城東電軌

kitoudenki.exblog.jp
ブログトップ

掲載されちゃった♪

先日の軽便祭の記事が模型誌に掲載されています。
b0059978_2247872.jpg

で、その中の2誌に、私の作ったモジュールの写真と短いコメントが掲載されました。
b0059978_22481162.jpg

ちょっと嬉しいです
[PR]
by kitoudenki | 2011-10-23 22:48 | 日々の出来事 | Comments(11)
Commented by micmac at 2011-10-24 06:25 x
これは偉業ですね!おめでとう御座います。
是非、家宝として下さい。
羨ましい限りです。
Commented by やぶお at 2011-10-24 06:27 x
改めて2誌掲載おめでとうございます。

日曜日にとれいん誌も拝見しました。
RMM誌のほうがていねいな扱いのように思います。
RMMのほうは表紙にも軽便祭の活字が見えて、
「ああ載ってるな」とひとめでわかりました。
来年は大御所のTMSにも来てもらいたいですね。
Commented by 老いて27000 at 2011-10-24 17:42 x
2誌に掲載とは素晴らしい。実際、それだけ素晴らしかったですよ。
残念ながら、仕事場近くの本屋が閉店してしまい、最近は、本屋さんに行ってませんので、拝見しておりません。昼休み天賞堂まで歩ける距離なのですが…(^_^;
鉱車も良い感じですね♪ ポールのELとは、これまた渋い。
Commented by 老いて27000 at 2011-10-24 17:59 x
連続すみません。ふと思ったのですが、石碑も、地方性があるかもしれません。とは言っても詳しくありませんが…(^_^;
例えば、秋葉講の石灯籠だと、遠州から甲州にかけて良く見掛けます。駿州、相州西部、上州、甲州、信州だと、小さいですが、双体道祖神。栃木では、馬を多く飼っていたのか、「馬頭観世音」の大きな石碑も見られました。南部地方も馬を飼ってそうですが、分からない…(^_^;
またまた完全に余計なことで、大変失礼致しました。
Commented by 城東電軌 at 2011-10-24 23:28 x
みなさん、お祝いのお言葉をありがとうございます。

micmac さん、まずは神棚に御供えして御先祖様にご報告です。(大ウソ)

やぶおさん、TMSも取材には来ていたようですが、流石に老舗雑誌にはもっとレベルの高い作品が載るんだろうな~と思います。(ため息)

老いて27000さん、小さい写真ですのであまり期待しないでくださいね~
ELとくれば木造鉱車よりもグランビーかもしれませんが、それはそれ、妙義鉱山のイメージでまとめてみました。
でも小規模石灰鉱山でELは変かな・・・・・

秋葉講の常夜灯は私も見掛けると必ず撮影してます。
北遠に至る各地の村々の辻などに以前は良く見かけました。今でも守られている所も多いですが、その目的も段々変ってきてしまいましたね。北遠や遠州の物は石垣を組んだ上に小屋組みの立派な物が多いですね。
馬頭観音はウチの近所の物はいずれも1尺足らずの小さいものばかりです。馬頭観音の大きさも地域性が有るのですね。南部の物も調べて見る事にします。
次の作品作りのネタになりました。どうもありがとうございます。


Commented by 老いて27000 at 2011-10-25 19:41 x
秋葉講の石灯籠コレクション、非常に面白そうですね。
遠州にも馬頭観世音がありますか。小さいタイプだと、馬に乗った観音の姿のものでしょうか? (Wikipediaに写真有り)
記憶だけで写真では確認しておりませんが、大きなものだと、3m位あったように思います(多分、栃木県)。但し、大きなものだと、単に「馬頭観世音」「馬頭観音」という文字だけのものでした。
今日になって思い出しましたが、大船渡線沿線(と言っても、なべづる区間で鉄道からは離れています)の薄衣(うすぎぬ)と言う宿場(岩手県川崎村)だったと記憶しますが、木造の馬がありましたね。高さ2m近くで、ど迫力。屋根が架かってました。馬頭観世音だったかもしれません(記憶曖昧)。南部地方にも、そんなのがあるのかな?
他にも、地方によっては「二十三夜講」なんかの石碑も見掛けますね。
Commented by 城東電軌 at 2011-10-26 21:40 x
秋葉山の常夜灯は見つけると撮り散らかしていますので、何ンも整理されていません。何れ整理してみないといけませんね~(汗)
昔はこの常夜灯を目印に、善男善女が秋葉山や光明山を目指したのでしょうね。
ウチの近所の馬頭観音は小さな文字で『馬頭観音』と彫ってあるだけで、至ってシンプルです。
地域によってホント色々有るのですね。民族学は奥が深いです。
木の馬と言うと『神馬』が思い浮かびますが、それとはまた違う物なのでしょうか。これもまた地域信仰とか民俗学とか興味は尽きません。
Commented by サビママ at 2011-10-28 21:22 x
雑誌に載ったなんてすごいですね!
でもニャジラが背景にいないぞー。(笑)
Commented by 城東電軌 at 2011-10-28 21:51 x
ううう、痛い所を突かれてしまった
流石にネコな皆さんのイベントじゃないですからねぇ~
(でもネコをさりげなく写らせたい・・・・・・・)
Commented by おごんち at 2011-10-29 20:02 x
掲載おめでとうございます。
実は、このような雑誌のことは存じませんでした。濃いぃ世界ですね。まさに大きな大人の趣味の世界。
Commented by 城東電軌 at 2011-10-30 17:12 x
有難うございます~
コアな趣味の雑誌ですので、あまり一般性はないかもしれませんね。
だからこそ掲載が嬉しかったりもする訳で♪
お次はねこを掲載してくれるところを探さないと