・・・

何か根本的に間違っています!
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-22 12:50 | ジョリマンと仲間たち | Comments(6)

雨宮竣工

Oナローの雨宮が完成です。
b0059978_22511898.jpg
b0059978_22511081.jpg

デコーダーはサイドタンクへ無理矢理押し込みました。
組み立て後、下へ下がってきてしまい、外から丸見えですが目をつぶります。(妥協)
配線の取り回しを考えずに工作をしたので、キャブの床面には配線が丸見えです。(これも妥協)
その内ドアでもつけて隠すとしましょう。
ヘッドライトの配線は敢えて外に這わせてみました。
でも目立ち過ぎ・・・・・・・

ロッドのクリアランスが思っていた以上に厳しかったです。
最初からもっと丁寧にロッドピンの長さを詰めていればよかった・・・・・・
b0059978_2257367.jpg

軽くウェザリングをして完成です~♪

後はカプラーを付けて(手持ちの在庫が無かった)客車でも仕立ててやりましょうか。
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-21 22:58 | 模型 | Comments(0)

あめみや

Oナローの雨宮もやっとここまで進みました。
b0059978_20423593.jpg

DCCのデコーダーを仕込んでます。
配線の取り回しが苦労しそう。
相変わらずコードの処理が下手と言うか汚い・・・・・・・(汗)
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-19 20:45 | 模型 | Comments(0)

報徳のこころを求めて

掛川にある報徳社本社の建築群も、大分修復が進んできたようです。
そんな訳でもないですが、昨日は報徳思想の祖、二宮尊徳の生まれ故郷の小田原へ出掛けてまいりました。
丁度青春18きっぷの通用期間でもあるし、天気もいいし、仕事の中日でもあるし♪
b0059978_2120019.jpg

熱海では復活ハワイアンカラーの伊豆急が停まっていました。
やっぱ伊豆急はこの色だよね。

熱海と言えば此処に寄らないと罰が当たります。
b0059978_2122332.jpg

熱海軽便のへっついです。
キャブの中はシンプルな造り。焚口の低い所なんぞ、いっぺんで腰を悪くしそう。
b0059978_21243192.jpg

さあ、それでは先を急ぎましょうか。
そう言えば朝ご飯を食べていなかった・・・・・
おや、大船軒のサンドウィッチが有るじゃないですか♪
b0059978_21261322.jpg

東海軒のサンドウィッチと共に歴史のあるこのお品、お味もシンプルながら品が有ります。
b0059978_21274559.jpg

あれ、こんな所に復活わさびが!
b0059978_21282997.jpg

今日は良く復活色を見る日だ事♪
相模湾を眺めながらやがて小田原に到着。
小田急に乗り換えて酒匂川沿いの町、富水駅へ降り立ちました。
b0059978_21421162.jpg

田園の中の小さな町です。
駅前には尊徳翁の遺跡の案内図が出ていました。
b0059978_21423362.jpg

先ずは尊徳記念館と記念館に移築されている生家を見学することにしました。
駅から歩いてもほんの10分程度。この日は陽気も良く、歩くには丁度良い日でした。
尊徳記念館は、幼少の頃からのエピソードを子供でも判り易く展示してあります。
そして、遺品も各種展示してありました。
b0059978_21524795.jpg

記念館の敷地には尊徳翁の生家が移築、復元されています。
b0059978_21572013.jpg

江戸中期の中流の農家の造りだそうで、比較的ゆったりとした造りではあります。
仏間、納戸の造りなど、当時の造りが良く復元されています。
定期的に囲炉裏で火を焚き、燻しを行っているとの事です。
さあ、今度は尊徳翁のお墓が有る善栄寺に向かいましょう。
没されたのは栃木の今市で、ご遺体のあるお墓はそちらですが、こちらには遺髪と遺歯は葬られているそうです。
b0059978_2254639.jpg

次は捨てられていた苗を育て、それを増やしたエピソードで有名な捨苗栽培地跡へ行ってみましょう。
おや?
あんな所にお蕎麦屋さんが。丁度お昼ですね。ちょっと休んでいきましょう。
b0059978_229592.jpg

ああ、少し歩いて喉が渇きましたね。
んん、ハートランドが有るじゃないですか。いや、懐かしいな。
b0059978_22101732.jpg

もちろん所望いたしました。
お蕎麦も美味しかったです。
b0059978_22131081.jpg

さて、今度こそ捨苗栽培地跡へ。
富士山のよく見える田圃の中の綺麗な小公園です。小田急の線路が良く見えます。
b0059978_2214533.jpg
b0059978_2215284.jpg

