城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鉄な旅( 69 )

能登の海が呼んでいる!岩牡蠣を食べろと呼んでいる!

今年も『尾小屋鉄道を守る会』の総会の季節がやってきました。
今年は前日に懇親会も兼ねた、北鉄能登線跡めぐりと天然岩牡蠣を味わう宴が企画されました。(尾鉄通信さん感謝です)
早速奥さんに御相談☆
城東電軌 : あの~、能登まで行ってきたいんですけど・・・・・・
奥さん : え~、また一人だけ遊びに行く!また宴会でしょ!全くお酒ばっかり飲んで、ホントにもー!しょうがないから監視役をつけます。ちゃんと面倒を見るように!
b0059978_2119718.jpg

にゃー・にゃにゃー : はあ~い♪あたしたちが監視についてってあげるからね~
城東電軌 : え~、またお前達かい・・・・・・とほほほ・・・・・

そんな訳で奥さんから強制的にネコを押し付けられて、能登へ一路向うことになりました。
b0059978_21263377.jpg

今回は東海北陸道を使い、富山県経由で向うことにしました。途中の福光PAで城端の町の夜景を眺めながら仮眠をとりました。
b0059978_21301663.jpg


夜も明けて、能登に向う前にチョッと寄り道。
b0059978_2132102.jpg

Nさんのところで仕事の打ち合わせついでに北鉄を鉄してきました。時間的に完全逆光です。

所用も済んで、集合場所に向います。日本海を眺めながら能登有料道路を快適にドライブです。う~ん良い天気。あんまり気持ちいいから少し海でも眺めていきましょう。
b0059978_21381739.jpg

にゃにやー : 静かな海だね~
にゃー : お魚いるかな~
ちゃいにゃー : お腹空いたよ~
チビコロ : ほほほほほ・・・・・・

色気も何にもありゃしません・・・・・・

再び車上の人となったねこたち。一路集合場所の柴垣にある今日のお宿、大社庵に向います。

b0059978_2117116.jpg
少々早く着きすぎたようなので、海岸に出てみることにしました。この辺りの海岸は砂の質が違っていて、車でも走れるんですよ。有名ななぎさハイウェーって皆さん聞いたことが有りますよね。
b0059978_21463857.jpg

城東電軌 : 此処が柴垣であそこに見えるのが長手島だよ。
にゃー : あそこに行けばお魚がいるのかな~
にゃにゃー : あそこに行けば岩牡蠣がいるのかな~
ちゃいにゃー : あそこに行けば白い御飯があるのかな~
チビコロ : あそこに行けば美味しいお酒があるのかな~

君たちいい加減にしなさい!
なんやかんやで集合時間になり、6人の参加者が大社庵に集まりました。
皆さんそろった所で七尾線羽咋駅に車で向いました。此処でレンタサイクルを借りて、廃線跡を巡ろうというのが本日の企画です。
本日のお題、北陸鉄道能登線とは昭和47年まで走っていた鉄道で、羽咋駅から能登半島の外側を三明(さんみょう)まで走っていました。今は廃線跡がサイクリングロードとなっています。
b0059978_22103823.jpg

さて、皆さん準備が出来た所で羽咋を出発です。
まず駅を出たところで、見ごたえのある景色が現れました。6連のプレートガーター橋です。
b0059978_22141341.jpg
b0059978_22143020.jpg

そして国鉄七尾線を乗り越すためのオーバーブリッジが、当時の情景を彷彿させてくれます。
b0059978_2216987.jpg

C58の牽く客車列車の上をクリームと朱のツートンの気動車が通り過ぎていく・・・・・・・
そんな姿を思わず想像してしまいます。
b0059978_2120450.jpg

軽快に自転車を走らせ次に向ったのは、気多大社の参道に位置する能登一ノ宮駅です。大きな鳥居が目印のこの駅は初詣時には大層賑わったそうで、国鉄からの乗り入れ列車も有ったそうです。駅の跡は更地になっていて、当時の遺構は特に残っていませんでした。
b0059978_21265074.jpg

能登一ノ宮駅を出てしばらく行くと、何やら草むらの中に怪しい物が・・・・
こりゃホームじゃないか!
思わずみんな大興奮。でもよく見ると異様に長く形状もなんだかおかしいようです。いくら国鉄乗り入れ列車があってもこの長さはおかしい!と言うこととその地形からただの土留め壁か防超施設だったようです。あ~残念。
因みに帰宅後に調べた所、能登一ノ宮駅と滝駅の間には駅はなかったようなので、これは明らかにホームではないことが分かりました。でも、少し悔しい・・・・・・
b0059978_2138659.jpg

