「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

貨物天国へおいでませ

先週の事ですが、浜松の鉄仲間のO君と岳南鉄道に行ってきました。
貨物列車撮影が目的でしたが、祝日ですし、ウヤかもしれない極めて行き当たりバッタリなトリップでした。
なんせ、現在は大昭和製紙の荷しかありませんし日曜日は運休ですから、祝日に動いている保証はありません。
b0059978_215177.jpg

さあ、やってきましたJR吉原駅。ホームの西側に目をやると、そこに岳南鉄道吉原駅が跨線橋ごしに建っています。その先にはEDがパンタを降ろして停車中。
O君 : こりゃ今日はウヤですかね?
城東電軌 : ですかね~

と、その時・・・・・
b0059978_2155264.jpg

Gaaaaa~

DE10が推進でワム80000を引き渡し線に押しこんできました。端部には操車係りも添乗しています。
おおおおお!
操車係りが添乗した貨車の入れ替えを見るのは何年振りだろう。感激です♥
b0059978_2211895.jpg

b0059978_220549.jpg
やがてEDのパンタも上がり今日の貨物は動くようですね。よかったよかった。早速フリー切符を購入して撮影ポイントへ急ぎましょう。
b0059978_2204453.jpg
お、電車が入線してきました。祝日ですけど2連が動いているのですね。
それでは岳南原田へ先回りして貨物を狙う事にしましょうか。
b0059978_2210486.jpg
b0059978_22114540.jpg

やがて先ほどの貨物がやってきました。結構長い編成ですね。
電柱やらフェンスやら結構邪魔になるものが多いうえに、工場地帯という立地で開けていないので編成を撮るのはきついですね。
b0059978_22421492.jpg

先ほどまで曇っていた天気もこの頃になると晴れてきまして、富士さんも顔を出してきました。
b0059978_22195466.jpg
b0059978_22201556.jpg

折り返し上りの貨物が30分後くらいに来る筈なので、岳南原田駅外れの踏切で電車を撮りながら貨物を待ちます。

お、、やってきたようです。今度は岳南工業地帯らしく煙突を絡めたアングルを狙ってみますよ。
b0059978_22285827.jpg

あれ・・・・・・単機じゃん・・・・・・・・
どうやら今日のダイヤは要注意のようですね。
次回は比奈に場所を移動です。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-29 22:31 | | Comments(5)

秋の風に誘われて・軽便ウォークに行ってきました4

実は今回のウォークの記事を読んだ方から「位置関係がよくわからないんだけど・・・・」というご指摘をいただきました。確かに路線の変更などで、文章と前々回の駅付近の写真だけでは、分かりにくいかもしれません。
そこで、今回は補足説明として概略図を掲載したいと思います。
b0059978_1063335.jpg

判りますか?
前半は慶全寺前(藤枝本町の1駅大手より)を振り出しに新線を新藤枝まで来た訳です。
因みに赤線で示した所は区画整理で全く消滅してしまった区間で、現在では宅地となっています。
(従って今回は探索を割愛しております。)
それでは今回は旧旧線跡を旧旧新藤枝駅をスタートして大手駅を目指します!
b0059978_10211972.jpg

写真は現在のスルガ銀行の裏手辺りから南を向いたところになります。
実は旧新藤枝駅は写真の左にカーブしたところ、東に向いたところとなっています。しかし、スルガ銀行の裏手にもあったとの話もあります。
此処からは推測なのですが、そうすると大正2年の大手―藤枝間の開業時の駅がスルガ銀行の裏手の地点で、大正3年の大井川までの延伸時に旧新藤枝駅(写真の左手にカーブした地点)に移転したのでは?
と考えられますが如何でしょうか?
陸軍測量部の地形図でも閲覧できれば確認できるのですが、如何せん対象年度に計測してるかどうか・・・・
(1年しかありませんしね)
b0059978_1041369.jpg

それでは旧(旧)新藤枝を旧旧線跡(ややこしい!)を出発です。市街地を進むと程なく県道を渡ります。
そこが旧線との分岐地点になります。(写真はあくまでも推測地点です)
そしてここを過ぎると線路跡は完全に宅地と化してしまい、その痕跡は消滅してしまいます。
ところが面白いことに、住宅地図を見るとあら不思議♪
線路跡が境界として連続したラインとなっています。ね、面白いでしょ。
b0059978_10564455.jpg

線路跡は辿れませんが、当時の脇道だった所に青木駅がありました。写真の右手辺りになります。
当時は手前側が住宅で奥側は一面の田園でした。
b0059978_112170.jpg

