城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ああ、静岡の夜は更けて・・・・・

昨夜は『尾小屋鉄道を守る会』及びその関係者の新年会が静岡市で行われました。
北陸、関東、中京地区をはじめ地元からも道楽者趣味人が集結しました。
b0059978_20585095.jpg

集合場所は青葉シンボルロードの西の端、おでん街の前です。
b0059978_2125751.jpg

シンボルロードは綺麗に電飾されていますが、至って人通りは少ないです。
呉服町辺りは賑やかなんだけどね。
やっぱり寒いからかな?
この辺りも、夏はいつも賑やかなんだけどね~
b0059978_21122784.jpg

寒風吹きぬけるシンボルロードを散策しながら集合場所へと急ぎます。
これだけ寒けりゃこれから味わうモノも、さぞや美味しかろうってもんでさ~

おっ、集合場所が見えてきました。
b0059978_21221971.jpg

じゃ~ん、青葉おでん街
そう、今回は尾鉄通信さんの「静岡おでんが食べたい!」という一言から始まったイベントなのです。
b0059978_21275029.jpg

やがて集合時間となりメンバーも全員集まりました。
「それでは行きましょうか♪」
おお~(メンバー一同)
b0059978_2133214.jpg

かくして静岡おでんを囲んでの新年会が幕を開けました。
b0059978_21434238.jpg

黒いお汁に浸かった静岡おでん、美味しそうでしょ。
おでん鍋一杯に色々な具が湯気を立てています。
b0059978_2145753.jpg

黒ハンペンやら牛筋やら・・・・・・皆さん色々各地のおでんとの違いなどを楽しみながら静岡おでんとビールを楽しみました。
b0059978_2150658.jpg

やがておでん鍋もカラに。(けっきょくおでんネタを食べ尽くしてしまいました。なんちゅう食欲のメンバーだ)

おでん街を出ると、まだ時間が少々早い様子。
それではと言う事で2次会へと繰り出す事にしました。
近くをそぞろ歩くオヤジたち。ふと目に付いたのが『車や』という地魚と地酒のお店。
何かピンと来るものが有り、速攻でこの店になだれ込みます。
席を用意してくれている間、大将と色々話をしていると、なんと新潟は村松の出身との事。
村松と言うとこのメンバーは既におなじみ蒲原鉄道で慣れしたしんだ土地。なおかつ当地で就職した経験もあるメンバーもいる事から変な所で話が盛り上がってしまいました。
b0059978_22335258.jpg

さて、お店の売りが地酒ですから、私としても是非地元の美味しいお酒を皆さんに味わっていただきたいと、磯自慢の大吟醸をお勧めしてみました。
その結果、皆さんには大層気に入っていただけたご様子。ホッと一安心です。
お料理は地の料理のコースがお勧めとのことなので、それをお願いしました。
突き出しはあんきも。濃厚で美味しかった~
b0059978_22385660.jpg
b0059978_22384533.jpg

御造り、いわしのツミレと出てきます。う~ん美味しい。
b0059978_22442526.jpg

圧巻は太刀魚の焼き物。
こんなにふっくらと、尚且つ中までしっかりと焼けている。ああ、こんな美味しい焼き物を食べながら磯自慢を頂く。なんという至福の時だろう。
b0059978_22531995.jpg

やっぱり忘れちゃいけない桜エビ。塩で頂きました。
b0059978_22535849.jpg

のっぺ汁も美味しかったな~
そして締めに御茶漬けを頂きました。
あ~美味しかった。

こうして尾鉄の新年会は、静岡の味覚を皆さんに楽しんで頂く事が出来ました。
皆さん如何でしたか?
気に入っていただけたら今度は浜松方面で如何ですか~
b0059978_2304459.jpg

おまけ
帰りに乗った電車は島田止まりでした。
乗り継ぎの下りを待つ間のなんと寒かった事❢
酔いも半分覚めちゃいました。
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-30 21:54 | 日々の出来事 | Comments(10)

学校が開校しました

モジュールも草や木を植えたので、いよいよ苦手の建築物に取り掛かりました。
元小学校の建物で、今は地元の公民館という設定の建物です。
b0059978_22443018.jpg

