城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

湘南色の電車に乗りたくて

高崎地区の115,107系が211系に置き換え開始とアナウンスがされたこの夏、仕事のひと段落したところで18きっぷの残り1回分を使い、信越本線は横川へと湘南色の115に乗りに行ってまいりました。
掛川を始発で出て帰りのホームライナーに間に合うようにするには、現地滞在は1時間がリミット!
果たして信越本線に115が来るか107が来るか、富くじのような工程ですがともかく出発です。
高崎に着くと信越本線ホームには115が待機中。無事に目的の湘南色の電車に乗れました。
b0059978_22561410.jpg

遠くに妙義山を望みながら田園を進むにつけ、だんだんと車窓の景色は勾配に変化をつけてゆきます。
b0059978_22562965.jpg

信越本線はやはり山線なんだ・・・・
そんなことを実感します。
b0059978_22573718.jpg

横川駅構内に入り引き上げ線が見える頃には、これだけの勾配が実感できます。
ああ、これから碓氷峠に挑むのだ、かつてそう思ってワクワクした日の事を思い出します。
b0059978_2364032.jpg

到着した普通列車は駅舎側の1線を普段は使用。かつて特急列車や釜めしの立ち売りで賑わったホームには人っ子一人居やしません。
遠くに峠を望みながら、その先に鉄路はもうありません。(営業線としての)
b0059978_23103245.jpg

1列車見送った後は、荻野屋さんで一休み。
とりもも弁当が欲しかったのですが、土日しか販売していないようなので、帰りの信越線車中(115のBOXシート)で食べようと釜めしを所望。
横川で降りた皆さんは荻野屋さんの写真をよくUPされていますが、どれもみな食堂部分ばかり。随分こじんまりした印象なのですが、ところがどうして、本店自体なかなか立派な構えの建物で今でも釜めしの調理を行っているとの事。
b0059978_23164843.jpg

さあ、ぼちぼち入線時間かな。
ホームで待っていると入ってきたのは107系。信越本線車中で釜めしを食べることはあきらめました。
b0059978_23244436.jpg

山を下る107系を楽しみ、程なく終点の高崎に。
高崎線の発車までは、ここを発着する115を眺めていました。次に来る時はどんな景色になっているだろう・・・
b0059978_2328940.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2016-09-03 23:29 | 鉄な旅 | Comments(0)