城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

b0059978_2320141.jpg

完成です~ケ91❢
珍しく良いペースで完成しました。テールヘビー気味で脱線しやすいですけど、結構調子よく走ります。
さ~て、次は電車でも作ろうか。
b0059978_23282364.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2010-04-30 23:23 | 模型 | Comments(3)

天候不順もなんのその・軽便ウォークに行ってきました3

ここから先の軌道敷きは自転車道として整備されており、今までのように車両の通行は出来ません。しかし、ちゃんと維持されているかというと・・・・・・・
まあ、今回は本題から外れますので置いといて、先に進むといたしましょう。
b0059978_10484664.jpg

緩やかなカーブを描きながら平坦な道が良い感じに続きます。
b0059978_10491978.jpg

やがて右手から国道150号線が近づいてきます。軌道敷きとクロスする所でこちらは地下道で国道をくぐり反対側(南側)に顔を出します。旧道と新道(150号線)はここで合流します。
国道の南に出た軌道敷きは大きく左へカーブしながら、やはり国道に沿うように進んでいきます。
地下道から進む事しばし、おや?あれは!
b0059978_10495679.jpg

路面に埋め込まれたスラブ状の物。何か見覚えが有ります。
そう、軽便の沿線ではおなじみの、ガーターにスラブを被せて歩道に転用したあの橋梁です。周りは埋め立てられている様子。どこかでガーターが確認できないか?
横に少し隙間が有りました。デジカメで確認してみると・・・・・
b0059978_10502139.jpg

おお、当時のガーターだ。
結果的に今回の探索区間で見つけた2か所の橋梁(当時の物)の内の1つでした。
b0059978_10505412.jpg

御前崎港へ至る新設道路を渡ると変電所が見えてきました。軽便はここで国道150号線を斜めに渡り、再び山側へ場所を移ります。
b0059978_10512380.jpg

ここの踏切は国道を斜めに横断していたため大変印象的で、私も子供の頃の踏切の事はよく覚えています。しかし、ここを軽便が通っているのを見た覚えが無いんですよね。まあ、ほとんどが地頭方止まりでしたからね・・・・
b0059978_10514777.jpg
踏切跡を地下道で渡ると再び住宅街へと入っていきます。右手には海が眼下に広がります。穏やかな海が広がって、大変いい眺めです。
b0059978_1053244.jpg

住宅街を抜け、山裾に回り込むように線路敷きは進みます。右手下には地頭方の街並みが広がります。
b0059978_1053534.jpg
ここには昔の映画館の建物の一部が残っていまして、今は工場となっていました。
昔は賑やかな町だったのですね。そう言えば先日の藤枝の軽便展でも地頭方に関する展示が沢山ありましたね。それにまつわる物を訪ね歩くのもまたいいかもしれません。
やがて線路敷きは下り勾配となり、地頭方の町裏を進みます。
b0059978_10542731.jpg
勾配を降り切ると、かつての藤相鉄道の終点であった地頭方駅に到着です。
b0059978_10545776.jpg
かつての広い構内は桜が植えられ、ここに駅が有ったことを示す案内が建てられていました。又、一部の敷地は民地に払い下げられ住宅が建っておりました。
b0059978_10552299.jpg

そして静鉄の関連会社である駿遠運送の営業所が構内に居を構え、ここが駅で有った事、物流の拠点であった事を今に示しておりました。
倉庫の隣にはトイレが有り、これは当時からある物のようです。
しばしこの駅で当時を偲びながら一時の休息をとりました。

そういえば、この日は廃線跡ウォークをされている方を数人お見かけしました。

さあ、一息ついた所で次の工程に出発です。
b0059978_10555357.jpg

駅を出ると10mくらいの川を渡ります。こちらのガーターは撤去されており、橋台がぽつんと川岸に佇んでおりました。
b0059978_10564586.jpg

先ほどの地頭方手前付近から東側の軌道敷きは、本格的にサイクリングロードとして整備されており、あまり昔の風情が感じられません。以前は線路をはがして簡易舗装を掛けただけの良い感じの道だったのですが・・・・・・
なんだか立派すぎちゃってね~。でもそんな文句も贅沢ってもんですかね。
b0059978_10562114.jpg