そして此処が滝駅です。数年前までホームが残っていたそうです。駅前には漁港も有り、落ち着いた静かな集落でした。
b0059978_21395023.jpg

滝を抜けるとそこは本日のハイライト!海岸端を走る線路跡に出ることが出来ます。
ああ、この風景。正に絶景です。尾鉄通信さんが言ってたっけ。
「此処にまた線路を敷いてみたい。」
ホントそう思います。
b0059978_21432229.jpg

ちゃいにゃー・チビコロ : しばしうっとり・・・・・・・
城東電軌 : おお、君達にも分かるかこの良さが!
チビコロ : うん、この道を行けばそこに岩牡蠣が・・・・・
城東電軌 : 強制撤収!
ちゃいにゃー・チビコロ : きゃ~
b0059978_21512437.jpg

海岸端の線路跡を進み、海水浴場で賑わった(此処にも国鉄の列車がシーズンには乗り入れていました。)柴垣駅に到着です。敷地の形に当時の雰囲気を感じます。
b0059978_21532439.jpg

柴垣を出た線路跡は松林に中を一直線に進みます。
b0059978_21554113.jpg

そして甘田駅に到着です。何もない小さな駅跡でした。
此処で線路跡を離れ、国道に出て羽咋に戻るルートをとりました。なんせオジサンばっかりで体力がもう・・・・・・
b0059978_2205498.jpg

途中では、汗で流れた水分を補給しながら羽咋を目指します。(上り坂がキツイよ~)
b0059978_2216733.jpg
b0059978_22162715.jpg

せっかく此処まで来ましたので、気多大社にお参りです。此処は縁結びの神様なんですよ。
社殿の奥には神域となっている原生林が有り、国の天然記念物となっているようです。
さあ、羽咋まで戻ってきました。レンタサイクルを返して今夜のお宿、大社庵に向いましょう。
b0059978_22233535.jpg

尾鉄通信さんお勧めの味噌まんじゅうを買いに
みそまんじゅう本舗竹内
に向いました。もちろんサイクリングさん参加者+シゲさんを乗せて。
ところが到着すると大型バスが横付け!おば様たちの集団で店内にとても入れる状態では有りませんでした。お~すごい。
b0059978_2227017.jpg

それでもやっとみそまんを購入することが出来てやれやれでした。
チビコロ : なんだかすごい物を見ちゃった。
b0059978_22283266.jpg

お宿に帰った後は、先日中国の炭鉱の写真展を開催された、寺元さんによる中国の炭鉱鉄道の講演会が開催されました。
いや~、思っていた以上のインパクトで、興味をそそられる写真のオンパレードでした。
う~ん、ナローは奥が深い。いい物を見せていただきました。


さあ、次はいよいよ岩牡蠣の登場ですよ~


 
[PR]
by kitoudenki | 2008-07-01 21:53 | 鉄な旅 | Comments(10)

パノラマカー

名鉄のパノラマカー7000系がこの6月ダイヤ改正で大幅に廃車になり、6連は消滅してしまいます。その辺りの情報は皆さん御存知だと思いますが、昨日の金曜日に名古屋へ所用で出かけた折、パノラマカーの勇姿を堪能してきました。
b0059978_20444962.jpg

現在の運用は犬山・常滑系統の朝晩に集中していますので、東枇杷島にて撮影としました。一部影が写り込むことがネックですが、結構好きな駅なんです。まあ、そこら辺は又後ほど・・・・
b0059978_2059197.jpg

此処、東枇杷島は名古屋本線、犬山線など名駅を通る全ての列車が通る駅ですから、次から次へと引切り無しに列車はやってきます。
b0059978_2113886.jpg

そしてお目当てのパノラマカーも何本もやってきます。う~ん、カッコイイ!
名鉄の顔として走り続けてきたパノラマカー、時代の流れ(ラッシュ時の運用、性能、コストetc)とはいえ子供の時からの憧れの電車でした。
そういえば有料特急時代に1号車1列のAの指定券に当たった事があったっけ・・・・・・(どこかに仕舞ってあるはず)

b0059978_21233259.jpg
先ほど書きました東枇杷島駅ですが、昭和17年に建てられたその当時の雰囲気を今によく残しています。
b0059978_2125234.jpg
タイル張りの連絡通路の壁、アーチ状の天井、木造のホーム上屋、階段の手すりのデザイン・・・・・
b0059978_2126378.jpg

とても良い雰囲気です。トランパス対応の工事で古い駅がどんどん建て直されている名鉄ですが、此処の駅は大きく変わることなくその姿をとどめています。

b0059978_21314077.jpg

パノラマカーを堪能した後は、これも同じく年内で営業を終わる犬山遊園に行くモノレールに乗りに行くことにしました。そういえば、全車特別席特急も無くなるんですよね。いつで廃止になるかまではよく知らないんですが。
b0059978_21142765.jpg

