城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

天浜線スタンプラリー・祝完走♪

先日の日曜日、地元の軽便仲間の皆さんと一緒に忘年会を兼ねて天竜浜名湖鉄道のスタンプラリーに行って参りました。
このスタンプラリーは、天浜線の施設群が国の登録有形文化財に指定された事を記念して、今年1年実施しているイベントなんですが、12月の終了してしまう前に完走してしまおうと言うのが今回の目的です。
さあ、それでは行って見ましょう。ゴールでは美味しい忘年会のお酒が待ってるぞ~♪
b0059978_22184964.jpg

まずは天浜線掛川駅に集合です。
b0059978_22192572.jpg

フリー切符(1500円でこれまた安い)を購入して早速乗車です。
b0059978_22202342.jpg

森町に到着です。ここでスタンプを押します。結構賑わっていますね。
b0059978_2222970.jpg

二俣の手前、上野部駅を過ぎたトンネルはかつて光明電鉄が開通させたトンネルです。
以前、架線を吊るブラケットか何かの跡が残っていると聞いた事が有ったのでよく見て見ると・・・・・・
b0059978_2228857.jpg

これがそうなのかな~?
b0059978_22284862.jpg

宮口に到着です。乗ってきた列車は宮口止まりで、すぐ折り返しです。
b0059978_22302732.jpg

折り返しの時間を利用して、すぐにスタンプを押しに走ります。
b0059978_22303911.jpg

お次は岩水寺。駅舎、交換設備は既に無く、今はホームとホーム上屋が残るのみです。
此処ではスタンプが盗難に有っています。全くケシカラン輩がいるもんだ❢
b0059978_22324543.jpg

西気賀までやってきました。洋瓦が洒落ていますね。この駅舎も指定文化財なんですよ。
b0059978_22335065.jpg

カーブしたホームが良い味を出しています。
b0059978_22345014.jpg

気賀駅舎は当時の賑やかさが偲ばれます。天井板の市松模様がカッコイイ。
b0059978_22363598.jpg
b0059978_2236236.jpg

ホーム上屋も立派です。一部には待合室の有った跡が見受けられます。
b0059978_22373179.jpg

立派な駅舎ですね。
さあ、今度は三ケ日に向かいます。
b0059978_22381891.jpg

奥浜名湖の風景がきれいです。
b0059978_2239820.jpg

三ケ日駅舎は高床式。
b0059978_22393888.jpg

交換列車の合間のスタンプ押しです。さあ、上りがやってきました。
b0059978_22405765.jpg

お次は金指です。此処は少し時間がとれます。
b0059978_22414144.jpg

遠鉄奥山線の遺構を見学です。
b0059978_22422929.jpg

今では交換設備が残るのみの金指駅ですが、かつては住友セメント専用線や飼料会社のヤードなど、随分賑やかでした。参考までに昔の住友セメントです。
b0059978_2246947.jpg

さあ、それではお次の二俣に向かいましょう。
b0059978_2246416.jpg

二俣に到着です。当線一の規模を誇り機関区を擁します。
今回は機関区には時間の都合で寄りませんでした。
b0059978_224853100.jpg

構内にはタブレットの受領機が展示してありました。
b0059978_2250940.jpg

さあ、いよいよお次は最終目的地、一の宮駅です。
b0059978_22505058.jpg

小国神社の最寄り駅ですから、初詣にはちょっと早いですが装飾が始まっている様です。
b0059978_22524146.jpg

ぼちぼち日が傾いてきましたね。
b0059978_2253899.jpg

さあ、スタンプはこれでフルコンプリート♪
ゴールの掛川に向かいましょう。
b0059978_22541573.jpg

掛川駅ではスタンプ台紙を見せて、記念品が頂けました。
ボールペンくらいかな?
と思っていたら、何とキーホルダー
b0059978_2303073.jpg

いや、こんなにしっかりした物を頂けるとは思っていませんでした。うれしいな~

そんな訳で、その後の忘年会は駅前の居酒屋で大いに盛り上がりました。
b0059978_231432.jpg

忘年会の後は毎年恒例駅前の光のオブジェ展を見学に。
・・・・の、前にちょっとラーメン屋へ。(今回は全員ですよ。私一人じゃありませんよ~)
なんたって締めのラーメン程美味しい物は無い訳でして。
b0059978_2335744.jpg

ああ、美味しかった~♪
b0059978_2364481.jpg
b0059978_2363299.jpg

そして今度こそオブジェ展と掛川城のライトアップを見学と相成りました。
b0059978_2375241.jpg

[PR]
by kitoudenki | 2011-12-14 22:58 | | Comments(6)
Commented by きお at 2011-12-15 00:53 x
小国神社に電車で行けるとは知らなんだ
Commented by pul-4 at 2011-12-15 18:41 x
pul-4です。
11日は大変にありがとうございました。
スタンプラリー&忘年会は楽しく時を過ごせました。

天浜線(旧二俣線)だけでなく、光明電鉄、奥山線や専用線まで一度でたくさんの鉄分補給ができました(笑)。

もちろん、夜もおいしくいただきました!
Commented by 老いて27000 at 2011-12-16 20:39 x
こんばんは。フリー切符で、しかも1500円とは… 
天浜線の施設群が国の登録有形文化財に指定とは、うれしい話ですね。
ところで、以前より気になっているのが、二俣線の駅舎等ストラクチャーの板の向き。
板には、長辺と短辺とがありますよね。よく見掛ける木造鉄道ストラクチャーの板は長辺を水平方向にしています(仮にこれを「横板」と言う)。
しかしながら、二俣線の木造ストラクチャーでは、長辺を垂直方向にしたもの(仮にこれを「縦板」と言う)が多いですね。何故なんでしょう?
鉄道省時代ですから、ストラクチャーは規格物のような気がします。昭和10年代と言う時代が関係するのでしょうか? そうだとすれば、他の路線でも、昭和10年代のものは縦板? (←真剣に調べておりません(^_^;)
それとも、二俣線独特のものなのでしょうか? そうだとしたら、何故二俣線だけ?
或いは昭和10年代に建てられたものではない?
真剣に調査していない段階での投稿で、申し訳ございません。
Commented by 城東電軌 at 2011-12-16 22:40 x
KIOよ、電車ではないぞ。気動車だ~。
小国神社へはここからバスで約10分くらいかな?
一度行って見るとよいぞ。

pul-4さん、中身の濃い1日でしたね。
ちょっと慌ただしい所もありましたが、それもまた楽しかったです。
又お次に御一緒出来る時をお待ちしております。

老いて27000さん、さすが観察眼が鋭いですね。
ご指摘の通り二俣線の建築群は、当時の省標準設計指針とは羽目の貼り方が異なっています。その理由は判りませんが、材料には地元の天竜杉が使われたと聞いています。昭和10年代と言う時代背景から、標準設計とは異なるオリジナル指針で作られたのかもしれません。
新しい問題提議と言う事で、こうった話題も大歓迎です。
Commented by 御前崎 at 2011-12-17 09:21 x
天浜線を満喫できましたね。
光明電鉄、奥山線について、再度、本で調べてみました。金指の立体交差、当時は、築堤のようでなかなか立派でした。後から開通した二俣線が下を通っているのも興味深いです。車両の重量の関係でしょうか。
Commented by 城東電軌 at 2011-12-17 17:56 x
その節はお世話になりました。楽しい1日でした。
金指の立体交差も色々曰くが有りそうなんですね。重量の関係と言いますと、建設費でしょうか。そうなるとやっぱり軽便を上にあげたほうが安いんでしょうか。