此処が国道1号線の踏み切り跡です。
正確に言うと此処に踏切を作らないために路線変更をしたので、此処に踏切は存在しなかったことになりますよね。
奥側のレストランの敷地が線路敷きの形でカーブしてます。良い感じです。
此処からは線形は見てとれるのですが、私有地などでその跡は歩けません。
しばし旧東海道を歩きます。因みに線路敷きはこの辺りから旧東海道の裏手に沿って走ることになります。
b0059978_11193047.jpg

当時の松並木も残る旧東海道を数百メートル歩きます。
b0059978_1128324.jpg

やっと線路跡に出てきました。線路跡らしい線路跡にやっと出てきたような気がします。
52年前に廃止になった線路跡が良い感じに残っています。
さあ、痕跡を探しながら歩を進めましょう。
b0059978_11443124.jpg

やがて志太駅に到着です。ホーム跡は全くの推測ですが、此処の踏切の手前の空き地が駅跡に間違いありません。
いよいよ志太を出ると上りこう配に差し掛かり瀬戸川堤防に駆け上がります。
b0059978_132246.jpg

志太を過ぎた踏み切り跡から上りこう配は始まりますが、今では築堤が撤去されてその痕跡は見当たりません。普通の生活道路となっています。沿道には木工所でしょうか、加工材料が天日干しされていました。
機能美から来るこういう造形って見ていて楽しいですね。
b0059978_13271479.jpg

b0059978_13322354.jpg

築堤が撤去された線路跡はこんな感じです。
大手よりの築堤でもそうですが、藤枝側の築堤でも瀬戸川への上りこう配は運転上苦労があったようです。
b0059978_13345584.jpg

沿線にはこんな味のある火の見やぐらや警防団詰所も見受けられます。
良い感じですね。
さあ、瀬戸川の堤防が正面に見えてきました。今朝、新線へ分かれた地点です。
b0059978_1338393.jpg

瀬戸川橋梁まで戻ってきました。今来た道を振り返ると堤防の下に今歩いてきた旧線跡が伸びています。
そして左手には今朝歩いてきた田沼街道の江戸道と、軽便の新線のスロープが見えます。

やっとこれで一回り、目指すゴールの大手駅まであと少しです。
此処から慶全寺前まではルートが重複しますので、慶山寺前からの様子を書きたいと思います。
b0059978_13515781.jpg

慶全寺を出るとほどなく線路跡は国道1号線に隣接する地点に到達します。
歩道橋から見るとこんな感じです。右手奥が藤枝側になります。こうなると昔を偲ぶ余地はありませんね・・・・
b0059978_13545914.jpg

同じ歩道橋の反対側を望みます。
するとそこに大手駅跡が望めます。
先日まで静鉄バスの営業所でしたが、今では商業施設となりその痕跡は完全に消え去ってしまいました。
かつては大手工場もあり車両製造も行っていた駅で下から、その敷地は広大でした。
b0059978_141174.jpg
b0059978_1413498.jpg


こうしてゴールの大手駅に到着しました。今回は前回の中遠鉄道区間と比べてその痕跡は少なかったですが、貴重な藤枝本町駅舎見学や旧旧新藤枝駅跡の位置特定など色々収穫があった探索でした。
阿形先生、またいろいろ教えてください。どうもありがとうございました。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-29 11:02 | 鉄・駿遠線 | Comments(6)

秋の風に誘われて・軽便ウォークに行ってきました3

それでは本編の再開です。
しかしそこでまたまた寄り道。
b0059978_2247277.jpg

じつは軽便の隣を旧東海道が通っていました。そして瀬戸川堤防から分かれて、田沼意次の受領藩である相良藩に至る江戸時代の田沼街道が此処から分岐していました。
せっかくなので田沼街道の古道を軽便と合流する地点まで通ることにしました。(私のわがままです。すいません)
右下に線路跡を望みながら古道を進みます。
b0059978_22575075.jpg

堤防から降りる所で石碑が見えます。田沼街道を顕彰する石碑が建てられています。
ここから田沼街道(江戸道)は堤防を降りて線路跡を横切り、そして一路南を目指します。
さあ、今度は線路跡に戻って軽便跡を巡りましょう。
b0059978_235528.jpg

線路跡は遊歩道となりきれいに整備されています。ウォーキングやサイクリングに最適な環境ですが、軽便についての案内は特に見当たりません。
b0059978_2372978.jpg

やがて前方に国道1号線との立体交差が見えてきました。この区間が路線変更になった理由の立体交差です。
カルバートの開口寸法は4000x4000で、将来的には電化も考慮された寸法であったそうです。まだまだ陸上交通は公共交通が主役の時代でした。
b0059978_2312023.jpg