さあ、犬山遊園駅に着きました。かつては大勢の家族連れでにぎわった駅も、今では閑散としています。そういえば岐阜に単身赴任していた頃、子供達が遊びに来るとよく連れて行ったっけな~(自動車で・・・・・)
b0059978_21171430.jpg

さあ、いよいよモノレールに乗車です。他のお客さんは家族連れが1組のみ。ほとんど貸切りです。
b0059978_21194091.jpg

モノレールは独特の乗り心地で、車両限界まで伸びた木々の間を成田さん駅を通り、モンキーパークに向います。途中の切通しは何ともいえない雰囲気です。ああ、久しぶりのモンキーパークだ。
b0059978_21321063.jpg

モンキーパークを後にして、今度はミュースカイに乗って金山まで向います。そう、今度はガイドウェイバス・ゆとりーとラインに乗るため大曽根に向うわけです。
しかし、このミュースカイは静かですね。席も広いしゆったり出来ます。
b0059978_2136691.jpg

皆さん知ってますか~
これがガイドウェイバスですよ~
そう、バスの前後にガイドローラーが付いていて、専用軌道(走路?)上をバスが走るわけです。分かりやすく書くとミニ四駆です。
定時性が保たれる、鉄道に比べて建設コストが安い(耐加重が小さい)途中で一般道路に合流するわけですから機動性がある、などのメリットがある一方で対収益性から見ると大いに疑問があるわけです。バスの輸送人員であれだけの設備費や人件費などを賄えるのかな?
まあ、趣味的にはこういうシステムが大好きなんですけど。(新交通システムとかLRTとか)
b0059978_21513332.jpg

大曽根駅では一度ガイドウェイから離れたバスが、方向転換(ループ状になってます)をして再度ガイドウェイ区間に侵入してきます。そして此処が駅になります。法令上此処は道路ではなく専用軌道になりますから、運転手も2種大型自動車免許の他に鉄道の運転手と同じく動力車操縦免許が必要になります。因みに鉄道と同じ標識類が設置されているんですよ。
b0059978_2157174.jpg

これが軌道です。さあ、バスに乗って守山まで行きましょう。う~ん、快適快適♪

守山では今度は瀬戸電に乗り換えです。
b0059978_2211950.jpg

目的地は喜多山駅です。元の車庫跡がどうなっているか確かめたいのです。
さあ、喜多山に着きました。さすがに車庫は撤去されていました。レールも撤去の途中でした。
b0059978_223442.jpg
b0059978_224150.jpg

此処喜多山も高架化工事が行われるようで、旧変電所も撤去工事が行われていました。
b0059978_226242.jpg

由緒ある建物だったのですが、致し方ないのでしょうか?

さあ、今度は太田川を目指しましょう。
瀬戸電で大曽根まで行き、国鉄で金山まで出ます。そこから再び特急で(フリー切符なのでもちろん特別車♪)太田川まで参ります。
b0059978_22125132.jpg

ところが、太田川に着くと何か変?
そう、駅をそっくり作り直しているんです。西側のヤードにパノラマカーが居ないかと思い来たのですが、そこがそっくり新駅の工事中・・・・・・・・
b0059978_22152135.jpg
b0059978_22154147.jpg
b0059978_22155666.jpg

あの駅舎はまだ残っていましたが、太田川も大きく変わってしまうんだな・・・・・・

さて、フリーチケットの特別車に乗れるのも16:00までなので、ぼちぼち豊橋に向いましょう。
b0059978_22225270.jpg

豊橋ではチョッと小腹が空いたので駅そばを1杯所望しました。そういや単身赴任の頃、よく此処で乗り継ぎの時に食べたっけな~
因みに、豊橋(豊川)らしく具は油揚げの刻んだ物がどっさりと乗っています。これで掛なんです。(300円)
お腹も満足した所で、今日はまだ外が明るいので市内線に乗ることにしました。
b0059978_22241434.jpg

待つ間もなく元名古屋市電3200がやってきました。
b0059978_2225265.jpg
この電車、派手なラッピングに身をまとっていますが、昭和30年製の古豪電車です。
b0059978_2226422.jpg

b0059978_22332484.jpg
車内も落ち着いた電車らしい電車です。釣り掛けサウンドも勇ましく、東田坂上の軌道を駆け上ります。う~ん、良い音。
(尾鉄通信さ~ん、今度ドア周りの写真を送りますね~)
運動場公園まで1往復し、この度移転になった豊鉄新豊橋駅を見に行ってきました。
b0059978_22312425.jpg

b0059978_22363881.jpg
位置関係が分かりますか?旧駅から南側へ、元の貨物ホーム辺りへ移転したわけです。あの位置なら何とか名鉄と繋げれないんでしょうか?(ね、JR東海さん)
b0059978_22361649.jpg

一方で、旧駅はすでに撤去工事が進んでいました。早いですね~

さあ、それではぼちぼち帰るとしましょう。
b0059978_22383387.jpg
b0059978_22385761.jpg

帰りはお稲荷さんをお土産に買って行きました。3色稲荷ということで、わさび・シラス・ノーマルの3種類入りでした。

b0059978_22404535.jpg

ちゃいにゃー : ううううう、最近カバンの中に入れてお出掛けに連れてってくれないんだね・・・・・
にゃー・にゃにゃー : よしよし、おねーちゃんたちが慰めてあげるね。

最近どこにも連れてってもらえないにゃーにゃにゃー。妙に優しいのは何か魂胆でもあるんだろうか?

