城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

東京上野ライン開業記念(てな訳でもないけれど)春野親子旅はゆったりまったり

今回のダイヤ改正に伴う東京上野ラインの開業、そして東海道線から東北線の直流区間への直通運転。そんなロングラン運転に乗車してみようと、この春から実家を離れる息子を誘って18キップの親子旅と洒落込んでまいりました。こんなこともなかなか出来なくなるしね。

まずはダイヤを調べると、日光線の接続がどうにも芳しくありません。
仕方なく三島まで新幹線を使っていきなりエスケープ。
b0059978_23445663.jpg

沼津発宇都宮行きの電車を使いますが、宇都宮着と同時に日光線が発車と云う塩梅の悪い接続になってしまいます。
b0059978_23461359.jpg


b0059978_23453849.jpg

仕方なく行きは北千住から東武に乗り換える事に。どうせならと云う事で、まだ乗った事のないスペーシアに乗る事にしました。
b0059978_23464855.jpg

しかしスペーシアも登場から流石に年数が経っており、ちょっと痛みが目立ち始めてきましたね。乗ってみて感じたのですが、シートの幅が以外と狭い・・・・・
b0059978_234783.jpg

下今市で日光線に乗り換えて東武日光を目指します。
b0059978_2347326.jpg
特急から乗り換えたお客さんで、座席はほぼ埋まりました。外人さんが目立ちます。さすが世界遺産。
日光駅は特急が発着するだけあり、狭い構内ながら4本のホームを備えています。
JR側のさびれ方とは対照的です。(後述)
b0059978_23475183.jpg
b0059978_2348627.jpg

駅前からはバスで東照宮へと向かいます。
表参道までバスで回れるのですから便利には便利ですね。昔来た時は、随分歩いたような覚えもあるような・・・・
b0059978_23482333.jpg


b0059978_23484189.jpg

この日は五重塔の特別公開と云う事で、心柱が公開されていました。
もちろん見学してきましたよ。1層目の部分と、床の基礎から浮いている部分のライトアップが為されており、制振のための先駆的技術を垣間見ることが出来ました。
b0059978_23485529.jpg

陽明門は大修理中で極彩の姿を見ることはできませんでしたが、壁面の下から現れたという漆絵は見る事が出来ました。
眠り猫、3猿、鳴き竜と見学し、家康公の廟にお参りし息子と一緒に東照宮を楽しむ事が出来ました。
b0059978_23491175.jpg


b0059978_23492519.jpg

帰りは神橋まで歩き遅い昼食にする事に。
神橋と云えばやっぱりこれ、東武日光軌道線の橋梁跡。
b0059978_23494528.jpg

もはや我々にとっては神橋以上にお約束でしかない(?)スポットです。
金谷ホテル前のバス停にはこんな電話BOXが。
どこかの索道の搬機を籠に見立てた物ですが、果たしてどこで使われていた搬機でしょうか?
b0059978_2350157.jpg


かえりはJRで帰ります。
バスで日光駅までやってきましたが、東武日光と違い何んとも閑散としています。
これだけ風格のある駅舎なのですが・・・・
b0059978_23502383.jpg

電車の時間にまだ間が有るようなので、あたりを一通り散策します。
b0059978_23503912.jpg

駅舎の2階の旧1等待合室はギャラリーとなって解放されていました。
b0059978_2351844.jpg

窓から見えるは女峰山でしょうか。雪を抱いた山並みがまだ春浅い季節を物語っています。
今は閑散としたコンコースも、かつては多くの人で賑わっていたのでしょう。
b0059978_23513916.jpg

長く立派なホームやその差し掛け。かつて日光型と云われた電車もあったくらい優等列車も発着したホームも、今は1~2時間に1本の各停のみが発着するだけです。
b0059978_235258.jpg

片や東武線は頻繁に電車がやってきます。
b0059978_23521920.jpg

貨物ホームの上屋には古河の文字が。かつて東武日光軌道線により、此処まで運ばれた古河アルミの貨物を思い起こさせます。今やその貨物ヤードの面影も広大な空き地に忍のみです。
b0059978_23523799.jpg

やがて日光止まりの電車がやってきました。線路の勾配が解りますか?
b0059978_2353460.jpg

やってきた電車はなんと湘南色(!)
宇都宮線色と言うらしいです。205系の湘南色・・・・・う~む。
b0059978_23531955.jpg

さあ、ここから掛川まで7時間の電車旅です。息子よ、耐えられるかな?
宇都宮ではキハ40がごろごろ。
b0059978_23534286.jpg

乗り換え時間9分でお弁当を吟味。宇都宮は駅弁の種類やお味が充実していて、どれをセレクトしていいやらホントに迷います。
時間一杯で東北線各停のグリーン車に乗り込み、宇都宮―国府津のロングランを楽しみます。
道中、弁当を食べ、車窓の風景を眺め、時々まどろみ・・・・
b0059978_23542221.jpg


b0059978_23543381.jpg

気がつけば夕闇の都内を通過していました。
b0059978_2355101.jpg

途中、二宮で熱海行きに乗り換え、そして熱海では浜松行きに乗り換え、掛川に着くころには日光を出てから7時間を過ぎていました。
b0059978_23552558.jpg

息子よ、これに懲りず又付き合え。
息子 : 疲れた!
[PR]
by kitoudenki | 2015-03-19 23:55 | 鉄な旅 | Comments(2)
Commented by やぶお at 2015-04-26 08:47 x
日光への家族旅行レポート拝見しました。
三島駅のJR東海発車案内に「宇都宮行き」が表示されることに感動を覚えました。
静岡まで東日本車の乗り入れがあれば、
静岡発宇都宮行きが実現されたと思うと悔しい思いです。

日光市内の電話ボックスは大いに気になります。
こういうグッズに目が停まるのも城東電軌さんならではですね。ロープウェイにしては小さすぎる気がするし・・・
Commented by kitoudenki at 2015-04-26 21:10
やぶおさん、昔のように東京行きが県内中西部まで乗り入れてほしいですよね。仰るように、せめて静岡発の宇都宮行きなんて設定が有れば、それだけで楽しい旅が出来そうなんですけれど♪
電話BOXに流用の搬機は、循環式の索道に使われていたものだと推測されます。(芦ノ湖のロープウェイなどのようなタイプ)
違和感無くうまい使い方をしていますよね。