城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鉄な旅( 68 )

梅雨空の下・尾小屋鉄道の総会に参加してきました

福井で鉄三昧の後は山代温泉でお酒三昧です。
b0059978_9111993.jpg

温泉に浸かって汗を流した後は、美味しいお料理で宴会に突入です。
日頃顔を合わせ機会の無いメンバーたちも、この時とばかり鉄談議やらナントか話に花が咲いておりました。

因みに今回の御宿のききょうさんは、加南線の山代駅跡に立っているホテルなんですよ。
b0059978_927449.jpg

そんな御縁からか、館内にはNのレイアウトも設置されていて運転部屋も有り、宴会の後はそちらで運転に興じるメンバーもちらほらと♪
中にはこんなマニアックな作品を持参される方も❢
(Gゲージの自作シリーズ)
b0059978_9255152.jpg


次の朝は御宿の付近を散策すると、かつての車庫跡らしき敷地が望めました。
b0059978_927193.jpg
b0059978_9294166.jpg

少し足を延ばすと橋梁も残っており、結構良い感じでした。
この先は山中温泉方面です。
b0059978_9292651.jpg

さあ、それでは総会場所へと向かいましょう。
ちょっと寄り道をしながら・・・・
b0059978_931116.jpg

子ども交流センター小松館、こちらで例年通り総会が執り行われました。
総会後はこれまた例年通り線路敷きの整備、そしてお待ちかねの体験運転です♪
b0059978_9325780.jpg

ある物理的な理由により運転出来るエンドが限られていますが(私の場合)、毎年これが楽しみでもある訳です。
b0059978_9344662.jpg

緑の木漏れ日の中を走る爽快感、それも鉄の道の上。
コレは良いですよ~
b0059978_936367.jpg

午後は尾小屋のポッポ汽車展示館に場所を移しての活動になります。
展示館のキハ3は期間限定で遠鉄時代の塗装になっていますが、やっとそれを見る事が出来ました。
b0059978_9385860.jpg

良い色ですね。
b0059978_9423067.jpg

こんな気動車が三方ヶ原の畑の中を走っていたのですよね。(しみじみ・・・)
b0059978_9433528.jpg

全員揃ったところで鉱山電車の整備です。
軌道の草刈りと枕木の敷設を行いました。
b0059978_9472333.jpg

そして0.6t機による体験乗車。

こうして今年度の総会は終了したのでした。

総会終了後は金平駅跡にちょっと寄り道♡
b0059978_9551254.jpg

そして小松市内に今夜は宿泊です。
チェックイン後は市内を散策。
最近展示された489を探し歩いたのですが中々見つからず、やっと見つけた所は思った以上に駅から離れた場所でした。コレは判りにくいよね~
b0059978_9591162.jpg

ここまで来たらあそこに寄らない訳にはいきません。
b0059978_1001429.jpg

餃子の勝っちゃんですね~
餃子と焼きそばと生ビール♪
これ以上ない取り合わせで美味しく夕ご飯を頂きました。

その後は市内を再び散策(放浪?)。
b0059978_10314100.jpg

市では町家の保存に力を入れているんでしょうか?
b0059978_1042795.jpg

こんな札が掛っている家が結構ありました。
出来れば家屋単体では無く、家並みで景観として保全してくれるとうれしいなぁ。
[PR]
by kitoudenki | 2013-06-28 10:05 | 鉄な旅 | Comments(2)

梅雨空の下・福井エリアで電車三昧

プロローグで寅さんよろしくえにゃーるがオープニングを飾ってくれました通り、この週末は尾小屋鉄道を守る会の総会で北陸に行って参りました。
日曜日の総会に先立ち、土曜日は会員の親睦も兼ねた懇親会が昼夜に分かれて福井、山代でありまして、久しぶり(?)の電車三昧を楽しんでまいりました。
行きは雨の高速を米原経由で直走り。
杉津のPAで見る夜景は、昼間と違い闇がとても深く吸い込まれるようでした。
b0059978_21434055.jpg

早朝の福鉄は花堂駅に到着です。
福鉄には至る所にパーク&ライドが有るので、とても重宝します。そして休日は500円で乗り放題のフリー切符も有りますから、とてもリーズナブルな趣味が楽しめます。
b0059978_21494622.jpg

さあ、集合時間にまだ間が有りますから少し乗りつぶしでもしてきましょう。
b0059978_21502990.jpg

近年福鉄でも設備の改修が進み、古い駅舎や昔の構内の雰囲気が大分少なくなってきてしまいました。
そんな中、神明駅は昔の雰囲気を色濃く残していますので、集合時間の前にちょっと取材をかねて覗いてみました。
b0059978_21532057.jpg
b0059978_2153770.jpg

この雰囲気が大好きです。

さあ、それでは集合場所に戻りましょう。
ここで今日の昼の部の参加者が合流し、一同は朝の大型車を撮影するべく赤十字前駅に移動です。

元名古屋市が運用に入っています。そうすると200は?
b0059978_21565297.jpg

名鉄組も急行運用
b0059978_21574031.jpg

ホールディングステップも今や貴重
b0059978_2159356.jpg

福鉄の主
b0059978_21593731.jpg

おおお♪
b0059978_220532.jpg

やっぱカッコイイ
b0059978_2202941.jpg

お次は軌道線に移動し田原町まで行って見る事に。

相変わらずの良い雰囲気です。
b0059978_2253171.jpg

隣のホームにはえちてつが入線してきました。
b0059978_2271951.jpg

あや?
何やら見慣れない電車が❢
なんと新車が運用に入っているではないですか❢
おお、なんと言うボリューム感。3車体も有るので、車内のなんと広い事。
走っている様は竹の蛇のおもちゃの様です。
b0059978_229658.jpg
b0059978_2291513.jpg

メンバーたちは興味津々。色々な部品を吟味しだすやら触りだすやら・・・・・
反対側の運転台のも職員の方が乗って居ましたが、何やら心配そうにこっちをずっと伺っている様子でした。
(気のせい?)
せっかくなので、この『FUKURAMU』に乗って北府駅まで行く事にします。
b0059978_22112772.jpg

