城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

甲斐路を走る須賀色電車・乗ってきました国鉄型は良いのぉ~

この冬は久しぶりに青春18切符を購入し汽車旅を満喫しました。
最後の1回分は、いよいよカウントダウンが近いのでは?
と噂の国鉄型須賀色の115系電車を求めて、中央東線に行って参りました。
聞けば純正須賀色は全国でも此処にしか残っていないとの話。なんだか寂しい・・・・

今回は地元の鉄仲間、浜松のK氏と一緒に身延~甲府~高尾の往復と言う行程です。掛川駅で合流し、そのまま富士駅で身延線に乗り換えです。
b0059978_16461069.jpg

この日は風も無く.天気もよさそう♪
身延線も西富士を出ると一気にローカル色が強くなり、車内はほとんど貸し切りに。
必然的にどこからかこんな物も・・・・・
b0059978_16462894.jpg

K氏 : 水分補給しないとね~
城東電軌 : うううう、いつの間に。
朝っぱらからいい気分です。
b0059978_1647292.jpg
b0059978_16472491.jpg

車窓の景色を眺めながら約2時間ちょっとで甲府に到着。
b0059978_1648329.jpg

あれ?
甲府機関区が無い・・・・・
b0059978_1647458.jpg

考えてみると甲府まで電車で来るのって何年振りだろう?
機関区跡にはホールやらお城の復元やら古い建物の復元やら色々整備中の様子でした。
b0059978_16481210.jpg

引き上げ線にはEF64が2両留置中。
やっぱ国鉄型のカマは良いな~
b0059978_1649149.jpg

そう思っているとEHが爆音を立てて通過して行きました。それを見ていると国鉄型の先ももう長くは無いのかなとも思わずに居られませんでした。
b0059978_1649234.jpg

それではと本日の目的の須賀色115をホームで待つべき上りホームに移動をすると、なんと1本目で須賀色115がやって来たではありませんか!
早速車中で久しぶりの国鉄型中距離電車を堪能いたしました。
b0059978_1650272.jpg
b0059978_1650439.jpg

窓辺の小テーブルに若草色の室内色・・・・えっ小テーブル!
b0059978_16505756.jpg

K氏 : 水分補給水分補給~♪
城東電軌 : いつの間に・・・・・
暖かな陽が差すのどかな車中は、絶好の宴会場に様変わり。
車窓に冬枯れの塩山の山並みを眺めながらトンネルに電車は吸い込まれ、初狩や笹子のスイッチバックの跡を楽しみながら飲み物も空になる頃には電車は大月に到着です。
b0059978_1651237.jpg

此処で富士急線内からやってくる3連と弊結し、6連となって高尾へと向かう訳ですが、我々は反対ホームへ移動し弊結の3連の撮影準備です。
b0059978_16515197.jpg

程なく3連が渡り線を身をくねらせやってきました。
b0059978_1655564.jpg
b0059978_16554330.jpg

そして連結、6連への編成完了です。うん、カッコイイ!
b0059978_16561344.jpg

停車時間の内に、そそくさと跨線橋を渡り元の電車へと戻ります。
大月を出た電車はモーター音も高らかに甲斐路を駆け抜けて行きます。
所が鳥沢駅手前橋梁上で緊急停車。
聞けば線路内に立ち入った者がいるらしく、その保護をしているとの事。
やがて徐行で鳥沢駅構内までは進み、そこで一時運転待ちとなりました。
b0059978_16564021.jpg

2~30分遅れくらいでしょうか、やがて運転再開となり今度は無事に高尾に到着しました。
此処まで来ると流石に乗客数も違います。走っている電車も違いローカル色は一気に薄れてきます。
b0059978_16565987.jpg

一度退避した115は、再び折り返しの運用に入ってきましたので迷わずそれに乗車しました。そして甲府を目指し電車は山を登り始めました。
途中、大月では特急退避の為に運転停車。此処で留置中の115を撮影。
b0059978_16571943.jpg