その線路の向こうには勉強するための行燈の油を作った油菜栽培跡地跡の碑があるとの事。
b0059978_22174044.jpg
b0059978_22175744.jpg

田園の中に広がる尊徳翁所縁の地をこうして他にも巡る事が出来ました。
どちらかと言うと、思想の根底を調べ、勉強すると言うより、その足跡をたどり故郷の空気に触れるという旅でした。

この後、小田原の報徳神社に詣でる予定なのですが、地図を見ると大雄山線の駅が歩いてもそんなに遠くない距離の様子。
ならばついでに大雄山まで久しぶりに行ってみる事にしました。
b0059978_22235642.jpg

相模沼田駅から大雄山まで、久しぶりの大雄山線は吊り掛けでは無くなっていました。(当たり前です。なんせ30年ぶり。)
b0059978_22244129.jpg
b0059978_2228443.jpg
久しぶりの大雄山はビルが立て込んでいて、昔のイメージから随分変わっていました。
b0059978_22261132.jpg
b0059978_22264363.jpg

それでも事業用の旧国が1両残っているんで、それは嬉しかったです。
b0059978_22274393.jpg

大雄山線で小田原まで戻り、小田原城内に有る報徳神社へお参りをしてきました。
b0059978_23224623.jpg
b0059978_23222817.jpg

その後は城内を散策。
そこにはこんな懐かしい遊園地が。
b0059978_2324765.jpg
b0059978_23243153.jpg
b0059978_23242122.jpg

子供が小さければダシにしてパパも一緒に楽しむんですが、如何せんオヤジのおひとり様ではちょっと怪しすぎます。
その後は帰途に就くため小田原駅へ。
此処へ来たら忘れちゃいけない鯛めし駅弁♪
b0059978_23265990.jpg
ああ、幸せ☆
b0059978_23273533.jpg

鯛めし、うまうま、大満足です。

西へ向かう電車の車窓からは、夕景の相模湾が沈む夕日に照らされていました。
b0059978_23321132.jpg


そして帰宅
城東電軌 : ただいま~、お土産だよ。
b0059978_23342694.jpg

にゃー : あっ、かまぼこ。3000円の?
城東電軌 : そんな高い物は買えません。
にゃにゃー : やっぱり・・・・・
b0059978_23355834.jpg

城東電軌 : 文句ばったり言うとこれもあげないぞ!
b0059978_23364171.jpg

にゃにゃー : あたしサンドイッチが良い。
にゃー : わ~い、鯛飯♪
城東電軌 : 文句言なら俺が食べる。
奥さん : 何言ってるの、あたしの分に決まってるでしょ!
2匹・城東電軌 : え~~~~~
奥さん : うるさい!
b0059978_23395644.jpg

結局最後はこうなります・・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-14 22:29 | 旅行 | Comments(2)

明日のココロだ~

小沢昭一さんが亡くなられました。

小沢さんと言いますと『小沢昭一的こころ』を皆さん思い浮かべると思います。

私も好きで、昔から夕方にラジオを聴く機会が有れば、自然とチューニングを合わせていました。

あの話芸、お人柄、聞いていて何故か気持ちが柔らかくなる一時で有りました。

民間芸能の造詣も深く、その著書も幾つか読んだことがあります。

何時だったか、『ペチャカツ』にまつわる一くさりを聞いた時の事が何故が印象に残っています。

芸能とは関係ないんですけど・・・・・

今夜は『小沢昭一的こころ』のウェブラジオでも聞きながら夜を過ごすとしましょう。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-10 20:13 | 日々の出来事 | Comments(0)

小景

小さな小屋です。
田圃の縁とか畑の隅とか、そんな所にポツンと建っている様な小屋を作ってみました。

まずはいつもの通り、ボール紙とバルサで2x4の如く壁を作り・・・・・
b0059978_1858296.jpg

箱にしてみます。
屋根のつなぎ目が目立つけど、この後芝棟にするからあまり気にしない。
b0059978_1901410.jpg

ベースはこんな風。
今回は束石を配置してみました。
b0059978_191721.jpg

置いてみるとこんな感じ。
b0059978_1913929.jpg

裏側の破目は一部壊して下の土壁が露出しています。
b0059978_1924513.jpg


この後植栽をしてもう少し仕上げたら、某所にお輿入れの予定。
喜んでもらえるかな?
[PR]
by kitoudenki | 2012-12-05 19:03 | 模型 | Comments(2)