テキストを参考に引き違い戸を作ったんですが、とても見れたもんじゃありません。
b0059978_22455288.jpg

そこであっさり断念。(我ながら諦めが早い)
プラバンに桟を乗せただけで良しとしました。〈安直・・・・)

ん?


b0059978_2250156.jpg

城東電軌 : 何してるの?
えにゃーる : いえね、最近出番がないもんで。
にゃにゃーる : 怪獣の出番はまだ?
城東電軌 : 絶対出番は有りません。
b0059978_22525347.jpg

と言う訳で、今日は正面側と側面1枚が出来ました。
屋根は仮に載せてあります。
b0059978_22541212.jpg

これだけでは寂しかったので、玄関エントランス部分もついでに作りました。
下手なりにも雰囲気出てきたかな?

モジュールにちょっと載せてみましょう。
b0059978_22555399.jpg

ほほほ、思ったより良い感じ♪
でもあんまり近くでは見れないな~
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-23 22:56 | 模型 | Comments(0)

木を植えてみました

木を植えてみました。
b0059978_851871.jpg

むふふふふ~♪

良い感じ
b0059978_8514310.jpg

左の繁っていろ所は果樹園のつもり。(リンゴ)
まだ季節は夏だから、実はつけていないよ。

少し木の幹が細かったかな・・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-22 08:53 | 模型 | Comments(0)

高柳健次郎先生

グーグルのトップが『イ』の字になっているのを見て思い出しました。
今日は日本のテレビの祖、高柳健次郎先生の誕生日でした。
郷土の偉人として子供の頃から繰り返し聞かされて、又、憧れた方でした。
今のオヤジたちが昔夢を持って憧れたように、今の子供たちももっと夢を持てよ~
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-20 23:00 | 日々の出来事 | Comments(0)

草が生えました

モジュールがちょっと進捗。
b0059978_22511362.jpg

電気配線が終わって、草を植えはじめました。
いや~、草植えって楽しいね。
b0059978_22524019.jpg
b0059978_22532266.jpg
b0059978_22533746.jpg

ボンドを塗ってターフを撒いて・・・・・・
まだまだ田んぼや建物も残っているけど、この目に見えて進捗が有る作業って楽しいもんですな♪
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-16 22:55 | 模型 | Comments(6)

天浜線スタンプラリー2

原野谷橋梁では各自銘板を見たり下にもぐったり枕木を眺めたり・・・・・
思い思いの楽しみ方をしました。
それでも各自共通の思いは・・・・・
こんな所で花見をしながら一杯飲んで、日永1日汽車を眺めていたい
だったという事は言うまでも有りません。(本当だってば)
さあ、そろそろ帰りの列車の時間が近づいてきました。
築堤に添った小道を駅に向かって歩きます。
b0059978_22164422.jpg
駅の外れの踏切から見た構内は、手入れもされていてとても素敵な佇まいでした。
b0059978_22171619.jpg
さあ、上りの列車がやってきました。掛川に戻る前にお次の目的地、桜木に向かいましょう。
列車は長い直線を軽快に進みます。細谷の駅辺りには広大な田園地帯が広がっています。
b0059978_22174073.jpg
今はのどかなこの場所ですが、大戦末期には第2大井航空隊の滑走路、近くには地下軍需施設、此処は過去にはそんな歴史の有った場所でもあるのです。
やがて左に緩くカーブをすると程なく桜木駅に到着です。
b0059978_2218280.jpg
b0059978_22194831.jpg
桜木駅舎と気動車は西日に照らされ、廂の奥まで当たった光がとてもきれいなコントラストを見せていました。
b0059978_22181852.jpg
又、列車の去ったホームは国鉄時代そのままの面影があり、時を錯覚させてしまう様な感覚さえ覚えてしまいます。
b0059978_22184099.jpg
b0059978_2220138.jpg
こちらの駅には、腕木信号を扱っていた頃のワイヤートラフの跡や、テコ扱い所の跡も残っています。
b0059978_22185841.jpg
待合室には小学生くらいの男の子と御母さんが、スタンプ台紙を見ながら談笑中。御話を伺うとフリー切符でスタンプラリーの途中であるとの事。ほほえましいですね。
さあ、次の上り列車の時間です。
b0059978_22214016.jpg
先ほどの少年と一緒に、ホームに進入してくる気動車を撮影です。
桜木を出た列車は、一路掛川駅を目指して走ります。
b0059978_2222260.jpg
程なく掛川に到着し、今回のミニトリップは終了です。
さあ、お次はいよいよ忘年会。
b0059978_22222268.jpg
駅近くの居酒屋で楽しいひと時を過ごしました。
b0059978_22233960.jpg
b0059978_2224390.jpg
酔いざましがてら御城の方までブラブラと歩いて行くと、暮れから行われている光のオブジェ展がまだ行われていました。
b0059978_22242248.jpg
b0059978_22244225.jpg
あれこれ見ながら駅から御城までひと往復。冬の夜風も意外と気持ちいいもんですね。
駅で皆さんとは別れて帰宅の為にバス停へ。
あれ、まだしばらく時間が有るや・・・・・・
b0059978_2225727.jpg
みれば人気のラーメン屋『あじ助』ののれんがまだ上がっています。
・・・・・・・
ちょっと暖まってきました。
b0059978_22261690.jpg
店を出ると榊屋(御菓子屋)がまだ営業しています。
梅衣がなぜか食べたくなりまして・・・・・(ほんの出来心です)
b0059978_22271380.jpg
かくして自宅へのバスに乗るまでに、幾多の寄り道という試練(誘惑)に打ち負けてしまいました。ああ・・・・・
b0059978_22265135.jpg
メンバーンの皆さん、幹事のAさん、どうもありがとうございました。
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-14 22:30 | 鉄な旅 | Comments(8)

