城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

想いは遠く、磯かおる海辺の町へ

旅に出たいな・・・・
しばらく出かけていなかったこともあって、18キップのシーズンと云うこともあり、浜松の友人たちと銚子電鉄へ日帰り弾丸ツアーへ行ってまいりました。
今回の目的は18キップでどこまで日帰りができるだろうか?
というのがテーマなので、必然的に現地での滞在は考慮無し!
そんな鬼ツアーなのです。
先ずは例のごとく始発の上りで掛川を出発です。さすがお盆中だけあって通勤客は見当たらず、旅行者と思しき人たちでそこそこ駅毎に混み合ってきました。
b0059978_11343914.jpg

沼津、熱海と乗り換えて、ここで浜松組と合流です。
b0059978_1135735.jpg

ここから千葉までは快適なサロを利用、ロングシート区間の疲れを癒します。
大船では総武線に乗り換え。
なぜ戸塚でなくわざわざ大船で乗り換えかって?
そりゃあんた大船軒が俺を呼んでるからに決まってるからじゃない♪
b0059978_11361976.jpg

久しぶりに乗る総武線の車窓はすっかり様変わりしていました。
b0059978_11371287.jpg

スカイツリーが目立つね~、新小岩車セが無くなってるし・・・・・
b0059978_11372859.jpg

西船橋のネギ畑もすっかりビルだらけなんだね。
千葉駅ではホーム改修中でお目当てのとんかつ弁当が買えなかった・・・・・
(乗り換え時間5分)
昔、窓全開で銚子に向かった113の頃に思いを馳せながら、総武線の電車は銚子へと向かいます。
b0059978_11375124.jpg

途中駅ではこんなシーンとか、すっかり機関区の面影も無くなった佐倉駅に驚いたり。
b0059978_1138397.jpg

やがて電車は貨車も何も留っていない銚子に到着。
b0059978_11381892.jpg

ホームの端には京王車がお待ちかね。思った以上に観光客がいっぱいで、途中駅から乗り込む人もおり、ちょっとしたアトラクション状態でした。
b0059978_1139426.jpg

少しでも収益が上がるとよいね。
b0059978_11392462.jpg
b0059978_11393916.jpg

笠上黒生駅は昔と変わらない佇まいを見せていました。駅への進入方法が是正されていて、昔の情景からするとちょっと違和感があったけど・・・・
b0059978_11395592.jpg
b0059978_1140717.jpg

キャベツ畑の中を走るあの場所は健在で嬉しかった。
そんな車窓を楽しんでいるうちに外川へ到着。折り返し時間はたった10分!
b0059978_11402419.jpg

駅端に止まっている801はまだ状態はそんな悪くなさそう。この色はやっぱり戴けない。
b0059978_11404774.jpg

ホームには記念写真を撮るっている観光客。結構な数のお客さんがここまで乗ってきているんだと感心。
b0059978_11403597.jpg

此処の駅舎も昔と変わらない。風雨に耐えた板張りに歴史を感じます。
b0059978_11411191.jpg

おっと、もう発車時間だ。急いで電車に乗らなければ。
乗り込むと間もなく銚子行き電車は大きくローリングしながら発車です。
b0059978_11421384.jpg

夏草の線路をかき分けて、やがて電車は銚子へ到着。銚子電鉄の旅は終わりました。
b0059978_11411676.jpg

実はここから今回エスケープゾーンが1か所。帰りのホームライナーに間に合わせるため、東京まで特急を使うことになりました。
昔だったら急行があったんだけどね・・・・
車窓からは田園風景が広がります。畑地は関東らしいローム層の土色の畑が広がっています。
b0059978_11421927.jpg
b0059978_11424047.jpg

千マリでは主が変わってこんな電車たちが住みついていました。
b0059978_1142432.jpg

東京からは再び18キップで熱海、沼津と乗り継いでゆきます。
夕暮れの相模湾が綺麗です。
b0059978_11434413.jpg

沼津では最終ホームライナーに乗り継ぎます。
b0059978_11433869.jpg

やはりお盆中ということもあり、車内はガラガラ。
こうして無事掛川へと帰着、日帰り銚子電鉄への旅は終了いたしました。
[PR]
by kitoudenki | 2014-08-17 11:48 | 鉄な旅 | Comments(7)
Commented by 日本三大歩鉄 駿遠線 at 2014-08-19 17:39 x
 充実した旅、そして充実した1日でしたね。
 ブログを拝見して、私も銚子へ行った気分になりました。
 グリーン車や特急やホームライナーを上手に利用しましたね。
Commented by Kiura at 2014-08-20 18:19 x
いいなぁ!
といいつつ、お盆は掛川を通過して都内にいたのはここだけの話(笑
Commented by やぶお at 2014-08-20 21:38 x
城東電軌さん、お暑うございます。
さて、夏休みの乗り鉄レポートを拝見しました。
前回、春休みの越美北線青春18きっぷ旅行に続いての、
魅力的な乗り鉄となりましたね。

東日本区間ではサロをお使いになるとか、
大船で乗りかえられて、鎌倉ハムのサンドイッチや、
鯵の押し寿司を賞味されるなど、
技巧を凝らしていますね。

銚子電鉄へ行くとなると、私なんぞ宿泊旅行を考えますが、
青春18きっぷの発売期間なら2300円で行って帰ることができるとは、
まさに朗報です。
ただ、お話にあるように私も静岡県内の東海道線のロングシートの移動は、
苦痛を感じていますので、疲労が蓄積する乗り鉄の最終ランナーにホームライナーを選ばれたのは、
大正解だと思います。
ホームライナーに間に合わせるため、銚子~東京間は特急を使われたとのこと。
その出費を入れても、残りは青春18キップでOKなのでお値打ちですね。

Commented by やぶお at 2014-08-20 21:41 x
字数制限にかかってしまったため、続けて書き込ませてください。

銚子電鉄ですが、私も大好きです。
あのぬれせんべいは、少々ブームが遠ざかった気がしますが、
また新しいアイデアを考えて、集客をがんばってほしいです。
東京地下鉄が関東地方の端で元気に活躍しているのがうれしいですね。
また元京王車が同じ塗装のままで運用されているのも、魅力を感じます。
旅行日はお天気がよかったのですね。
どの車両も房総の青空に映えていると思います。

Commented by 城東電軌 at 2014-08-21 09:14 x
日本三大歩鉄 駿遠線さん、旅日記をお楽しみいただけたでしょうか。
若いころとは違った18きっぷの楽しみ方を満喫してまいりました。
こんな旅も良いですよ。
Commented by 城東電軌 at 2014-08-21 09:16 x
Kiuraさん、いつものあの場所かな?
私は12月に武蔵野と併せて行くつもり。
それにしても今年は暑いね~
Commented by 城東電軌 at 2014-08-21 09:42 x
やぶおさん、前回に続いて年甲斐もない強硬ツアーに行ってまいりました。
現地滞在時間こそ取れませんでしたが、目的であった銚子電鉄に乗る!は完遂出来ました。
そして道中のお楽しみも・・・・・・
唯一の心残りは千葉駅のとんかつ弁当でした。
しかし、東に行く時にいつも思うのはあのロングシート苦行・・・・
西に行く時は浜松まで我慢すればいいだけなんですが、やぶおさんの場合はどちらに行くにしても距離がありますね。
ホームライナーは本当に救世主のような存在です。