にゃー・にゃにゃー : えっ
[PR]
by kitoudenki | 2008-06-07 21:29 | 鉄な旅 | Comments(4)

尾小屋に行ってきましたよ。いっぱい引き連れて。その2

さあ、いよいよ2日目です。

と、その前に・・・・・・
b0059978_19385779.jpg

とり野菜です。石川県の郷土料理ということを知ってから、ぜひとも買ってこなくては・・・・
と思っていて、今回購入することが出来ました。

さあ、此処からが2日目です。キオは金沢見物へ出かけて行きました。城東電軌は粟津にある児童会館へ向います。そう、こどもの日恒例のなかよし鉄道大増発です。
b0059978_1945392.jpg

今日の編成はDC・客車2両・キハの全車出庫です。軽便も4両編成になると迫力が有りますね。遊園地と違って実在感があるし、現役の頃のラッシュ時はこんな風だったんだろうな・・・・
b0059978_19475887.jpg

ちゃいにゃー : ねえねえ、交流センターに名前が変わったけど、此処の駅名も変わっちゃうのかな?
チビコロ : うん、尾鉄通信さんが変わっちゃうって言ってたよ。
ちゃいにゃー : ふ~ん、そうなんだ。さみしいね。
b0059978_1954659.jpg

列車はなかよしの森までDCを先頭に走ります。帰りはキハが客車2両を牽いて戻ります。そしてその後をDCが単機で戻る運用です。踏み切り近くは写真を撮る人で一杯でした。
b0059978_19563455.jpg

ちゃいにゃー : こうやって列車を見てると楽しいね。
チビコロ : うん、この場所でお弁当を広げてゴロゴロ出来たら最高だね!
城東電軌 : こらこら、そんなとこにいたら危ないよ。降りていらっしゃい!
b0059978_2072329.jpg
b0059978_2074350.jpg

そういえばシゲさんからおやつの差し入れが有りました。南部縦貫のレールバスせんべいレールバス金太郎飴です。美味しかったです。聞けば尾小屋には青森経由でいらしたとの事、すごい行動力です。

さて、なんやかんやでキオも金沢から戻ってきて合流し、児童会館(交流センター)を御暇しました。皆さんごめんなさい。又先に帰らせていただきました。
b0059978_20111195.jpg

帰りは福井から白鳥に抜けるルートをとりました。
キオが道中で写真を撮りたいというので、永平寺口駅に寄る事にしました。
此処の駅舎はいつ来てもいいですね。(でも色が・・・・)
b0059978_20134446.jpg

ちゃいにゃー : 乗りたい!
城東電軌 : 時間が無いから駄目です。
b0059978_20144248.jpg

ちゃいにゃー : でも乗りたい!
城東電軌 : 強制撤収~
ちゃいにゃー : きゃ~
b0059978_20155860.jpg

さてさて、永平寺口を後にして、一路車は白鳥を目指します。
でもお腹が少し空きましたね♪
b0059978_20172480.jpg

と言うわけで、大野でおろしそばを食べてきました。此処を通るのにそばを食べないわけには行きませんよね。
b0059978_20184656.jpg

大野を出た辺りから雨が強くなってきました。和泉村の8620の撮影をしたかったんですが、この天気じゃあどうかな~
b0059978_2021020.jpg

そして和泉村へ到着です。ハチロクは何とか撮影できました。状態は思ったほど悪くはなさそうです。キャブ内はたいした破損も無く、良好なようでした。

その頃ねこたちは・・・・・
b0059978_20234212.jpg

にゃっぴー : ね~、何してるんだろう?
えにゃーる : 又汽車の写真撮ってるみたいだよ。
b0059978_20275823.jpg

ちゃいにゃー : だからいつもママに怒られてるんだよ。
チビコロ : ほほほほほ・・・・・・
キオ : ぐ~・・・・・・(爆睡中)
b0059978_2030232.jpg


此処和泉村の青葉の笛資料館をメインにした歴史と文化の村造りエリアはいいところですね。場所が分かりにくいですが、時間があって天気がいいときに再訪したいです。
b0059978_20372558.jpg

さあ、すっかり遅くなりました。(もう5:30すぎだ~)雨に煙る九頭竜ダムを見ながら今度こそ白鳥に向います。
高速は思ったほどの渋滞も無く走ってこれました。
途中赤塚のパーキングで夕御飯です。
b0059978_20414112.jpg

