城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

樽見鉄道でイベントが開催されます

樽見鉄道では貨物営業(住友セメント)の廃止に伴ってDE10の廃車が出ています。また、客車列車の廃止に伴って客車も本巣に留置されています。
b0059978_22264833.jpg

b0059978_2227983.jpg

そんな機関車や客車の部品を自分で解体、買取できるイベントが開催されます。
詳しくは以下を参照してください。

金沢市電2202保存会特別活動Ⅲ 「樽見鉄道部品販売会」

㈱ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス様のご好意により
樽見鉄道で廃車となったDE10,DE11,オハ12-1002,オハフ12-2002,うすずみ2号を対象に部品販売会を行うことになりました。
売上金は金沢市電2202保存会へ納められ、市電復元資金として活用されます。

目玉としてはオハ12-1002,オハフ12-2002,うすずみ2号を対象に、座席を当日10時から15時の間まで取り放題という企画があります。中古物件でも一席何万円もすることがありますから、これはお得な企画ではないでしょうか。なお、一人五千円で参加できます。ただしご自分で工具を用意して取り外し、運搬や自宅への輸送も行っていただきます。輸送する手段の無い方は、有料にてご自宅へ輸送する相談をさせていただきます。
b0059978_22325856.jpg

その他にも車体の切り抜き文字や社紋、「樽見鉄道」のプレートなどの販売も行います。自分で外す事が基本のイベントですので、工具の持ち込みも歓迎いたします。なお、電源の用意はありません
基本的に外せる物は何でも販売します。

価格例①:DE10キャブ+プレートなど小物すべて五十万円(要予約)
価格例②:「樽見鉄道」プレート4万円(自分で外せば三万八千円)
価格例③:切り抜き文字一面二万円(自分で外せば一万五千円)
b0059978_22332097.jpg

b0059978_22333833.jpg


ご注意①:現場におけるケガ、事故についてはご自身の責任において対処ください。
ご注意②:取り外し後の運搬や工具はご自身が調達、用意ください。
ご注意③:屋根上の部品については係員にご相談ください。
ご注意④:この企画には樽見鉄道様は関わっていませんので、問い合わせなどは以下のメールにてお願いいたします。

開催日時:2008年6月8日(日)午前10時~15時 樽見鉄道本巣駅構内
問い合わせ先 尾鉄通信管理人 tsk-1803@ksn.biglobe.ne.jp



ね、如何です?自分で車両の解体が出来るチャンスですよ。なかなか出来ない体験だと思いますので、皆さん参加されては如何でしょうか!
[PR]
by kitoudenki | 2008-05-19 22:44 | | Comments(2)
Commented by 尾鉄通信 at 2008-05-20 20:47 x
宣伝していただいてありがとうございます。
急に決まったイベントですので、こちらも宣伝に苦慮していました。

価格もざっくりと決めたものですので
現地にて「持ってけ!」みたいな物件が出るかもしれませんよ。
なお、即売会は当日限りとなっていますので
そのあとの部品販売は当会でお受けしていません。
さあ、いい物件は早い者勝ちですよ!

ひとつ大事なことを忘れていました。
この企画は金沢市電2202保存会が主催しています。
モハ2202を保有する㈱ジェイアール貨物・北陸ロジスティクス様の
ご好意によってこの販売会を行います。
樽見鉄道様はこの企画に関わっていませんので
問い合わせは「尾鉄通信」のメールにてお願いいたします。
Commented by 城東電軌 at 2008-05-21 23:35 x
このイベントを知った時はびっくりしました。
さすが尾鉄通信さん、すごい企画ですね。こう来るとは思ってもいませんでした。
何はともあれ沢山の人が来るといいですね。