城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

近代文化遺産

昨日、国の登録有形文化財である静岡県小山町の豊門公園と森村橋の見学に行ってきました。
実は幼少の頃、この地に住んでいたことが有りまして、今回公開される施設についても子供の頃の記憶が有り(トロッコの線路や富士紡績の工場など)昔の記憶をたどる旅となりました。
あ、今回はうちの両親と姉も一緒です。それと、ねこは留守番ですよ~

b0059978_1848641.jpg

雷鳴とどろく悪天候の中、小山町に到着です。まだ公開時間に間があるので昔住んでいた所や毎日汽車を見に行った御殿場線の踏切を見て回りました。なつかしいです。
踏み切りの所にはトロッコのレールと枕木の跡が舗装の上に浮き出ていました。
b0059978_18525789.jpg

小山の駅裏のガードにはトロッコのプレートガーター橋がそのまま残っており、少し感動しました。横から出ているアングルは板を渡して歩道(転落防止足場)にしていた跡です。
b0059978_18545473.jpg

また、駅に至るトロッコの線路跡の道を良く見てみると真ん中が盛り上がって舗装が割れています。ひょっとしてレールの上にそのまま舗装したのかもしれません。(う~ん、掘ってみたい)

さあ、時間になりました。集合場所の健康福祉会館に向かいます。(此処は入浴施設が有り、300円で温泉に入れるんですよ)
此処からはバスに乗って各施設に回ります。施設ごとにスタッフの方が説明をしてくれました。
b0059978_1932591.jpg

最初は豊門会館です。この建物は、富士紡績の和田社長の自宅(東京は向島)に有った物を移築し(大正14年)富士紡績の迎賓館として使用されて物だそうです。
因みにこちらは映画撮影などにも良く使われるそうです。
b0059978_1975285.jpg

派手な装飾などはないですが、品良くなおかつ贅沢な材料を丁寧に使用した造りはとても感銘を受けます。また渋沢栄一や勝海舟の書も展示してあり、歴史を感じさせます。
b0059978_19114154.jpg

次は豊門青年学校です。(どちらかというとこちらのほうが好みです)
末期には富士紡績の寮として使用された為、大分改修を受けていますが、それなりに当時の面影が残っています。
b0059978_19154410.jpg

良いデザインでしょ?新築当時からのものだそうです。
b0059978_19163951.jpg

この扉を開けるとそこには・・・・・・   和室でした。
b0059978_19173154.jpg

洋館の窓枠や飾り窓の金具が好きです。

さあ、次は一番見たかった森村橋です。富士紡績の今日の発展の礎を築いた森村市佐衛門の名前に由来する明治39年製の橋です。
b0059978_19225778.jpg

おお、森村橋だ!でも・・・・・・
昔の記憶では橋の周りは(道の真ん中にトロッコが通り、橋を渡っていました)もっと活気が有り、橋の向こうには工場があったのですが・・・・。なんだか寂しいです。
b0059978_19261431.jpg

橋自体は思ったより小さく、鋼材の断面も細いです。設計荷重はどのくらいでしょう?袂には進入制限の看板もあります。鋼材はドイツ製の輸入材で製作は石川島造船です。(現在の石川島播磨重工)ピアはレンガ積みで橋門にはこの時代に良く見られたFBによる飾りが有ります。
曲弦と吊部材のピンが美しいです。
b0059978_19345855.jpg

橋から小山駅方面を望みます。此処には社宅(だったかな?)が並んで居たように思います。今は寂しいですね。
橋を渡った側(元の富士紡績の工場跡)では工事が行われていましたが、そこにはレールが顔を出していました。旧構内の通路ではきっとレールをそのまま埋めてしまったのかもしれないです。
午後からは健康福祉会館で講演会です。横浜国立大の松元先生による社会的見地からの富士紡績と小山町、そして今回の登録有形文化財について話が有りました。
しかし、時間も短くどうも消化不良の感が否めません。もっと掘り下げた話を時間を掛けてして欲しかったです。
その後のパネルディスカッションは小山町のお国自慢大会になってしまい、唯一文化庁の担当官の方の話が救いでした。(我が家は途中で退席しました)
こういった講演の場合、対象者や出席者(地元町長や教育関係者を呼ばないわけにはいかないのでしょうが、役場関係者の比率高すぎ!)公演内容のレベル設定など関係者の方の苦労はあると思いますが、(司会の方あせってましたね・・・)今後はもっと有意義な催しを期待します。

b0059978_19535452.jpg

会場を出るとまだ4時前でしたので、嫌がる両親を連れて幼少の頃遊んだ記憶がある金時公園に向かいました。
懐かしいです。この大きな看板今でもあるんですね。(当然、代々の立替でしょうけど)
b0059978_19592233.jpg