山裾の平坦な道を歩いて行くとやがて落居駅の駅名標が見えてきました。なぜか集落から離れた位置にあるこの駅ですが、それには訳が有ります。
実はこの駅は2代目だそうでして、以前は集落の中にあってお寺さんの参拝客で賑わっていたそうです。しかし勾配の関係で(折れ勾配、V字の谷の部分)引き出しが困難であったらしく、運転に無理のないこの位置に移転したそうです。
b0059978_10573141.jpg

落居を出ますと程なく右にカーブしながら旧道をS状に横断します。
ここで丁度、畑に行くおばあさんに遭遇。
お話を伺うと・・・・・

お嫁き来た家のお母さんがこの踏切の踏切番をされていたそうで、時間になると道にチェーン(!)を張っていたそうです。列車の接近は何で知っていたのかという質問には、
「あんた、毎日のこんだもんでわかるら。別に軽便が来るなんて連絡なんかないに。」(毎日軽便は決まった時刻に来るので、時間通りチェーンを張ればよかった。特に駅から連絡が来るとかベルや信号の様なものが有った訳ではない。)との事でした。たとえ軽便と言えども、日本の鉄道の定時性というのは徹底していたのですね。本当に誇らしく思います。ただ、365日昼夜有る仕事なので、どこかに遊びに行く事も出来ず、それが見ていて可哀そうだったということを仰っていました。
戦中から戦後すぐ位までの物資の無い頃には、前の浜で塩を作って軽便で売りにも行っていたそうです。落居の人たち5~6人単位で1作業をしていたようですね。
余談ですが、旧相良町(牧の原市)にある相良資料館(田沼意次の居城跡)にはそう言った資料もそろっていますよ。

良いお話を聞かせてもらえました。
b0059978_1058357.jpg

踏切を過ぎて集落に入ると少し広くなっている所に出ます。そう、これが先ほどの初代落居駅の跡です。旧道を挟んだ山側に立派の寺さん(弘法寺)の屋根が見えますね。
b0059978_1059784.jpg

旧落居を出て勾配を登りながら集落を抜けると、一気に視界が開け海を望みながら畑地の中を線路敷きは続きます。
県道239号を横断した所で小さな川を渡ります。地代側(じだいがわ)と言います。
b0059978_1059327.jpg

実はここの橋梁で豚と軽便が衝突して、20人乗りのレールカー(地元の方が教えてくれました。言い方が洒落てます。)が川に転落した事が有ったそうです。軽便らしいエピソードです。
集落の裏手を線路敷きは緩やかに進みますとやがて須々木駅が見えてきます。
b0059978_10595431.jpg
こちらにはホームの跡が住宅の基礎となって残っています。そして海側には駅名標が建てられていました。
b0059978_1101897.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2010-04-30 11:00 | 鉄・駿遠線 | Comments(4)

好みは三匹三様

城東電軌 : ただいま~、お土産だよ~
b0059978_21405580.jpg

にゃー・にゃにゃー・にゃおん : なになになに♪
城東電軌 : ん、美味しそうだったからお土産にしたんだけど。
b0059978_2142395.jpg

にゃー・にゃにゃー・にゃおん : あ冶一朗のバウムクーヘンじゃない❢
城東電軌 : これって有名なの?
にゃおん : ええ~、知らないの❢
城東電軌 : うん
にゃー : すごく美味しいんだからね。
b0059978_21484983.jpg

城東電軌 : 知らなかったのは俺だけか・・・・・
にゃにゃー : まま、それはそれ、早速いただきましょう。あたしは小倉あんなんぞを添えてあるともっと良いな。
b0059978_2152048.jpg

にゃおん : え~、おねーちゃん変な趣味。やっぱりホイップでしょ。
にゃー : あんたたち本物の味が判ってないわね。やっぱりこぶ茶よ。
3匹 : (お互いに)ええ~~~

好みは3匹3様のようです。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-27 21:56 | ジョリマンと仲間たち | Comments(6)

