城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

年賀状のデザインが決まんない

b0059978_23364956.jpg

年賀状のデザインがなかなか決まりません。
城東電軌 : う~ん (悩んでる)
えにゃーる : お~い、協力してあげてるんだから、こっちを見てよ~
にゃにゃー : どこのウサギ見てんのよ。悩んでるようには見えないよ~
城東電軌 : う~ん・・・・・

なかなか年賀状のネタが決まりません。
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-29 23:40 | ジョリマンと仲間たち | Comments(4)

身延線の頃

国鉄身延線。
東海道線富士駅から中央線甲府駅を結ぶ路線で、かつては富士身延鉄道と言う私鉄でした。
旧国が比較的遅くまで走っていたので、多くの方が撮影に通った路線かと思います。

そんな身延線の身延駅近くに高校の頃、部活の合宿に訪れた事が有ります。
b0059978_1384619.jpg

夏のうだるような暑さの中、延暦寺まで詣でる人たちでしょうか?
私鉄時代からの駅舎周りは多くの人たちで賑わっていました。
b0059978_1312225.jpg

駅に到着する電車はもちろん旧国
b0059978_1318297.jpg

時々こんなのも。
さすがにEF10はすでに居らず、15の天下となっていました。
それでもまだまだ貨物も盛んで活気が有りました。


さて、この時は合宿場所へと向かう前に駅周辺で各自スケッチをする事になりました。
(因みに美術部です)
私はと言うと、駅裏を散策。目ぼしいポイントを探しました。
b0059978_13345187.jpg

うろうろうろ・・・・
b0059978_13245928.jpg

おお、クモハユニ44だ~!
こんなことばっかりやっていてちっとも絵が描けませんでした。
b0059978_13472516.jpg

あれから何年経ったんでしょう。ある夏の日の思い出でした。
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-28 13:50 | 鉄な旅 | Comments(2)

出力増強

先日某所へ出掛けた帰りに仕入れたブツが出来上がりました。
b0059978_23412492.jpg

アルモデルのOナロー、自動客車(城東電軌仕様―改)です。

当社では客車の牽引も必要なことから、2軸駆動化改造を自社工機部にて行いました。

え、そもそもこんな小さな出力のエンジンで牽引は無理だって?
増してやロッド式なんて非現実的だと!

いーじゃん、ロッド式の方がかっこいいし!(頸城のホジ3がかつてロッド連動だったと聞いたのでその真似をしたかった)
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-24 23:49 | 模型 | Comments(2)

めっきり寒くなりました

b0059978_21554311.jpg

めっきり寒くなりましたね。
そんな時はコタツが一番。そしてねこたちはコタツが大好き♪
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-21 22:04 | ジョリマンと仲間たち | Comments(3)

活動報告

チキン弁当友の会活動報告です。
b0059978_2341855.jpg

b0059978_23414548.jpg

以上、報告終わり。

続いてアナゴ愛好会の研修活動に移ります。
b0059978_23431554.jpg

付け合わせの野菜の炊き合わせは美味しかったけど、この半分の大きさに切ってあっても良かったかな。大根の鱠は柚子が効いて良かったけど、少し漬けすぎ。
肝心のアナゴは結構良かった。

以上研修報告でした。
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-20 23:46 | 食べ物 | Comments(4)

夜汽車

昨日の夜は、天浜線二俣駅構内で行われた天竜レトロトレインクラブさん主催のイベントにお邪魔してまいりました。
そう、先日ブログの記事でもご紹介しました夜汽車イベントです。
b0059978_1755218.jpg

ライトアップされエンジンの掛ったキハ20が、闇に浮かび上がってとても綺麗でした。
b0059978_17562585.jpg

のっぺりした印象のサイドビューも、こうしてライトを当てるとすごく良い感じです。
b0059978_17575995.jpg

夜汽車と言うとやっぱりテールライトかな?
b0059978_17584322.jpg

哀愁を感じるのは決して私だけではないはず・・・・・
b0059978_1804946.jpg

ステップのフットライトが好きなんですよね。
b0059978_1813974.jpg

プレスドアの下の窓からのぞいて見えるライトの感じが堪りません。
b0059978_1827110.jpg

b0059978_18305420.jpg
車内放送のオルゴールが聞こえてきそうなナハフの車内光景。
b0059978_18311221.jpg

家路が恋しいキハの車内。
b0059978_1832319.jpg

夜の静寂(しじま)の中に沈み込んだようなキハとそのアイドリング音。
これは夢の中なのか?
現実なのか?
暫し時の概念を忘れてしまった浮遊感を感じてしまいました。


短い時間ではありましたが、貴重な体験をさせて頂きました。
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-14 18:02 | | Comments(8)