今度こそ

これならどうだ。
b0059978_23124955.jpg

モジュールに設置して見たぞ。
こうすればもう電柱以外何物にも見えないであろう!
b0059978_23141872.jpg

おまけに街灯やオート三輪のヘッドライトも点くんだぞ♪
b0059978_23153415.jpg

おお、丁度踏切を電車も通過して行ったぞ。
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-11 23:16 | 模型 | Comments(6)

天浜線スタンプラリー

この日は地元軽便仲間の皆さんと、天浜線探索&新年会のお誘いを受けていました。
b0059978_22565389.jpg
集合場所は天浜線掛川駅です。
実は天浜線が国鉄(鉄道省)時代から開業70周年という事と、その施設群が二俣駅構内だけではなく全線に渡って国の有形登録文化財に指定されたという事も有り、その施設群を巡るスタンプラリーが今年一杯行われているのです。
そしてそのスタンプラリーに軽便仲間で参加してみようというのが今回の趣向なのです。
今回は手始めと言う事で、原谷―掛川間を軽く流してから掛川で新年会と洒落込みましょうという訳です。
因みに今回の参加者は駿遠線の大家Aさん、某私鉄の現職Oさん、V-MAX使いIさん、そして私の4名です。
駅にはスタンプラリーの台紙や文化財の案内冊子が山積み。
天浜線の意気込みが伺えます。
b0059978_22583354.jpg
早速切符と台紙やパンフレットを用意して列車に乗り込みます。
見ればチラホラと鉄らしき方々の姿も伺えます。
気動車は軽快にスピードを上げて、田園地帯を走っていきます。国鉄時代と違って、今の気動車はホントに軽快ですね。キハ20の目一杯エンジンを吹かしてもなかなか進まない様をなぜか懐かしく思い出してしまました。
いくつか駅に止まりお客さんも半分くらいになった頃、今回の目的地である原谷駅に到着しました。
b0059978_22593255.jpg
丁度ここでは列車交換が見られました。
b0059978_230228.jpg
カーブを曲がり築堤を降りてきた対向列車は唯一のTH3501(TH3000型)でした。
b0059978_2321987.jpg
原谷駅の駅舎は今回の有形文化財登録の対象になっており、木製のラッチが良い雰囲気を出しています。
b0059978_2325454.jpg