シートの出来は長時間乗るような造りでは無いのでちょっと辛いですが、乗り心地自体は良いですね。
北府では恐れて居た現実が目の前に・・・・
新車の導入で200が遂に1本廃車になってしまったようです。
b0059978_22172599.jpg

既に検切れとなり、踏面も錆びたまま・・・・
もうしばらく動いた様子も有りません。
次に新車が入れば、次の検査切れの大型車が消えてゆくのかと思うとやはり寂しさは隠しきれません。
こちらの駅は、駅舎自体はそのままですが、随分と綺麗にリフォームされて内部は資料館となっておりました。
b0059978_22204985.jpg
b0059978_22204137.jpg
b0059978_22231664.jpg

おや?
外では今まで庫に入って居たビア電の試運転が。
b0059978_2222171.jpg

この電車もイベント専用車になってしまいましたね。
さあ、それでは終点武生に移動しましょう。
b0059978_22235452.jpg

今日の昼ご飯は武生名物『ボルガライス』です。
会長に、元祖と言われるヨコガワ分店に案内していただきました。
b0059978_22261143.jpg

流石元祖だけ有って結構お店は繁盛している様子。
しばしお店の外でお腹を鳴らしながら待ちました。否が応でも高まる期待♪
そしていよいよ御対面。
b0059978_2228815.jpg

おお、ボルガライス~
大変美味しく頂きました。思ったよりソースの量が少ないんだね。
でもこの位の方が食べやすい。

食後は武生の町を散策。
街中には味のある建物がちらほら。
b0059978_22354062.jpg
b0059978_22352549.jpg

散策しながら会長がデザート処に案内してくれると仰る。
あっこれはきっとパフェ系に違いない❢
(多分会員のみんながそう思った筈。―別名・パフェオヤジ友の会)
到着したお店がこちら。
b0059978_22384084.jpg

あめこというお店のあべかわもちでした。
こちらのあべかわは、黄粉に黒蜜を絡ませたもので静岡の安部川とは1味も2味も違う物でした。
b0059978_22431969.jpg

早速頂いてみました。
見た目は重そうですが、御餅が柔らかく喉ごしが良いのであっという間に完食をしてしまいました。
美味しかったですよ♪
そしてこちらのパッケージですが、なんと御主人の手書きなんです。
これまた味が有って素敵なんです。
b0059978_22455527.jpg

皆さんも機会が有りましたら是非です。

さあ、ここで再度福井エリアに逆戻りしましょう。
b0059978_22534183.jpg

天気の回復を待って、軌道線の撮影を心行くまで楽しみました。
b0059978_22554727.jpg
b0059978_22553765.jpg
b0059978_22552973.jpg

こうして見ると、名鉄組もすっかり福井の顔に馴染んでしまったんだな・・・・
b0059978_22563898.jpg

最後にFUKURAMUを撮って、一行は今夜の懇親会会場へと引き上げて行きました。
[PR]
by kitoudenki | 2013-06-26 22:14 | 鉄な旅 | Comments(2)

追憶の旅・東塩尻は今、そして飯田線従走・その2

辰野を出た電車は伊那松島へ向かい、そこそこの乗車率で進んでゆきます。
やがて伊那松島へ到着。
b0059978_13362275.jpg

やや、所がなんだか様子がおかしい。
庫へ入るレールや③番のレールも剥がされて、おまけに無人化されている・・・・・

ローカル線の厳しさを如実に表していると感じざるを得ませんでした。
おっと、こんな所で感傷に浸っている訳にはいきません。
今回の1番の目的がED19の撮影だったのです。次の電車が1時間後。それまでに郷土博物館まで行って帰ってこないといけません。
今回は主義に反しますが、タクシーを活用する事にしました。

目指すED19は箕輪町郷土博物館の前庭に有りました。思ったよりコンディションは良さそうです。
b0059978_13443811.jpg
b0059978_13472672.jpg

b0059978_13442142.jpg

燦然と輝くウェスチィング・ハウスの名版が綺麗です。
b0059978_13463732.jpg

博物館内にも部品展示等が有るそうですが、今回は時間の関係も有り泣く泣くあきらめました。
なんせまだ豊橋まで6時間掛りますから。
b0059978_13493464.jpg

さあ、時計を見ながら駅まで戻ってきました。
まだ時間が少々有りそうです。此処で昼ご飯としましょう。
さっき塩尻で購入しました駅弁を紐解きます。
b0059978_1351162.jpg

ちょっと高いけど中身は果たしてどうかな?
b0059978_1352756.jpg

おお、中々彩画が良いではないですか。おかずはどれも程良くお味も染みていて美味しかったですよ。
おにぎりがちょっとコワかったけど・・・・・
食事も終わりやっと人心地。
b0059978_1356497.jpg
b0059978_13564034.jpg
b0059978_13562939.jpg

温かな春の心地よい日差しのホームで豊橋方面行きの電車を待ちました。
次の電車は駒ヶ根どまり。此処で豊橋行きの乗り継ぎます。
乗り換え時間を使って駅前に出て見ました。
b0059978_14096.jpg

こちらもそれなりの規模の駅なのですが、やはり無人化されていました。

駅前からは雪を抱いた山が見えました。ああ、やはりここは山岳地帯の中なのだ・・・・
b0059978_1421875.jpg

やがて駒ヶ根始発の豊橋行きがやってきました。此処から5時間で飯田線従走完遂です。
b0059978_1441632.jpg

電車は谷を縫い、等高線に添いながらゆっくりと歩を進めて行きます。
b0059978_1455632.jpg

途中で社線時代の建造物を見つけたり、地元高校生が一気に乗り込んできたり、結構変化に富んだ車内でした。
やがて電車は天竜川沿のルートへと進んでいきます。
b0059978_14111018.jpg

