城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

いよいよ開業遠鉄高架線

この11月24日に遠鉄西鹿島線の助信―上島間が、地上線から高架線に切り替えられました。
開業前にその最後の地上線の姿を目に焼き付けておこうと、朝の日常の風景を訪問してまいりました。
駅には開業を知らせるポスターが。
b0059978_21285451.jpg

自動車学校から見る新線は既に準備万端の様子。
b0059978_21293471.jpg

助信のいつもの朝。
b0059978_21311631.jpg

スロープを下りてくる電車。
b0059978_2132382.jpg

地上に駅があるからこその手軽さだったのに・・・・・
b0059978_2133126.jpg

連続する踏切の光景。結構好きだった。
b0059978_21341244.jpg
b0059978_21343890.jpg

何気ない日常。踏切の音。
b0059978_21362186.jpg

b0059978_21371343.jpg


地上線のいつもと変わらない朝がそこにはありました。

開業後数日してから、高架の試乗と地上線跡を訪ねてみました。
新馬込川橋梁を行く電車の背後には、上島へと続くスロープが見えます。
b0059978_21531763.jpg

電車には開業を知らせるステッカーが。
b0059978_21541977.jpg

車内には吊り皮にも!
b0059978_21545850.jpg

真新しいバラストが目に眩しいです。
b0059978_2156138.jpg

ふと眼を横にやると、眼下に旧線が・・・・・・
つい先日まであそこを赤電が走っていたんだよな・・・・・
b0059978_21571766.jpg

今回開業区間は在来の高架区間よりも高い所を走っており、気分的にも眺望が良くなった感じがします。
丁度富士山がこんな感じで見えました。
b0059978_21585148.jpg

おお、30がやってきた。
b0059978_21594641.jpg
b0059978_21593759.jpg
b0059978_21592560.jpg

地上では踏切の機器が全て取り払われていました。
そして撤去に既に取り掛っている部分も・・・・・
b0059978_2225627.jpg

b0059978_22434.jpg

今度は先日廃車になった26+86を見に西ヶ崎まで行って見ることに。
b0059978_227316.jpg

既に西鹿島で解体に必要な準備はなされており、後は西ヶ崎で解体するばかりの状態です。
b0059978_2292244.jpg

b0059978_2293487.jpg

横を走る吊り掛けも明日の我が身と悟ってか、敢えて脇目も振らず走り去って行くように映りました。
b0059978_22121940.jpg
b0059978_22135160.jpg

長い事ご苦労様でした・・・・・
b0059978_22133545.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2012-11-30 22:15 | | Comments(2)
Commented by H.Kuma at 2012-12-02 09:51 x
城東電軌さん、こんにちは。2010年末、遠鉄に乗った時にこの工事を見かけ気にかけておりました。めでたく開通したのですね。近代化されて嬉しい反面、普段見慣れた光景がなくなってしまう淋しさも良くわかります。
http://hkuma.com/rail/iidasen/
Commented by 城東電軌 at 2012-12-02 20:57 x
H.Kumaさま、御出で下さりありがとうございます。
連続する踏切の光景が、旧市街の雰囲気を残していて好きでした。
やはり少々寂しく思うのですが、遠鉄の知り合いの方が仰るには、一番運転に気を使う区間であるとの事でした。
そう聞くと少々複雑な思いもありますが、日常の生活が変わると言う事はやっぱり寂しいですね。
三遠南信乗り継ぎ電車を読ませていただきました。情景が浮かぶ紀行文で、素敵な旅を想像できます。