「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

くぬぎ山車庫

新京成、かつては京成の譲渡車ばかりが走っていました。800だけが例外ですが・・・

そんなある日、くぬぎ山周辺を散策したことが有ります。
b0059978_0111955.jpg

工場入り口にはサイドベンチ、左右非対称の正統派京成スタイルの電車が居ました。
工場の反対側、ヤード側はフェンスも低く光線も順光でいい編成写真が撮れる場所です。
b0059978_0145660.jpg

今はどうなっているんでしょう。
周りも林や畑が点在するのどかな所でした。

一方、北総開発がこの頃開業しており、当時は新京成と相互乗り入れをしておりました。
北総の7000は静かに余裕で走っていましたが、方や新京成の電車は北総線内をモーターが焼け切れんばかりの勢いで走っていました。ホントうるさくて車内で会話が出来ないくらいでした。そしてよく揺れた!台車のイコライザーやバネがヘタってるのか、とにかく釣り掛けサウンドがすさまじかったです。
b0059978_0221313.jpg

新京成線内を走る7000の写真も撮影したのですが、ネガが行方不明です。また見つかったらUPしますね。
[PR]
by kitoudenki | 2008-02-17 00:24 | | Comments(5)
Commented by シゲ at 2008-02-17 09:00 x
確かに、以前の新京成は京成の譲渡車ばかりでしたね。
8500の登場あたりから、ある意味京成よりも斬新な車両が現れたように思います。

くぬぎ山・・・数年前、車庫の公開で出かけましたが、やはり周辺は住宅が増えています。昔ながらの光景も僅かながら残っていますけど。

北総開通時、私も訪問しています。
城東電軌さんと全く同じく、釣り掛け車の爆走?を楽しんだ記憶があります。とにかく運賃が高かった!(これは今も)

北総7000は斬新なスタイルでしたね。この頃は羽田空港に乗り入れるなど夢にも思いませんでしたが、こちらも廃車となってしまいましたね。
Commented by 城東電軌 at 2008-02-17 13:58 x
釣り掛け天国新京成、懐かしいでしょ。
あの当時でさえ待たずに乗れる釣り掛けというと、ここと東急池上線くらいでしょうか?
北総線内をよくもまああんな勢いで走ったモンです。まるで耐久レースのようで、変な意味ワクワクしました。
Commented by 尾鉄通信 at 2008-02-17 16:44 x
都会の吊り掛けサウンドは経験がないので知りません・・・。
当時は田舎電車ばかり追いかけていましたので・・・。
Commented by シゲ at 2008-02-17 21:53 x
確かに当時は待たなくても釣り掛け車が来ましたね!
北総線は線形も良く、カーブだらけの新京成とは違った走りが楽しめました。いかにもニュータウンの車両という感じの北総7000と新京成の旧型車のギャップもすごかったです。
あんなサウンドを聴けたのも、今となっては貴重な思い出です。
Commented by 城東電軌 at 2008-02-18 21:24 x
尾鉄通信さん、都会(と言えるかどうか・・・10分走れば田んぼと畑の中でしたから)の電車も捨てたもんじゃないですよ。北総開発は開業当時、見渡す限りの原野のようでしたし・・・・・

シゲさん、待たなくても釣り掛けしか来ませんでしたよね~
そんな新京成も今ではどんなふうに変わったんだろう。