川面に映る落日が家路を誘うようで・・・・・

途中何度か交換待ちの停車が有り、その都度外に出て足腰を伸ばします。
5時間乗りっぱなしは流石堪えます。
b0059978_1417467.jpg
b0059978_14173625.jpg
b0059978_14145799.jpg

長篠、新城辺りからぼちぼちと乗客も増えてきました。
そしてやっと豊橋に到着です。
b0059978_14203545.jpg

1列車で5時間、辰野からだと6時間30分、久しぶりとはいえ飯田線全線乗車お疲れ様でした♪
そう言えば豊橋名物、飯田線の出発時刻・行き先カンバンは今やって居ないんだね。
b0059978_14263198.jpg


豊橋からは浜松行きに乗り換え、浜松ではお付き合い頂いた某氏とお別れ。
そしてある目的の為に私は今回菊川へと向かったのでした。
b0059978_14291984.jpg
b0059978_142901.jpg

なんとも充実した1日でした。
[PR]
by kitoudenki | 2013-04-06 14:29 | 鉄な旅 | Comments(6)

追憶の旅・東塩尻は今、そして飯田線従走・その1

春休みですね。
青春18きっぷも残す所1回分残が有りますので、さあ何処へ行こうか色々ネタを考えて・・・・・・
そうだ、飯田線を日帰りで乗りつぶせないだろうか?
早速調べて見ると、南下ルートならばED19 撮影と絡めて何とか可能❢
但し、朝の豊橋でミニ竹輪とお稲荷さん(壺屋)と泡の出る飲み物を仕入れて、というお楽しみは諦めざる負えないのであるが・・・・・
そうと決まれば浜松の某氏を巻き込んで、早速の決行と相成りました。

掛川始発の豊橋行き。途中、車中で某氏と落ち合い今日の工程について再確認です。
やがて電車は豊橋に到着。3分乗り継ぎで跨線橋をダッシュ❢
無事快速に乗り継げました。
そして名古屋着。
b0059978_1131435.jpg

あっ、信濃に乗った訳じゃありませんので(汗)
中央線快速に乗り換えて中津川へと向かいます。
郊外へ出るとうららかな春の陽気に中に、桜の花や旧線の跡が垣間見れて退屈しません。
b0059978_11345944.jpg
b0059978_11344818.jpg

しかし結構残っている物ですね。昔見たのとあまり変わっていない気がします。
b0059978_11363175.jpg

やがて電車は中津川へ。
以前は機関区も有った中津川も今ではすっかり寂しくなり、広い構内がより一層間延びして見えます。
この向こうには北恵那鉄道の中津町駅も有ったんだよな・・・・・・
b0059978_11384341.jpg

電留にはこれから乗る松本の長野色115が居ます。
おお、貨物がやってきました。冬の臨時燃料輸送が終わった後で、撮影は諦めていたのでこれは嬉しいです。
b0059978_11404786.jpg

さあ、115が入線してきました。
この先の区間は日中2時間ヘッドとなる様で、ちょっと驚いてしまいました。
そんなに利用客が減ってしまったんだね。
b0059978_1143412.jpg

やがて時間となり電車は木曽川に沿って走りだしました。
車窓には木曽川の風景が広がります。
b0059978_11454131.jpg

迫る山肌、発電所、そして名所寝覚ノ床
b0059978_1147822.jpg
b0059978_1147038.jpg

やがて電車は上松へ。かつての木曽森林鉄道の土場跡は、今ではすっかりその面影も有りません。
辛うじてヤード入り口の建物群、一部の橋梁が確認できたの見でした。
b0059978_11502189.jpg

奈良井では交換待ちで10分停車。
b0059978_11531248.jpg

b0059978_1153482.jpg

そして乗換駅塩尻に到着です。
此処から飯田線に向かう訳ですが、当然我々は旧中央線ルートを選びます。
誰が短絡線ルートなんか選ぶもんか❢
おっと、此処でお弁当を仕入れるのを忘れてはいけません。

塩尻を出た電車は旧塩尻駅跡を通り、ぐいぐいと勾配を駆け上がってゆきます。
眼下には塩尻の町が見えてきます。
b0059978_11594326.jpg

そして前方には山スカ達が行き来した、山を登ってゆく大カーブが。
b0059978_1203931.jpg

思えばこの道を特急や貨物が行き来したんだよな・・・・・
b0059978_1222399.jpg

やがて目の前が少し開け架線のビームが広がっている場所に差掛りました。
おおお、東塩尻信号所だ~
b0059978_1235442.jpg

よく見るとレールも残っているぞ❢
b0059978_12131827.jpg

一瞬で通り過ぎてしまった信号所跡ですが、かつて降りた事のある朝の情景が懐かしく思い出されました。
あれから30年か・・・・・・
b0059978_12165531.jpg
b0059978_12163452.jpg

やがて電車は辰野に到着。此処から飯田線に乗り換えます。
中央本線で有った名残の長いホーム、広い構内が、2両編成の電車の発着をより裏寂しいものにしている様な気がします。
b0059978_12202622.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-04-06 12:21 | 鉄な旅 | Comments(0)

甲斐路を走る須賀色電車・乗ってきました国鉄型は良いのぉ~

この冬は久しぶりに青春18切符を購入し汽車旅を満喫しました。
最後の1回分は、いよいよカウントダウンが近いのでは?
と噂の国鉄型須賀色の115系電車を求めて、中央東線に行って参りました。
聞けば純正須賀色は全国でも此処にしか残っていないとの話。なんだか寂しい・・・・

今回は地元の鉄仲間、浜松のK氏と一緒に身延~甲府~高尾の往復と言う行程です。掛川駅で合流し、そのまま富士駅で身延線に乗り換えです。
b0059978_16461069.jpg

この日は風も無く.天気もよさそう♪
身延線も西富士を出ると一気にローカル色が強くなり、車内はほとんど貸し切りに。
必然的にどこからかこんな物も・・・・・
b0059978_16462894.jpg