再び乗車した電車は勝沼で甲府盆地を眼下に見ると、一気に甲府目指し駆け降りて行きました。
b0059978_16574185.jpg

此処で少し遅い昼食としましょう。せっかくここまで来たのですから甲府名物でも1品食べたいな。
と言う事で、鳥モツ煮を所望♪
b0059978_1658205.jpg

我が家で煮る物とは違って、中々ふくよかな味わいで美味しかったです。
橋上駅になってすっかり綺麗になった甲府駅ですが、ホームにはこんなモニュメントが飾ってありました。
b0059978_165935.jpg
b0059978_16584983.jpg

旧駅の構内配線図跨線橋の柱レンガ倉庫の一部です。
さあ、115を堪能した所でぼちぼち帰るとしましょうか。
帰りの身延線の車窓からは夕日に染まる富士山が綺麗に見えました。
b0059978_16595545.jpg

途中の沿線ではなんと完全な形のハエタタキが!
b0059978_1705732.jpg

突然車窓に現れたハエタタキに、咄嗟に構えたカメラでメクラ撃ち!
何とかトリミングして見れる写真に仕上げてみました。
こりゃ再度出撃かな?
市川大門を過ぎたあたりから車内はすっかりと閑散とし始めました。
それではと甲府で買い求めた駅弁を御開帳♪
b0059978_1714461.jpg

いや~、やっぱ駅弁はクロスシートの車内でこうして食べなくッちゃ楽しくないよね。
b0059978_174530.jpg

こちらのお弁当、ちゃんと『駅弁マークが入っている一品で、高原野菜たっぷりの御当地らしい内容の満足できる駅弁でした。
富士に着く頃には流石にとっぷりと日は暮れて、ホームには人恋しそうな灯りが点っていました。
b0059978_1743061.jpg

東海道線ホームには、仕業の終わった稲沢のDE10が出発線に停車中。
b0059978_174524.jpg

これからどこまで帰るのかな?
運転台の操作灯がキャビンの中で鈍く浮かび上がって見えました。
b0059978_1751454.jpg

さあ、ここまでくれば掛川まであと少し。
おお、ホームライナーがやってきたようです。
b0059978_1754822.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2013-01-10 17:05 | 鉄な旅 | Comments(4)
Commented by 老いて27000 at 2013-01-10 20:26 x
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
楽しく拝見させていただきました。アルコール消費量がすごっ!! 
高原野菜とカツの弁当は、そもそも小淵沢のものでしたが、最近では甲府でも売っているんですね。

それから、別記事ですが、ネコさんに留守番してもらったのなら、「お年玉」は差し上げたのでしょうか?
私は、ちゃんとタヌキさんに差し上げてます(と言っても、くじが当たって、コインのつかみ取りで得たものですが…)。タヌキさんの足下には、僅か450円しか入っておりませんが、ポチ袋あり^^
Commented by 城東電軌 at 2013-01-11 16:52 x
老いて27000さん、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
昼間からこんなに飲んでる事は奥さんには内緒ですからね。
甲府の駅弁の充実ぶりは中々でした。ブランド毎の販売エリアが広いのはご愛嬌として、在来特急が走る路線だからでしょうか、夕方の時間までしっかりと在庫販売をしてくれていました。そして値段もリーズナブル♪
ネコにはお年玉として、『パパの枕になれる券』を用意してあげたのに辞退されてしまいました。
何故?????
Commented by 穴熊 at 2013-01-11 18:25 x
中央線は色々と想い出が・・・
小生は、豊田で生まれました。高尾のそばですね・・・
夏の家族旅行は、距離的に長野県が多く、「高原野菜とカツの弁当」は好物でした。。。
Commented by kitoudenki at 2013-01-12 11:20
穴熊さんは豊田のご出身でしたか。それでは中央線は幼少の頃からお馴染ですね。
その頃はきっと今とは違う賑わいだったのでしょうね。私の知っている30年前と比べても、山行きの様相からして変わっていますから・・・・・
『高原野菜とカツの弁当』は歴史のあるお弁当だったのですね。道理で満足できた訳です。良かった良かった。