城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

遠州を走る吊り掛け電車・ついに実現貸し切り運行♪

昨日の事ですが、浜松を拠点とする鉄道模型パーツメーカー、エヌ小屋、城東電軌、エレ小屋の企画いたしました遠州鉄道30系の貸し切り運転が行われました。その時の様子をレポートしたいと思います。
b0059978_23272874.jpg

集合場所の西鹿島駅に着くと25はまだ出庫前でした。
b0059978_23244951.jpg

改札にて受付準備や遠鉄様との打ち合わせを行ううちに、急行マークを付けた編成が2番線に入線してきました。
b0059978_2325780.jpg

そう、今イベントのサプライズ企画がこのヘッドマークだったのです。この日のために当時の写真等参考にしながら復元しました。
当時を知って見える方は一様に感嘆の声をあげていらっしゃいました。
そしてもう一つが冷房マーク
b0059978_2327663.jpg

誤乗の恐れがあるため、運行中は急行マークを正面には着けらないため、ホームに停車中のみ正面に2枚を掲示しました。
さあ、受付も終了しいよいよ出発です。今回は60数名のツアー参加者が集まりなかなかの盛会です。
みなさん思い思いの席で、吊掛けや電制音を堪能しています。
b0059978_2328590.jpg


b0059978_2328392.jpg


b0059978_23285170.jpg

車内では車補も販売されて、遠路からいらっしゃった切符マニアの方には良い記念になったようです。
気がつけばもう新浜松に到着です。
新浜松ではヘッドマークを2枚掛けて再び撮影会。そして協賛頂いた皆さんの名前を入れたヘッドマークも入れて記念撮影。
b0059978_23291538.jpg


b0059978_23292736.jpg


b0059978_23294080.jpg

やがて折り返し時間となり、ここでもう一つのお楽しみが有りました。
全員にビール(もしくはソフトドリンク)が配られて、クーラーを止めて窓を全開にして走ろうという企画なのです。
皆一様に驚いていましたが、走り出すとこれがとても楽しい。
b0059978_2330019.jpg

みなさんクーラーの無かった時代の車窓の風を、思う存分に楽しんでいただけたんじゃないでしょうか。正に貸し切りならではの企画でした。
やがて西ヶ崎に到着すると、ここで記念撮影のために1時間の小休止となりました。
b0059978_23302470.jpg


b0059978_23304569.jpg


b0059978_2331480.jpg

記念撮影の場所なのですが、これがまた普段入ることのできない場所で、ED28の前での撮影となりました。おまけにパン上げもしていただけました。このサプライズ企画が一番喜んでいただけたのかもしれません。
みなさん思い思いの場所で1時間を過ごされました。
b0059978_23311698.jpg

その間、ホームの上では地元ケーブルテレビの取材が有り、代表のエヌ小屋さんがインタビューを受けていました。
やがて発車の時刻となり、電車は最後の工程へと進みます。
残りわずかな時間、皆さん吊掛け音を心と耳の奥に刻むようにまったりとされています。
岩水寺を過ぎ、長い上りこう配を登るとそこはもう西鹿島です。
2番線に滑り込んだ電車はドアを開け、今ツアーは終了しました。
b0059978_2332366.jpg

御参加下さった皆様、色々ご無理をお聞き下さった遠州鉄道株式会社様、協賛下さったキリンビール株式会社様、古民家風酒食房ヨシヨシ様、どうもありがとうございました。
又、各方面の調整と折衝にご尽力いただいたエヌ小屋様の企画力が、今イベントの一番の原動力であった事も付記しておきます。

b0059978_23323930.jpg


b0059978_23325544.jpg


b0059978_2333893.jpg

さて、運用を終えた25はと言いますと、そのままいつもの洗車線の奥へと入ると思いきや工場へと入って行きました。最後は50に押し込まれながら。
今イベントが全検前の最後の運用とは聞いていましたが、そのまま検入りになるとは思っていませんでした。
改めて充実した1日であったと思い返しました。
[PR]
by kitoudenki | 2015-09-06 23:34 | 鉄な旅 | Comments(2)
Commented by シゲ at 2015-09-07 20:28 x
楽しい一時をありがとうございました!しっかり堪能して、仕事の疲れも吹き飛びました。数々のご配慮、感謝申し上げます。
Commented by kitoudenki at 2015-09-07 21:54
シゲさん、お忙しい中、参加して下さってありがとうございました。
如何でしたか、少しは仕事の憂さを忘れてリフレッシュする事が出来ましたか?
出来ればもう少しゆっくりして行って頂きたかったのですが・・・・・
また今度遊びに来て下さいね。