K氏 : 水分補給しないとね~
城東電軌 : うううう、いつの間に。
朝っぱらからいい気分です。
b0059978_1647292.jpg
b0059978_16472491.jpg

車窓の景色を眺めながら約2時間ちょっとで甲府に到着。
b0059978_1648329.jpg

あれ?
甲府機関区が無い・・・・・
b0059978_1647458.jpg

考えてみると甲府まで電車で来るのって何年振りだろう?
機関区跡にはホールやらお城の復元やら古い建物の復元やら色々整備中の様子でした。
b0059978_16481210.jpg

引き上げ線にはEF64が2両留置中。
やっぱ国鉄型のカマは良いな~
b0059978_1649149.jpg

そう思っているとEHが爆音を立てて通過して行きました。それを見ていると国鉄型の先ももう長くは無いのかなとも思わずに居られませんでした。
b0059978_1649234.jpg

それではと本日の目的の須賀色115をホームで待つべき上りホームに移動をすると、なんと1本目で須賀色115がやって来たではありませんか!
早速車中で久しぶりの国鉄型中距離電車を堪能いたしました。
b0059978_1650272.jpg
b0059978_1650439.jpg

窓辺の小テーブルに若草色の室内色・・・・えっ小テーブル!
b0059978_16505756.jpg

K氏 : 水分補給水分補給~♪
城東電軌 : いつの間に・・・・・
暖かな陽が差すのどかな車中は、絶好の宴会場に様変わり。
車窓に冬枯れの塩山の山並みを眺めながらトンネルに電車は吸い込まれ、初狩や笹子のスイッチバックの跡を楽しみながら飲み物も空になる頃には電車は大月に到着です。
b0059978_1651237.jpg

此処で富士急線内からやってくる3連と弊結し、6連となって高尾へと向かう訳ですが、我々は反対ホームへ移動し弊結の3連の撮影準備です。
b0059978_16515197.jpg

程なく3連が渡り線を身をくねらせやってきました。
b0059978_1655564.jpg
b0059978_16554330.jpg

そして連結、6連への編成完了です。うん、カッコイイ!
b0059978_16561344.jpg

停車時間の内に、そそくさと跨線橋を渡り元の電車へと戻ります。
大月を出た電車はモーター音も高らかに甲斐路を駆け抜けて行きます。
所が鳥沢駅手前橋梁上で緊急停車。
聞けば線路内に立ち入った者がいるらしく、その保護をしているとの事。
やがて徐行で鳥沢駅構内までは進み、そこで一時運転待ちとなりました。
b0059978_16564021.jpg

2~30分遅れくらいでしょうか、やがて運転再開となり今度は無事に高尾に到着しました。
此処まで来ると流石に乗客数も違います。走っている電車も違いローカル色は一気に薄れてきます。
b0059978_16565987.jpg

一度退避した115は、再び折り返しの運用に入ってきましたので迷わずそれに乗車しました。そして甲府を目指し電車は山を登り始めました。
途中、大月では特急退避の為に運転停車。此処で留置中の115を撮影。
b0059978_16571943.jpg

再び乗車した電車は勝沼で甲府盆地を眼下に見ると、一気に甲府目指し駆け降りて行きました。
b0059978_16574185.jpg

此処で少し遅い昼食としましょう。せっかくここまで来たのですから甲府名物でも1品食べたいな。
と言う事で、鳥モツ煮を所望♪
b0059978_1658205.jpg

我が家で煮る物とは違って、中々ふくよかな味わいで美味しかったです。
橋上駅になってすっかり綺麗になった甲府駅ですが、ホームにはこんなモニュメントが飾ってありました。
b0059978_165935.jpg
b0059978_16584983.jpg

旧駅の構内配線図跨線橋の柱レンガ倉庫の一部です。
さあ、115を堪能した所でぼちぼち帰るとしましょうか。
帰りの身延線の車窓からは夕日に染まる富士山が綺麗に見えました。
b0059978_16595545.jpg

途中の沿線ではなんと完全な形のハエタタキが!
b0059978_1705732.jpg

突然車窓に現れたハエタタキに、咄嗟に構えたカメラでメクラ撃ち!
何とかトリミングして見れる写真に仕上げてみました。
こりゃ再度出撃かな?
市川大門を過ぎたあたりから車内はすっかりと閑散とし始めました。
それではと甲府で買い求めた駅弁を御開帳♪
b0059978_1714461.jpg

いや~、やっぱ駅弁はクロスシートの車内でこうして食べなくッちゃ楽しくないよね。
b0059978_174530.jpg

こちらのお弁当、ちゃんと『駅弁マークが入っている一品で、高原野菜たっぷりの御当地らしい内容の満足できる駅弁でした。
富士に着く頃には流石にとっぷりと日は暮れて、ホームには人恋しそうな灯りが点っていました。
b0059978_1743061.jpg

東海道線ホームには、仕業の終わった稲沢のDE10が出発線に停車中。
b0059978_174524.jpg

これからどこまで帰るのかな?
運転台の操作灯がキャビンの中で鈍く浮かび上がって見えました。
b0059978_1751454.jpg

さあ、ここまでくれば掛川まであと少し。
おお、ホームライナーがやってきたようです。
b0059978_1754822.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-01-10 17:05 | 鉄な旅 | Comments(4)

なかよし鉄道の夏・その2

明けて月曜日
ぼちぼち廃車が始まると言う200を求めて、朝の市役所前電停でやってくる電車を待つことにしました。電停にいらした職員さんに聞きましたら、運が良ければ3編成とも運用に入るとの事。
待つこと暫し、やってくる電車は名鉄移籍組ばかり。
b0059978_2121980.jpg
なんだか競輪場前か徹明町の様を呈してきました。(それはそれで嫌じゃない)
b0059978_21233575.jpg