立体交差を抜けると先ほどクロスした田沼街道(江戸道)と再びクロスします。
此処からは新設路線らしく藤枝駅まで最短距離をとります。気持ちいいくらい(つまらないくらい?)真直ぐな線路跡が伸びています。
b0059978_23173072.jpg

此処の遊歩道は比較的道幅も広く、所々藤棚も設けられています。藤は地元藤枝市の市の花ですから、季節になるとそれは風情のある風景が味わえるようです。
b0059978_23225420.jpg
やがて藤枝駅に近づいてきました。そこからは区画整理で完全に線路跡はその痕跡を消していました。
新藤枝入り口付近も現在は更地ですが、近々建物が建てばその痕跡は完全に消え去ってしまうでしょう。
大井川方面に行く線路跡は僅かにその痕跡を残していますが、区画整理の進捗によってはそれも安心できません。
b0059978_23282811.jpg
b0059978_23285067.jpg

さあ、新藤枝駅跡に到着です。ターミナル駅として栄えた広大な敷地も、今では駐車場、マンション、ホテルなどに姿を変えて、本来の静鉄の用地(バスターミナル)としてはJRに近い極一部のみとなってしまいました。
それでも裏に回ると軽便のあった頃からのお宅も健在であり、僅かながらも昔をしのぶことが出来ました。
こんな田舎の町でもJR駅前ともなると、その変貌は激しいですね。

それでは次回は初代路線跡(開業時)の新藤枝―大手間をUPしたいとおもいます。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-26 23:16 | 鉄・駿遠線 | Comments(4)

京王帝都

昨日は浜松のO君と岳南鉄道に行ってきました。
その車中で良いモノを見つけました。
b0059978_23322792.jpg

スピーカーカバーです。
こちらの電車は元帝都線(京王線じゃありませんよ)の電車なのですが、スピーカーカバーにその痕跡がそのまま残っていました。
ちょっと嬉しかったです。


貨物列車撮影記はまた後日UPしますね
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-24 23:35 | | Comments(2)

秋の風に誘われて・軽便ウォークに行ってきました2

それでは前回の続きです。瀬戸川を渡り新線を藤枝駅に向かいましょう。
その前に、藤枝駅付近の路線の変遷について解説したいと思います。
b0059978_2234531.jpg

写真をご覧ください。
上が大手方面になります。そして右に伸びている黄色い線が大井川方面です。
下に見えるのが国鉄藤枝駅です。
開業当初は大手―藤枝駅のみで、オレンジ色の線がまっすぐ北から降りてきていました。(T2)
やがて大井川方面に延長するとともに、レールも90度向きを変えて駅位置も東に向きました。(T3)
次に、軽便の駅が国鉄の藤枝駅隣に移転することとなり、大井川に行く線は黄線・大手線は赤線に路線変更になりました。(T8)
戦後、道路交通量の増加から国道1号線バイパスが開通し、(それまでは旧東海道を国道1号線としていました)軽便も立体交差の必要から路線変更となりました。大手線の赤線が廃止となり、黄線となりました。(S32)
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-24 22:49 | 鉄・駿遠線 | Comments(2)

秋の風に誘われて・軽便ウォークに行ってきました1

秋の風も心地よくなった先日のこと、阿形先生と御一緒に、静鉄駿遠線の廃線跡巡りの続きに行ってきました。
皆さんご存知の通り静鉄駿遠線は、袋井側を形成していた中遠鉄道と藤枝側を形成していた藤相鉄道、そして戦後両線をつなげていた連絡線から成っていました。春先のウォークで中遠側を完歩しましたので、今回は藤藤側の大手線から攻めて見ることとなりました。
b0059978_156462.jpg

b0059978_15133338.jpg
今回のスタート地点は藤枝市の蓮華寺にある郷土博物館です。こちらには現存する唯一の車両であるB型蒸気が展示されています。また、館内には軽便に関する展示も見られ、市としても軽便に対する関心の高さが見てとれます。

さあ、それではウォークへ出発です。
b0059978_15203354.jpg

蓮華寺を出て最初に慶全寺前駅へと向かいます。
途中で旧東海道の藤枝宿を横切りますが、今ではかつての賑いもどこへやら、シャッターを降ろした店が目につきます。
b0059978_15233655.jpg

蓮華寺から歩くこと約15分くらいでしょうか、慶全寺前駅跡につきました。いまでは住宅街ですが、当時は見渡す限り田んぼの中だったようです。旧東海道の裏手を街道沿いに大手まで走るような形で線路は敷かれていたようです。因みに写真の奥手側が大手になります。
それでは線路跡に沿って藤枝を目指しましょう。
b0059978_15302498.jpg

