「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

無印にて

無印良品にてこんな物を見つけました。
b0059978_21543149.jpg

無印ファンの私にとって気にならないはずが有りません。
レイルロードと江戸と買ってきましたが、この他にエアポートとタウンとかもありました。
b0059978_21581049.jpg

子供用かと思いきや、これまたしっかりと大人用なんですね。いよいよ食指が動かないはずが有りませんでした。
b0059978_21593596.jpg

中身はこんな風。電車や機関車、貨物列車。そして駅舎と跨線橋(!)とホーム。
ナカナカ造形も凝っています。
そして収納袋付き。
b0059978_2224929.jpg

江戸がまた凝っています。
お城を核に寺社、町人街、河岸、太鼓橋や火の見などなど・・・・・
ちょっと嬉しくなるセット内容でした。
b0059978_2253875.jpg

袋もまた無印らしくって良いや
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-30 22:07 | 日々の出来事 | Comments(2)

名前が決まりました

皆様、新人の名前候補を色々考えていただきありがとうございました。
厳正なる審査の結果
にゃにゃのすけに決定す・・・
奥さん・娘・息子 : 違うでしょ❢
城東電軌 : にゃにゃのすけ~
娘 : え~と、お見苦しい所をお見せしました。新しい名前は
 にゃにゃーる 
に決定させていただきました。(パパ以外で決めました)皆さん素敵な名前を考えてくださってありがとうございました。
城東電軌 : いつもブログを読んでくださってる皆さんに、ただただ感謝でございます。あ、出来たら次回はにゃにゃのすけに投票してくれたら・・・・
奥さん : こら。え~またまた未練がましい所をお見せしましてすいません

ささ、それではごあいさつ。
b0059978_20495128.jpg

にゃにゃーる : え~と、皆さん素敵な名前を下さって有難うございました。あたしは三国一の幸せ者だな~
えにゃーる : よかったね、良い名前だ。うんうん。
b0059978_2050396.jpg

にゃにゃーる : どうぞこれからも・・・・うぃ・・・御贔屓に~
奥さん : ん、なんかほっぺたが・・・・・・
にゃにゃーる・えにゃーる : ほへ?何の事??????
奥さん :あ、おまえたち~
b0059978_20512382.jpg


どうやらお披露目前に宴に突入していたようです。
にゃっぴー : ZZZZZ
にゃにゃー : にゃにゃーるおねーちゃん、強い・・・・・・
奥さん : こら、首謀者はえにゃーるでしょ
えんゃーる・にゃにゃーる : わはははは・・・・・
この2匹、どうやら似た者同士のようです。
b0059978_20521830.jpg


どうぞ皆さん、こんなねこたちですけど今後も家主共々御贔屓に~
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-30 20:53 | ジョリマンと仲間たち | Comments(4)

軽便電車

軽便電車のクハがココまで出来ました。
b0059978_1928349.jpg

ちょっと良い感じになってきたかも。
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-24 19:29 | 模型 | Comments(4)

夜汽車を見に来ませんか

b0059978_2243691.jpg

ポスターをクリックして拡大して見てね。

天竜浜名湖鉄道(旧国鉄二俣線)の遠江二俣駅で保存されている旧国鉄の気動車とブルトレ(キハ20とナハネ20)の公開イベントが11月13・14日に行われます。
なんと今回は夜汽車も再現されるという事で、私も今から楽しみです。
(夜汽車は13日のみで有料)
詳細はポスターを参照してください。
色々お楽しみイベントもあるようなので、ぜひ皆さんいらしてください。
着々と整備も進み現役当時の姿を取り戻しつつある車両たち。昔を懐かしむもよし、子供たちに昔話をしてあげるもよし、色々な楽しみ方が出来ると思います。

前回の公開イベントの様子はこちらから。
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-23 22:34 | | Comments(0)

