城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

掛川散歩シリーズ・今年の祭りは大祭り

久しぶりの掛川散歩シリーズです。
今年の掛川祭りは大祭りという事で、仁藤の大獅子かんからまち奴道中という大祭りの時にしか見れない3大余興が登場する年なのです。
実は掛川祭り自体、地元の祭礼と日程が同じためほとんど見た事がなく、幼少の頃のおぼろげな記憶しかありません。そんな訳で大祭りを、特に大獅子を見てみたいと思い、1日早く終わった地元祭礼の片づけもそこそこに、午後から掛川へと繰り出してみました。
b0059978_20132787.jpg

市内は駅前通りから旧東海道に掛けて、全ての道が車両を締め出してお祭り一色に染まっていました。
駅前通りでは丁度かんからの披露を見る事が出来ました。
b0059978_2014250.jpg


b0059978_20141957.jpg

260年間には既に行われていたというこの舞ですが、聞けば県の指定無形民俗文化財との事です。3頭獅子の舞自体は関東以北の民俗芸能で、当地に伝わったのも地理的例外で大変珍しいとの事でした。
b0059978_20143875.jpg

花幌も美しいですね。因みにかんからは瓦町の余興です。
b0059978_20145534.jpg

何時も閑散としている駅前通りもこの日は賑やかです。
色とりどりの各町内の屋台が通りを練り歩きます。御囃子に三味を弾く屋台もなかにはあります。さすが宿場町の屋台です。
御城近くの逆川から旧東海道に掛けてのエリアがお祭り広場という事で、各町内の屋台がここに集まり順番に余興を披露すると案内されました。
ならば大獅子もここで見ようとお祭り広場に向かいました。
b0059978_20155538.jpg

午後の遅い時間からの見学でしたが、道神町の小獅子や塩町の浦島、十九首の御囃子のど色々と楽しめました。
b0059978_20164772.jpg


b0059978_2016212.jpg

屋台も古くは江戸の頃の物もあるとか。東海道筋の城下の繁栄がしのばれます。
さて、いよいよお祭り広場の余興簿クライマックス、仁藤の大獅子の順番となりました。
遠く御城の御殿前に大獅子の待機する姿が見えました。
b0059978_201754100.jpg

総勢200人の余で操るこの大獅子、目の前を練り歩く姿は正に圧巻です。
b0059978_20181970.jpg


b0059978_20183395.jpg

お祭り広場のスペースの関係からか少し動きに制約が有りますが、それでも頭(カシラ)をくゆらせ身をひねり、門を潜ろうとする頭とそれを引っ張る胴との練りの迫力は見る者を引き付け興奮させてくれます。
此処での披露は15分ほどでしたが、天然寺に納める時は30分以上の練りが見られるとの事です。
披露が終わり、興奮のまま屋台と御囃子の中を駅前通りを帰路につきましたが、御祭はまだまだ宵祭りへと続きます。若い衆の見せ場はこれからです。
[PR]
by kitoudenki | 2015-10-14 20:18 | 日々の出来事 | Comments(0)