「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お気に入り

最近気になっているもの。(と言うかお気に入り♪)
そうオトナグリコのCMなんです。
そう、磯野家の25年後のアレです。特にオチが法事の場面なんてシュール過ぎやしませんか?
なにやら続編もあるそうなのでとても楽しみです。
[PR]
by kitoudenki | 2008-09-21 20:40 | 日々の出来事 | Comments(2)

遠鉄モハ30現況

台風一過の昨日ですが、過日廃車になり解体場所(西ヶ崎)へ移動になった遠鉄モハ30を見に行ってきました。以前浜松の友人H君とO君から情報が入っていたのですが、都合が付かず中々行けませんでしたがやっと行く事が出来ました。
b0059978_14134189.jpg

西ヶ崎へ移動する前まで留置されていた浜北駅には、いつも西ヶ崎に留置されているホキが代わりに移動されていました。
b0059978_1420253.jpg

西ヶ崎に行ってみるとそこには編成を解かれたモハ+クハがED28に繋がれて留置されていました。此処が解体場所になりますが、どうやらまだ解体作業には掛かっていないようです。
b0059978_14224044.jpg

此処はいつもはホキが留置されている場所です。
話は変わりますが、現役の正真正銘湘南顔が見れるところはもう幾らも無いんですよね。その中でも県内には3路線有るのはひょっとして奇跡?でしょうか。
b0059978_1429175.jpg

老兵のとなりを現役車が通り過ぎて行きます。初秋の日の一こまとして印象に残る風景でした。

さあ、次は高架化工事の進む助信と八幡に行ってみましょう。
b0059978_14363643.jpg

途中の馬込川橋梁から上島までは仮線の路盤が完成しており、ボチボチ線路の移設が行われそうでした。助信周辺は高架が完成されており、高架化以前の八幡のような雰囲気があります。
b0059978_14404758.jpg
b0059978_14411332.jpg

b0059978_14502669.jpg

助信-八幡間のスロープ部分は東側に仮線のガーターが掛かっていました。
現在のスロープ部分を仮線に移設し、現在のスロープを部分撤去の後に新線に接続をするわけです。
b0059978_14524930.jpg

八幡のホームから北側を望んだ所です。仮線、新線、現状線の位置関係が分かりますか?
b0059978_14544560.jpg

こんな風景も後数年後には見れなくなります。
b0059978_14561617.jpg
b0059978_14564329.jpg

八幡駅の現在の風景です。以前の風景からは想像もつきません。高架化完成後は浜松の市内風景もまた変わるんでしょうね。

さて、次の目的地アールクラフトに向うべき新浜松に向います。
b0059978_15171970.jpg

新浜松には留置線の関係上常に2番線に吊り掛けが留置されていますが、今日の編成はコイツでした。クハは残り少ない片扉半室運転台の89でした。
b0059978_15174754.jpg


アールクラフトに行くとまだ開店前でしたので、向かいにあるカレーショップで昼食としました。
b0059978_15192010.jpg

店に入ると
「先に注文をお願いしま~す」とのことで、席についてからゆっくりメニューを見ようと思っていた矢先に出鼻をくじかれてしまいました。その結果、たまたま目に入った
『ねぎカレー』
を咄嗟に注文してしまいました。(いかにもキオが好きそうでしょ)
でもこれ、結構アタリでしたよ。ルー自体も好みだったし、何よりライスとルーの割合がルー多目で(カレー屋さんでいつも悩むんですよね。ルーとライスの食べる時の割合。いつも最後はルーが無くなってしまいます・・・・)ねぎともマッチしてましたし。欲を言えばライスの焚き加減かな?
b0059978_15284283.jpg

場所は新浜松駅の西隣、マックの南に数軒行った所です。(アールクラフトの向かいですよ)

アールクラフトではプライマーを2缶とエッチングキットを購入し帰途につきました。

帰りは久しぶりに笠井郵便局を見に行き、まだ現存していることを確認してきました。
b0059978_1533247.jpg

また帰り道でこんなものを発見しました。
b0059978_1534130.jpg

農協の倉庫なんですが、つくりが石積みになっています。伊豆石かな?
また、倉庫入り口も石積みでアーチ構造になっており、中々贅沢なつくりです。よく原形をとどめており、材料や工法が郷土の歴史(流通やかつての産業構造の変遷を)物語っています。
b0059978_15382527.jpg

ついでに最近再塗装されたと言うねむの木学園の元金沢市電(名鉄岐阜市内線)の電車も見てきました。改めて再発見をした部分も有り、日ごろの観察眼を養う事の大切さを改めて痛感しました。(ああ、指摘されるまで気がつきませんでした・・・・・)
[PR]
by kitoudenki | 2008-09-21 14:49 | | Comments(2)

ぼちぼち光線が弱くなってきたんですよ~

この3連休は土曜1日と今日半日が仕事、昨日が稲刈り(農家なんです~)でほぼ全滅状態です。このままでは悔しいので、出勤前に『ふじぶさ』を撮りに行ってきました。
流石に9月も半ばを過ぎると光線が弱いですね。感度を上げてやらないとうまく止まってくれません。(腕かな?)

