城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

川面を渡るは涼風か・行ってきましたパラダイス

先日の事、大鉄の生ビール列車に友人と連れ立って行ってまいりました。
こちらの列車、生ビールが飲み放題ナノはもちろん、電機牽引の客車列車と云うのが何とも嬉しいというか泣かせるポイントなのであります。
さて、集合が金谷駅に17:40と言う事なので、時間に余裕を見ながら金谷へと向かいました。この日は裕に気温が30度を超えており、夕刻と言えどじっとしていても汗が滴り落ちてくるような日でした。
b0059978_23115542.jpg

途中菊川駅のホームでは、こんな懐かしい光景を目にしました。
金谷から新金谷までは臨時電車でツアー客を案内してくれます。
電車を待つ間、ホームを散策すると何とも懐かしい看板が!
b0059978_23122986.jpg

やがてやってきた電車は南海でした。いや、クーラーが有りがたい事有難いこと♪
まさに天国でした。
b0059978_23125167.jpg

そんな電車に揺られる事5分、あっという間に新金谷に到着です。
b0059978_23131323.jpg

そこにはED+オハフ33+電車客車2両(座敷)+電車客車(展望車)と云う編成が既に留置されていました。
b0059978_23133820.jpg


b0059978_23135636.jpg

受付を済ませ乗り込むと、発車前にもかかわらず既に飲み物が運ばれてきました。
これは頂かないわけにはゆきません。
b0059978_23142562.jpg

かんぱ~い
b0059978_23154968.jpg

よく冷えた地元直送のサッポロビールがたまりません。
やがてホイッスルが鳴りカプラーの遊びが無くなると、カツンと前後に揺られて客車独特の発車で旅が始まりました。
b0059978_23164679.jpg

窓から流れ込む生暖かい風、刻々と変わる夕刻の川辺の景色。目の前のビール。
隣のおばちゃんにもらった漬物(んまい!)
本当に来てよかった!
b0059978_23173956.jpg

そして宵闇が辺りを包む頃、列車は千頭に到着しました。
b0059978_2317581.jpg

こちらでの折り返しは17分ほど。酔っ払いたちは一斉に駅舎方面へと急ぎます。
一方機関車は機回し、パン替え、ヘッドマーク替えと短い時間に準備に大忙し。
室内灯に照らされ闇に浮かぶキャブが何とも幻想的です。
b0059978_23182534.jpg


b0059978_23184145.jpg

帰りはオハフ33に場所を移し、古の夜汽車を楽しみました。
b0059978_2319917.jpg


b0059978_23192510.jpg


b0059978_23194658.jpg


b0059978_2320475.jpg

時々聞こえるホイッスル、薄暗いグローブ灯、妙に明るいヒーターカバーの薄緑。
フックから外れた灰皿がカランと音を立てて・・・・
ふっと我に返ると、今自分がどこにいるのか不思議な感覚に陥る気がしました。
b0059978_23204699.jpg

窓の外に目をやれば、大井川の川面に映るお月さまがとてもきれいでした。
今宵はブルームーンとな。
やがて列車は新金谷へと到着しました。
楽しい時間はこれにておしまいです。行きと同じく帰りも金谷まで臨時電車が運行されました。
b0059978_2321252.jpg


このツアー、お値段以上の満足を味わえる事請け合いです。
皆さんもぜひ!
[PR]
by kitoudenki | 2015-08-03 23:22 | 鉄な旅 | Comments(0)