城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

大日本軌道の面影

遠鉄西鹿島線。
その源を辿れば大日本軌道浜松支社へ辿りつきますが、その面影を残す物がこんな所にも残っていました。
小松駅を降りて北側の踏切を渡り・・・・・
b0059978_11591888.jpg

線路沿いの側道を歩くと、背の低い古レールを使った柵が並んでいます。
b0059978_1205368.jpg

そのレールを良く見ると刻印の刻まれているレールが何本か有るようです。
b0059978_1234112.jpg

BURBACH 11A
レールにはそう刻まれています。
岩水寺にも残っていたこのレール、(多分・・・)大日本軌道時代の忘れ形見が今でもひっそりと高速電車を見守り続けています。
b0059978_1275629.jpg



こちらのサイトに詳しい情報が掲載されています。
[PR]
by kitoudenki | 2013-05-01 12:10 | | Comments(4)
Commented by 老いて27000 at 2013-05-01 19:50 x
小松駅を降りて南側の踏切を渡り・・・
なら、「背の低い箱のような車両が並んでいます」となりそうですね。
現在は高架となっていて、踏切なんか無いのか…(^_^;
Commented by kitoudenki at 2013-05-01 21:05
ああ、北陸線の小松駅じゃないんですぅ~

風の噂では北口にはボンネットが鎮座しているとか・・・・
Commented by エンテツスキー at 2013-05-02 21:43 x
こんばんは、リンクいただきありがとうございました。
ブルバッハのレール、小松駅にも残っていたんですね!
情報ありがとうございます。
Commented by 城東電軌 at 2013-05-03 12:55 x
小松駅周辺を散策している時に、何気に目に入ったレールに刻まれている刻印に驚きました。

へ~、こんな所にも残っていたんだ・・・・・

そんな訳で、私の下手な説明よりもエンテツスキーさんのサイトの説明の方が判りやすいと思い、URLを貼らせて頂きました。
又、更新を楽しみにしております♪