そしてお待ちかね。やっと200がやって来ました。
所がどっこい、やってきたのはこの新塗装。
b0059978_21242275.jpg

テンション下がりっぱなしです。旧急行塗装が見たかったのに・・・・・・
お次に来たのはこの塗装。
b0059978_21244999.jpg
まだ我慢できますが、肝心の復活塗装は果たして運用に入っているんでしょうか?
b0059978_21251512.jpg

おっ
b0059978_2126182.jpg

おおおおおお
やった~~~~
お待ちかね、旧急行塗装がやって来ました。最後の最後まで焦らしてくれました。
b0059978_21265869.jpg

やっぱカッコイイね~
b0059978_21271959.jpg

惚れ惚れする塗装だよね。
当初の目的を果たし、時間を確認するとえちてつの吊り掛けに間に合いそうな時間でした。
急いで田原町から西長田へ向かう事にします。
b0059978_21275364.jpg

所が1本遅く、手前の西長田の交換で入線してるじゃないですか!
しまったぁ~
急いで下車してホームの端へダッシュ❢

ごぉ~~~~

しかし時既に遅く、吊り掛けモーター音も高らかに電車は出て行ってしまいました。
b0059978_21282828.jpg

文字通り後塵(吊り掛けモーターの焦げる匂い)を拝する事となってしまいました。

そんな訳で、本日の鉄メニューは終了で、お次は以前から行きたかった北前船の資料館へと行って参りました。
当地における北前船の資料館は色々ありますが、果たしてどこが一番お勧めでしょうか?
色々調べてみたのですが、何処とも決めかねていたので案内所で聞いてみた所、南越前町にある『北前船主の館・右近家』が一番のお勧めとの事。
これで行き先が決まりました。
武生を過ぎ日本海へ出て、海岸線沿いに進むと目的地河野に到着です。
b0059978_21311611.jpg

平地の少ない街で岩場の多い海岸ですが、風光明媚な静かな所です。
b0059978_21313798.jpg

ちゃいにゃー : きれいな海だね
チビコロ : でも暑い・・・

そう、この日は最高気温35度以上との事で、海辺の町とも言えどちっとも涼しくありません。
ささ、それでは早速右近家へと参りましょう。
b0059978_21372147.jpg

海辺に立つ右近家は、江戸中期から明治30年代にかけての北前船主だったそうです。
そして地元の為に、家屋の公開を町に委ねられているそうです。

因みに日露戦争の旅順攻略で有名な『杉野は何処、杉野は居ずや』の広瀬中佐が乗艦されていた福井丸も、右近家の船で有ったそうです。

門塀と母屋の間に小さな通路がありますが、そこが昔の街道だったそうで、かつてはそこをバスも通っていたとか。
b0059978_21375518.jpg

母屋に入ると高い天井の囲炉裏のある部屋に、数本の船幟が飾られていました。
船名版や帳簿や図面やら・・・・・色々な資料が所狭しと展示されています。
(館内撮影禁止)
造りの良い奥の座敷から眺める庭も又良い感じでした。
b0059978_21381671.jpg

裏山の中腹には西洋館が建てられています。(国の登録有形文化財)
スイス風の外観と和洋折衷の内装がとても心地よさそうです。
b0059978_21404890.jpg
b0059978_21423057.jpg

また、此処からの眺望がとても素晴らしく、季節ごとの風景を見てみたくなりました。
b0059978_21384171.jpg

2匹 : うっとり・・・・
b0059978_21391370.jpg

時折吹く海風が心地よいです。

右近家を見学した後は近くの家並みを見ながら近くを散策してみました。
b0059978_21413677.jpg

公開こそされていませんが、同じく北前船の船主の館が同じ並びに有る事も教えてもらいました。道理で立派な家が沢山並んでいる訳です。
b0059978_2142193.jpg

河野の港は水深も浅く北前船が寄港する様な港では無かったそうです。
b0059978_21401166.jpg
敦賀から大野や伏木へ廻航する船も船主の地元には寄れなかったんですね。艀か何かでも使って荷役をする事もあったのでしょうか?
実はこの後、一条谷遺跡へ行こうかと思っていたんですけど、この日はあまりに暑くって・・・・・・・(暑さに弱い。先にも書いたように、この時気象情報によると35度オーバー)

城東電軌 : そんな訳で今日は帰ろうと思います。
ちゃいにゃー : え~、もう帰るの
チビコロ : そんな根性無しに育てた覚えはありません
城東電軌 : いや、君に育ててもらった覚えはないんですけど。それより今日はもう勘弁して下さい。

まだ日のあるうちに帰るなんてもったいないですが、この暑さにはどうやっても勝てそうにもありませんでした。一乗谷はまた涼しくなった頃にしましょうね。
たまには早く帰るのも良いかな。
[PR]
by kitoudenki | 2012-09-14 21:43 | 鉄な旅 | Comments(4)

なかよし鉄道の夏

先月の25日は、いしかわ子供交流センター小松館にあるなかよし鉄道の大増発運転でした。前日の土曜日のポッポ汽車展示館のイベントには参加できませんでしたが(泣)、交流センターの方には参加する事が出来ました。(ひさしぶり・・・・)

早朝の小松の朝は車も少なく静まり返っていました。
24時間営業のみなとや食堂で小松うどんの朝食です。
b0059978_0535749.jpg

その後は目的地子供交流センターに向かった筈なのですがなぜか遅刻・・・・・・
(世間ではこれを寝過したと言う)
皆さんゴメンナサイ
この日は子供たちよりも、鉄な皆さんの姿が多く目につきました。
某編集長ブログの影響かな?
b0059978_0551533.jpg

それとも年に2回しか動かないDCが世間に認知され始めたのか、子供たちの宿題が終わっていないのか・・・・・・・(謎)
b0059978_0555150.jpg

そんな訳で、始発列車の車内は鉄な皆さんの方が多い状況でした。
それでも時間が経つに連れて子供たちの数も増えて、いつものなかよし鉄道の様子を呈してきました。
b0059978_0563796.jpg

それにしても暑かったです。この日は優に30度は越していました。
b0059978_0571872.jpg

ちゃいにゃー : 暑いね~
チビコロ : たまんないよ~
城東電軌 : やっぱり出たな。絶対出てくると思った。チビコロは森の精なんだから、暑いのは平気なんじゃないか?
チビコロ : 最近は森の中にもエアコンが有るんで・・・・
城東電軌 : 誰だそんなもの置いて(捨てて)行ったのは!