城東電軌 : あ、吉牛(吉野家)がある。
にゃっぴー : 行きたい♪
城東電軌 : 勘弁してください・・・・・

てんやわんやの2日間でした。
[PR]
by kitoudenki | 2008-05-06 20:43 | 鉄な旅 | Comments(10)

尾小屋に行ってきましたよ。いっぱい引き連れて。その1

ゴトンゴトン
    ゴトンゴトン

b0059978_12173456.jpg

車掌さん : 次は終点の尾小屋ですよ。
えにゃーる : おねーちゃん、降りる準備をしようよ。
にゃっぴー : うん、着いたら食事にでもしようかしら。
b0059978_1222291.jpg

キハ3は小学校の前を通過していきます。UDのエンジンも唸りを上げて尾小屋駅まであと少しです。
グォ~
   グォ~

ぐぉ~?
b0059978_12255971.jpg

にゃっぴー : ぐぉ~ぐぉ~
えにゃーる : え、夢?あ、ホントに尾小屋に到着したんだ。

寅さんのオープニングのような感じで始まりました今回の旅日記、奥さんのたっての希望で(命令で・・・・)にゃっぴーとえにゃーる、そしていつものちゃいにゃーチビコロがついてきちゃいました。
b0059978_1231476.jpg

そんな訳で初お出掛けでいきなり石川県に来たにゃっぴーです。
にゃっぴー : ねむい・・・・・・・

イマイチ感動してくれないにゃっぴーでした。

b0059978_12355298.jpg

さあ、いよいよ展示の始まりです。晴天にも恵まれて、大勢の家族連れやファンの皆さんで大盛況でした。
b0059978_12393048.jpg

チビコロ : 天気が良くてよかったね。
ちゃいにゃー : うん、みんな一杯来てくれてよかったね。
b0059978_1244279.jpg

そんな中、Nさん御夫妻やゴジパパさん親子も来場されました。特にNさんの奥様が大変熱心に質問されていて、興味津々の御様子でした。(どうもお土産ありがとうございました)
お忙しい中来てくださった有りがとうございました。
b0059978_1249976.jpg

ちゃにゃー : 柏餅美味しいね。
チビコロ : うん、ごちそうさまでした~

b0059978_12504032.jpg

展示運転ではハフが運転されました。動いているハフに乗ったのは何年振りでしょう?
旧尾小屋駅でキハ3が復活した時に乗ったのが最後でしたから、もう15年以上前でしょうか?
久しぶりに乗り心地を堪能しました。
b0059978_12544254.jpg

尚、運転の時はこんなことをしちゃ駄目ですよ~
にゃっぴー : え~、そうなの。
えにゃーる : せっかく999ごっこでもしようと思ったのに・・・・・・
城東電軌 : こら、だれだいそんなことをさせようとしたのは!
キオ : へへへへへ・・・・

午後は今回特別参加のキオのリクエスト、尾鉄通信さんに案内していただいて白山市(旧鶴来町)にある白山比咩神社へ行くことになりました。こちらのお宮さんは全国の白山様の御本社とされているところです。
b0059978_1345195.jpg

白山様の参道はとても静かで厳かな雰囲気でした。
チビコロ・ちゃいにゃー : 此処からお社まで上るんだよ。
b0059978_137477.jpg

参道の途中には小さな滝があり(琵琶滝)きれいな水が流れていました。
b0059978_139997.jpg

参道を上がりきった所では手取川が眼下に望めます。
チビコロ : ふぅ~、ひとごこち。
キオ : 人の懐に入ってたくせに。

b0059978_13125741.jpg

白山様の本殿は静かな佇まいを見せていました。
キオ : ううう、幸せ♪
b0059978_1316436.jpg

門前のおはぎやではどぶろくを醸造しています。早速購入しました。
発酵しているので(当たり前か)1~2日中に飲まないと酸味が増してきますとの事でした。
おや、君達なんで赤い顔してるの?
ちゃいにゃー : え、何のことぉ~、うぃ
チビコロ : ほほほほほほ・・・・・・・

こいつら飲んだな!
b0059978_13244123.jpg

次は鶴来の町にある吉田屋に行きました。
そう、あのプロだしの吉田屋さんです。
b0059978_1326444.jpg

ついつい6本も購入してしまいました。へへへへ・・・・・

そしていよいよ夜の部に突入です。
b0059978_13312911.jpg

鶴来にある鶴の家にて皆さんと会食です。
b0059978_13323884.jpg

ちゃいにゃー : 本日のお座敷を勤めさせていただきますちゃいにゃー奴と
チビコロ : ちび奴でございます~
尾鉄通信さん : うむ、ささこっちへ来て一杯注いでくれ♪
シゲさん・ケンさん : うむ、うまい酒だ。