駅舎の中には、TVドラマ、ウォーターボーイズ2の撮影でこの駅が使われた時の駅名標が展示されていました。
駅前には農協の倉庫もあり、まとまりの良いレイアウトを見せています。そういえば夏ころにここの倉庫の写真を一生懸命撮っていた誰かさんが居たっけ・・・・
原谷にはもう1件、文化財登録された物件が有ります。
それは原野谷川橋梁のガーターなのです。帰りの列車時間を確かめたらさあ、橋梁まで歩いてみましょう。堤防へ出るにはどう行ったらいいんだろう?
たまたま犬の散歩中の方に伺うと・・・・・
「いいよ、どうせ犬の散歩中だもんで一緒に行ってやるでついてきない。」
やっぱり遠州の人はみんないい人です。
おかげさまで堤防へは最短ルートで出る事が出来ました。
b0059978_237298.jpg
そこには枝垂れ桜が植えられ、春にはさぞや見事な光景が見られる(美味しい花見が出来そう?)であろう風景が展開されていました。
b0059978_2372882.jpg
そして前後にSカーブを挟んだ橋梁。そこには美しい日本の田舎の日常がありました。
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-11 23:07 | 鉄な旅 | Comments(4)

掛川散歩―報徳図書館

掛川城の東隣にある大日本報徳社(報徳社についてはこちらこちらを←を参照)、その構内に報徳図書館は有ります。
冬のある休日、そんな報徳図書館を訪れてみました。
b0059978_20374116.jpg
駅前通りから掛川城を目指し真っ直ぐな通りを進みます。寒い季節だからでしょうか、人通りも少ないメインストリートがやけに広く思えます。
b0059978_2038879.jpg
御城を過ぎると掛川城御殿の横の池越しに報徳図書館が見えてきました。公園の景観にマッチした静かな佇まいを見せています。
さあ、早速訪問してみましょう。
b0059978_20422149.jpg
休日でも係の方が常駐されており、来意を告げれば見学をさせていただけます。本社講堂(国の重要文化財)が目的で訪問される方は多いのですが、今回は図書館を訪問して見たいと思います。
b0059978_20434553.jpg
こちらは現在図書館としては使用されておらず、報徳資料館、書庫として使用され、一般公開は2階部分のみとなっております。又、平成12年に修復工事が行われ、現在は県の有形文化財に指定されています。
b0059978_20455520.jpg
建物に入るとカウンター越しに書庫入り口の重厚な扉が伺えます。
b0059978_20461822.jpg
そして2階へと上がるホール部分は、外の明かりが十分に注ぎこむ、外観のイメージとは違う大変明るい落ち着いたイメージの室内でした。
b0059978_20482356.jpg
b0059978_2050939.jpg
2階は先にも記しました通り報徳資料館となっており、正面には報徳社の祖、岡田良一郎先生の像が飾られ、色々な資料が整然と展示されています。
b0059978_20503079.jpg
窓際に置かれた開館当時の机と椅子は柔らかい光が当たっており、ここで読書をしたらさぞや1日気持ち良く過ごす事が出来るだろうな、と思わずには居られませんでした。
b0059978_20504858.jpg
窓からは冬の掛川の風景が望めます。何か物寂しさを感じるのは冬と言う季節のせいでしょうか。
b0059978_20511530.jpg
外に出るとタイル張りの外観に大理石の彫り物でしょうか、報徳図書館の額がはめ込まれています。
b0059978_20513214.jpg
建物自体は小振りですが、とても重厚な外観です。
b0059978_20515112.jpg
中庭には二宮尊徳翁の像が建っています。幼少の金次郎像ではなく、成人像です。
係の方に御話を伺うと、これだけの貴重な建物群にも関わらず見学に見える方は少ないとの事。まだまだPRが足りないのでしょうか?この時も数人の方が見えていたのですが、御城とセットの入場券で無いと判るとさっと帰ってしまわれました。
せっかく城郭と同じ区域に有るのだから、市との連携を取って報徳をもっと皆さんに知っていただけないかと思わずにいられませんでした。
これらの施設から報徳を知っていただき(きっかけとなって)、報徳思想に興味を持っていただければそれはうれしい事です。今の時代、多くの場で見直されている報徳について皆さんも興味を持ってみませんか?
b0059978_20531336.jpg
さあ、この後は天浜線に乗って原谷駅まで行ってまいります。
オットもうこんな時間、駅に急ぐ事としましょう。
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-10 20:53 | 日々の出来事 | Comments(2)

これならどうだ

これなら電柱に見えるでしょ♪
b0059978_22261176.jpg

城東電軌 : 街灯と笠を仕込んでみたよ。チップLEDだよ。
えにゃーる : ひじき
城東電軌 : だからちが~う
[PR]
by kitoudenki | 2011-01-07 22:28 | 模型 | Comments(6)