天候不順もなんのその・軽便ウォークに行ってきました2

桜ヶ池を出ると、右にカーブをしながら山裾に回り込み切通しへと進んでいきます。
b0059978_21123380.jpg
そして切通しを抜けたあたりで拡幅された道路へと取り込まれていきます。
ここからはこの道路が廃線跡をトレースしていきますが、勾配につてはかなり変更されています。軽便が有ったころにはこの辺りはほとんどが農地か荒れ地でして、今のように住宅や南北の車道はありませんでした。現在、多くの南北に貫通する車道が出来たおかげで、それらと交差するために多くの地点で盛土がなされて、アップダウンが激しくなっています。以前はもっと均一の緩やかな勾配でした。1軸駆動の気動車でしたから、おのずと登坂性能は知れていましたからね。
b0059978_21134839.jpg

所々に点在する当時からのお宅の敷地が、当時の線路路盤高だと思っていただけると一応の目安になるかなと思います。
b0059978_21141383.jpg

さて、佐倉駅手前にある『佐倉多目的広場』に到着です。当時と勾配が変わっていて判りにくいかも知れませんが、軽便時代にはここまでが上り勾配でここを過ぎると下り勾配に代わります。いわゆるサミットだったわけです。
そしていよいよ佐倉駅跡です。郵便局が有る所は昔と変わりません。
b0059978_21153083.jpg
その東側が駅の構内になります。このスーパー(元の農協)の敷地が駅前広場と貨物ホームでしょうか。
ここを過ぎると少し道が狭くなります。そこを延長してみると北側の車線が本線のようにも見えますね。
b0059978_211639.jpg
佐倉を出ると次は玄保を目指します。真っ直ぐな道を下り勾配で進んでいきますが、道が狭くなってからは勾配が変わった所はなさそうです。
b0059978_21171834.jpg
所々に境界杭が見えてきました。
さあ、玄保に到着です。
b0059978_21174773.jpg
モータースのある所が玄保駅です。
b0059978_21182663.jpg
復元された駅名標が建てられています。各地に建てられている復元駅名標の中にあって、こちらの説明書きはかなり正確に書かれています。
b0059978_21184841.jpg

駅の横には良い感じの製材所が有りました。
玄保を出ると程なく長川(おさがわ)を渡ります。
b0059978_21191989.jpg
廃線以来ここに橋は架かっていませんが、相良側のプレートガーター橋だけが昭和60年ころまで残っていました。
橋が有りませんから平行して走る旧国道150号線に回ります。
b0059978_2119509.jpg
ここにかかる橋は郡堺橋(ぐんかいばし)と言って、ここが小笠郡と榛原郡の境であったといいます。
川を渡って再び軌道敷きに戻ります。
b0059978_21203875.jpg
ここからは今までと異なり一段とローカル色が濃くなります。良い感じです。
畑の間や農家の裏を通ると堀野新田に到着です。
b0059978_21212349.jpg
堀野新田構内の半分は民地に払い下げられており、現在は住宅が建てられています。
しかし、その境界はかつての駅の構内を指示していました。又、駅前通りは生活道路としてそのまま活用されていました。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-27 21:23 | 鉄・駿遠線 | Comments(5)

軽便ウォークに行ってきました・番外編

本編レポが探索日から大分遅れてスタートしてやっと1回目なのに、早速脱線の番外編です。

従来、菊川橋梁―浜岡間は国道150号線バイパス建設に際し、軽便跡地を転用して居るのでその痕跡は残っていないと言われていました。少なくとも私はそう思い込んでいました。
ところが、今回の探索で最初から国道から外れた鉄道用地が現れたため、その考えを改めました。
図書館で旧版の地形図や国土計画図を探しある所に行ってみると・・・・・・
b0059978_22125158.jpg

おおおおお❢
見事なまでの廃線跡が残っていました。

思い込みはいけませんね。何事も資料を確認してからでないと。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-25 22:15 | 鉄・駿遠線 | Comments(4)

天候不順もなんのその・軽便ウォークに行ってきました1

4月になっても何かすっきりしない天気が続いていますね。そんな中、阿形先生と一緒に静鉄駿遠線探索に行ってまいりました。今回の探索区間は浜岡―相良間です。
b0059978_1142863.jpg

幸い探索当日は絶好の探索日和。
前日の強風から一転、日ごろの行いが良いからかな?(誰の?)
スタート地点は御前崎市役所です。こちらの南に八千代公園があります。そしてその南に国道150号線の側道が有ります。そう、公園の横の側道部分が浜岡駅の跡なのです。
b0059978_11534224.jpg