なまえ

先日我が家にやってきた2Lの名前がまだ決まりません。
同期の御仲間たちが、次々と可愛らしい名前を発表されてる中、我が家では・・・・・・

城東電軌 : ね~、まだ名前が決まらないの?
娘・息子 : 忙しくてまだ決めてないからパパ決めていいよ。
城東電軌 : じゃあにゃにゃのすけ。
奥さん : 却下❢
城東電軌 : 決めて良いって言ったじゃないか~

そんな訳でまだ名前が決まっていません。

新人 : ね~、まだなの。

う~ん、困った。
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-20 23:12 | ジョリマンと仲間たち | Comments(8)

県立美術館へ行ってきました

芸術の秋ですね。
b0059978_22363643.jpg

まあ、そんな事はさて置いて、今日は息子と一緒に静岡県立美術館へ企画展『ロボットと美術』を見に行ってまいりました。
この企画展は、1920年に端を発する文学から舞台芸術、そして現代美術からサブカルチャー(もうサブでは無いよね)までの流れを展示しています。
開場少し前に現地に到着。見るとまだあまり人数が並んでいない様子。それならと列に並ぶ事にしました。
なぜかって?
b0059978_22372497.jpg
そう、先着39名までに初音ミクの(みんな知ってるよね)サンプル音源CDがもらえるからなんです。で、無事CDを頂く事が出来ました。
さあ、いよいよ開場です。
前半は創世記の文学や絵画がメインで、抽象化、概念化のウエイトが大きい作品が大きいですね。映画『メトロポリス』(結構有名なので皆さんご存知かと)辺りまで来るとロボットという概念が確立されていますね~
次のコーナーに進むとそこでは思わず
おおおおお~
と、走り出しそうになってしまいました。
だってそこのコーナーの正面には『学天則』が有るんだよ~(実は学天則ファンなんです。まだ大阪には行ってない・・・・)
興奮を抑えられず近づくとそれはあまりにチープで、地上の4民族(だったっけ?)の特徴を持つその顔はあまりに表情が硬く、いくらレプリカでももう少し何とかしてほしかったと思うのは私だけでしょうか。
その次は懐かしのロボットたちがお出迎え。
黎明期の実用ロボット(?)と言いましょうか、30年くらい前に児童会館などに良くあった実物ロボットたちが色々展示してありました。これらは当時の御約束といましょうか、ランプ類が至る所に使われていまして、眼、口、胸はもちろん、それ以外にも至る所にマーカーやランプ類だらけ。さながらランプの商品見本の体を成していました。それがまた何とも懐かしい。
お次はいよいよアニメーションや漫画、いわゆるサブカルチャーを昇華させた現代アートへの変遷コーナーになっています。
思えばそんな変遷の時代の中にいたんだよね。(KIOのようにどっぷり渦中に浸かってるのもいるけど)
手塚治虫の生原稿はその完成度はすごかった。
高荷義之(ボックスアートの方です)の『ザブングル』をモチーフにした作品はすごく良い。
図録には無かったけど、作品名『走れ』はザブングルの世界観を的確に表現しててすごく良いと思った。シビリアンとイノセントというファクターは置いといて、ジロンが走る、ウォーカーマシンも走る。エルチも・・・・ただそれだけなんだけど、これが良いんだ。
高橋宏サンも色々展示してあったな~

まあ、そんな訳で今回の企画展は結構面白かったです。気楽に見れたし意外と空いていたし。
b0059978_22463291.jpg
企画展の後はロダン館で一休み。(ここは撮影可なんです)地獄の門を見ながらしばしまどろみます。
美術館の後は清水へと場所を移動。
b0059978_2247972.jpg
昼食後にフェルケール博物館へとやってきました。
旧港湾博物館時代には幾度となく遊びに来ましたが、今の施設になってからは初めてかもしれません。(事務所へは今年1回お邪魔しましたが・・・・)
b0059978_22474999.jpg

こちらでは現代清水港の変遷や役割が追える展示になっており、船に関する展示も色々と工夫されています。(許可を得て撮影)
しかし、今回の目的はこちら。
b0059978_22484788.jpg
旧港湾博物館時代からある建物なのですが、この施設になってからなぜかあまり目立たないSSK(清水食品)旧本社社屋なのです。
b0059978_2249131.jpg