い、いけない。みんな毒されてきた・・・・・・
b0059978_13394083.jpg

お酒は色々な銘柄がそろっていました。ついつい飲み比べを・・・・・
b0059978_13403572.jpg

つまみはのどくろがお勧め無そうなので、それをお願いしました。
初めて食べたけど、美味しかったな~
b0059978_1342021.jpg

喉のところが黒いからのどくろと言うそうですが、確かに黒かったです。
聞けば普通はもっと大きいとの事。それではお楽しみは次回までお預けと言うことで・・・・・
b0059978_13455895.jpg

他の料理もいろいろ有りました。白えび掻き揚げ・ホタルイカてんぷら・ぶりたたき・かに春巻き・そばサラダ・なかなか出てこなかったうどん・鶏皮餃子えーとそれからそれから・・・・・・

みんな美味しく頂きました。いゃ~美味しいお酒とお料理でした。
とても楽しかったです。

-2日目に続く-
[PR]
by kitoudenki | 2008-05-06 13:52 | 鉄な旅 | Comments(14)

今年も尾小屋でイベントが

今年も恒例の尾小屋鉄道のイベントが行われます。
詳しくはこちらを御覧頂くとして、GW中の5月4日は石川県小松市尾小屋にあるポッポ汽車展示館にてキハ3の運転などが行われます。
更に、5月5日には粟津駅に近い石川県立児童会館(いしかわ子ども交流センター 小松館に名称変更されました)ではほぼ1日中なかよし鉄道の運転が行われます。お近くの皆さん(ね、ゴジパパさん)そして軽便を愛する皆さん、是非いらして下さいね~

b0059978_2059570.jpg

えにゃーる : ねえねえ、お酒はおやつの仲間なの?
にゃっぴー : う~ん、こっそり持ってけばいいんじゃない。
城東電軌 : あの~、君達カバンを出して何してるの?
えにゃーる :え、小松に行くんでしょ?
城東電軌 : ・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by kitoudenki | 2008-04-29 21:03 | 鉄な旅 | Comments(9)

続・尾小屋に行ってきました

尾鉄に行った2日目です。
久しぶりに加越能鉄道(あ、今は万葉線だっけ)に行ってきました。
何やら今日は天気が悪く、降ったりやんだりの天気です。新湊や米島口辺りをメインに今回は撮影です。
b0059978_10325155.jpg

この手の電車はまだ馴染めないんですが、(やっぱ釣り掛けが・・・・)乗り心地は良いですね。窓も大きく快適です。ただ、クロスシートの足元に少々邪魔な凹凸が・・・・
b0059978_10362547.jpg

こーゆー風景が安心します。米島口近辺で撮影後、車窓から見た六渡寺の倉庫を撮影に向います。そういえば、中伏木まで来ていた国鉄JRの貨物施設がなくなって更地になっていました。以前は貨車がごろごろしてたのですが。
b0059978_1042409.jpg

新湊の運河沿いにはこんなのや
b0059978_10435433.jpg

こんな味のある建物が並んでいます。(おっとレンズに水滴が)
雨が大分ひどくなってきました。ココは引き上げて富山港線に向いましょう。
b0059978_1047875.jpg

途中道の駅で昼ごはんです。今の時期が旬の白えびの掻き揚げ丼を食べました。美味しかったですよ。それと地元で勧められた九龍庵のます寿司
b0059978_10492873.jpg

を買って富山へ向います。天気はますます悪くなってきます。風がすごいです。
b0059978_10503773.jpg

天気が悪いので、沿線での鉄はあきらめて城川原で駅撮りです。最後に富山港線に来たのはまだ水色の73がバリバリ現役の頃でした。施設や電車も新しくなり、チョッと戸惑いますがポートラムの成功を願ってやみません。でも当時は将来ここがLRT化されるとは全然思いもしませんでした。そんな中面白いものを発見しました。
b0059978_10554538.jpg

城川原駅の待合所の壁面パネルが73時代の城川原駅なのです。(地元企業の提供のようです)新しい鉄道に衣替えしても地元の皆さんの原風景は73時代なのかな。少しうれしく思いました。(ポートラムのキャラクタとれねこ良いキャラクターですね。地元の高校生が作ったとか。良いセンスしてるよ)
さあ、いよいよ天気も嵐のようになって来ました。高山方面を経由して帰ることにします。
b0059978_115038.jpg

途中で雨もやっとやんできました。立山はまだ雪を被っています。
チビコロ : 良い景色だね。
城東電軌 : あれ、今日はどこにいたんだい?
チビコロ : いゃ~ぬいぐるみの宿命ですから、雨の日はね~

b0059978_1181332.jpg

猪谷あたりで天気も回復、日も出てきました。猪谷から先、神岡までは皆さん御存知ついついわき見運転をしてしまう区間です。山肌を縫うように旧神岡鉄道(三井鉱山のほうね)の跡がちらほら。途中写真を撮ってる人も数人居ましたよ。

