城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鉄・駿遠線( 67 )

今年も「なつかしの軽便鉄道展」が開催されます

静岡鉄道駿遠線の研究を精力的に進められている阿形先生から、昨日軽便鉄道展の開催についての案内を頂きました。
な、なんと今回は城東電軌の地元、掛川市(旧大東町)での開催です!ああ、この時を待っておりました。幼少の頃見ていた軽便を思い出すことがまた出来そうです。
それでは此処に展示のご案内についてお知らせしたいと思います。
(尚、案内の転載については阿形先生の承諾を頂いております)
b0059978_2323429.jpg

如何ですか皆さん。毎回新しい展示物が展示されていますので、今回もとてもワクワクして開催を待っています。講演会の開催も有りますし、先生が会場にいらっしゃる時には色々質問にも答えていただけると思います。
特に今回は線路跡地図のプレゼントもあるようですし、会場の駐車場もたっぷり有りますから遠方の方も夏休みの旅行がてら是非お寄り頂きたいと思います。
[PR]
by kitoudenki | 2008-07-24 23:37 | 鉄・駿遠線 | Comments(5)

軽便の本

昨年の11月に、静岡鉄道駿遠線旧榛原町駅近くのギャラリーで『なつかしの軽便鉄道展』が開催されました。その時の様子はウチのブログでもレポートさせてもらいましたが、この度主催されました阿形先生が、その時会場にいらっしゃった皆さんの思い出や感想を1冊の本にまとめられました。
b0059978_2137081.jpg

題して『軽便の思い出は、人生の思い出』と言う本です。
今回の展示会には、開催期間中、1500人もの方が来場されたとのことです。私も会場で強く感じましたが、皆さんの軽便の思い、それがいっぱいにこの本には詰まっていると思います。
b0059978_21462062.jpg

目次を見ますと、軽便の略歴に続いて51話の思い出が綴られています。
生活の一部だった軽便、出会いや別れの舞台だった軽便、本当に地域と共に有った交通機関だったんだと思いました。
b0059978_21533486.jpg

そんな中で興味深かったのが、元社員の方が電化の為の測量をされたとのエピソードがあったことでした。かつて静岡線とつなげて改軌電化の計画があったとは聞いていましたが、それを裏付ける貴重な証言ではないかと思います。
b0059978_21571647.jpg

巻末には当時の静鉄社内報が掲載されています。軽便が廃止に至る経緯が当時の交通予測やコスト比較のグラフと共に示されています。ここだけは思い出だけでは割り切れない現実が現れています。やはり企業である以上、それは避けて通れない事だと改めて思い知らされます。
b0059978_2222933.jpg

あと、チョッとお知らせなんですが、このブログの記事も掲載されているんですよ。いや~、なんだか照れくさいですが自分の文章が本に載るのってなんだかうれしいです。


この本ですが、まだ残部数があるそうですので、興味のある方は阿形先生まで御問い合わせ下されば購入できるようです。問合せ先は次のようになります。

〒437-1612
静岡県御前崎市池新田2266-2
 阿形 昭  様

代金は送料込みで1,000円(図書カード・クオカード・定額小為替・現金書留でもOKです)
になります。

あ、それから3月31日にはSBSラジオ(静岡県エリア以外の方ごめんなさい)に阿形先生が出演されるそうです。(9:20~9:29)内容は軽便について話をされるそうです。
興味のある方はこちらのほうも是非!
[PR]
by kitoudenki | 2008-03-11 22:34 | 鉄・駿遠線 | Comments(3)

廃線跡を辿ったあの頃

中学生の頃、駿遠線の廃線跡を辿りために自転車で藤枝まで行ったことが有ります。
大井川ー藤枝が廃止になって5年余り、思っていた以上にその遺構は少なかった覚えがあります。
b0059978_21273822.jpg

吉田中学に保存されていたハ23です。だるまさん状態の客車は静波や相良の海水浴場にたくさん放置されていましたが、完全な状態で残っていたのはココだけでした。
b0059978_21294030.jpg

遠州神戸駅です。かんどと読みます。駅舎は地頭方や横須賀、南大坂などがまだ残っていました。ここは地区の集会場になっていて、施錠されていました。
b0059978_21342224.jpg