昨日は台風で大雨でした・軽便ウォークに行ってきました3

榛原町駅はその名の通り榛原町の中心に有り、この辺りでは相良に次いで大きな駅でした。
b0059978_1343514.jpg

又、静波海水浴場の最寄り駅として、夏場にはそれは多くの人で賑わったものでした。
相良もそうでしたが、本当に海水浴場から駅まで人の行列が出来てたんですよ。丁度日曜日の江ノ島駅から江ノ島間を思い浮かべてもらえるとイメージできるかもしれませんが。
(決して大げさではないんですよ~。子供の頃にはその位のイメージに感じたんですよ~)
そんな榛原町駅跡ですが、今でも静鉄の営業所として健在です。
b0059978_1310996.jpg
相良を起点に静岡まで行く特急バスが頻繁に運転されて(ローカルより本数が多い)、軽便末期の電化・改軌・静岡乗り入れと言う静鉄の執念(敗れた夢の怨念)が今でも残っているのかと思わずには居られませんでした。参考までに記しますと、相良―静岡間の特急バスが1250円です。
b0059978_1311283.jpg
その構内はバス車庫も有り、軽便時代の敷地その物が営業所として使われています。
b0059978_13114273.jpg
ただ、当時の遺構らしきものは何もありませんでした。強いて言えば藤枝側の側線のカーブに添った敷地の形状くらいでしょうか。
榛原町を出ると線路敷きは茶畑の点在する中をしばらく進み、左に緩やかにカーブします。
b0059978_13121581.jpg
そしてその先の交差点で、住宅街につきあたり一度度消滅してしまいます。
しかしよく見ると住宅の境のブロック塀が緩やかな左カーブを描いています。
こんな所にも痕跡が残っているんですね。(さすがに人さまのお宅の庭なので写真は有りません)
b0059978_13135152.jpg
住宅街を抜けて旧国道の踏切の所(この間約50m位でしょうか)で再び線路敷きは顔を出します。
b0059978_13144166.jpg
線路敷きは踏切を渡りなだらかな下り勾配を静波駅へと向かって進みます。
辺りには茶畑が広がるのどかな所です。
b0059978_13151397.jpg
やがて左に榛原町市役所やグラウンドが見えてくる所で交差点に付き当たり、ここでも線路敷きは消滅してしまいました。
そこには広大な駐車場が広がるばかり。
静波駅までは既に線路敷きは消滅してしまっているとの由。
それでもあきらめの悪い阿形先生(失礼しました~<(_ _)>)と城東電軌の事、とりあえず静波駅跡まで行って見る事にしました。
b0059978_13163733.jpg
さあ、ここが静波駅跡の現榛原郵便局です。
此処が駅跡だと云われているのですが、その後の区画整理や道路の拡幅でその正確な位置までは良く判らないようです。
さて、それでは線路敷きの痕跡を探してみましょう。
辺りは・・・・・・完全に住宅街・・・・・・
近くを通りかかった方は
「この辺じゃないもんで、よくわからんや~」
「どうだっけなあ。はあ大分むかしだもんでな~」
イマイチ確証の有る証言を貰えませんでした。
その時何気なく郵便局西側の幼稚園の敷地カーブして、その隣のお宅が道路に対して斜めになっているように見えました。
b0059978_13253187.jpg
あ、ひょっとして。
b0059978_1326297.jpg
路線縦断図から見てもその位置の曲線は間違いなさそう。更に幼稚園の園庭のカーブを延長した先のお宅のブロック塀が敷地に対して不自然に斜めに横切っています。
これは間違いない。ここが線路敷きだ。
b0059978_13292437.jpg
そしてその延長を辿ると先ほどの駐車場の反対側に出てくる事が出来ました。
これぞ廃線跡探索の醍醐味です。
思わず頬が緩む瞬間でもあります。
こうして最後に成果を上げる事が出来て、今回のウォークは無事終了しました。
思えば今回の探索のキーワードは斜めだったかな。
b0059978_13303184.jpg
帰りは榛原町駅から特急バスに乗り相良(新相良駅跡)まで戻ってきましたが、ゆったりとした大型バスで至って快適でした。
阿形先生、今回もお世話になりました。また次回もよろしくお願いします。
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-14 13:30 | 鉄・駿遠線 | Comments(6)