さあ、やっと家に帰って着ました。
城東電軌 : ただいま~毎度おなじみのお土産だよ~
b0059978_11141366.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2007-05-02 11:15 | 鉄な旅 | Comments(3)

尾小屋へ行ってきました

ゴールデンウィークのお出掛け第2弾!尾小屋鉄道企画展に行ってきました。

城東電軌 : さあ、お出掛けするぞ。
娘  : あ、あたし部活だから。
息子 : 明日、学校だから今回はパス。
ママ : 電車でしょ?いってらっしゃ~い
にゃー・にゃにゃー : いや! 
城東電軌 : まだ何にも言ってないのに・・・・  

と言うわけで今回は(も?)一人で行ってきました。そうだ、尾鉄通信さんが寂しがるからこいつだけ連れてこう。
チビコロ : ほほほほほ・・・・・
b0059978_9373342.jpg

あさ、6時ごろ尾小屋に到着です。
チビコロ : 朝日の差し込む車内って良い感じだね。
城東電軌 : うん、たまには良い事言うね。
b0059978_9394518.jpg

一休みした後は今回の目的のひとつ、キハ3のエアー配管修理です。パイプの状態と部品交換をしました。
チビコロ : 今度は部品間違えなかった?
城東電軌 : し~、黙ってなさい。
あ、尾鉄通信さんがやってきました。
尾鉄通信 : チビコロおはよ~
チビコロ : おはよ~ございま~す
てなことで早速鉱山資料館で行われている、尾小屋鉄道廃止30周年企画展を案内して頂きました。
b0059978_9423366.jpg

会場には話しに聞いていた以上の展示物が有りました。車両、構内関係の図面、制服、5号蒸気の特別運転時の資料などなど初めて見るものばかりです。
b0059978_954675.jpg

写真パネルや車両の説明、DVDの上映など、これも今までネットや雑誌で見たことのないものがてんこ盛り!でした。
b0059978_956521.jpg

白黒写真の中に混じってリバーサルのダイレクトプリントも数点有り、とても良い色が出ていました。お客さんも年配の方から若い女性まで皆さん熱心に見学されていました。
このようなすばらしい企画展を企画、準備、設営をされた皆さんに改めてお礼を言いたいと思います。
どうもありがとうございます。
b0059978_1054854.jpg

企画展を見学し、今度は金沢市電の部品調査に向います。山を降りながら尾鉄の遺構を見学です。最初は塩原の待合室です。かつてホーム上にあったこの建物、バス停まで移築されて今でも現役です。尾鉄に残された最後の駅舎(?)です。
b0059978_1095817.jpg

この木橋、数多くあった尾鉄の木橋の中で今でも残っている最後の橋です。梁も途中で腐っており、後どれだけ残っていられるか・・・・ 
そういえば、もう12時を大分すぎていますね。お昼ごはんを食べに行きましょう。
b0059978_10125018.jpg

尾鉄通信さんに案内していただいたのは、白山神社の門前にある手打ち蕎麦屋、しょうきちどんです。
b0059978_10143039.jpg

ここで手打ち蕎麦(ひやおろし)をいただきました。美味しかったですよ。
お昼の後は、いよいよ金沢市電の部品調査です。保管場所に案内していただき、ドア周りの調査です。
b0059978_10174941.jpg

チビコロ : うわ~、ずいぶんきれいになったんだね~
尾鉄通信 : うん、でもこれからが大変なんだよね。ここがこーなってあそこがこーで・・・・・

あれ、今日は調査だけのつもりだったのにいつの間にか道具が、あれ、いつのまにかステップが・・・・・・うっわ~こんなことなら作業服でいればよかった。

尾鉄通信 : まあいいじゃん。あ、これ宿題ね!次回までに直しといてね~☆
城東電軌 : ・・・・・・・・

こうして1日目はすぎて行きました。
[PR]
by kitoudenki | 2007-05-02 10:25 | 鉄な旅 | Comments(4)

紀州鉱山

まだ独身時代、仲間と紀州方面に単車でツーリングに行ったことが有ります。

目的地は三重県紀和町にあった紀州鉱山跡地です。
b0059978_2343547.jpg

此処には良い温泉(鉱山の副産物)と当時の運搬軌道を観光用に転用したトロッコに乗れることで有名です。
スプリングのないスパルタンな乗り心地のトロッコに揺られて温泉に行くわけですが、一緒に行った友人は「何だコリャ!」と申しておりました。
今年の春に家族で行こうと思ったのですが、現在改修工事で運休中とのことで行くことが出来ませんでした。またいつか行ってみたいです。
[PR]
by kitoudenki | 2006-12-15 23:49 | 鉄な旅 | Comments(2)

夏休みですよ~、尾小屋の季節ですよ~

毎年恒例の尾小屋イベントに参加してきました。
b0059978_22265613.jpg


今回は城東電軌の息子も参加です。たまにはパパがどんなボランティア活動をしているか見せておかないとね。(遊びに行ってるんじゃないからね!ボランティアだからね!)