大井川駅跡にはポイントの矢羽根が残っていました。

新幹線を潜った辺りから線路跡は消滅していました。(県道の拡幅に利用されたようです)藤枝では駅の入り口に僅かに残ったレールとだるまさん状態の有蓋貨車を撮影しました。

帰りはさすがに日も暮れてしまい、金谷の親戚宅に転げ込んだことを懐かしく思い出しました。
[PR]
by kitoudenki | 2007-11-21 21:43 | 鉄・駿遠線 | Comments(5)

なつかしの軽便鉄道展IN榛原

なつかしの軽便鉄道展が今回は牧ノ原市(旧榛原町)にて本日から開催されています。
早速息子と2人で出かけてきました。
b0059978_18581580.jpg

場所は駿遠線の榛原町駅跡に程近いギャラリー静波で行われています。少し分かりにくい場所ですが、廃線跡でなく旧道沿いに行くと案内看板が出ています。
b0059978_1921036.jpg

展示内容は相変わらず目新しい物のオンパレード!始めて見る物や貴重な展示品がてんこ盛りです。中には制服を着て記念写真を取れるコーナーもあり、よく考えられた展示になっています。
b0059978_195086.jpg

展示場内は軽便の思い出話をされる方たちで大盛況で、色々なエピソードを語られているのをついつい聞き耳を立ててしまいました。(ごめんなさい・・・・)
b0059978_19102574.jpg

b0059978_19111133.jpg

そんななかで特に珍しかったもの、それがさざなみのサボと海の家の桟敷席つき往復切符です。御存知の通りココは駿河湾内の静波、相良の海水浴場が有り、かつては夏のレジャーといえば多くの人たちが軽便に乗って海水浴に来たものです。(当時は自家用車を持っている家庭は極少数でしたから)
自分も子供の頃、4~5量の客車を連ねた海水浴列車を覚えております。
その海水浴列車(軽便でネームドトレインなんて珍しいですよね)に掛けられていたサボと割引切符が残っていたなんてホント感激です。

展示を一通り見学していると、この展示を主宰されている阿形先生がみえました。
早速ご挨拶をすると昼ごろまで高山のくるまやさんが見えられたとのこと。
う~ん、もう少し早く来ていれば御会いできたのに・・・・・・残念でした。

b0059978_1928137.jpg

一通り見学を済まして表に出るとそこにはなぜかタイフォンが・・・・・
城東電軌 : あの~、このタイフォンはエアーがつながっているようですけど・・・・・
係りの人 : ええ、当時の軽便の本物ですよ。鳴らしてみる?

プォア~ン

おお、文字では表現できないこの音!思い出の中にある軽便の音だ~
本当に今回の展示はすごいです。城東電軌の琴線に触れるもので一杯でした。
b0059978_19334041.jpg

12月まで開催されているので機会があればもう一度行ってみたいです。

帰りはせっかくココまで来たので新金谷に行ってみることにしました。
b0059978_1937815.jpg

以前来た時に工事をしていた機関区裏のオーバーブリッジが開通しており、こんな写真が撮れる様になりました。また、構外側線の回りは新興住宅地となっており、ずいぶん雰囲気が変わってしまいました。でもこんな所に家を建ててみたいな。
b0059978_19394573.jpg

オーバーブリッジの上からは、機関区裏に落ちていた蒸気の部品(ランボードと連水管かな)も見れました。模型のパーツみたいです。
b0059978_1942877.jpg

そんなことをしているうちの蒸気がやってきました。今日のカマはC11 190でした。

さあ、日も暮れてきたのでぼちぼち帰ることにしましょう。
息子 : やれやれ、やっと帰れる・・・・・・

 
[PR]
by kitoudenki | 2007-11-18 19:46 | 鉄・駿遠線 | Comments(5)

軽便鉄道展

静岡県の袋井市立浅羽図書館で『なつかしの軽便鉄道展』が昨日から開催されています。
早速見学に行ってきました。
b0059978_19363288.jpg

昨年、御前崎市で行われた展示会と同じく阿形昭先生の催しであります。
場所の制約からか、昨年ほどの展示点数は有りませんでしたが、その分新資料や絞り込まれた展示品が展示されていました。
b0059978_19411111.jpg