あれ?
b0059978_1658509.jpg

城東電軌 : あの~、君たち何やってるんですか?
にゃー : え、鉄してるだけだけど、何か?
にゃにゃー : ハイハイ、ビデオはアタシタチに任せてあっち行ってなさいよ!
城東電軌 : え、チョッと不安なんですけど・・・・・
にゃー・にゃにゃー : え~いい、うるさいわね~!少しは信用しなさいよ!

ねこたちに怒られたので、スチールに専念する事にしましょう。
b0059978_1765353.jpg

で、これが今朝の成果です。やっぱり少し暗いですね。走行写真は時期的にもう限界でしょうか。
カマの位置ももう少し前に入れたかったのですが、(電柱と速度標識の間に)電柱に見事に掛かってしまいました。う~ん、腕がまだまだ未熟です。
b0059978_1782997.jpg

こちらは序でに撮影したローカルです。まあこんなもんかな。
さあ、撮り鉄を切り上げて出勤としましょう。

城東電軌 : お~い、ねこたちうまく撮れたかい?

さささささ、バタン!(車のドアを閉める音)

城東電軌 : こら!

b0059978_1716437.jpg

2週間前の光線状態
[PR]
by kitoudenki | 2008-09-15 17:24 | | Comments(7)

アランジの事

先日名古屋に行ったキオが、お土産にアランジアロンゾ名古屋店に行って、買い物をしてきました。
b0059978_1635123.jpg

名古屋店限定グッズだそうです。
今月下旬で閉店になるので、感謝セールという事で1,000円以上の買い物をするとくじ引きができるようです。
b0059978_1636492.jpg

で、これがくじ引きの商品です。マグネットとミニポーチ。
程なく奥さんと子供達に略奪されてしまいました。あ~あ・・・・・・

所で今こんなものを作り始めました。
b0059978_16455784.jpg

安達の京急クハ140のキットです。
電装化してデ61にするか(京急用ポールとかストック部品はあるんです)、Zパンタを載せてクリームとグリーンのツートンカラーにして、城東電軌遠江線掛川車庫の構内車にしようか迷っています。まあいずれにしても動力化はしますが、城東電軌仕様にするならドアを全部ばらばらの物を取り付けたい(ドアーのジャンクパーツ見本市!)と思っています。

さあ、いつになったら完成するやら。
[PR]
by kitoudenki | 2008-09-15 16:52 | 日々の出来事 | Comments(2)

静鉄のト

b0059978_11133153.jpg
静鉄の長沼工場には、木造2軸荷電のデワが保存されている事は皆さん御存知の事と思いますが、今年から鉄製無蓋車のトも保存展示されるようになりました。(これも御存知ですよね)
b0059978_111318.jpg

デワが現役の頃には夜間の保線工事にデワとコンビを組んでいましたが、デワの引退後は先日解体されたクモハ20と組んでいました。その際、カプラーの自連化、車高上げ改造が行われモーターカーの導入まで活躍しておりました。
モーターカー導入後は構内車、保線作業からもクモハ20、ト共々引退し、長沼の側線の奥に押し込められておりましたが、クモハ20は解体、トは1両のみ復元(カプラーは片側自連のまま未復元)され今年度からの展示になったわけです。

それでは各部のディテールを見てみましょう。
b0059978_11232926.jpg

海側サイドと自連側です。バッファー跡は埋められています。
b0059978_11244749.jpg

アオリ受けハンドルです。チェーンが付いているピンを抜くと2枚同時にアオリを倒す事が出来ます。
b0059978_1127728.jpg

荷台です。バラスを散布するように山形の鉄板がかさ上げされていますが、当然のことながら原型はフラットのボディーです。
b0059978_11285833.jpg

スクリューカプラーです。良くぞこの時代に残っていたものです。因みに明治村に行きますと今でも現役のスクリューカプラーの連結開放作業が見る事が出来ます。
b0059978_11341296.jpg

下回り、ブレーキロッドが観察できます。スクリューカプラー側にあるブレーキハンドルを操作するとブレーキが操作できます。当然エアー化はされていません。
b0059978_11373351.jpg

軸受け周りです。クモハ20と組んでいた頃は、板バネ受けとメインフレームの間にスペーサーを挟んで車高調整をして有りました。
b0059978_11401483.jpg

山側のサイドです。

戦前のお茶の輸出が盛んな頃には、静岡のお茶問屋から清水港までこんな貨車がお茶を運んでいたのでしょうね。
[PR]
by kitoudenki | 2008-09-05 11:48 | | Comments(2)