チビコロ : もちろんボクも参加だよ~、だって尾鉄通信さんがさみしがるからね~。
b0059978_21593380.jpg

今回のために5号蒸気の汽笛を修理してきました。早速セットです。
チビコロ : ふーん、鳴るといいね。
城東電軌 : これで鳴らなかったらどうしよう。みんな来る前に帰ろうか・・・・
b0059978_221113.jpg

汽笛をセットし終わっているうちに会員の皆さんがやってきました。
そして準備が整いいよいよテストです。

城東電軌 : それでは鳴らしまーす!

            シュ~

b0059978_2262599.jpg

失敗です。
再度共鳴室の調整をします。今度こそ。

        ポー

やったー、成功です。音量は少し小さいけれど、これで肩の荷が下りました。
城東電軌 : やったぞー、見たか聞いたか!
息子    : ふ~ん。 

もっと感動してくれよ~
b0059978_2225314.jpg


昼間は一般公開です。5号の発炎筒による演出や汽笛の吹鳴、キハ3の運転などです。

そんなこんなでもう夕方です。夕食の準備に掛かりましょう。
b0059978_2221551.jpg

今日のメニューは生ソーセージを茹でて焼き目をつけたサンドイッチ(モッツレラチーズ入り)
と夏野菜たっぷりパスタです。
幸い皆さんには御好評頂きましたので次回も調子に乗ってやってみようかな~(次の日休んだ人はいませんよね?)
そしていよいよ夜間撮影会です。
b0059978_22252668.jpg

ライトアップや発炎筒の演出が場を盛り上げます。
b0059978_22281519.jpg

チビコロ : キハの室内灯がきれいだね。
b0059978_2230582.jpg

ホームの照明も消されてキハ3のライトが浮かび上がります。
b0059978_22313050.jpg

今回は息子もいますので早めに宿に引き上げることにします。
宿に帰ると少しおなかが空いている感じがしますので、息子と2人ラーメン屋に行きました。
ホテルで教えてもらった勝ちゃんという店です。とても美味しかったです。(写真は無いですよ~)

さあ、2日目です。今日も良い天気です。
b0059978_22381350.jpg

チビコロ : おはよー、今日も暑そうだね。
息子   : 外に出たくないよ~

それでも粟津の児童会館に向かいます。
今日はなかよし鉄道の大増発です。早速10;00の始発に乗り込みます。
b0059978_22413245.jpg

キハが客車を引いて終点まで行き、DCが続行でやってきて客車を引き受けて、キハが今度は続行で続きます。
息子 : 風が気持ちいいね~
城東電軌と息子は客車の最後尾から景色を展望しました。
さあ、この後は本日の最大の目的地、福井の蕎麦中竜鉱山に向かいます。

     守る会の皆さんごめんなさいね~、次回はちゃんと手伝います。

車は一路泉村を目指します。途中美味しそうな蕎麦屋を見つけて昼食です。
b0059978_22502765.jpg

そこでは天おろし蕎麦を注文、美味しかったですがなかなか出来てきませんでした。
b0059978_22515293.jpg

そしていよいよ中竜鉱山の体験坑道に到着です。
b0059978_22525894.jpg

ココはマイクロバスに乗って斜坑を降り、120mもぐった水平坑道に到達してそこを見学します。ところが、ココの水平坑道がスリル満点(斜坑もすごいですが)マイクロバスの車幅全高いっぱいの坑道をバンバンマイクロが走っていきます。運転させて欲しいな~。
b0059978_22572618.jpg

坑内には採掘の様子や機械類の展示(バテロコも有りますよ)鉱床の案内、鉱石や精錬の説明等がいっぱい有りました。中でも垂直坑のエレベーターはすごかったです。稼動はしませんが、300mくらい下まで坑道の中がライトアップされていて、覗いてみると足元がなんともいえない感覚になります。

さあ、穴から上がってきました。どうだい、面白かった?
息子 : うん、面白かったね。

あ~よかった。

さあ、それでは帰るとしましょう。途中九頭竜ダムを見学しました。
b0059978_2395959.jpg

チビコロ : わーいい眺め。しずかなとこだね。
城東電軌 : ココのダムはロックフィルダムといってね・・・・・・
息子  : もういいよ、かえろ~よ~
城東電軌 : とほほ・・・

そんなわけで帰りは東海北陸道を経由して家路につきました。

  
[PR]
by kitoudenki | 2006-08-31 23:14 | 鉄な旅 | Comments(5)