おまけ

コンビニで最近手に入れた缶コーヒーのおまけ。カプセルプラレール。
b0059978_22544399.jpg

183系と思しきL特急(知ってる?)、そして江の電。
キライじゃないな、こういうのって。
b0059978_22571014.jpg

にゃにゃー : じ~・・・・・・

あ、こら、それはエサじゃないぞ~
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-12 22:58 | 模型 | Comments(4)

なかよし

えにゃーるにゃにゃーる
2匹はすっかり意気投合。なんだかとっても仲良しの様子。
b0059978_23162390.jpg

えにゃーる : いもうと・・・・・
にゃにゃーる : おねーちゃん・・・・・・布団とらないで・・・・・

2匹はなかよし(?)のようです。
[PR]
by kitoudenki | 2010-11-09 23:17 | ジョリマンと仲間たち | Comments(6)

昨日は台風で大雨でした・軽便ウォークに行ってきました2

b0059978_20354150.jpg
太田浜を出た線路敷きはほぼ現在の自転車道がトレースしています。
途中の橋梁跡はすべてガーターがRCスラブに変えられています。
b0059978_20362916.jpg
橋台は全てでは有りませんが、ほとんどが改修の上で軽便時代の物が使われていました。
b0059978_20365487.jpg
沿線には最近あまり見掛けなくなった漁師小屋も点在しており、海辺の軽便の風情を醸し出しています。
b0059978_20415696.jpg
b0059978_20392716.jpg

砂地の畑には大根がこの季節植えられている所が多く目につきました。
冬はやっぱり大根のおでんがいいですね~
砂丘の中を進み、片浜の海水浴場の手前に片浜駅が有りました。
b0059978_20422240.jpg

丁度バス停の有る所の南側で、自転車道もそこだけ不自然な広がり方をしています。
夏になると満員の乗客が駅にあふれ、片浜の海水浴場とともに大いに賑わっていた様子が思い出されます。トタンぶきの小さなラッチしかない掘立小屋の様な駅でしたが、シーズン中だけは駅員が居たようです。
片浜を出ると今しばらく砂丘の中を線路敷きは続きます。
b0059978_20433322.jpg

この付近の橋梁跡は軽便時代の橋台からオフセットした形でRCスラブが掛けられています。良く見ると水道管と自転車道を併設してある関係か、線路敷きを南側に移し橋台のセンターを境に管(水道?畑灌?)と自転車道を振り分けているのが写真からでも判ると思います。石積みの感じの良い橋台が開業当初の築堤の断面を表しているのがまた嬉し処です。
b0059978_20473226.jpg
砂地の畑の中を進んでいくと、砂防林(?)と言うか土塁と言うか(あれは何と言うんでしょうか)が見えてきます。以前は遠州地方などの砂地の農地に広く見られたのですが、農業の機械化(省力化・効率化)とともに段々少なくなってきたように思います。昔のように松の生えた土塁が海と平行に点在している風景に遠州・駿河の原風景を見た気がします。
b0059978_2048964.jpg
やがて線路敷きは左に大きくカーブをして国道150号線を斜めに横断します。
b0059978_20483878.jpg
思えば150号線を横断する個所は斜めに横切る所が多いですね。その設置の経緯を考えると至仕方ない(軽便の敷設してある所に国道のバイパスが後で開通した。既存の国道の有る所に戦後になって軽便が延長されたなど)のですけれども・・・・・
b0059978_2049139.jpg
b0059978_20493110.jpg
国道を渡った所で軽便は勝間田川を渡ります。ここには橋台が川の両岸に残っていますが、今日形が残ってる橋台は新線部分(廃線時に橋梁が有った)で水道管が架けてある部分に有ったのが旧線(開業時)部分になります。
b0059978_20502220.jpg
さて、徒歩で川を渡るには150号を歩く訳ですが、すぐ横の国道を歩くのでは面白味が有りません。そこで、旧道の方を少々大回りになりますが歩いてみる事にしました。
b0059978_20505059.jpg
で、これが軽便の上流に架かる旧国道の勝間田川橋梁です。
なかなか良い橋でしょ。
所が、親柱に有るべき名盤が4か所とも外されて竣工年月日はおろか橋の名前すら判りませんでした。
ああ、なんてこったい
b0059978_20522581.jpg
ちょっとがっかりしながら榛原の町へと入って行きました。
b0059978_20525116.jpg
勝間田川を渡ると右に緩くカーブをして直線を進むと、そこには榛原町駅が見えてきました。
b0059978_20532593.jpg
b0059978_2053473.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2010-11-07 20:57 | 鉄・駿遠線 | Comments(6)