城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

梅雨空の下・兵どもが夢の跡

開けて月曜日、この日は仕事で寄る所が有るので、その前に軽く遊泉寺近辺を散策です。
北鉄小松線。その痕跡の大部分は道路に転用されていますが、軽海から遊泉寺に掛けてはこのような光景が残って居ました。
b0059978_10205985.jpg
b0059978_1022191.jpg

小さなツートンの電車がゆらゆらと走っていたあの頃が懐かしいです。
b0059978_10243541.jpg

遊泉寺駅から少し進むとかつての遊泉寺銅山跡が有ります。
近年整備されて案内看板も設置されたそうなので、今回初めて行って見る事にしました。
あの世界のコマツの創業の地でもあるそうです。
因みに遊泉寺銅山から小松までの輸送手段として開通させたのが、この小松線の前身になる訳です。
専用線で有ったため銅山の閉山後は廃止となり、その跡を利用しサブロクで改めて開通させたのが白山電気鉄道であったそうです。
整備された駐車場には案内看板と記念碑が有りました。
b0059978_1037167.jpg

そして御約束のカラミ(精錬の過程で出てくる不要物)が展示してあります。
四角形は遊泉寺だけの形だそうです。
尾小屋は6角形でしたね。
b0059978_1044725.jpg

ここから遊歩道になっており、鉱山の遺構が偲べるようになっているようです。
但し、今回は時間の都合(それとその他諸々の都合により・・・)により精錬所まで行って帰る事にします。
森に分け入り少し歩くと最初の遺構が目に入ってきます。
b0059978_10452888.jpg

真吹炉です。銅鉱質の分析を行った炉だそうです。
更に進むと石積みで整地をした跡が至る所に現れてきます。

b0059978_10491761.jpg
この道を軌道が走り、その周りに鉱山施設が所狭しと立ち並んでいたのでしょうか。
b0059978_10495167.jpg

違う谷に入るとやっとそこに精錬所の巨大な煙突が現れました。
ツタが絡まり周りの木々に覆われすっかり森と同化していますが、紛れも無き鉱山の精錬所の煙突です。
b0059978_1052227.jpg

暫し時を忘れ見惚れてしまました。(でも藪蚊が堪んない・・・・)
この先には縦坑、巻き上げ機の基礎なども有るようですが、また次回のお楽しみという事でとっておく事にしました。

おっと、時間が・・・・
そんな訳で一路御仕事場所へと向かう事に。

帰りは前回寄れなかった福井の一乗谷遺跡へ寄る事にしました。
(なんたって前回は暑さに負けたんで・・・)
福井ICで高速を降り、一路一乗谷の資料館へ。
そこで一通りの資料を見た後いよいよ発掘、復元の街並みへと向かいます。
途中、越美北線
をチラ見しながら・・・
b0059978_11104453.jpg

さあ、いよいよやってきました。
信長に焼き打ちされ抹消された街並みへ。
b0059978_11185263.jpg

ここには武家屋敷が広がっていたそうです。
家屋の有った所や塀の有った所などが、出土された基礎の上にそのまま復元されています。
井戸もその位置が判るようになって居ました。
b0059978_11212553.jpg

復元家屋は当時の絵図など無く、洛中洛外図や出土した部材などを参考に復元したそうです。
なるほどなるほど・・・・
家屋の位置や大きい通りの位置は、出土した基礎の位置に復元されているそうです。
b0059978_11435595.jpg

b0059978_11475549.jpg

こちらは上級武士の御屋敷。
b0059978_11484092.jpg

母屋と離れ、納屋なども有ります。
b0059978_11493553.jpg

流石上級武士の御屋敷となれば、畳敷きの部屋も有るんですね。
縁側の外はすぐ塀になっていますが、本当はもっと庭が広かったんでしょうね。

さあ、今度は朝倉氏の館跡に行ってみましょう。
それにしても良い天気。
b0059978_11551336.jpg

街並みの川を挟んだ反対側、唐門のある所が館跡(御殿)です。
因みに御城は背後の山に構えていたそうです。
b0059978_11541854.jpg

この唐門、朝倉義景の菩提を弔う松雲院に豊臣が寄進した物と言われているそうです。
b0059978_122597.jpg

門を入ると館跡が山裾に広がって居ました。御城をバックに庭園を配し優雅な佇まいを醸しておりました。
b0059978_1281696.jpg

こちらの館跡、多くの庭園が発掘、復元されており、義景の時代に北陸の小京都と言われた事を今に物語っている気がしました。
b0059978_12114042.jpg
b0059978_12112426.jpg

さ~て、これで前回の心残りを果たす事が出来ました。
毎度おなじみの九頭竜経由で帰るとしましょうか♪
ところが車を走らせ事暫し・・・大野を過ぎるころになると一転俄かに空が描き曇り・・・・・
ザバー
b0059978_12193974.jpg

とんだ大雨です。
さっきまであんないい天気だったのに・・・・・
越美北線を少し回って行こうと思ったんですが、これじゃあしょうがないんで1駅だけ寄って行きました。
b0059978_12204975.jpg

勝原駅です。
切り通しとカケヒのある良い感じの駅なんですよ。
おまけにネコも居る・・・・・
b0059978_12214954.jpg

えっ❢
えにゃーる : やっほ~、やっと出番かな?
城東電軌 : 出たな。今回はあれで出番は終わりの筈だったのに。
えにゃーる : そんな冷たい事言わないでよ~

結局こうなりました。

えにゃーる : 雨中々止まないね~
b0059978_12261562.jpg

一向に止む気配の無い雨に無人駅とほっかむりのネコ。
なんとも言えない取り合わせです。

おっと、こんな事ばかりもしてられない。
ぼちぼちと出発しましょうか。

九頭竜湖駅までやって来ると雨も小康状態。
せっかくなので、中竜のバテロコを見学に。
b0059978_12445949.jpg

雨に煙る山並みとナローの線路がが良い感じ。
b0059978_1246081.jpg

機関車と客車はこんな感じで保管されているんだね。
b0059978_12452925.jpg

今度は動いている時に来て見たいです。
九頭竜湖で一服した後はいよいよ山越えで高速へ。
そして順調に帰宅と相成りました。
b0059978_12471345.jpg

城東電軌 : ただいま~、お土産だよ。
えにゃーる : さあ、そこの奥さん、坊ちゃん寄っとくれ。ものの始まりが一ならば、国の始まりが大和の国、島の始まりが淡路島。ね。博打打ちの始まりが熊坂の長範。・・・・・・・・
b0059978_13264865.jpg

奥さん : めんどくさいわね。この押しずしもらうわ。
えにゃーる : はい500円。
奥さん : 何ですって、お土産にお金取る気?
お出掛け禁止です❢
えにゃーる : 図に乗り過ぎました・・・・・
[PR]
by kitoudenki | 2013-06-29 12:12 | 鉄な旅 | Comments(2)
Commented by サビママ at 2013-07-09 21:16 x
えにゃーるちゃん、せっかくのお出かけなのに雨が降っちゃったのね。
ぽつんと駅のベンチに座る姿もまたかわいい☆
お土産のおろしそばが美味しそうだなー。
でもお土産を売ったら、そりゃー怒られると思うよぉ。(笑)
Commented by 城東電軌 at 2013-07-10 22:33 x
最近お出掛けの機会が少ないんで、ちょっとはしゃぎ過ぎたかも。
ホントは天気が良ければもっと・・・・・・・
急な雨でなんだか残念な写真になっちゃいました。