ゴミの不法投棄はやめましょう



車両の出払った機関庫は、いつもと違った新鮮な光景を見せています。
カメラの砲列の踏切辺りとは対照的に、嘘のように静まり返った空間はなんだか不思議な感じです。
b0059978_0594380.jpg


やがてお昼の時間に。
いつものように臨時列車を仕立てて、仲良しの森の撮影ポイントへ全車両を移動させます。
そして車内でスタッフの昼食タイムなのですが・・・・・・
b0059978_101931.jpg

先にも書いた通り例年以上のお客様の数で、昼食シーンも撮影されているみたいでなんだか落ち着きませんでした。
b0059978_104045.jpg

ちびころ: ね~、いつもみたいに機関車の所で写真撮りたい。
城東電軌 : 今回はちょっと勘弁して下さい。
ちゃいにゃー : 大きなお友達がたくさんいて、ちょっと照れちゃう。

まったくシャイな連中ばかりです。


午後は鉄道巡りのバスツアー御一行様も大型バスで見えて、なかよし鉄道のボルテージも上がりっぱなしです。
b0059978_123579.jpg

この日はこれだけ多くのファンの方が見えたにも拘らず、昨今一部で言われている様な酷いマナーのみなさんも居られず、始終和やかで老いも若きもが軽便鉄道を堪能して頂けて素晴らしい1日でした。
b0059978_132550.jpg

やがて夕刻となり予定の運用が終わり、機関庫前では入庫に合わせて入れ替えが始まります。
普段では見れない並びが見れるのもこの時だけです。
b0059978_135048.jpg
b0059978_14424.jpg

こうして今回のイベントは無事終了しました。皆さん暑い中お疲れでしたぁ~
そして遅刻してごめんね~

尾鉄通信 : きとでんさん、今夜はどうするの?
城東電軌 : 福井に宿泊予定。
尾鉄通信 : じゃあ夕ご飯はもちろん?
城東電軌 : もちろん、ヨーロッパ軒のソースかつ丼♪
Yさん : ・・・・・・(こそこそこそ)
尾鉄通信 : あれ、Yさん何処行くの?
城東電軌 : Yさぁ~ん、一緒に食べに行こうよぉ~
Yさん : えっ、いっ、いいよ・・・・・・(何でいつも俺が付き合わされるんだよぉ~~~~~~~~~~)

今回も逃げ遅れて付き合わされることになったYさん。そんなYさんの心の声が聞こえたような気がしました。

そしてヨーロッパ軒
b0059978_153047.jpg

ちゃいにゃー : おね~さん、大盛一つ♪
チビコロ : 卵焼きも付けてね。
お店のおねーさん : そんなものは置いてません
b0059978_155258.jpg


そんな訳で今回は(も)大盛をオーダーです。
さっくり揚がったカツと甘辛ソースが食欲をそそります。
ああ、幸せ幸せ。
Yさん、毎度お付き合いありがとうございました。次回もよろしくね~
Yさん : えっ?

そうしてこの夜は福井市内に宿泊です。
夕涼みがてら市内をブラブラ。
b0059978_164779.jpg

電車に乗って田原町から福井駅に至る福井鉄道―えちてつという定番コースを楽しんできました。
b0059978_17192.jpg
b0059978_173387.jpg

運良く髭線に入ってきた200も見れたし
b0059978_182839.jpg

帰りにはちょっと喉を潤して。
b0059978_185457.jpg

こうして福井の夜は更けて行きました。
[PR]
by kitoudenki | 2012-09-11 01:09 | 鉄な旅 | Comments(3)

毎度お馴染北陸紀行・でも今回はネコじゃない

一昨日の土曜日に、久しぶりに北陸に行って参りました。
ただ行ってきただけじゃつまんない。そう、今回は地元静岡の軽便仲間の皆さんと一緒に親睦旅行も兼ねて尾小屋へ行って参りました。
なんたって現役軽便気動車に乗れるなんて全国でここここだけですからね。
皆さん、忘れちゃいませんか?

そんな訳で、一行を乗せた車は夜のの高速をひた走り、途中で敦賀で一服です。
b0059978_18313064.jpg

えっ、何処で一服してるんだって?
いいじゃん、メンバーがメンバーなんだし・・・・・・
北陸トンネルを振り出しに、北陸線旧線跡(杉津越え)を進みます。
b0059978_18353171.jpg

う~ん、相変わらず綺麗なカーブだ事。(うっとり
b0059978_18373188.jpg

山中信号所を堪能し・・・・
(案内看板が出来たんだね。ダイヤモンドクロッシングがうまく説明できてないけど・・・・)
b0059978_18382957.jpg

気分はもう山越えのD51の機関士気分かな?
今庄から再び高速に乗り、今度は山中温泉に有る北陸鉄道の『しらさぎ』を見学です。
b0059978_1842781.jpg

実は今回、『しらさぎ』に縁のあるメンバーもおり、是非ここには来て見たかったわけです。
十分堪能して頂けたかな?
(頬ずりしてたかも)
さあ、ぼちぼちなかよし鉄道に向かいましょうか。

粟津まで来て見ると、まだ少々時間がある様子。
それならばと粟津から小松空港に至る専用線を車で辿ってみることに。
空港まで来て見ると、そこには明らかに大戦時の掩体壕が残っていました。
b0059978_19222494.jpg

そう、小松空港はかつては海軍舞鶴鎮守府の基地として開設された経緯があります。
その名残が今でもこうやって残っていたのですね。
空港を一回りし、今度こそ交流センターまでやって来ました。
11:30も近くなり、職員の方が出庫準備に掛ります。
エンジンが掛りエアーがたまるといよいよキハ1がホームに出てきて乗車の開始です。
b0059978_19261774.jpg