中には缶詰のラベルや製缶機の模型や色々な資料など、もっと日の目を見ても良いのでは?と思える資料がひっそりと展示してありました。
(清水の輸出を支えたメーカーなのですから)
そろそろ夕方になってきましたね。
b0059978_22494411.jpg
今度は清水から静鉄に乗って長沼までやってきました。そうです、こんどは1/1ガンダムのライトアップを見ようという訳です。
b0059978_22501472.jpg

夏に1度来ているのですが、今度は少し空いている状態でゆっくりと見たいのとライトアップの演出が見たかったんです。
所が、30分経っても演出が始まらない・・・・・
おかしいと思い聞いてみると、10~11月は演出は休止中とのこと。
が~ん・・・・
b0059978_22504747.jpg
せっかく来たのに。係の方も申し訳なさそうに仰っていましたが、どこにもその旨の掲示が無いんですよね。回りにも「え~」と言ってる方がチラホラと・・・・・
夕日を背に立つガンダムもなぜか少しさみしそうでした。
b0059978_22513280.jpg


帰りに乗った静鉄電車はそんな気持ちを知ってか知らずか、ゆらゆらと心地良い揺れ具合で清水までの熟睡を時間を作ってくれていました。
b0059978_2257359.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2010-10-17 22:57 | 日々の出来事 | Comments(4)

今年の御祭

この土日は当地の祭典が例年通り執り行われました。
b0059978_20581451.jpg

初日は生憎の雨もよう。
それでも沢山の人が地区の御祭を楽しみました。
b0059978_20593124.jpg

詰所には栗園で採ってきたばかりの栗が茹であがっていました。
ホクホクです。
b0059978_2111689.jpg

そしてお祭りと言ったらやっぱりコレ♪
おでんです。冷えた体に嬉しい美味しさです。
ビールも思わず進むんだね~、これがまた。

2日目は雨は上がってお宮さんへ。
b0059978_2145968.jpg

地区の皆さんとお宮さんでお祓いを受けます。
b0059978_217397.jpg

長い階段でしょ?
結構上がるのが大変なんですよ。もう息切れするくらい。(運動不足・・・・・)

夜になって再び山車へ向かいました。
b0059978_21115180.jpg

提灯に灯が灯り、若い衆の喧騒と灯りが混じり合って、独特の空気を醸し出します。
そして祭りもクライマックス。
長い2日間が終わりました。
b0059978_2116079.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2010-10-11 21:16 | 日々の出来事 | Comments(3)

ぷりむす

都合により参加できなかった軽便祭ですが、記念のエッチング板(プリムス)を手に入れる事が出来ました。
b0059978_0531814.jpg

ただただ感謝でございます。(ニンマリ♪)
昨日はこれを肴に水割りを飲みました。とっても美味しかったです。
b0059978_0563931.jpg

そしてただいま製作中がコチラ。
シモデン用のクハを作っております。如何でしょう?
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-09 00:58 | 模型 | Comments(0)

天竜川散歩・瀬尻編

先日気になるニュースが飛び込んできました。
浜松市が市内の資料館・博物館の再編を行うとの事。
b0059978_23435873.jpg

b0059978_23443394.jpg
それによって旧佐久間町と旧竜山村の郷土資料館も閉鎖されてしまうとの事だそうです。
そんな訳で、両郷土資料館を巡ってきた訳ですが(そちらの記事はまた後日)、今回はその後日談でございます。
実は竜山郷土文化保存伝習施設にて色々お話をうかがっている内に、トロン温泉やすらぎに(瀬尻森林鉄道の写真は大変少ない!)行けば瀬尻森林鉄道の写真が展示してあるとのお話を伺いました。
そこでトロン温泉へと行ってみました。
b0059978_23512411.jpg
するとありました。
山トロがティンバートレッスルを渡っている写真です。
新開で撮影された写真らしいです。
すると施設の方が教えてくださいました。
ふるさと村へ行けばもっと詳しい写真や話が聞けますよ。」
まさに願っても無い話し。
場所を聞けば新開の土場(昔の学校の有った所)の有った所のようです。
早速旧開線跡を辿りながらふるさと村を目指します。
b0059978_2354088.jpg