住宅街(昔の田んぼなか)を進むと市立図書館が見えてきます。此処が唱歌にも歌われた『岡出山の切通し』です。背後の山が当時は線路際まで迫っており、当時は切通しになっていたそうです。
この先のカーブを大きく右に曲がると、そこが飽波神社になります。
b0059978_15375050.jpg

そしてこちらが泡波神社。岡出山を回りこんだところにある神社で、この付近はかつての藤枝宿の中心地として栄えた場所でした。この日はちょうど七五三で、多くの御家族連れで賑わっていました。
b0059978_15454439.jpg

境内では菊の品評会も行われていました。
b0059978_1547661.jpg

さて、軽便に戻りましょう。境内の外れ、一の鳥居の前に藤枝本町駅がありました。先にも書きましたが、藤枝宿の中心地としてにぎわった地ですから、大手線唯一の交換駅でもありました。
写真手前の道ですが、昔は駅とお宮さんへ通じる行き止まりの道だったそうです。それが後に新国道へと通じる踏切となり駅舎は移動となりました。そして廃線後、その駅舎はと言うと・・・・・・・・
b0059978_1556476.jpg

そう、道路拡幅のため再度移動の後、今でも残っているのです。
此処に立っていると、今でもカーブの先からタイフォンが聞こえてくるような気がします。
b0059978_1671571.jpg

さあ、ここからが大手線の難所です。瀬戸川への堤防を登る築堤が始まります。
今では満蔵寺辺りから始まる築堤ですが、軽便の頃には藤枝本町駅をでるとそこから上りこう配が始まっていました。写真で示した通り、この辺りでは2m以上の高さの築堤が築かれており、瀬戸川へと軽便は駆けあがっていたそうです。
b0059978_16111272.jpg

瀬戸川橋梁の手前には瀬戸川駅がありました。線路跡のイメージ線がちょっと変ですが、そこら辺は勘弁してください・・・・・・・
でも道路の勾配がきついのは分かってもらえましたか?そして奥に見えるのが瀬戸川橋梁ですよ。
b0059978_16183953.jpg

瀬戸川橋梁です。今は遊歩道として整備されておりまして、人車橋が架かっています。実は此処から藤枝駅までの区間は昭和32年に路線変更されておりまして、旧線が赤線で現橋梁の場所、新線がカーブした橋梁で瀬戸川を渡っておりました。
路線変更の理由としては、国道1号線の旧国道(東海道)から新国道への切り替え、立体交差化のためとされています。
b0059978_16291148.jpg

そんな瀬戸川橋梁ですが、面白い遺構が残っていることを先生から教えてもらいました。
阿形先生 : ほら、あそこ。橋の下に残っているよ。
城東電軌 : ・・・・・・・・あっ♪
b0059978_16331568.jpg

そうです、当時の橋脚が1基、そのまま河床に残されているのです。
静鉄独自のパイルを使った橋脚です。これは良いモノを教えていただきました。

さあ、次回は新線跡を藤枝駅に向かう事に致しましょう。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-22 15:47 | 鉄・駿遠線 | Comments(4)

あたしの役割

だんだん城東電軌家に馴染みつつあるにゃおんちゃん。でもやっぱり何をやっていいのかよくわかりません。
と、そこで先輩たちに聞いて見ることにしました。
b0059978_21312036.jpg

にゃおん : ねーさまねーさま、あたしはこの家で何をすればいいのかな?
にゃにゃー : おお、先輩に聞くなんて良い心がけだね。うんうん、教えてあげるよ♪
にゃー : なんだか偉くなったみたいで気持ちいいね。
にゃおん : おねがいしま~す。
b0059978_21352926.jpg

      ごろん!
にゃおん : え?
にゃー・にゃにゃー :ZZZZZZZ・・・・・・・
にゃおん : ね~、いきなり寝ちゃったよ。
b0059978_214226100.jpg

にゃおん : あの~・・・・
にゃにゃー : むにゃ・・・・・・
b0059978_21451791.jpg

にゃおん : だから・・・・・
にゃー : むにゃむにゃ・・・・・・

と、その時
奥さん : ご飯ですよ~、みんなおいでよ~♪
b0059978_2234674.jpg

にゃにゃー : は?
にゃー : むんんん、あ~よく寝た♪
にゃおん : え、今まで寝てたんじゃあ・・・・・・
b0059978_21555971.jpg

にゃー : さあ、ごはんだごはんだ♪
にゃにゃー : うふふ、楽しみ楽しみ♪にゃおんも行くよ!
にゃおん : ????????
b0059978_2158636.jpg

にゃおん : この家であたしの役割って一体??????