なかよしの森までの1往復。お楽しみいただけましたでしょうか。
惜しむらくは尾小屋鉄道に関する事が一言も無かったことかな?
せっかくの施設なんだから、もう少し尾小屋の事を啓蒙してほしかったな。いくら指定管理になったとはいえね。
お次は山の上に向かいましょう。
その前に粟津温泉で腹ごしらえ。
b0059978_19371843.jpg


b0059978_1937963.jpg

小松うどんを美味しく頂いてまいりました。
尾小屋駅で夏草の息吹を感じながらしばし『あの頃を』を体感。
b0059978_19394969.jpg

お次は山の上に上がって、他のメンバーは鉱山資料館を見学。私は鉱山電車の作業に合流です。
暫く来てなかったからな~
b0059978_19514025.jpg

丁度この日は終点の機廻し部の線路敷設が完了し、最後のスパイク(ゴールデンスパイク)が撃ち込まれた日でもありました。ああ、なんという記念すべき日でありましょうか。記念碑でも立てたくなっちゃいますね。
b0059978_19532764.jpg

思えば線路敷設に関しては素人同然だったメンバーたち。それがここまでの形にしてしまうとは、その末席に加えて頂いた身としては本当に感無量で有ります。
b0059978_19582086.jpg

願わくばこの施設が末永く皆さんの学習(何の?)の場になる事を願って止みません。
さあ、同行のメンバーの皆さんも資料館から戻ってまりました。
キハ3や5号の見学も終わったようですので、お次の目的地えちぜん鉄道に向かうとしましょう。
途中でちょっと鉄をしながら・・・・・
b0059978_209465.jpg

一路車は東古市を目指します。
b0059978_20105663.jpg

東古市から勝山までメンバーンの皆さんはえち鉄に体験乗車です。
その間私は勝山へ車を回送。
b0059978_2012372.jpg

ちょっと寄り道をしながらね♪
勝山では鉄しながら到着する電車を待ちます。
b0059978_20152363.jpg


b0059978_20392100.jpg


b0059978_20155444.jpg

やがてやって来ましたメンバーと一緒にテキ保存館を見学です。
b0059978_2017438.jpg

貨車も一緒に保存は嬉しいけど、この配置は整備するのに難儀しそうな気がするけど実際どうなんだろう?
b0059978_2017586.jpg

本線と繋がって居たら・・・・・・そんな贅沢を言っちゃあいけないかな。
勝山駅を堪能した後は山越えの前に腹ごしらえ。
毎度おなじみの『どうせき』に皆さんをご案内~♪
b0059978_20284812.jpg

幸い皆さんに気に入って頂けたようで嬉しかった~

お腹がくちくなった後はいいよ山越えに挑みます。
取り敢えず目指すは越美北線は九頭竜湖駅です。
b0059978_20335481.jpg

いつ来ても駅自体はひっそりしていますが、併設の道の駅は賑わってますね。
白鳥への街道としてやっぱり重要な道であることが良く判ります。
こうしてこの後、九頭竜ダムを眺めながら白鳥、東海北陸道、東海環状と通りながら無事帰着いたしました。
みんさん、今回の旅行はお楽しみいただけたでしょうか?
また次回をお楽しみに~

帰宅後

城東電軌 : ただいま~、お土産だよ~
b0059978_20511821.jpg

にゃにゃー : ぶぅ~~~~~
にゃー : ね~、何してるの?
ちゃいにゃー : どうやら北陸に行きたかったらしいよ。
城東電軌 : あっ、そういや忘れてた!
にゃー・にゃにゃー: ぶぅ~~~~~~~

最近ますます出番のないネコたちです。

b0059978_2055559.jpg

で、お土産です
奥さん : ふ~ん、あんまり代り映えしないね。ぼちぼち新ネタは無いの?
城東電軌 : ・・・・・・・・・・・

お土産の張り合いがありません。
[PR]
by kitoudenki | 2012-06-03 18:45 | 鉄な旅 | Comments(9)

廃線跡早回り

先日の日曜日、地元の軽便仲間の皆さんと地元の廃線跡早回りに出掛けてまいりました。

当日は春らし穏やかな日和の下、御前崎市での所用(この日はこれがメイン!)の為にメンバーが集まりました。
所用が済んだあと、静鉄駿遠線桜ヶ池駅跡を皮切りに計5路線の跡を巡ってまいりましたので、早回りらしく軽いコメントと共に御送りしたいと思います。
さあ、それでは始まり始まり~

まずは上に書きました通り駿遠線桜ヶ池跡跡です。最近建てられた復元駅名標がその位置を表しています。
b0059978_19223585.jpg

そして駅を降りてお参りに行くのが桜ヶ池。桜が満開でした。
b0059978_1923428.jpg
b0059978_19233087.jpg

お次は堀之内軌道の池新田駅付近の専用軌道跡です。結構良い感じ。
b0059978_19244231.jpg

堀之内軌道佐栗谷トンネル南口です。茶畑の中を掘割で進んで、県道横の下がった所に抗門が埋まってます。
b0059978_1926396.jpg

そして佐栗谷トンネル北口から見た坑内です。
b0059978_19273850.jpg

堀之内軌道平田停留所跡です。交換所の跡だけ道が広いです。
b0059978_19284373.jpg


この後、先日回った光明電鉄跡(堤防閉め切り・豊岡小橋台)を見学・・・・・・・
(写真は割愛)