心持側溝部分が広がっていますが、そこが敷地の境のようです。そしてその南側、現在の国道部分は砂丘だったようです。
駅までは静鉄のバスが来ていましたが、駅の東側にある細い路地がかつての駅前通りだったそうで、バスもそこを通っていたそうです。
さあ、それでは線路跡をたどっていきましょう。
駅を出るとすぐに線路跡は国道に取り込まれてしまいます。よって、しばらくは国道をそのまま進みます。
b0059978_11101054.jpg

約2~300mも進みましたか、最初の交差点(マクドナルドのある所です)から線路跡は再び現れます。
交差点の角から東北東に、住宅とタクシー会社が現れます。そこの境界が線路敷きになる事を先生から教えていただきました。そして右へカーブして国道の南へ抜けるという事を。
なるほどと思い、東を望んでみると・・・・・・
b0059978_1111031.jpg

あれ?
本屋とラーメン屋の駐車場にある暗渠が、おかしな線形を描いていませんか?
これはもしかして・・・・・・
b0059978_11112757.jpg

そうです、この暗渠が鉄道用地をトレースしていたのです。(帰りに図書館で地形図を確認してきました)意外なところで線路敷きが特定できました。
b0059978_11115661.jpg

国道を南に抜けた線路敷きは、新野川を国道の南側で渡ります。
さすがに当時の橋は(RC橋でした)痕跡もありません。すでに皆さんお気づきかもしれませんが、軽便は砂丘を回避しながら敷設していたため、結構カーブが多かったのです。従って素直に国道に取り込まれた所ばかりではなく、(後日別のレポートをしたいと思います)国道から外れた部分も多いのです。
b0059978_11123828.jpg

橋を渡ると左へ(北へ)カーブし桜ヶ池駅へと上る築堤へと入っていきます。(ここで150号線ともお別れです)

そこで道を歩いているとおばあさんがエンドウ豆を採っていました。

こんにちわ~
こんちわ。今日はぬくといね。あんたらどこいくだ。相良まで行くだけーが。歩いてくだ。そりゃでがあるずらよ。なんしにいくだ。軽便の跡を歩いてるだに。
ふーん、そうかね。にーちゃん、エンドウ持ってくけ。いっぱいとれたでありがとね。だけーが、いまっからあるかにゃいかんで、またかえりもらえーくるで。そんときでもいいら。そんならふくろーいれておいといてやるでもってきー。またよんないや。ありがとね。

沿線ではそんなやり取りをしながら歩を進めます。

そんな訳で今は崩されてしまいましたが,桜ヶ池駅付近まで続く築堤はご覧のようにその痕跡を正面に見える鳥居付近まで残しています。

因みのこの築堤を作る土砂や砂は、地頭方以西を延長するときに発生した残土(おもに堀野新田―桜ヶ池間)を運んで使用したそうです。

鳥居が有る所は県道との立体交差でした。桁下が4m有ったそうですから、結構なこう配を登ってきた事になります。ちなみにこの鳥居は後に作られた物で、遠州7不思議の一つに数えられている『お櫃収め』で有名な桜ヶ池の参道に立っています。

ここでちょっと寄り道。この築堤の脇にこんな物が残っています。
b0059978_1115297.jpg

そう、陸軍の射場の境界杭です。ここが射場の敷地内であったという証拠が、戦後の今も当地には残っているわけです。掛川市の浜野にある砲台から射出された砲弾は、この辺りまで飛んできてたという事ですね。ひっそりとその石柱は今も佇んでいます。

さて、鳥居(この鳥居に宗教的な意味合いは無く、観光モニュメント的な物です)を過ぎるとそこから桜ヶ池駅までは完全に築堤は撤去されてしまい、現在はゲートボール場と畑になっています。
b0059978_11154061.jpg
かつて桜ヶ池駅が有ったころには、秋のお中日の祭礼には大いに賑わっていたそうです。ホームには2か所の階段が有り、通路を降りると広場が有りそこから桜ヶ池へ皆で歩いて行ったそうです。普段はほとんど利用者のいないひっそりとした駅だったようです。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-25 11:34 | 鉄・駿遠線 | Comments(13)