公園の入り口にはこんな小さな金太郎が居ました。

金時公園で長居をしてしまいましたが、御殿場インター近くで夕食にしました。
b0059978_2002419.jpg

両親と姉はすしを、城東電軌はてんぷらを頂きました。てんぷらはネタは良いのですが、掻き揚げの衣が重かったです。(重いから火を通しすぎてるし)衣を使い分けてくれると良いんですが・・・・・
b0059978_2025056.jpg

後、きんきの煮付けを一品で頂きました。こうゆう煮魚だと煮汁が濃い目になりがちですが、このきんきは程よい味加減でとても美味しかったです。
b0059978_2064620.jpg

さあ、おなかも心もいっぱいになったところで帰るとしますか。

                                       41年ぶりの里帰り・・・・・
                                          (母と姉にとっては)
[PR]
by kitoudenki | 2006-11-12 20:09 | 日々の出来事 | Comments(9)
Commented by 尾鉄通信 at 2006-11-12 23:05 x
こんばんは~。
数十年前の光景が残っていてよかったですね。
トロッコの跡もあちこちに点在し、
この環境が今の城東電軌さんを作り上げたのですね。
なるほど・・・。
Commented by ぬい at 2006-11-12 23:37 x
初めましてヌイです。
毎日囲まれていた懐かしい場所への再訪はなんともいえないノスタルジックさに包まれて時が止まりますよね。
昔の写真と今の写真を並べてみたくなります。
にゃー達の留守番は残念でした~★
Commented by 城東電軌 at 2006-11-13 23:37 x
ぬいさんはじめまして。
やはりこういった場所に行くと色々記憶がよみがえります。
その中で記憶の修正?とでも言いましょうか「あ、此処はこんな風だったんだ・・・」
というような思い出とのギャップが有り、改めて目線の違い、時の流れを感じてしまいました。
ねこたちのお出掛けはまた今度期待してくださいね~。(子供たち同伴でないと・・・・・)
尾鉄通信さんこんばんは。
ふふふ・・・ついに鉄の原点を掴まれてしまいましたね。
此処の踏み切りでトロッコと御殿場線の蒸気を見て育ったおかげで、もうこの世界にどっぷり・・・・
それにしてもねこの原点は何だろう・・・・
Commented by KIO at 2006-11-22 23:48 x
美人の妹さんが飼ってる
シャムクオーターの美人猫が原点なんじゃないかな?
Commented by 城東電軌 at 2006-11-23 19:01 x
日永一日、植えたばかりの花壇の上で昼寝をしていて、ママにおこられねこのことですか?
Commented by 寮生でした at 2010-01-08 14:10 x
はじめまして。懐かしいです、、。私ここの富士紡女子学生でした。第一工場 橋を渡ってすぐ見える工場で 早番の時は朝四時にゴーンゴーンて鐘が鳴り 皆 一斉に布団をたたみ 工場へ仕事 午後からは制服に着替えて学校でした。仕事場はボコ(わた)だらけで
仕事は毎日大変だったけど 今となっては良い思い出です。。
Commented by 城東電軌 at 2010-01-08 20:56 x
貴重な体験談をありがとうございます。当時の小山は富士紡績の企業城下でしたから、さぞや活気があっいたのでしょうね。私も幼少ながらおぼろげに活気のあった小山を覚えています。学校や国道沿いの商店街にも人があふれていましたよね。また懐かしいお話をお聞かせください。
Commented by こがね丸 at 2013-06-06 15:41 x
学生時代の昭和32年7月に東京―御殿場と経由して山中湖へ向かった時、駿河小山駅から富士紡績の軌道線を車窓から見下ろしながら進みました。まだ現役の頃で、ディーゼル機関車?(または電池機関車?)が貨車を牽いている姿も見られました。線路に沿った道路の片側に線路が見え、やがて富士紡小山工場の門内に消えていきました。興味がわいて、いつか下車してみようと思っていたのですが、社会人になってから忙しく、確か昭和43年に廃止されました。線路はしばらく残っていて、沼津から松田まで乗った折に懐かしく眺めました。いま考えると無理してでも訪問しておくべきだったと悔やんでいます。
Commented by 城東電軌 at 2013-06-07 20:54 x
こがね丸さま、軌道の思い出をありがとうございます。
車窓から見えた小さな軌道、きっと想像を掻き立てられる素晴らしい印象だったのでしょうね。
訪問が叶わなかったとの事ですが、この趣味を長年やっていますとそう言う事が何度かありますね。私も又今度と思っている内に廃止になってしまった・・・・と言う事が幾つかありました。
思った時にすぐ行動、と言う事を身をもって味わう事を覚えた物でした。(その割に、未だ同じことを繰り返しています・・・)