遠鉄奥山線の例のガーター橋(谷の変電所)を見ながら廃線跡を車でなぞります。
b0059978_19364546.jpg

正楽寺から軌道敷きを車で走ります。四村手前で橋梁を堪能。
b0059978_1941177.jpg

途中で竜ヶ岩洞(観光鍾乳洞)に展示してあるプレートガーターを見学。なんと枕木とレールも当時の物らしい。
b0059978_1945111.jpg

小斎藤手前に見事な桜と当時のガーター橋が。
b0059978_19514333.jpg
b0059978_19511949.jpg

小斎藤の公民館には軽便の案内看板が。そして線路跡はここだ!
b0059978_19531648.jpg

小斎藤の駅はここらしい。
b0059978_1955083.jpg

奥山駅手前の橋梁はまだ残っていた。竜ヶ岩洞のガーターはここに掛かっていた物。
b0059978_19572560.jpg

そして終点奥山駅へ到着です。桜が綺麗。
b0059978_19565856.jpg

帰りは住友セメント金指工場にあったエンドレス(引索軌道)の跡を。
b0059978_2012898.jpg


こうして慌ただしくも濃い1日は過ぎて行きました。
[PR]
by kitoudenki | 2012-04-11 20:02 | 鉄な旅 | Comments(8)

雨の休日は電車に乗って

昨日はひっさしぶりの土曜休日。
なんだかちょっと出掛けたくなり休日フリー切符を購入し電車旅と洒落込みました。
さて、何処行こう?
b0059978_229053.jpg

以前から行ってみたかった信玄の隠し金山跡をハイクして下部温泉にでも浸かってこようか?
そう思って電車に乗って情報検索すると・・・・・・あれ?
身延線てまだ不通のままで開通してなかったんだ。内船―身延間はまだ代行バスだったんだ・・・・・
雨も降ってるし帰りの時間もちょっと判らなそうだな~
いきなり出鼻を挫かれた訳で、早速行き先変更です。
そうだ、この3月で短縮になる『あさぎり』がこの時間なら丁度沼津へ着くころかな?
そんでもって岳南では機関車祭りだったよな~
そんな訳で行き作は沼津と吉原へ変更です。
b0059978_2292775.jpg

沼津では既に鉄と思しき方々がチラホラト散見されます。まあ、こちらは三脚を立てるわけでもないので時間まで貨物中継ホームや地下道やホームの意匠を楽しみます。
b0059978_22162438.jpg
b0059978_2217113.jpg
b0059978_22164965.jpg
b0059978_22171914.jpg
b0059978_22173552.jpg

沼津駅ホームは、東京駅の装飾にも同じ物が有る、かつての優等列車停車駅の風格を今に感じることのできる数少ない駅です。
やがて『あさぎり』がやってきました。小田急車20000です。
b0059978_22185219.jpg

これがもし静岡まで乗り入れてれば、また違った展開になっていたのかな?
b0059978_22191060.jpg

なんて事を考えながら一時のお別れをしてまいりました。
b0059978_22194314.jpg

ヤードへと引き上げたあさぎりを見送った後は、遅い朝食に鯛めし弁当を頂きます。
b0059978_22195450.jpg

ああ、このシンプルさがたまらない♪
私の好きな駅弁です。
さて、お次は吉原へと移動して岳南鉄道の比奈へと向かいます。
b0059978_2221210.jpg

吉原駅には今や風前の灯火のパワムが留置中で、残り6日間の為かその両数も少なめです。
b0059978_22211719.jpg

早速フリー切符を購入して機関車祭り会場の比奈駅に向かいます。
b0059978_22232383.jpg

この16日で貨物列車終了と言う事で、生憎の雨にもかかわらず多くの人で比奈は賑わっていました。聞けば比奈も16日で無人化されてしまうそうですね。
記念に入場券を購入しました。
b0059978_2224820.jpg
b0059978_22243051.jpg

親子体験乗車の501がモーターを唸らせ構内を走ったり、402、403が展示されていました。401は体験運転の最中なのかな?
b0059978_22244243.jpg

比奈にはおらず、多分ヤードの方にでも居るんでしょうね。
比奈の後は吉原本町に移動して昼食場所を探しましたが、以前以上に目ぼしいお店が見つからず・・・・・・かつての吉原宿の栄光は今いずこと言った所です。
b0059978_22252430.jpg
b0059978_22263241.jpg

至仕方なく富士へと向かう事にしました。
b0059978_22254816.jpg

吉原では駅裏にこんな素敵な光景を目にしました。(素敵の基準は人の価値観によって異なります)
此処で路線検索すると、身延線の内船までなら時間的に往復してこれそうな事が判明。
うまい具合に接続出来た身延行き(途中代行バス接続)の車中の人となりました。
b0059978_2228382.jpg
b0059978_22282166.jpg

特急が運休中と言う事もあるのでしょうか、富士宮を過ぎても結構な混み具合です。
やがて電車は内船に到着です。
b0059978_22274333.jpg
駅前には代行バスが待っていました。
b0059978_22284964.jpg

ほとんどの人はバスに乗り換えて身延方面へと向かって行きました。
ここでやっと遅い昼食。ついでに内船温泉にでも行きたい所ですが、温泉まで行くと帰りの電車は2時間後になりそうなので、今回は泣く泣く我慢です。
b0059978_22301143.jpg

駅に戻り、ホームでブラブラ。
b0059978_22294792.jpg
構内の甲府寄りには不通区間の車止めが設置されていました。来週には撤去されてダイヤ改正と共に開通するそうです。よかったよかった。
よく見ると私鉄時代の架線柱も結構残っているんだね~
b0059978_22303922.jpg
帰りの電車はやはり代行バスの到着を待っての出発です。これまで空いていた車内が一気に込み合ってきました。
富士で乗り換え、静岡でホビースクエアをブラブラ。長谷川の氷川丸が良いな~欲しいな~
b0059978_2235264.jpg
駅でお土産(奥さんへのご機嫌取り)にワッフルとマカロンを購入。
b0059978_22352282.jpg
ついでに東海軒の鯛めしも。
b0059978_22355843.jpg
もちろんこれは自分用♪
こうして久しぶりの休日ミニトリップを満喫してまいりました。
それにしても長時間のロングシートはキツイ!
[PR]
by kitoudenki | 2012-03-11 22:37 | 鉄な旅 | Comments(4)