城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

追憶の旅・東塩尻は今、そして飯田線従走・その1

春休みですね。
青春18きっぷも残す所1回分残が有りますので、さあ何処へ行こうか色々ネタを考えて・・・・・・
そうだ、飯田線を日帰りで乗りつぶせないだろうか?
早速調べて見ると、南下ルートならばED19 撮影と絡めて何とか可能❢
但し、朝の豊橋でミニ竹輪とお稲荷さん(壺屋)と泡の出る飲み物を仕入れて、というお楽しみは諦めざる負えないのであるが・・・・・
そうと決まれば浜松の某氏を巻き込んで、早速の決行と相成りました。

掛川始発の豊橋行き。途中、車中で某氏と落ち合い今日の工程について再確認です。
やがて電車は豊橋に到着。3分乗り継ぎで跨線橋をダッシュ❢
無事快速に乗り継げました。
そして名古屋着。
b0059978_1131435.jpg

あっ、信濃に乗った訳じゃありませんので(汗)
中央線快速に乗り換えて中津川へと向かいます。
郊外へ出るとうららかな春の陽気に中に、桜の花や旧線の跡が垣間見れて退屈しません。
b0059978_11345944.jpg
b0059978_11344818.jpg

しかし結構残っている物ですね。昔見たのとあまり変わっていない気がします。
b0059978_11363175.jpg

やがて電車は中津川へ。
以前は機関区も有った中津川も今ではすっかり寂しくなり、広い構内がより一層間延びして見えます。
この向こうには北恵那鉄道の中津町駅も有ったんだよな・・・・・・
b0059978_11384341.jpg

電留にはこれから乗る松本の長野色115が居ます。
おお、貨物がやってきました。冬の臨時燃料輸送が終わった後で、撮影は諦めていたのでこれは嬉しいです。
b0059978_11404786.jpg

さあ、115が入線してきました。
この先の区間は日中2時間ヘッドとなる様で、ちょっと驚いてしまいました。
そんなに利用客が減ってしまったんだね。
b0059978_1143412.jpg

やがて時間となり電車は木曽川に沿って走りだしました。
車窓には木曽川の風景が広がります。
b0059978_11454131.jpg

迫る山肌、発電所、そして名所寝覚ノ床
b0059978_1147822.jpg
b0059978_1147038.jpg

やがて電車は上松へ。かつての木曽森林鉄道の土場跡は、今ではすっかりその面影も有りません。
辛うじてヤード入り口の建物群、一部の橋梁が確認できたの見でした。
b0059978_11502189.jpg

奈良井では交換待ちで10分停車。
b0059978_11531248.jpg

b0059978_1153482.jpg

そして乗換駅塩尻に到着です。
此処から飯田線に向かう訳ですが、当然我々は旧中央線ルートを選びます。
誰が短絡線ルートなんか選ぶもんか❢
おっと、此処でお弁当を仕入れるのを忘れてはいけません。

塩尻を出た電車は旧塩尻駅跡を通り、ぐいぐいと勾配を駆け上がってゆきます。
眼下には塩尻の町が見えてきます。
b0059978_11594326.jpg

そして前方には山スカ達が行き来した、山を登ってゆく大カーブが。
b0059978_1203931.jpg

思えばこの道を特急や貨物が行き来したんだよな・・・・・
b0059978_1222399.jpg

やがて目の前が少し開け架線のビームが広がっている場所に差掛りました。
おおお、東塩尻信号所だ~
b0059978_1235442.jpg

よく見るとレールも残っているぞ❢
b0059978_12131827.jpg

一瞬で通り過ぎてしまった信号所跡ですが、かつて降りた事のある朝の情景が懐かしく思い出されました。
あれから30年か・・・・・・
b0059978_12165531.jpg
b0059978_12163452.jpg

やがて電車は辰野に到着。此処から飯田線に乗り換えます。
中央本線で有った名残の長いホーム、広い構内が、2両編成の電車の発着をより裏寂しいものにしている様な気がします。
b0059978_12202622.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-04-06 12:21 | 鉄な旅 | Comments(0)