「ほっ」と。キャンペーン

城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

さようなら27号さよなら半室運転台-その2

そんな訳で前回の続きです。

エンテツスキーさんと高架下の道を辿ってゆくと、やがて遠州病院前に辿りつきました。
今や奥山線の面影も無く、西鹿島線の面影も遊歩道にその線形を残すのみです。
遊歩道を抜けると八幡町の踏切が有った交差点に出ます。
b0059978_23534076.jpg

地上線時代はこの踏切から遠鉄浜松の踏切、国鉄浜松駅まで一度に見渡せたものでした。
そして北に向かい、線路に沿って細い路地のような道が続いていたんだっけな・・・・・
b0059978_2357485.jpg

近くの歩道にはこんなレリーフが埋め込まれていました。
子供たちが作ったと思しき作品ですが、やはり皆さんのイメージの赤電は湘南顔なんですよね。
b0059978_23591346.jpg

助信手前の交差点の様子です。
以前はここから地上に降りるスロープが続いていましたが、上島までの高架が完成した今は完全にスロープは撤去されてしまいました。
b0059978_011833.jpg

助信駅から見た旧線のスロープ跡です。
b0059978_02119.jpg

旧助信駅もすっかり更地になってしまいました。ここに新しい道路が出来るのですね。

さあ、それでは次の撮影地の自動車学校前に向かいましょう。
この駅は普段は交換が無いのですが、臨時の際には交換が有るのです。
今回はそのシーンを撮影してみようという魂胆です。
b0059978_0102926.jpg

馬込川を渡り高架を下りてくる89。なかなかの走りっぷりで、電制の音が響き渡ります。
b0059978_0131041.jpg

普段見る事の無い自動車学校前の交換シーンです。

この臨時は西ヶ崎で退避になるようなので、今度は岩水寺の交換を撮りに行く事にしました。
道中の沿線には多くのファンの方々が。西ヶ崎の歩道橋は結構な人気の様だったらしいです。

さあ、岩水寺に臨時電車がやってきました。
b0059978_0182710.jpg

お別れまでもう少しです。
b0059978_0194798.jpg

傾きかけた夕日に照らされて、岩水寺のホームに並んだ新旧の電車。このシーンもこの後見れるチャンスが有るのでしょうか?
b0059978_0224086.jpg

27は吊り掛けの音を轟かせ、北へ向かい走り去ってゆきました。

電車が去った後は、エンテツスキーさんに大日本軌道時代のレールが残る、岩水寺駅の柵を案内していただきました。
b0059978_0271561.jpg

小松に残るレールと同じもので、以前はホームの上屋にも使われていたようです。

軌道線の跡を辿りながら西鹿島まで行くと、27が奥の留置線への転線作業中でした。
b0059978_0293342.jpg

当たり前のように走っていた湘南顔。気がつけばこれで残りは25だけになってしまいました。
新車が入れば予備編成になってしまうのでしょうか。
一時代を築き、遠鉄の顔として君臨し続けた30シリーズ、本当に普通の電車ですけれど愛すべき電車でした。
[PR]
by kitoudenki | 2015-01-29 00:37 | | Comments(2)
Commented by やぶお at 2015-01-31 09:40 x
城東電軌さん、こんにちは。
おかげさまで、無事コメントさせていただいています。
ごていねいな私信をいただきありがとうございました。
ログアウトページまではクリックしたのですが、うまくいかず、その隣の設定・レポート欄は目に入っていたけれど、
違うと思いクリックなしで引き返してしまいました。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、遠州赤電さよなら運転レポートを拝見しました。
私もまずクルマで西鹿島に入りました。
城東電軌さんと同じ写真を撮っていますが、
光線から私のほうがちょっと遅かったようです。

湘南顔の赤電は鉄はもちろん、
地元の方にも愛されていることがよくわかりました。
お写真の半室運転台もよいカットから撮影されていますね。
30型の特徴といえるでしょうか。

さらに貫通路がワイドで2両編成ながら車内は長細いワイドな空間になりますね。
点検蓋を開いての吊りかけ音鑑賞も大サービスですね。
新浜松駅での無料撮影会開催という大盤振る舞いにも感心してしまいました。

Commented by kitoudenki at 2015-02-01 08:46
やぶおさん、コメントをありがとうございます。
私はいつもの天浜線とのフリー切符で行ったため、どうしても早めの到着になってしまいました。
新浜松ではひょっとするとどこかでニアミスしているかもしれませんね。
この愛すべき電車でデザインを十分に堪能されましたでしょうか。いざ無くなるとなると本当にさみしいですね。