城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

信貴山に夢の跡を求めて・いざゆかん、信貴山急行高安山駅

それはやけに雨の多く蒸し暑いこの夏の事、近鉄の鋼索線の一つである西信貴鋼索線を訪ねてまいりました。
大阪線の河内山本を降りると、そこには2両編成の信貴線の電車が止まっていました。
b0059978_21101896.jpg

乗り込むとすぐに発車となり、急カーブを左へ曲がるとやがて線路は上り勾配となり、終点目指して電車は信貴山麓を駆け上がって行きます。
b0059978_21103969.jpg


b0059978_21105542.jpg

勾配を上がり切った僅かな水平地点が、終点の信貴山口でした。
b0059978_21111698.jpg


b0059978_21113726.jpg

木造ドーム屋根のある風格ある駅です。そこから直角に交わるように西信貴鋼索線ホームが伸びています
b0059978_21115662.jpg

そこに止まっている車両の先には小さな貨車が連結されていました。荷台には小さなオイルタンクが。プーリーへの塗布用でしょうか?
b0059978_21121441.jpg


b0059978_21123884.jpg

その先には貨車への荷降ろし用と思しきジブクレーンが見えます。
やがて発車時間となり、ケーブルカーは音もなく走り始めました。
b0059978_21264475.jpg

しばらく進むと踏切が見えました。ここは生駒線と同じく、全国的にも珍しいケーブルカーの踏切が見られる路線なのです。
b0059978_2127647.jpg


b0059978_21273343.jpg

勾配が変わり桟を通る頃には、前方に交換所が見えてきます。
b0059978_21275692.jpg

交換所を過ぎトンネルを通ると、また一段と勾配が変化します。
b0059978_21281578.jpg

やがて山上駅である高安山駅が見えてきました。
こちらの駅は、山下と違いホームも狭く勾配も大きくとられています。
b0059978_2129412.jpg

到着したホームの横には給油のためのホースが伸びており、到着後は先程の貨車のタンクにホースが繋がれていました。
b0059978_2129272.jpg

屋根の外側には貨車が1両置かれており、レールに乗せるための天井クレーン設備と共に興味深く観察しました。貨車には銘板も付いており、コニ7という形式が確認できました。
b0059978_21294581.jpg


b0059978_213027.jpg


b0059978_21305440.jpg


b0059978_21311185.jpg

外に出るとそこには今回の目的である信貴山急行電鉄山上線のホームが有りました。
b0059978_21313325.jpg


b0059978_21314817.jpg

ホーム上には案内看板も設置され、今やこの遺構が如何に有名物件であるかが伺えます。
b0059978_2132693.jpg

車庫跡にも行ってみました。しかしすっかり整地され、跡形もその遺構は確認できませんでした。
さあ、目的の物も見れましたので、そろそろ山を降りる事にしましよう。
b0059978_21323875.jpg


b0059978_21325460.jpg

駅にて発車を待っているとみるみる黒雲が広がり出し大雨が降りだしました。
b0059978_2133133.jpg

山を降りるケーブルカーは、雨の中を進みます。期待していた眺望は楽しめませんでした。
b0059978_21333397.jpg

再び信貴線に乗り河内山本まで戻ってきました。さあ、これから今夜のお宿に向かいましょう。
b0059978_21335611.jpg

振り向けば信貴山口へと戻って行く電車が、丁度視界から消えてゆくところでした。
b0059978_21341283.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2015-09-08 21:35 | 鉄な旅 | Comments(0)