根が真面目なのか、いまだに戸惑うことばかりのにゃおんでした。
先輩2匹の様に厚顔無恥マイペースなねこらしい生活に慣れるのはいつの日になるのやら。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-21 22:04 | ジョリマンと仲間たち | Comments(6)

来年の干支

そろそろ年賀状の準備をしないといけないですね。

城東電軌 : 来年の干支ってなんだっけ?
奥さん :寅よ。
城東電軌 : ねこって有ったらおもしろいのにね。
奥さん : 有名な寓話があるくらいだからね。でもそうばかりじゃないみたい・・・・・
b0059978_19535853.jpg

えにゃーる : うぃ~
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-15 19:54 | 日々の出来事 | Comments(7)

最近買った本

b0059978_22191064.jpg

ポプラ社の『少年探偵団』シリーズの復刻版が完結しました。
それを記念してキャンペーンを展開しています。当たればポストカードセット(以前応募したけど外れました)か小林少年のフィギュア付きストラップかブックケースが当たるようです。もちろん応募しますよ♪
b0059978_22222115.jpg

『聖☆おにいさん』の4巻が出ました。好きなんですよね、こーゆーギャグ♪
ちょっと原典がコアになりすぎ・・・・な気もしますけど、やっぱり良い♡
b0059978_22273420.jpg

K-bemさんの情報で手に入れることが出来た憧れの本。
まさか今更手に入れることが出来るとは・・・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-08 22:31 | 日々の出来事 | Comments(4)

皆さんありがとうございました。名前が決まりました。

このブログを見てくださっている皆さん、お待たせいたしました。新人ちゃんの名前がやっと決定しました。
娘 : それでは発表します。名前はサビママさんが考えてくださった
にゃおんちゃんに決定しました♪
b0059978_20213015.jpg


改めまして、新人ちゃんの名前を考えてくださった皆さん、どうもありがとうございました。素敵な名前ばかりで大いに迷ったのですが、娘が1週間かかって名前を選ばせて頂きました。
皆さんに参加していただけて、改めてウチのねこたちは幸せだな~、と思いました。
ドウゾ今後もよろしくお願いします。
ささ、にゃおんちゃん、皆さんにご挨拶して。

にゃおん : みなさん、素敵な名前をありがとうございました。とっても嬉しいです。これからもお嬢様路線でよろしくお願いします~
b0059978_2029938.jpg

えにゃーる : にゃおんちゃん、名前が決まっておめでとう。これはおねいちゃんからのプレゼントだよ。ナニ、遠慮することはないよ。可愛い妹分なんだから、これからもよろしくね。
にゃおん : えええええ、えにゃーるおねーちゃん、このプレゼントってひょっとして?
えにゃーる : ささ、皆で集合写真だよ❢
にゃおん : あ、あ、あれれ~
b0059978_20351172.jpg

おお、久しぶりに見るねこもいますね。みんな元気そう❤
b0059978_20372964.jpg

えにゃーる : 妹分が出来たよ~
b0059978_20424511.jpg
にゃおん : あたしはお嬢様キャラのはずでしょ?ね、ね、ね、なぜほっかむりなの・・・・・・
にゃー : この家に来たらおちゃらけキャラになるしかないでしょ。
にゃにゃー : 一回なっちゃうと気が楽よ~
にゃおん : お嬢様~・・・・・・
b0059978_20405292.jpg

みっけ : お嬢様キャラはあたし1匹だけで十分よ♪
えにゃーる : わははははははは・・・・
b0059978_20485810.jpg

集合写真も終わり、一息ついてるにゃおんちゃん。
と、よく見るとそこは奥さんの枕もと。
奥さん : ん、ん、ZZZZZZZ・・・・・(寝ぼけてる)
にゃおん : え、誰よ❢しっぽを引っ張るのは❢
b0059978_20523355.jpg

奥さん : ZZZZZZ・・・・・・
にゃおん : きゃ~、枕はいやよ~
にゃー : うんうん、あたしもやられたわよ。
にゃにゃー : みんなが通る道だからね。これであの子もウチの子だね。
えにゃーる : そろそろ降りてくれない?

訳が分からないうちに我が家のキャラに染まりつつあるにゃおんちゃん。さてさて、これからどうなる事やら。
[PR]
by kitoudenki | 2009-11-08 20:35 | ジョリマンと仲間たち | Comments(8)