途中名所(?)の切り通しを撮影し、すっかり様子の変わってしまった旧開の土場跡を遠望しながらふるさと村へとやってきました。
到着してみると土場跡は公園(?)へ。ふるさと村は川を渡った反対側でした。
b0059978_23544854.jpg
明善橋は新橋へとなっていましたが、旧橋とその横に有った森林鉄道の橋台はそのまま残っていました。
b0059978_23552069.jpg
さあ、それではふるさと村へお邪魔してみましょう。
b0059978_2356241.jpg

ふるさと村にお邪魔するとそこは竜山に関する(北遠に関する)写真や資料が閲覧できるようになっていました。又その量や内容の凄い事。
ご主人にもいろいろお話をうかがって、今までわからなかった事をいろいろ教えていただきました。(新開線は乗り下げではなく牽引で、戦後はKATOの5tクラス機が入線だったのですね。又、旧開の土場の写真も初めて見ました)
美味しいコーヒーを飲みながら鉱山関係の資料や秋葉ダム以前の竜山の写真なども堪能してまいりました。
ふるさと村を辞した後、御主人に教えていただいた木馬道(きんば)の跡(!)を見てきました。
b0059978_23572414.jpg
b0059978_23575255.jpg
これは森林鉄道が出来る前の時代の貴重な遺構です。
b0059978_041857.jpg
あ、木馬と言うのはコレの事です。木道の上を木のソリに積んだ木材を運ぶ運材方法です。
場所はふるさと村駐車場横に有る明善橋(先ほどの写真です)の50m下流に位置します。
石積みの橋台が川に突き出ている様はまさに感動モノでした。
(実際鳥肌が立ちました)
帰りは新開線に沿って帰ってまいりました。終点の索道台手前にある砂防堰堤付近に水神様がある事と、その付近は桟道だったようなので、そこも少し痕跡を探してまいりました。
b0059978_052097.jpg

水神様は堰堤の上に祭られていました。
b0059978_06155.jpg
桟道の跡は明確には判りませんでしたが、石積みの所々に思わせぶりな角穴が開いておりました。

実はこれとは別にもう1か所帰りに寄り道をしております。
先日旧天竜市に森林鉄道が有ったとの情報を得まして、そちらの探索も行ってまいりました。まあ、こちらは探索というより情報収集といった所ですけど。
場所は旧天竜市佐久との事でした。
b0059978_071288.jpg
佐久までやってまいりましたが、付近に営林署も無ければ民間の林業会社もありません。
で、近所でお話を伺うと次の様な事が判りました。
軌道が有ったのは昭和26年ころまでで、現在の『道の駅花桃の里』を起点に稚児の滝まで通ってた。
機関車は無く乗り下げで有った。当時は道路が無く、軌道が唯一の交通手段だった。
b0059978_08091.jpg
現在の県道が軌道敷きで民間の軌道だった(営林署は関係ないとの意味)そうである。
佐久付近と途中で車を止めて見たのですが、やはりそれらしい痕跡は判りませんでした。
まあ、これは今回のおまけという事でご勘弁を。
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-09 00:08 | 日々の出来事 | Comments(2)

掛川散歩シリーズ

掛川は市内の外れにある永江院。そこには名工、左甚五郎の作と伝えられる(甚久朗じゃありませんよ)龍の彫り物が有ります。
b0059978_21523541.jpg

山之内一豊の命により彫られたこの龍、数ある甚五郎伝説の通りやはり夜な夜な出歩いていたようです。
b0059978_21563622.jpg

山門に掲げられた龍の彫り物は金網で囲われて少々見難いです。
b0059978_2201694.jpg

それなりに迫力が有ります。
b0059978_2252881.jpg

身近な所にも結構凄いモノが残っているんですね。
[PR]
by kitoudenki | 2010-10-06 22:09 | 日々の出来事 | Comments(2)