航空写真には走行中の列車も写っていました。現道との線形比較も出来て面白かったです。
b0059978_19431687.jpg

不正乗車防止の表彰状なんていうのもありました。
b0059978_19442958.jpg

大庭先生の製作されたB15の模型です。先生のお宅には、堀之内軌道のオットー機関車の模型もあって一緒に飾られていた覚えがあります。

さあ、一通り見学も終わって図書館の近くにある五十岡(いごおか)駅に行って見る事にしました。ココはホームも残っているし以前から復元された駅名標が展示されています。(現役時代とは形状が異なりますが、掛川市と違ってこちらは木製です)
b0059978_19503688.jpg

このあたりの廃線後はサイクリングロードになっていて、軽便の案内看板や復元駅名標も数箇所に展示されています。ね、良い雰囲気でしょ。

ん、ちょっとそこの・・・・・・
b0059978_19532182.jpg

にゃにゃー : え、あたしのこと?
城東電軌 : 何してるのそんな所で。
にゃにゃー : 久しぶりの良い天気だからつい出来心で・・・・にゃーには黙っていてね☆
城東電軌 : う~ん、どうしようか・・・・

さて、お昼も近くなりましたね。おいしい蕎麦でも食べに行きましょうか。
二俣線の遠江一宮駅には美味しい蕎麦屋さんが駅の中で営業しています。そこに行ってみたんですが、本日は品切れとの事で蕎麦には有りつけませんでした。残念!
b0059978_20184843.jpg

しょうがないので、駅撮りを一本。
b0059978_20193699.jpg

さあ、帰ることにしますか。

帰宅後

どんどんドン  
にゃにゃー : あたしをここから出してよ~
なにやら押し入れのほうから悲痛な叫び声が響いてました。
[PR]
by kitoudenki | 2007-07-08 20:24 | 鉄・駿遠線 | Comments(6)

駿遠線駅名標

城東電軌の地元、掛川市内(今では掛川市なんです・・・)の駿遠線駅跡に最近駅名標が設置されました。
b0059978_17203073.jpg

聞けば観光協会が設置したとのこと。教育委員会ではなく観光協会が設置した所が面白いんですが、確かに宣伝が入っているし鉄パイプで出来てるし(まあ、これはしょうがないですか)鉄としては少々不満も有りますが、地元でもすでに駅位置すら忘れられている駿遠線の事を皆さん思い出していただければうれしいですね。
b0059978_1727595.jpg

この駅名標、南大坂、西千浜、千浜の3箇所で確認できました。駿遠線を知らない世代の人もこれを見て、軽便が地域に果たした役割を認識していただればと思います。
[PR]
by kitoudenki | 2007-07-01 17:33 | 鉄・駿遠線 | Comments(6)

なつかしの軽便鉄道展

現在、御前崎市立図書館で「なつかしの軽便鉄道展」と題した静岡鉄道駿遠線の企画展が開催されています。

b0059978_21131040.jpg
この展示会は郷土史研究家の阿形昭さんが研究、収集された資料を展示してあり、はじめて拝見する資料も多数あり大変面白い展示会でした。
b0059978_2123911.jpg
b0059978_2136100.jpg
b0059978_2131757.jpg

特に廃止時に使用されたヘッドマークがそのまま残っていたのには正直驚きました。
その中でも大手線廃止時のヘッドマークなど、その当時としては如何に軽便が皆に愛されていたかを実感できる資料だと思いました。
b0059978_2191853.jpg
b0059978_2113465.jpg

最近軽便の(駿遠線の)企画展をたまに見ますが、個人の方が企画、収集された資料としては1級の内容だと思います。下手な郷土資料館の資料よりもすばらしく思いました。(実際すごいです)

子供の頃見た海水浴列車、駅まで荷物を親と一緒に取りに行ったこと、法多山に行く時軽便と併走したこと、東海道線から見た袋井や藤枝駅の客車・・・・・  思い出します。

8月27日まで展示されていますので皆さんも昔を思い出して見ませんか?
[PR]
by kitoudenki | 2006-08-19 21:22 | 鉄・駿遠線 | Comments(6)