天候不順

最近あんまり出番のないねこたち。縁側で何やらボヤいています。
b0059978_225364.jpg

えにゃーる : あれ、君たち4月も中旬なのにまだ服を着てるの?
にゃー : だって寒いんだもん。
にゃにゃー : だってお出掛け(鎌倉・横浜)に連れてってもらえなかったんだもん。
えにゃーる : それは関係ないと思うんですけど・・・・
にゃー・にゃにゃー : えええ~


でもホントに寒いですね。昨日は御殿場で雪が積もったそうですし。雨もよく降りますね~
なんだか早い梅雨みたい。
b0059978_22134446.jpg

にゃー : あれ、おねーちゃんほっかむりを新しくしたの?
えにゃーる : うん、雨が多いからてるてる坊主にしてみたんだ。こんなに雨ばっかりじゃあ、お出掛けできないからね~
にゃにゃー : え、お出掛け?
えにゃーる : パパが又石川に行くみたいよ。5月の2~3に線路を敷きに行くんだって。
2匹 : ふ~ん、何持ってこうか?


ちょっと肌寒い縁側の午後でした。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-17 22:19 | 日々の出来事 | Comments(6)

製作中

b0059978_21494149.jpg

やっとここまで出来上がり。走りは上々。もう少しアタリが取れるとなおOK♪
出来上がったら、現物と並べて記念写真でも撮ってこよう。
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-17 21:52 | 模型 | Comments(2)

当たった~

当たった~❢
b0059978_204135.jpg

当たっちゃいました❢
前回外れたって書いたポプラ社の懸賞なんですが、本日帰宅したところに届いておりました。
2月末日締め切りでしたのですっかり諦めておりましたら、A賞の『小林少年フィギュアストラップ』が当たりました。ばんざ~い♪
b0059978_2092217.jpg

結構大きい(ストラップにしては)フィギュアですね。でもあんまりイラストに似てないや。これならポストカードのほうが良かったかな?(ポストカードのB賞も応募してあるんですよ)
でもうれしいよ~
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-13 20:12 | 日々の出来事 | Comments(4)

静岡の文化

今日は良い天気でしたね。絶好の農作業日和でした。(ああ・・・)

さて、季刊『しずおかの文化』(財団法人静岡県文化財団刊)が最終巻を迎えました。県内の色々なジャンルの文化情報を発信してきましたが、この程100巻を数えたところで終刊になってしまいました。
b0059978_20321289.jpg

私も興味のある号は時々購入しておりまして、質の高い(そうでない号もありましたが)良質な雑誌だっただけに残念でなりません。
ただ、今後も形を変えた『しずおかの文化』も考えられているようなので、そちらにも期待したいです。

そう言えばポプラ社から少年探偵団シリーズに続いて怪盗ルパン全集シリーズが文庫サイズで復刻されましたね。これも小学校の頃読みましたよ。うんうん。
このへんもターゲットは40代かな?文庫サイズって言うのがうれしいですよね。
そう言えば先日応募したポプラ社の少年探偵団シリーズの懸賞は外れたみたい。あ~あ・・・・・

話は違いますが、怪盗、怪人とかが最近流行ってる(?)んですか。え、そうでもない?
いえね、だれか『怪人オヨヨ大統領』(小林信彦・著)でも映画化しないかな~、と思いましてね。
題からしてすごいでしょ。怪人大統領までついてるんですから。出来れば小林作品に出て来るオールキャラ(もちろん大沢親子をメイン)を出演させて、脚本は小林信彦サンご本人で監督は・・・・とにかくテンポの良いギャグ。マルクスブラザーズの映画の様な絵が撮れる人が良いな。舞台は70年代の大阪・東京・その他もろもろ。そう、絶対これは大人のためのメリーポピンズ(❢)大人のためのギャグ漫画であってほしい。(大分作者のあとがきの受け売りも入ってます)
バックボーンを考えると、作品に出て来るギャグが通じる世代って今の働き盛りの世代までなんですよね。だから、撮るんなら今がチャンスなんだよね。誰かとらないかな・・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2010-04-11 21:10 | 日々の出来事 | Comments(3)