城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

二俣線

え~、何かとチョイチョイ出てきます二俣線ネタです。
b0059978_15292799.jpg


天浜線に転換さててから駅舎等、大分建替えられてしまいまして、国鉄時代の面影もだんだん少なくなってきました。そんな中から未だに国鉄時代の面影を残しているシーンを幾つか御紹介します。
先ずは遠州森町駅です。
b0059978_1532681.jpg
b0059978_15323648.jpg

下り列車が太田川の築堤を降りて場内に進入してきます。
b0059978_1534913.jpg
b0059978_15344190.jpg

列車は2番線に進入。
b0059978_15363017.jpg
b0059978_1537939.jpg

遠州森町に到着です。

構内廃線や信号も変わっては居ますが、結構雰囲気は残っているんですよ。
b0059978_1541540.jpg

ホーム側から見た駅舎です。構内踏み切りの階段の蓋も現役です。

b0059978_15421338.jpg

太田川橋梁も昔のままです。

b0059978_154315.jpg
b0059978_15432090.jpg

田園から一宮にかけてはこんな風景の場所も有ります。

1日乗車券も発売されていることだし、皆さんビールを片手に汽車旅なんて如何ですか?
[PR]
by kitoudenki | 2008-07-19 15:47 | | Comments(10)
Commented by 尾鉄通信 at 2008-07-19 19:31 x
国鉄は永遠だと思っていた頃があります。
車両もこんなに早く入れ替わるとも考えていませんでした。
時間が止まったままなのは自分の世界だけ?
Commented by 城東電軌 at 2008-07-20 10:21 x
この世界のライフサイクルは、他の交通機関と比べて極めて長いと思います。わたしたちの世代以上の方については、特にそう思われていらっしlらるんでは?と思います。なんたって40年前の電車がバリバリの現役が当たり前なんですから。
現代の効率優先のサイクルタイムにはどうも馴染めません。

国鉄は国鉄で居て欲しい・・・・・・自分も感覚の中では未だに掛川を通っているのは国鉄です。
Commented by Jolie-ma at 2008-07-20 20:54
国鉄時代と今の写真、貴重ですね~。とっても面白いです!!
私が乗る都心の電車は合理的になりすぎてしまい、車両の塗装
はシルバーの車体にいろんな色のラインを塗るのみになってしまい
ました。
また駅にはホームドアが設置され、車両デザインを観察できる機会が
減ってきています。
電車の乗り心地はどんどん良くなるので、近代化や合理化も否定
はできませんが、
昔の駅舎や電車のほうが、なんだか面白かったです。
こういう風景を残してほしいですー。
Commented by 城東電軌 at 2008-07-20 22:24 x
そうですね、以前ですと路線ごとに車体自体がカラー化されていて、一目で路線が分かりましたよね。今ではよく見ないと遠目では何線やらさっぱり・・・・・
それでも施設につてはまだまだ都心も色々残っていますね。東京や日暮里などホームの上屋や架線柱に古レールが使われていたり、デザインが大正期の装飾が残っていたり、神田駅の階段や上野の京成との連絡地下道などに昔の意匠が意外と残っていますね。(すいません、自分のテリトリーの範囲ばかりで)
意外とお勧めなのが東急池上線の五反田駅を地上から眺めた所なんですよ。結構いいですよ~

こんな楽しみ方もまた如何でしょか?

Commented by ジョリマ at 2008-07-21 20:21 x
へ~。
そうなんですかー!東急池上線の五反田駅なんて、マニアック
ですな~。しらなんだ!
次回からは注意して駅の意匠を観察してみます♪
Commented by シゲ at 2008-07-22 00:43 x
第三セクターに移行しても、意外と古い(国鉄時代の)施設が残っているものですよね。
ビールを片手に汽車旅・・・これは至福のひとときです。場合によっては日本酒でも。

池上線は大手私鉄でありながらちょっとタイムスリップした感もあり、五反田駅もなかなか味わいがありますよね。
Commented by おごんち at 2008-07-22 15:07 x
昨年は講習に通ったので6回も五反田から東急池上線に乗りました。乗換えがめんどくさくて五反田に泊まったこともあったのに、地上から見る東急池上線って、どこから見るのでしょう?
Commented by 城東電軌 at 2008-07-22 22:18 x
シゲさん、お酒はもう抜けましたか?
池上線は釣り掛け時代に(関東在住時代に)良く行きました。鎌田辺りのガード下雰囲気も結構好きでした。(夜は行かなかったけど。後は南海の今池辺りとか・・・・・)
まあ、専攻が専攻でしたし、技術的変遷にも興味が有りましたから自然と目が行ったのかもしれませんね。

おごんちさん、少しコアな分野になるかもしれませんが、JR五反田駅ホームから見るリベット接合の鋼桁、アーチ状の鋼製橋脚ですとか、五反田-大崎広小路間を高架沿いに歩いたとき見上げる五反田駅のRC構造の高架部分に何ともいえないノスタルジーと美しさを感じてしまいます。
後、ホームに上がると改札付近は鋼製の上屋(これもハンチ部分にRが付いてて良い感じ)でホーム部分が木造で(開業時の物でしょうか?)端部のデザインがこれまた良い感じです。架線柱の補強もRが付いていて昭和初期のデザインを感じさせます。
おっと、少々語りすぎてしまいましたか・・・・(すいません、偏った趣味で)
Commented by おごんち at 2008-07-23 22:11 x
わからない用語がちらほら。。。
リベット接合の鋼桁、アーチ状の鋼製橋脚、RC構造、ハンチ部分、R。。。
解説を求めたりすると、深みにはまっちゃったりするのかにゃ?
Commented by 城東電軌 at 2008-07-23 22:58 x
ははは、少々マニアックすぎてしまいました。(反省・・・・)
それでは近々しゃしんをUPしてみますね。でも白黒のネガで撮ったものが主なので果たしてどこに仕舞ったのか・・・・・
見つからなかったらデジカメのスナップを探してみます。(あんまりい写真はありません。ごめん)